Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月26日

派遣社員の保険料・保険の切り替え・社会保険/厚生年金へは加入可能?

派遣は新しい仕事として今注目されています。しかし社会保険などについてまるで考えていない人が多いようです。そおのために派遣会社に登録した時に社会保険との関係を考えて見ることが大事です。派遣先の終了した後に社会保険の切り替えの方法はどんなのがあるのでしょうか

派遣社員の保険料はどれくらい?

派遣社員の保険料・保険の切り替え・社会保険/厚生年金へは加入可能?

派遣社員の社会保険加入資格

派遣社員は、正社員と同様、社会保険に加入することができます。社会保険の加入資格は、契約期間が2ヶ月以上で、労働日数と労働時間が通常労働者の3/4以上の日数で働くのが条件になっています。

派遣の社会保険の金額は?

社会保険の保険料は、標準の給料額に保険料率をかけて計算されます。 標準の給料額は、派遣先の3か月分の給料(出勤日が17日以上の月の給料 )を基本に算出します。保険料率は、給料額によって細かく分かれています。例えば、給料額が58,000円の社会保険料は、2,465円になります。

派遣社員の社会保険を切り替えできる?

派遣社員の保険料・保険の切り替え・社会保険/厚生年金へは加入可能?

派遣社員は、加入条件を満たしたら、社会保険に加入をします。 しかし、派遣先の仕事が終わると、派遣社員は社会保険の加入資格を失うため、国民保険に切り替えしなければなりません。1カ月以内に次の派遣先があり、更新して同じ仕事を続ける場合は、今までの社会保険に留まることができます。

派遣会社で新しい仕事が決まっていない!

次の派遣先が見つからない時は、国民年金・国民健康保険に切り替えなければいけません。派遣社員は、社会保険の資格を失いますので、市役所や区役所に行って国民健康保険・年金の手続きをすることになります。放置をしていたら、督促状が郵送され未払い分を支払わなければいけません。後で手続きが面倒になりますので、契約の終了後に手続きを済ませることが大切です。

派遣社員は、派遣契約あるたびに保険の切り替えが面倒!!

派遣社員は、派遣先の仕事が終わると、社会保険の資格を失います。そのため国民保険へ切り替えをしなければいけませんが、手続きするために派遣会社から書類などを揃えなくてはいけませんし、自分で最寄の役所に行かなければなりません。

派遣社員用の健康保険組合がありますので、そちらに加入すれば保険の切り替えの手続きを考えなくていいので、そちらを考えてみたらどうでしょうか?

派遣社員は社会保険・厚生年金は加入できる?

派遣社員の保険料・保険の切り替え・社会保険/厚生年金へは加入可能?

社会保険はどんなもの?

社会保険は、「健康保険」と「厚生年金」(国民健康保険と国民年金)のことを意味してします。日本人は社会保障として社会保険の加入義務付けられています。

派遣会社は、社会保険に派遣社員を加入させる義務!

派遣社員は、一定の条件が整えば社会保険に加入できます。また、「はけんけんぽ」に加入すれば、派遣期間が短期、あるいは断続的であっても継続的に社会保険に加入していられます。また国民年金・国民健康保険と、その他の社会保険と比べて保険料が安くなります。

派遣社員の社会保険の手続きは?!

派遣社員は、派遣会社と雇用契約を交わしています。業務の指示は、派遣先が行いますが、給与の支払い、社会保険と雇用保険徴収や給付など事務的な手続きは、派遣会社が行います。

長期派遣の保険の手続きについて?!

派遣社員は、派遣先と契約期間が2ヶ月以上であれば、社会保険に加入しなければいけません。契約期間が2ヶ月未満の場合は、更新をして同じ仕事を続ければ、最初の契約が終わった日の翌日に、社会保険の加入資格を得ることができます。

短期派遣の保険の手続きについて?!

短期雇用契約の派遣社員は、日雇い特例被保険者となります。2ヶ月以内の短期派遣社員と雇用期間が4ヶ月以内の季節労働者がこれにあたります。雇用契約が終わり、次の仕事を待っている間は、「国民年金保険」に加入します。

2カ月以内の短期雇用契約の派遣社員は、保険手続きは派遣会社の手続き対象外になりますので、国民年金に加入をします。派遣先は、働いている期間・就労期間が終わっても派遣会社で引き続き登録して次の仕事を待っている間は、国民年金保険料を納めます。

派遣社員で扶養範囲内で働きたい時は?

収入のある配偶者(扶養している被保険者)がいる時は、年収が103万円以下なら自分の所得税に関わらず配偶者控除が適用されます。年収が103万円を超える場合は、社会保険に別に加入しなければなりません。

派遣先の仕事についても、曜日と時間のシフト制勤務と、指定日だけの勤務を適用できる派遣先の仕事を選ぶことが大切です。

社会保険への加入を渋る派遣会社と派遣社員!

派遣社員の保険料・保険の切り替え・社会保険/厚生年金へは加入可能?

派遣会社は、派遣社員の社会保険に加入させる義務があります。社会保険自体が面倒な手続きをしなければいけません。短期派遣や、長期期間の場合に更新をしない派遣会社や、社会保険へ切り替えの手続きをしたがらない派遣会社もあります。

派遣社員が社会保険の加入を渋る理由は?

長期の派遣の仕事が終わったら、社会保険の加入の資格がなくなります。派遣会社の方で手続きをしないので、自分で手続きをしなければなりません。

社会保険の切り替えの方法は?

国民年金の加入の手続きは、年金手帳と社会保険の資格を失った証明書を国民年金事務所に提出しなければいけません。同じ社会保険を続ける予定だったら、任意継続のために、加入している健保事務所の方に問い合わせが大事です。

扶養者の社会保険に加入の時は、派遣会社から離職票を発行してもらい、住んでいる市役所から収入証明を扶養者の健保事務所に提出しますが、国民保険か、扶養者の社会保険への加入の審査を受けます。

保険料の負担が少ないから国民健康保険がいい!

派遣社員があえて国民年金に加入する理由は4つあります。

・本人が、国民年金から社会保険に切り替える時に、加入手続きのために市役所まで出向き必要な書類を揃えなければならない。
・時給は、正社員より高めに設定していますが、交通費もなく、保険料も折半で負担しなければなりません。
・社会保険の不信や将来の不安を持っている人は、無関心なので加入する気にならない。
・派遣会社の対応は、長期の仕事の契約をしているのに、わざと2ヶ月以内の契約更新を繰り返し、社会保険の加入をさせないようにしている。

派遣社員の社会保険の切り替えの注意点は?

派遣社員の社会保険は、社会保険か国民保険の加入します。長期の派遣の仕事の場合は、派遣会社の方で社会保険の加入の手続きをすすめますが、次の仕事に就く見込みがない時に、健康保険証を派遣会社に返却をしなければいけません。

国民年金/国民健康保険の加入手続きをすぐ行います。扶養する人がいましたら、扶養家族として申請します。離職票を派遣会社からもらい、扶養家族の証明の書類を市役所から発行した後に、扶養家族の健保組合に送付して審査を受けます。派遣先が決まったら派遣会社の方が加入の手続きをしますが、国民保険や扶養家族としての保険から外す手続きを忘れないようにします。

社会保険の加入の義務!

派遣社員の保険料・保険の切り替え・社会保険/厚生年金へは加入可能?

社会保険は、健康保険と厚生年金で構成されています。派遣社員が病気や怪我で仕事を休まなければならない時に、手当てが支給され安心して病気の治療を受けることができます。老後も安定した生活を送れるように厚生年金は大事なものです。そのために派遣会社は長期の仕事をする時に、社会保険の加入が必要になってきます。

派遣社員に労災保険が適用されます!!

労災保険は全ての労働者を対象にした総合的な保険です。これは正社員やアルバイトだけでなく、派遣社員が労働安全衛生法により、安全に作業できるように、派遣会社も措置の義務が定められています。

派遣社員が、派遣先で事故した時に、派遣元の労災が適用されます。適用の怪我をした時の状況を細かく派遣先や、派遣会社に、報告をしなければなりません。

派遣会社と社会保険について分からない人が多い!

派遣会社に登録して派遣先で働く時にまず考えなければいけないのは、派遣会社の対応です。厚生年金ではなく国民年金への加入を勧めるような派遣会社を選ばずに、社会保険の加入の手続きをしてくれる派遣会社を選ぶことが大切です。

派遣会社に登録を決めた時に考えるべきなのは

派遣社員の保険料・保険の切り替え・社会保険/厚生年金へは加入可能?

派遣会社は、自分にあった働き方を探している人にとって新しい窓口になります。そこで派遣社員にあった仕事を探して、新しい仕事を紹介します。就職先が見つからない人や、違う分野に進みたい人にとっては大切な窓口になっています。

長期の仕事を終わった後の派遣社員は、国民年金・国民健康保険の切り替えをしていないために、督促状が送付され、未払い金を支払う羽目になります。そうならないために、派遣会社に登録の前に社会保険について学ぶことが大切です。

Latests