Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月19日

【季節別】学生派遣の面接時の服装|春/夏/秋/冬/高校生

派遣バイトの面接を受ける時、どのような服装を着用すべきか迷ったことはありませんか?派遣先の職種や季節によって私服やスーツなど、着用すべき服装が決まっています。今回は、派遣バイトの面接に着用すべき服装をご紹介していきます。

派遣の面接時は何を着用すべき?

【季節別】学生派遣の面接時の服装|春/夏/秋/冬/高校生

皆さんは派遣のお仕事を経験されたことがあるでしょうか。派遣先の会社から指定の服装があったり、私服で大丈夫なところなど派遣先によって着用すべき服装が異なります。しかし、指定の服装がない場合、どのような服装をするべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

今回はどのような服装を面接時に着用すべきか職種ごとに分けて紹介していきます。

派遣の面接時の服装は自由なのか

派遣会社によりますが、指定された服装がない場合は私服でも大丈夫なところが多いです。しかし、自由だからといって清潔感がなかったり派手な格好では面接官はやる気を感じることができません。そのため、Tシャツやジーパン、スウェットなどはなるべく避けて、清潔感のある服装を着用しましょう。

もし、面接の服装の指定がなかったり分からない場合は派遣先にしっかりと聞きましょう。それでも不安な方はスーツの着用をお勧めします。

アルバイト派遣の面接時の服装

アルバイト派遣の面接はどのような服装を着たらいいか、いまいち分からないという方が多のではないでしょうか。アルバイトや短期のバイトでも、会社によっては指定の服装があります。指定の服装がない場合は、私服で構わないです。しかし、私服といってもどのような服装が良いか迷う方は多いのではないでしょうか。これから、アルバイト派遣のバイトに着用するべき服装について紹介していきます。

工場の派遣の面接時の服装

派遣会社によって指定の服装は違いますが、工場派遣の面接は基本的に「面接は面接に相応しい格好で」と言われることが多いです。そのため、私服でも問題はないでしょう。しかし、私服でもダボダボのジーンズや色あせたTシャツでは面接官にやる気が伝わりません。面接官にやる気をアピールするためにも、清潔感のある服装を着用しましょう。

面接時の服装(男性)

男性の場合は、襟の付いたシャツやポロシャツにチノパンやスーツのズボンなどが好ましいです。靴は動きやすいスニーカーが良いでしょう。靴は汚れていないかチェックして、使い古されていないスニーカーで行きましょう。

面接時の服装(女性)

女性の場合も、動きやすい服装をしていくと良いでしょう。そのためチノパンにポロシャツや襟付きのブラウスにスニーカーのような、清楚で動きやすい服装が良いです。もし、指定の服装がスーツだった場合、パンツスタイルのスーツが好ましいでしょう。パンツスタイルの場合、動きやすい印象を面接官にアピールできるのでスーツはスカートよりもパンツスタイルの方が良いです。

倉庫の派遣の面接時の服装

倉庫の派遣の面接時も基本的に私服で大丈夫なところが多いです。中には面接時に倉庫内を見学する会社もあるので男性も女性も襟の付いたカッターシャツやポロシャツ、それに加えてスーツのズボンやチノパン、または学生ズボンなど動きやすくて清楚な服装が良いでしょう。特に冬は冷え込むのでジャンパーやトレーナー、またはセーターなども着用するのが好ましいです。

女性の場合倉庫内を見学する場合はサンダルやヒールでは危険なので動きやすくて派手ではないスニーカーを着用しましょう。

製造の派遣の面接時の服装

製造の派遣の面接時も、大抵の会社は私服で大丈夫です。GパンやTシャツで行く方も多いですが、面接官に失礼のない清楚な格好で行くと良いでしょう。

男性の場合は、倉庫内の服装と同じようにオフィスカジュアルな襟付きのシャツやチノパン、またはスーツのズボンなどで行くのが好ましいです。

女性の場合は、派手すぎないコーディネートが好ましいです。シャツや、ブラウスにスカート、またはチノパンが良いでしょう。靴はローヒールで黒やグレーなど大人しい色味のヒールまたはローファーなどを履いて行きましょう。

季節別派遣の面接時の服装

春は比較的暖かいので、スーツの場合は長袖シャツにズボン、ネクタイそしてジャケットで良いでしょう。私服の場合は、フォーマルな襟付きなシャツやチノパンに加えあまり派手でないカーディガンやセーターなどを持参すると良いでしょう。

夏は暑いので、あまり厚着していく必要はないです。私服の場合は、半袖の襟付きシャツにチノパンやスーツのズボンなどが好ましいでしょう。スーツの場合は、汗をかいたときにメイクが崩れたりシミになったりしやすいので発汗性に優れているリクルートスーツを着て行きましょう。

下に着るシャツは半袖や薄着でも大丈夫ですが、汗やシミが気になる方は着替えのシャツを持っていくと良いでしょう。しかし、夏場のスーツは暑いので汗だくになりメイクが崩れたりしてしまいます。面接直前まではジャケットを着用せずに、手で持ち歩くようにしましょう。

肌寒い秋は、体を冷やさないようにジャケットやセーターを持っていくと良いでしょう。私服の場合、長袖の襟付きシャツにスーツ用のズボンやチノパン、そして黒やベージュなど落ち着いた色のセーターやジャケットを持参していく良いでしょう。

冬は寒いので、セーターやジャケットは必須です。私服の場合は上記のようにシャツ、セーター、チノパンまたはスーツのズボンなどが好ましいです。場所によっては暖房のついた会場で面接をするので、温度調整できるようにジャケットやスーツなどすぐに脱げる服装が良いでしょう。

学生派遣の面接時の服装

高校生

高校生で派遣バイトに挑戦する方は多いのではないでしょうか。応募した派遣会社が私服で構わないという場合は、襟付きのシャツやチノパンなど清楚な格好が好ましいです。女性の場合も、派手ではない紺や黒のスカート、またはチノパンを着用しましょう。

フォーマルな格好で、という場合はスーツを持参している方はスーツ、もし持っていない場合は制服が好ましいです。シャツのボタンは開けずにネクタイやリボン、そしてジャケットを忘れずに。

大学生

多くの大学生が派遣バイトを在学中に始める方が多いです。派遣先の会社が面接時に私服で構わないという場合は、清楚な格好(チノパンや襟シャツ)で。そして、スーツでの面接時は入学式で来たスーツで構わないです。スーツの指定の色がある場合は、それに従いましょう。

男女別派遣の面接時の服装

男性の場合

このように、男女別、そして派遣先で着用すべき服装が分かれています。多くの派遣会社は私服で大丈夫です。その場合、私服でもオフィスカジュアルを心がけましょう。

男性は、大人しい色味の襟付きのシャツ(白やライトブルー)にチノパン、またはスーツのズボンが良いです。靴は使い古していない、そして汚れていないスニーカーを着用しましょう。寒い時期は、ジャケットやセーター、またはジャンパーなどを持参すると良いでしょう。

女性の場合

女性の場合は、襟付きのブラウスや、大人しい色味のブラウスに膝よりも長いスカート(フレアスカートや、タイトスカート)、または細身のパンツ(チノパン、スーツのパンツ)を着用しましょう。しかし、動きの多い仕事(製造や工場など)を希望する場合はパンツスタイルや動きやすい服装で行くと面接官にアピールすることができるのでオススメです。

靴はヒールの低いもので、黒やベージュなどが良いでしょう。製造会社の派遣など、面接の後に倉庫内を見学する場合は動きやすいスニーカーを着用しましょう。寒い時期は、ジャケットや落ち着いた色のカーディガン、またはセーターを着用すると良いでしょう。

面接に好ましい服装で採用を狙おう

いかかでしたでしょうか。今回は、派遣バイトでの面接時に着用すべき服装について紹介しました。曖昧だった派遣バイトへの着用すべき服装について理解できた方は多いのはないでしょうか。清潔感を最重視してオフィスカジュアルスタイルで面接官にたくさんアピールしていきましょう。しかし、派遣会社によって服装の指示が違うのでしっかりと確認してから面接に挑みましょう。

Latests