Search

検索したいワードを入力してください

システムエンジニアの平均年収を複数の要素から解説|役立つ資格もあわせて紹介

更新日:2022年08月09日

仕事を辞めて年収の良い職業に転職したいと考えていませんか。本記事ではシステムエンジニアの平均年収を年代・経験年数・業種別に分析、年収をアップさせるための資質とスキルを6つ、必要な資格なども紹介しています。エンジニアへの転職を考えている人は参考にしてください。

「今の会社を辞めたいけれど、転職先としてシステムエンジニアはどうだろう」
「システムエンジニアに転職したいけれど、性別によって年収に差があるかなあ」
「年齢的に今からシステムエンジニアに転職できるかな…。」
そういった悩みを抱えながら、ぼんやりとシステムエンジニアへの転職を考えていませんか。

この記事では、複数のデータを基に年齢や性別によるシステムエンジニアの年収の変化や、システムエンジニアに転職する場合にはどのような資質やスキルが必要なのかを解説していきます。

この記事を読むと、システムエンジニアに転職する前に何が必要かが分かります。

記事を一読いただき、自分の希望に合ったシステムエンジニアへの転職を成功させる参考にしてください。

システムエンジニアの平均年収はどう考えるのか

システムエンジニアの年収は、厚生労働省提供の職業情報提供サイトによると523万円だとされています。

経験を積んだ後フリーで独立するシステムエンジニアもいるため、人手不足であるIT業界では、これからもシステムエンジニアの年収は高くなる見込みがあります。

この年収を高いとするか低いとするかは、さまざまな要素があります。それを細かく見ていきましょう。

出典:システムエンジニア(業務用システム)|職業情報提供サイト(日本版O-NET)
参照:参照:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/312

システムエンジニアの平均年収をアップさせることは可能か

システムエンジニアは実力主義の傾向が強い職種であるため、平均年収をアップさせることは可能です。

20代を経て、30代40代50代と経験やスキルが身についてくると年収に変化が大きく出てきます。

システムエンジニアの平均年収の推移

システムエンジニアの平均年収は、どのように移り変わってきたのでしょうか。

賃金構造基本統計調査によると、産業の一般年収の推移は2016年~2019年にかけて450万円台で少しずつ年を追うごとに緩やかに増えています。

これは、システムエンジニアの平均年収の4年間の推移、2016年~2019年にかけて500万台後半を緩やかに増加していくのと比べると全体的に低いです。

システムエンジニアの平均年収は、直近4年間でも全体の平均年収と比べて高い傾向にあると言えます。

出典:eStat 統計から見る日本
参照:https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450091&tstat=000001011429&cycle=7&tclass1=000001155791&tclass2=000001156749&tclass3=000001156752&tclass4val=0

次のページ:複数の要素からみるシステムエンジニアの年収

初回公開日:2022年06月06日

記載されている内容は2022年06月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests