Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月03日

【シーン別】寸志の封筒の種類・書き方・入れ方|裏/歓迎会

歓送迎会シーズンになると、頻繁に出てくるようになるのは寸志です。しかし、いざ自分が寸志を渡す事となった時、書き方や包む金額に関してすっとできているでしょうか。いざという時に困らないように、寸志をつつむ封筒や金額に関してご紹介しましょう。

「寸志」を改めて確認

3月は送迎会、4月は歓迎会のシーズンになりますが、歓迎会や送迎会では「寸志」と言うをやり取りするようになります。この寸志とは一体何を意味しているのでしょうか。まずは、わかっているようでわかっていないを防ぐために、改めて寸志の意味を確認してみましょう。

寸志と言うのは、「自分から皆さんに対する心ばかりの贈り物」と言う意味になり、贈り物を「つまらないものですがどうぞ」と言って渡すのと同じように、自分からの贈り物を言う時に控えめに表現するへりくだり言葉になります。

役職のある人が自身の部下達に贈り物をする時に使用する言葉でして、決して部下から上司に対して使う言葉ではありませんので、きちんとした言葉を使わなければらない場では注意をしましょう。

目下から目上に出す時

では、目下から目上への贈り物、すなわち、送迎会などで部署の代表として上司に渡すが場合などは寸志はどう表現するのでしょうか。この場合、寸志ではなく「謝儀」「御礼」「ご挨拶」「松の葉」と言い、のし袋にもそのように書きます。

最近は、あらかじめ寸志と印刷がされているのし袋もありますが、上司に渡す場合は失礼にあたるので、必ず水引しか印刷されていないのし袋を購入しましょう。

「寸志」の封筒の書き方

では次に、寸志の封筒の書き方はどうすればいいのでしょうか。まず、基本となる表面の書き方についておさらいをしましょう。寸志は、お祝い事の席で出すものなので必ず色の濃い筆ペンを使用し、のし袋の水引の中央に「寸志」と書きます。しかし、上司に出す場合は「謝辞」「御礼」とのし袋に書きますので、間違えないように注意が必要です。

裏面

では次に、裏面の書き方を紹介します。裏面は中袋と呼ばれるお金を入れる封筒がセットになっている場合と、セットになっていない場合で書くか書かないかが変わります。中袋がある場合は、裏面には何も書かず、中袋の表面の、中心から少し外した所に住所と名前を書きます。金額を書く欄が中袋の裏にある時は、そこに金額を書いてください。

次に、中袋がない場合は、のし袋の裏面に住所と名前を書いておき、金額は特に書きません。しかし、この金額を書くと言う所も、少しケースバイケースの事があり、お返しをもらわないのが前提になっている場合は、中袋があったとしても金額は書きません。なので、仕事関係の場合は中袋の有無にかかわらず金額を書く必要はないと言うことになります。

名前

では、次に名前は封筒にどう書いたらいいのでしょうか。もっとも基本となる形は、水引の下の中央に書く事ですが、これは個人名のみ、会社名のみの時に使います。しかし、実際には個人名のみ、会社名のみの書き方を覚えていても足りませんので、次は役職や会社名などの、個人名との組み合わせパターンも必要になります。

役職や会社名を個人名と組み合わせて書く必要がある時は、個人名+肩書きの時は個人名の右上に小さく肩書きを書きます。そして、会社名+個人名の場合は、真ん中に個人名で、その右上に会社名を書きます。

金額

では次に、寸志として封筒に入れて渡す金額のについてですが、そもそも、会社によって、その人の立場によっては寸志そのものを必要としない時もあります。これはその会社の方針などによる所がありますので、移動して来たばかりでわかりにくい時は幹事さんや同じ役職の人に寸志が必要かどうかを聞いてみると1番確実です。

寸志を包む必要がある場合は、大体5,000円〜10,000円位が相場になりますが、立場のよって金額が異なり、下の立場の人は会費と同額程度、立場が上の人はそれよりも少し多めに支払う。と言うのが最も多く取られている対応方法になります。

寸志の封筒の種類

のし袋といっても色々種類がありますが、一般的に寸志を包むのし袋は封筒型のを使用し、「花結び」と呼ばれている水引である蝶々結びの印刷されたのし袋を使用します。

もし花結びの印刷されている封筒型ののし袋がないのなら、「赤棒のし袋」と呼ばれている白封筒に赤い線が1本引いてあるだけの封筒を使用しますが、花結びの封筒型のし袋は100均、スーパー、ホームセンターでも販売されているので、まず入手先に困ると言う事はありません。

コンビニ

しかし、もしコンビニしか空いてない時間に寸志用の封筒型のし袋が必要になったらどうしたらいいのでしょうか。あくまで最近の傾向ではありますが、仕事関係の歓迎会などで渡す寸志だった場合、白い封筒に封筒型のし袋と同じように表書きをして渡せば良いとされている場合もありますので、とりあえずコンビニに駆け込んで白封筒だけでも手に入れて来ましょう。

しかし、最近では地方都市でも24時間スーパーが営業していますし、ネットで探せば必ず出てくるので、まずは失礼ないようにする事を優先して、花結びの封筒型のし袋を探す方に向かいましょう。

シーン別寸志の封筒の書き方

ところで、寸志を渡すシーンというのは色々ありますが、シーン別に封筒の書き方で気をつける所というのはあるのでしょうか。次は、その事について歓迎会、送迎会、忘年会と調べてみましたので、結果を紹介します。

歓迎会

歓迎会において寸志が必要になった時の書き方は、今までに紹介したとおりになりますので、表面の書き方や裏面の書き方、金額などを自分の場合と照らし合わせ、組み合わせながら使ってみてください。

ただ、表面の水引の上に書く言葉ですが、自分より立場の高い人が歓迎会に出席する場合は、仮に自分が幹部クラスだったとしても、表面の書き方は「御礼」「謝辞」となりますので、注意をして下さい。

送別会

送迎会の場合は、自分がその会の中でどのくらいの立場にいるか、と言うので書き方が異なります。先程、会のメンバーに1人でも自分より立場が上の人がいたら、仮に自分が幹部クラスだったとしても表面の書き方は「謝辞」「御礼」になると紹介しましたが、送迎会の時に同様のパターンが起きた場合、寸志を渡すために用意した封筒には、「松の葉」と書くと良いです。

逆に、全く自分より上の立場が会のメンバーにいない場合は、歓迎会送迎会に関わらず寸志を入れた封筒には「寸志」と書いて渡します。

忘年会

取引先の忘年会に誘われた場合も、寸志というのは必要になります。この場合の表面はどう書いた良いのでしょうか。この場合、最も無難なのは「御礼」という文字を使う事になりますが、相手から仕事をもらっている場合は、「薄謝」「謝辞」と書いた方が失礼に当たりませんので、取引先とはどのような関係か。と言う事を考えた上で使い分けると良いでしょう。

寸志の封筒のお金の入れ方

【シーン別】寸志の封筒の種類・書き方・入れ方|裏/歓迎会

では、寸志を入れる時のお金はどのように入れたら良いのでしょうか。まず、新品でシワのないお金を用意し、お金の向きは揃えて入れ、封筒の表にお金の顔が来るようにします。なので、中袋のないのし袋を使う場合は、開いた時お札の裏側が見えるようにすれば良いです。

歓送迎会での必需品

歓迎会、送迎会、取引先との忘年会に参加した際の寸志の表面の書き方や基本的な書き方やマナーについてご紹介させてもらいましたがいかがだったでしょうか。3月4月は歓迎会や送迎会のシーズンになりますが、こう言う小さいと思えるような事で社会人としてのマナーやルールがわかっているかどうかと言うのは見られます。

働くようになると必ず1回や2回は歓送迎会に出席する機会が出てくるので、早い人は高校生アルバイトの頃から歓送迎会で寸志と書いた封筒を渡すものであると言う事を知るようになりますが、寸志の正しい意味を知らずに社会人となったため、上司に渡す封筒型のし袋に「寸志」と書いてしまった。なんて事が発生しています。

実際に働くようになった時、ビジネスマナーを教えてくれる人は早々いませんので、ちゃんとした社会人としてのマナーを身につけられるよう、普段から気をつけましょう。

Latests