Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

愛媛県の最低賃金の推移とは|深夜の最低賃金と割増

愛媛県の最低賃金とはどのような状況でしょうか。愛媛と言えばみかんで有名ですが、実際に仕事をするとなると他の県とは違う問題があります。愛媛県の最低賃金に関して他の県などと比較したりして、色々な視点で最低賃金について記事をまとめてみました。

愛媛県の最低賃金とは

厚生労働省の愛媛労働局の発表によると、愛媛県の最低賃金は、717円になっていますが他の県と比較するとかなり低い賃金になります。同じような仕事をしていながら、かなりの差があるのは問題なのと愛媛県は物価などを考慮しても、やはり最低賃金は安いと考えられます。また、愛媛県のイメージとしては、賃金もある程度あり労働環境もしっかりとしているといった内容です。現金給料総額を見ても、5カ月連続で前年を下回っています。

愛媛県は特別物価が安いわけではないにも関わらず、最低賃金の関係もあり生活自体はとても厳しいものです。また、仕事を探す時もかなり苦労することになります。アルバイトでも松山市内などの特定の地域でしか見つからないことがあり、全国的に見た時は、愛媛県の717円は一番安いランクになります。

他の県と比較して愛媛県の最低賃金はどうか

具体的に千葉県と最低賃金を比較してみると、千葉県は842円なので100円以上の差がありますが、これは大きな差になります。また、千葉県は都心に近い事もあり、ある程度アルバイトは見けやすいですが、愛媛県はアルバイト探しそのものが難しいです。仕事を見つけにくいのと、たとえ見つけても時給717円と低賃金で働くことになります。

愛媛県の最低賃金の推移

愛媛県の最低賃金の推移とは|深夜の最低賃金と割増

愛媛県の最低賃金の推移を見てみると、10年前からの傾向としては多くても10円位の引き上げになっています。また、ここ数年はおよそ20円位の引き上げであり、いずれにしてもとても少ない引き上げの推移になっています。また、10年前位で見ても、時給623円と言うのは少なすぎます。

政府の方針で最近は時給が上がっていますが、過去を見ればとても低い最低賃金となっていて、ここ数年は、時給700円になっています。それでも他の県と比較すると低いので、政府も考慮する必要があり、このまま同じような推移を続けていれば、愛媛県でアルバイトで仕事をしていく人にとっては、生活が厳しいです。

愛媛県の最低賃金の特徴

愛媛県の最低賃金の特徴としては、愛媛県の物価に対して時給がつり合っていません。なので、生活が厳しくなっているのが事実であり、みかんやその他の特定の分野以外の人にとっては生活が厳しいと言えます。松山市も以前のような活気はなくなっています。

特産物であるみかんであっても、海外からのオレンジなどと競争していかなくてはならない厳しい現実があります。このように、色々な視点で愛媛県の最低賃金の特徴を考えてみると、全体的は、他の県と比べると最低賃金が低いだけでなく生活水準も低いです。

具体的には、愛媛県の平均年収が414万7800円であることからも分かります。これは都道府県ランキングで31位です。愛媛県は、多くがみかん農家のように裕福な暮らしをしているイメージとは逆の結果になっています。

深夜の最低賃金と割増

愛媛県の最低賃金の推移とは|深夜の最低賃金と割増

愛媛県でも深夜は時給が割りましされますが、その割増は25%であり時給的には、896円となります。900円にとどかないのはとても低いのち対して、他県では普通に1,000円を超えます。これらを考慮すると愛媛県の深夜の時給は東京などの昼間の時給と同じです。

この差は許容範囲をある意味では超えています。また、深夜割増は、夜10時から朝の5時までです。これは、深夜のアルバイトで朝8時位まで仕事をすることを考えると、とても損をしていることになります。工場などの勤務では、夜から始まる仕事が朝の8時位まで続くことが良くあります。

深夜勤務の最低賃金の割増は妥当か

愛媛県における深夜勤務における割増は妥当とは言えません。900円にも届かない時給は、全国的に見ても安すぎです。普通であれば、深夜勤務は1,000円以上は欲しいところであるのと、深夜勤務をしている場合夜寝る事は出来ないので昼間寝ることになります。

これが問題であり、明るい時間に人は寝るようには出来ていません。よってかなりきつい仕事であると言えます。深夜勤務の仕事では最低1,000円以上の時給が必要なのと、それ以外に良い待遇が無ければ仕事を継続する人は少ないでしょう。さらに、仕事内容によって深夜勤務の時給は違います。

愛媛県は日給だといくら?

愛媛県の最低賃金の推移とは|深夜の最低賃金と割増

愛媛県での日給はいくらになるでしょか。時給717円で一日8時間仕事をしても、5,736円にしかならないので、6,000円にとどかないのは驚きです。当然の事ですが、東京や千葉県と日給で比較した場合、その差は相当なものになります。例えば、東京と比較すると日給は7,456円となり、1,500円以上もの差があることは普通ではありません。

1,500円あれば3食たべられる金額です。確かに東京は物価が高いですが、これだけの差のある愛媛県は生活水準に影響が出ていると言えます。さらに最終的に月給で比較してみると何万円もの差になってきます。

理想的な日給はいくら位か

理想的な日給は8時間労働で8,000円くらいでしょう。この金額は生活していくのに必要な金額だと言えます。週休2日で月間20日間働けば、160,000円になり、このだけあればなんとか生活出来る金額です。アパートで一人暮らしをしている人でも工夫すれば生活出来る給料です。

ですが、それをおよそ満たしているのが東京や神奈川の限られた地域だけであり、全国的にみても生活に支障をきたす最低賃金が普通であることが分かります。九州などは715円位のところもあり許容範囲を超えています。

正社員・バイトの場合の最低賃金

愛媛県の最低賃金の推移とは|深夜の最低賃金と割増

正社員であれば、単純に時給が良いというのはだいぶ前の話しです。今は、アルバイトなみの時給の正社員も沢山あり愛媛県では、松山市などの栄えているところを含めて考えても、時給の良い正社員は少なくなっています。愛媛県で時給の良いアルバイトを探すのも難しいです。

アルバイトについていえば、時給が安くても面接の機会を得ることも結構難しいです。また仮に面接を通ったとしても条件にないような待遇で仕事をさせられる事もあります。ある意味では、愛媛県では最低賃金で仕事をすることは当たり前と考えられているのと、悪い待遇で仕事をすることも当たり前となっています。また、タオルで有名な愛媛県ですが、タオルの生産量は前年を下回っています。

正社員とバイトを比較して分かること

やはり愛媛県であっても正社員の方が安心して仕事をする事が出来ます。ただし、あまり好待遇を望まなければという条件付きです。待遇の良い会社の社員はなかなか辞めない関係で求人を出す機会も少ないです。このような良い会社の社員は長い事勤める傾向があります。

それに対して、経営の厳しい企業は社員がすぐに辞めてしまう関係で頻繁に求人しています。経営状況の良くない企業に入社すれば、非常にきびしい環境での仕事をさせられることになり、この悪循環はアルバイトであっても正社員であっても同じです。へたをすると、愛媛県とは教育に力をいれている県であるにも関わらず、働く場所が少ない県だとも言われます。

愛媛県の最低賃金の引き上げ傾向

愛媛県の最低賃金の推移とは|深夜の最低賃金と割増

愛媛県の最低賃金の状況はどのようなものでしょう。例えば、10年前の最低賃金は623円となっています。これは、とても低い賃金ですが、最近の最低賃金の傾向としては10円から20円位は一年で引き上げられている状況です。状況としては、以前よりかは良くなっています。

ですが、10年前と比較するのはどうでしょうか。最低賃金はかなり問題視された時期があり、それから国をあげて改善している最中とも言えます。改善したとは言え、まだまだ地域による格差や、十分な最低賃金の引き上げがされていないなどの問題があります。

愛媛県の最低賃金の今後の傾向

愛媛県の最低賃金の今後の傾向としては、国の政策がどのように展開するかがポイントです。継続して引き上げを続けるのと同時に、地域間の差をなくすようになれば良いでが、現状では、国自体が厳しい状況にある為、継続的に安定した最低賃金の引き上げをどこまで期待できるか不透明ではあります。

なので、自分の出来る事から一つ一つ取り組んでいき自分の市場価値を高める努力をする事で時給をアップする事も大切です。

Latests