Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月17日

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

皆勤賞とは学校や会社を休むことなく毎日通い続けた人がもらうことができる賞ですが、体調が悪い時にも同じ所に通うというのはとてもすごいことです。学校であれば卒業式に表彰する学校もあります。今回は、この皆勤賞について皆勤賞の定義や価値を詳しく紹介していきます。

皆勤賞の定義とは一体何なのか

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

皆勤賞と言えば、学校や職場に休まずに毎日通った人がもらえる賞だということは誰もが知っていることですが、どうしても学校や職場に行くことができない状態になってしまうことがあります。インフルエンザでの出席停止や、親族の葬式などで休まなければいけなくなってしまったときに、皆勤賞を継続することはできないのでしょうか。

また、遅刻や早退などがあってもとりあえず学校や職場に顔を出していれば皆勤賞とみなされるのでしょうか。ここでは、皆勤賞についての定義や、よくある状況別での皆勤賞の継続について紹介していきます。皆勤賞を狙ってがんばっているという人は、ぜひ参考にしてください。

皆勤賞の定義とは

皆勤賞の定義とは職場や学校などに(行事や大会なども含めて)1度も欠席(欠勤)、遅刻、早退がないということを成し遂げた人がもらうことができる賞です。

学校で言うのなら、通常の授業日に含めて運動会や修学旅行などの行事、夏休み中の登校日などの学校が登校する日だと決めているすべての日に遅刻や早退なく出席することです。また会社で言うのなら、通常勤務に加えて社員旅行や親睦会などの行事も休まない上に、遅刻や早退もなく出勤することが皆勤賞としての定義だと言えます。

忌引きの場合は皆勤賞は継続できる

身内が亡くなってしまった場合、お通夜やお葬式などで学校や職場に行くことができません。それが遠方であればなおさら登校や出勤をするのは難しいということになります。

皆勤賞を目指している人が身内を亡くしてしまったら、皆勤賞を継続することはできないのだろうかという疑問がわいてきますが、基本的に身内を亡くして忌引の状態の時は、休みの扱いにはなりませんので、皆勤賞を継続することが可能です。

注意したいのは、忌引になる親族のくくりが学校や会社によって変わることがあるという所です。親族関係の距離で2親等まで、3親等までと学校や会社で決まりがあります。身内が亡くなって学校や会社を休まなければいけない時は、学校や会社に問い合わせてみると良いでしょう。

親等についての説明

親等とは、親族関係の距離で決められた言葉です。

父、母、子までの自分から1つだけしか離れていない関係の親族が1親等の親族関係です。2親等の親族とは、祖父、祖母、孫、兄弟、姉妹までの親族が2親等の親族関係になります。3親等の親族とは、曾祖父、曾祖母、叔父、叔母、甥、姪までの親族が3親等の親族関係になります。

インフルエンザは「出席停止」のため皆勤賞は継続

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

インフルエンザにかかってしまった場合は、感染予防のために学校側から「出席停止」といって学校に来ないでくださいという対応がされますので、インフルエンザで休んだからと言って皆勤賞がとれなくなってしまうということはありません。

病院でお願いするとインフルエンザの証明と、インフルエンザで学校に行けない期間を書いた用紙がいただけますので、それを提出することで出席停止が認められます。気をつけたいのは、インフルエンザの検査をしてインフルエンザが確定されるまでの期間は、出席停止にならずに欠席になってしまうということです。

インフルエンザで1週間休んだとして、休み始めた2日目に病院に行ってインフルエンザの陽性反応が出たとしたら、最初の1日目の欠席は出席停止には当てはまらず、欠席扱いになってしまうため、皆勤賞は望めなくなってしまいます。

見学や保健室に行くことでの皆勤賞は学校次第

体調がすぐれず体育の授業に参加せず見学をすることや、授業を受けていられずに保健室で休養をとったりする必要が出てしまうことがあります。

体育を見学したり、授業中に保健室にいったりするとで皆勤賞がなくなってしまうのかは各学校により規定が異なりますので、見学や保健室を利用した場合の皆勤賞の規定は、学校に問い合わせていただくことをおすすめします。

遅刻すると皆勤賞にはならない

皆勤賞の定義として「遅刻、早退することなく」というものがありますので、遅刻してしまうと皆勤賞にはなりません。

早退すると皆勤賞にはならない

早退も遅刻と同じで、皆勤賞にはなりません。

皆勤賞と精勤賞の違いについて

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

皆勤賞の他に精勤賞というものがあるのをご存知でしょうか。皆勤賞を逃してしまった人でも、精勤賞が可能な人はいます。

ここでは、皆勤賞と精勤賞の違いを紹介していきます。皆勤賞を逃してしまったと落ち込んでいる人は参考にして、精勤賞が取れるようにがんばってみてはいかがでしょうか。

精勤賞の定義

皆勤賞は1日も休まず、遅刻、早退もない状態でもらえる賞ですが、精勤賞は皆勤賞と比べて多少緩く、欠席や欠勤の日数が学校や会社の精勤賞の規定以内(欠席、欠勤日数が3日~5日のことが多いとされています)であれば精勤賞をもらうことができます。

精勤賞の場合は、遅刻や早退は学校や会社によって、時間計算で1日欠席、欠勤の扱いであったり、遅刻や早退の回数で規定があったりと、それぞれの学校や会社で規定が異なります。学生の方は皆勤賞の定義や精勤賞の定義について生徒手帳に書かれていることがありますので、一度確認してみてください。

生徒手帳のない社会人の方や、生徒手帳に記載がなかったという学生の方で、皆勤賞はとれなかったけど、精勤賞はとれる可能性があると考えている方は、学校や会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

皆勤賞にはどんな価値があるのか

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

ここまで皆勤賞の定義について紹介してきました。学校や会社に遅刻や早退することなく、休まずに行くということはとても大変なことですが、何年間も大変な思いをして皆勤賞をとるということで得られるメリットがあるのでしょうか。

ここでは、皆勤賞をとることで得られるメリットを紹介します。

履歴書に書くことで強いアピールができる

皆勤賞は履歴書に書くことで、就職を希望する企業に強くアピールすることができます。皆勤賞をとるということはとても大変なことで、学校を休まなかったということを皆勤賞で証明することができますので、就業に対しての体調管理が完璧にできるということの証明になります。

また、皆勤賞は遅刻や早退をしてしまうともらえない賞なので、自分自身の生活サイクルをしっかり管理し、就業の時間に間に合うように起床する能力があるとみなされるため、自己管理がしっかりできる真面目な人間性であるという印象を企業に与え、企業から高い評価を得やすく、就職活動においてとても有利になります。

受験にも有利

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

皆勤賞をとるということは、受験にもとても有利です。受験の際に在籍している学校から受験する学校に「内申書(調査書)」というものが行くのですが、その内申書には遅刻や早退や欠席などの情報も含まれますので、受験する学校側に対して毎日学校に通うことができる真面目な生徒だという印象を与えます。

そのため、試験の結果が同じであった場合、休みの多い生徒よりも学校側は真面目に学校に通う可能性のある生徒の方を率先して合格させる傾向が強くありますし、当日試験の点数よりも内申書の方を優先するという学校もあるとされていて、皆勤賞を取った子が自分自身の学力よりもかなり上の学校を受験して合格したという話も聞かれます。

皆勤賞をとるということは受験するにあたって大きなメリットになると言えます。

推薦入学でも有利になる

皆勤賞は受験にとても有利に働きます。それは推薦も例外ではなく、皆勤賞をとっていることは内申書でわかりますので、皆勤賞は受験同様に推薦でもとても大きなメリットになると言えます。

皆勤賞の問題点

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

皆勤賞のメリットを紹介しましたが、皆勤賞とはそれぞれの学校や会社単位で行われていることで、最近は皆勤賞という賞の実施を取りやめてしまっている学校や企業が増えていると言われています。

前で紹介したように皆勤賞はメリットが高いはずなのに、なぜ皆勤賞の制度を廃止してしまう学校や会社が増えてしまっているのでしょうか。

ここでは、皆勤賞について言われている問題点を紹介します。

我慢することで体調が悪化する

皆勤賞を取るために、無理をして学校や会社に行くことで、1日休めば回復した可能性のある軽微な風邪や体調不良が悪化し、学校や会社にいるときに突然倒れてしまったり、より重篤な状態になってしまうことを防ぐ目的で皆勤賞の制度を廃止する学校や会社が増えています。

本来は学校や会社を休まずに行けるような健康管理をするということが目的であったはずが、いつの間にか学校や会社に行くということ自体が目的になってしまったことによる弊害だと言えます。

無理やりの出席や出勤で周囲に移す

インフルエンザなどの強い感染力を持った感染病を患った人が、皆勤賞のために無理をして学校や会社に来てしまうことで周囲に移してしまい、学校であれば学級閉鎖や学年閉鎖といった事態に発展してしまい、会社で周囲に移すことで仕事に大きく影響がでてしまうことがあります。

皆勤賞を目指すことは決して悪いことではないのですが、自分の皆勤賞のために周囲に迷惑をかける人がいることから、皆勤賞の制度を廃止せざるを得ない状態になってしまったと言えます。

休むことを「悪」とする考えを植え付けてしまう

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

休まずに毎日学校や会社に行けるということは、それ自体がとても素晴らしいことです。

体調を崩して辛い思いをして、学校に行けないことで授業に遅れてしまうのは誰かに迷惑をかけるのではなく、本人が不利益なことのはずなのに、皆勤賞があって体調が悪くても学校や会社に毎日行くということをしている人を善にしてしまうことで、学校や会社を休むことを悪だとしてしまう考えができてしまいます。

社会人で言うのならば、休むことを悪だという考えから、有給をほとんど使用しないままだという人が、日本にはたくさんいると言われています。

感染症にかかったまま出席、出勤して周囲に移して迷惑をかけている人が善で、周囲に移してしまわないように休んでいる人が悪だという考え方になってしまうことを防ぐために、皆勤賞の制度を廃止する学校や企業が増えていると言われています。

いじめにつながってしまうことも

感染症にかかってしまい、1週間学校に行くことができなかった子が復学したときに「ずる休みだ」といじめられ、授業にもついて行くことができずにそのまま不登校になってしまったといったような話がとてもたくさんあります。

皆勤賞は健康管理のついでに取る気持ちで

皆勤賞の定義・精勤賞の違い・価値はあるのか|遅刻/履歴書

今回は、皆勤賞についての定義やメリット・デメリットについて紹介してきました。皆勤賞の制度には学校や会社を休まずに行けるように、健康管理をしっかりしようという意識をもって取り組めるといった良い点もあれば、無理をすることで周囲に迷惑をかけてしまう可能性があるといったような悪い点もあります。

皆勤賞の制度が良いのか、悪いのかといった判断は個人で意見が分かれる所ですが、皆勤賞は無理やりに目指すのではなく、日々の体調管理をしっかりおこなうことでの結果として捉えて、毎日を健康に過ごすことを重点において生活することをおすすめします。

←前の記事へ

【特徴別】法人営業のコツ・求められる能力・仕事内容|やりがい

【男女別】仕事を楽しむ方法・楽しむ工夫やコツ・おすすめの本

Latests