Search

検索したいワードを入力してください

ビジネス実務マナー検定の過去問ってどんなもの?入手方法も紹介

更新日:2023年10月25日

ビジネス実務マナー検定についてご存知ですか?本記事では、この資格の過去に出題されていた問題の内容や、過去問を入手する方法について詳しく紹介しています。これらを理解しておけば、資格取得に関する勉強効率の向上が期待できるため、ぜひチェックしてみましょう。

「仕事において自分に自信がつけられるような資格を取得したい!」
「どの仕事でも活用できる便利な資格ってないの?」
社会で仕事するにあたって、資格は個人のスキルが証明できる便利なものですが、このような考えに直面したことはありませんか?

日本で取得できる資格は国家資格から公的資格、民間資格など多岐にわたります。そのため、自分にはどの資格が必要なのか迷う場面はどうしても出てきてしまうでしょう。

そこで本記事では、仕事をするうえで基本的な業務を一通り押さえていることを証明するビジネス実務マナー検定について、過去問や問題集の入手方法をふまえた上で紹介しています。

本記事を読むことで、ビジネス実務マナー検定の概要や過去問の入手方法について把握できます。

ビジネス実務マナー検定について興味がある方、受験を考えている方は是非ご覧ください。

ビジネス実務マナー検定ってどんな資格?

ビジネス実務マナー検定は、社会人としての判断や行動スキル、対人スキルやマナーなどが問われる資格です。

これらのスキルが一定の審査基準を満たすことができていれば、ビジネス実務マナー検定の資格が取得できます。業務を行う上で、日頃から多くの人と交流する機会がある人の場合などは、この資格を取得することでどれだけスキルを持っているかの指標となるでしょう。

ビジネス実務マナー検定の過去問ってどんな内容なの?

ビジネス実務マナー検定は、社会人としてのスキルをどれだけ持ち合わせているか示すことができる資格です。

一言に社会人のスキルといっても、過去にどのようなものが試験に出題されるのかわからなければ資格取得はできません。

そこでまずは、過去にどのような内容の問題が出題されていたのか紹介します。それぞれの過去問を熟知した上で、資格取得の参考にしてみてください。

3級の問題

ビジネス実務マナー検定3級では、先輩などから仕事の指示を受けた時の対応方法や、注文した物と違う品が届いた場合の対応方法などが出題されたことがあります。

これ以外にも、対人関係で相手への断りを入れる時の柔らかい言い方や、同じ会社に勤める人の家族からの電話への対応方法や、仕事内での伝言の受け方などが問われます。

いずれも、3級ではビジネススキルの基礎知識を問われる内容です。

2級の問題

ビジネス実務マナー検定2級では、応用的な問題が出題される傾向があります。

過去には職場における協調性の考え方や、異動の内示を受けたときの対応方法、訪問先でのマナーなどが出題されました。

電話実務において、難しい言い回しをわかりやすい言葉へ言い換える問題や、臨時総会が成立するために必要な出席者数などが出題されることもあるので、いずれも覚えておきましょう。

1級の問題

ビジネス実務マナー検定1級の問題では、経営に関する知識やリーダーとして部下を動かす際に必要になる知識が問われます。解答も記述式で複数求められるようになるため、明確な答えを理解しておかなければなりません。

過去には、希望以外の部署に配置された新人への対応方法や赤字に対する社会的責任の考え方、そもそもビジネスマナーがなぜ必要なのかという問題が出題されました。

ビジネス実務マナー検定の公式の過去問題集ってあるの?

次のページ:ビジネス実務マナー検定の過去問を入手する方法

初回公開日:2022年12月01日

記載されている内容は2022年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests