Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月16日

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

コンサルタントという言葉が様々な場所で出てきますが、その業務内容や年収について知っていく機会は実は少ないです。コンサルタントという職業の詳細や年収について知っておくと、実際にコンサルタントの人と交流する機会が訪れた時に役立ちます。

キャリア別コンサルタントの平均年収

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

コンサルタントとは企業が抱える多くの課題に対して、その正体を明らかにして解決する助言をしてくれる仕事のことです。その上でクライアントの要望に応える多くのアイディアを見つけてくれるのも、コンサルタントの役目です。企業へのアドバイスがメインと考えてください。

そんなコンサルタントですが、相談に乗る企業によって仕事も変わります。仕事ごとに必要な助言も変わっていくので、高いコミュニケーション力と思考能力が求められます。コンサルタントには高い知識が必要なので、年収を上げるには勉強が不可欠です。

コンサルタントの世界は完全なる実力と成果主義なので、年齢が関係なしにどのような成果を残せるのかが最大の課題です。平均的な年収は500万円を超えて、またコンサルタント業界の中では転職も頻繁に行われます。希望の年収に応じて働き方を変えられます。

キャリア

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

キャリアコンサルタントとは就職を希望する人の支援を行う専門職であり、ハローワークや各種職業支援センターが主な活動場所です。就職活動に力を入れている人のサポートを行うので、悩んでいる人達の相談に乗っています。一人一人の能力を見定めて、そこから職業を判断します。

キャリアコンサルタントの年収は低めの傾向にあり、200万から400万までが平均となっています。2016年の4月にはキャリアコンサルタントが国家資格になりましたが、高い年収を得られるのはまだ一部です。しかし今後の制度によっては、年収が上がる可能性もあります。

キャリアコンサルタントはパートや契約社員の雇用形態もあり、基本的な時給は1500円程度です。正社員と比較すると年収は低くなる傾向にあるので、いくつもの職場を掛け持ちするケースもあります。独立できる程に年収を上げるには、学び続けることが大事です。

経営

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

経営コンサルタントとは、企業の経営に関するコンサルティングを行うことを仕事とした人達のことです。経営は当然のことながら、営業の効率化や税金の管理も担当しています。経営コンサルタントによって、多くの企業が適切な運営をできるようになります。

会社の経営は決して簡単ではなく、時代の変化と共に新しいビジネスが必要となります。それは経営者だけでなく、コンサルタントから知恵を頂かなければいけない場合もあります。企業の発展と共に、社会に貢献することが経営コンサルタントの大きな理念です。

経営コンサルタントの年収は500万円程で、優れた人になると1000万円を超えます。その分だけ求められるスキルは多く、当人の誠意や品性も評価の対象になります。時間を守り、また企業に誠意を持って対応してくれる人こそが信頼されるので、生活習慣も意識するべきです。

システム

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

システムコンサルタントとは会社が抱える課題をデータ化し、それによって解決を図る仕事のことです。相手側の内容を理解した上で問題の解決法を分析して、その上で新たなシステムを構築する業務に携わります。システムエンジニアやプログラマーのスキルも求められます。

年収は350万程度の企業もあれば、場合によっては800万円の年収を約束される企業もあります。エンジニアとしてのスキルは必要ですが、客観的な目線でクライアントをサポートしたいと考えていたら、システムコンサルタントの業務も考えてみましょう。

不動産

不動産コンサルタントとは不動産業界が抱える多くの問題を解決する仕事のことです。借り手が付かない集合住宅や、誰にも買われない住宅や土地でどうすれば利益を出せるのかを考えるのが主な仕事です。不動産業界のエキスパートと呼べるので、深い知識と経験が必要です。

今の社会は少子化や高齢化社会の影響で土地や住宅の価値が徐々に下がりつつあるので、不動産コンサルタントの需要がより高くなるでしょう。年収の平均額は500万円であり、ほとんどの企業が成果報酬制度を導入しているので、当人の実力によって左右される世界と言えます。

『公認 不動産コンサルティングマスター』と呼ばれる資格もあり、不動産のコンサルティングをより充実させる勉強を進めて、専門の試験に合格した人に与えられます。この名前を与えられた人は仕事の幅が広がり、また年収も上がります。努力次第で好待遇となります。

セキュリティ

セキュリティコンサルタントとは、情報を管理する企業のセキュリティに対して改善するアドバイスを行う人のことを言います。一般的にスパムメールやウイルスなどの対策をして、顧客の個人情報や企業の機密事項を守ることを理念として、日々トラブルの対策に注力しています。

セキュリティコンサルタントになるにはIT関係のスキルが求められるので、学校でコンピューター関係の知識を身に付けながら、エンジニアとしての経験を積むことが必要です。また顧客との交流も頻繁に行われるので、コミュニケーション力や確かな誠意も求められます。

想定される年収は低くても400万円で、高い人になると800万を超えます。それだけの年収を得るには当人の実力も必要とされるので、まずは顧客の充実度を高めることを優先させましょう。個人情報を扱うので、顧客の信頼に応えることが最大の課題と言えます。

金融

金融関係のコンサルタントは、金融機関に勤めていた経験がある人が多くいます。資金の調達や資産の運用を始めとして、多額の資産を投資する先の相談に乗った経験がある人が多いです。企業の資金の扱い方を考える職業なので、資産の運用法をアドバイスすることが主な役割です。

似たような職業として財務コンサルタントがあり、こちらは事業の再生やそれに必要な経営戦略のアイディアを出したり、または企業の不正を調査することを主な業務としています。金融と財務はどちらもハードルが高く、また平均年収も450万円を超えています。

フリーランスのコンサルタントの平均年収

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

近年では多くの働き方が展開されていて、会社勤めをしないフリーランスの雇用形態も浸透しています。それに伴って、コンサルタントの中にもフリーランスとしての働き方が増えています。フリーランスは自由に働くことが可能ですが、税金や時間の管理を徹底する必要があります。

コンサルタントはクライアントの要望に応えなければいけないので、フリーランスとして働くならば業界に関する情報収集を全て一人で行う覚悟が必要です。誰かに助けてもらうこともできますが、それでも自分で調べる意志も持ちましょう。自由には責任が伴います。

フリーのコンサルタントは会社勤め以上に自らの実力が全てとなるので、年収もまた自分の成果に左右されます。能力を発揮すれば外資系のコンサルタントで1000万以上の年収も得られますが、逆を言うなら自分を磨かなければ収入は上がりません。

フリーランスのコンサルタントになるなら

フリーランスのコンサルタントを目指すのであれば、まずは自分の得意な分野について考えましょう。金融が得意ならそちらに特化すればいいですし、不動産の知識があるなら不動産関係のコンサルタントになれます。自分の得意を伸ばして、そこから別の分野に飛び込みましょう。

経験と実績を積んで

いきなりフリーランスのコンサルタントになることが不安な場合は、まずはクラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングサイトで仕事を探してみましょう。近年ではクラウドソーシングサイトでもコンサルタントの業務を受け持っているので、いくらでも見つけられます。

そしてクラウドソーシングサイトの経験はポートフォリオになり、今後の仕事を続けるにあたってクライアントが評価する基準にもなります。もしも独立するまでに仕事が見つけられないと考えていた場合は、まずはクラウドソーシングサイトで経験を積んでみましょう。

コンサルタントの年収を知るには

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

コンサルタントの年収を知りたければ、まずは経験者の話を調べてみましょう。フリーランスとして働いたことで年収が1000万を超えたケースも出ているので、その際のノウハウについても学んでみましょう。税金の対策や報酬の値上げについても、調べることがオススメです。

コンサルタントの年収は千差万別

【キャリア別】コンサルタントの平均年収|フリーランス/経営

コンサルタントの世界は徹底した実力主義であり、成果を出せないような人間はすぐに切り捨てられます。しかしその分だけ、成果を出そうと努力したコンサルタントの年収は必然的に高くなります。年収を上げて、コンサルタントとして活躍したい場合は努力を続けましょう。

Latests