Search

検索したいワードを入力してください

紹介予定派遣の面接に落ちたときの対応|落ちる/質問/不採用

更新日:2020年08月20日

紹介予定派遣の面接についてご紹介していきます。紹介予定派遣の面接で聞かれることや当日の服装、辞退する方法にいたるまで、複数の視点から解説を行っていきます。面接を予定されている方や希望している方は、どうぞ参考にしてください。

紹介予定派遣の面接に落ちたとき・不採用の対応・理由

まず、紹介予定派遣の面接に落ちたとき・不採用の対応・理由についてご紹介していきます。紹介予定派遣の面接には落ちることもあります。正社員採用と比べて、若干合格率は上がりますが、それでも落ちる時は落ちます。その理由としては、ミスマッチが大きな理由と言えるでしょう。

企業側は、あなたの経歴を改めて確認することを目的として面接を行います。履歴書では見えてこない部分や期待する部分があるからこそ、面接を行います。しかし、面接を通して、あなたのキャリアと求める人物像が異なる場合、紹介予定派遣とは言え、落とさざるを得ません。

したがって、落ちた場合は潔くあきらめて、次の紹介予定派遣の面接に臨む方が良いでしょう。ミスマッチで入社するよりも、きちんと適正のある職場で働いた方が、続けやすいというメリットがあります。

紹介予定派遣の面接の質問内容

ここからは、紹介予定派遣の面接の質問内容についてご紹介していきます。紹介予定派遣でも正社員の面接と同じように、あなたに関する情報を聞かれます。

採用時は紹介予定派遣という形であっても、いずれ正社員としての採用を見込んでいる場合は、それ相応に厳しい見方をされるケースもあるので、きちんとした対策を練ってから面接に臨むと良いでしょう。

場合によっては、キャリアアドバイザーなどに模擬面接を行ってもらうのも効果的です。

回数

紹介予定派遣の場合、面接回数は基本的に1回の場合が多いですが、企業によっては2回、3回と行う企業もあります。面接を複数回行う企業に関しては、将来的に正社員としての採用を考えている企業や、長期的に働いて欲しいと考える企業と言えます。

紹介予定派遣での働き方は、無期契約ではなく有期契約となるので、企業側もどのくらいの期間働いて欲しいというニーズがあります。そういった企業側のニーズに応えられるかどうかという点を、複数回の面接を通して判断していきたいと考える企業も少なくありません。

志望動機

志望動機に関しては、紹介予定派遣の面接で、ほぼ100%聞かれると考えておいた方が良いでしょう。紹介予定派遣に関わらず、どんな面接でも聞かれる質問と言えます。

単純に「紹介されたから」、「何となく応募してみた」などといった志望動機では受かりにくくなってしまいます。志望企業の事業内容や担当する仕事について、事前にきちんと研究を行っておき、それを踏まえた上で、ご自身がどのように活躍していきたいのか述べることが大切です。

志望動機、自己PR、これまでのキャリアに関しては、間違いなく聞かれる質問と言えるので、よどみなく回答できるように適切に頭に入れておきましょう。

転職理由

紹介予定派遣の面接では、転職理由に関しての質問もよくされる質問の一つです。企業側としても、採用するのであればできるだけ長く働いてもらいたいと考えるのが自然な考え方です。

そういった意味で、本人の転職理由と企業が求める人物像がマッチしているかどうかを確認したいと考えています。そういった意味で、将来的にどういった仕事やキャリアを積んでいきたいのか、検討した上で、御社の事業内容とマッチするためといった形で回答すると良いでしょう。

大切なのは、あなたの思考が未来を向いていることであり、過去の苦い経験を転職理由とするのは得策ではありません。それは、人間関係や給与といった面を転職理由としてしまうと、企業側もまた同じ理由で辞めてしまうのではないかと、心配するからです。

長所・短所

紹介予定派遣の面接においては、長所と短所が聞かれることも多くあります。企業によっては、複数勤務地での働き方を求める場合もあります。指定されたエリア内で、期間ごとに働く場所が変わるというケースも少なくありません。

一つの場所で働く場合も同じことが言えますが、新しい環境にスムーズに溶け込めるだけの人間性があるのかどうかを知りたいと考える企業は数多くあります。単純に仕事の能力だけが高ければ良いというわけではなく、周囲との協調性や忍耐力、問題解決力など、多角的な視点から面接者を判断するための質問として、長所と短所を聞くことがあります。

長所はそのまま答えれば問題ありませんが、短所を答える際には、短所も長所の裏返しという視点を持って、文脈をポジティブな内容で締めると効果的です。

紹介予定派遣の面接の結果にかかる日数・流れ

ここからは、紹介予定派遣の面接の結果にかかる日数・流れについてご紹介していきます。紹介予定派遣の面接の流れに関しては、派遣会社を通して進むケースがほとんどです。その流れは、一般的な面接と変わりありません。

まず書類選考があって、書類選考を通過した場合は、面接を行います。面接は一回の企業もあれば、複数回行う企業もあります。面接を通して、面接者を判断していき、最終的な採否が決まります。

全体を通した日数としては、2週間~1ヶ月程度を見込んでおくと良いでしょう。場合によっては、1週間以内で全てが決まるケースもありますが、内定まで至るとなると上記の日数くらいかかるのが妥当と言えます。

遅い

紹介予定派遣の面接の結果にかかる日数が、遅いと感じることもあるでしょう。企業側もあなただけではなく、数多くの面接者と面接を行っている場合があります。企業側がどの程度の人材を欲しているのかにもよりますが、落選者の割合が多くなればなるほどその選考に時間がかかります。

基本的に面接をした人は採用して、何か問題がある人だけを落とすというケースであれば、その選考結果もすぐ出やすいと言えるでしょう。一方で、落とす人を増やす場合は、内定を出す人物を入念にチェックする必要があるので、それだけ選考に時間がかかる可能性があります。

場合によっては、他者との相対評価で採否が決まるケースもあるので、その分、選考結果連絡が遅くなる場合も少なくありません。

紹介予定派遣の面接の服装

紹介予定派遣の面接の服装について、基本的にはスーツで行くようにしましょう。企業側からドレスコードに関する指定があれば、それに従ってください。特に指定がない場合は、スーツで面接に臨むのが妥当です。

オフィスカジュアルな服装でも採否に影響することはありませんが、社会人のマナーとしてスーツを着用することをします。

紹介予定派遣の面接を辞退する方法

ここでは、紹介予定派遣の面接を辞退する方法についてご紹介しましょう。基本的には書類選考が通過して、面接の日程が決まったら、面接に行くようにしてください。私的な理由で面接を辞退するのは、企業側にも迷惑がかかりますし、あなたを支援してくださる派遣会社や転職支援サービス会社にも迷惑がかかることになります。

しかし、他の企業から内定連絡をもらって、その企業に入社することが決まった場合は、面接を辞退することができます。その場合、反対に面接を行う方が企業に失礼にあたるので、面接を辞退する旨を伝えましょう。

辞退する場合は、直接、面接予定企業に連絡を入れるケースもありますし、派遣会社を通して辞退の旨を伝えるケースもあるので、その場の状況に応じて対応してください。

紹介予定派遣の受かる面接対策

紹介予定派遣の受かる面接対策としては、過去の質問集を把握しておくことです。自己PR、志望動機、これまでのキャリアといった部分はどんな企業でも聞かれるケースが多いですが、それ以外の企業独自の質問があれば、そういった質問への対策を進めておくことが大切です。

企業独自の質問の裏側に求める人物像が隠されていることが多く、そういった質問に的確に回答していくことで、受かる確率を上げていくことができます。そのためにも、紹介会社を通して、過去の面接情報を集めると効果的です。

紹介予定派遣の面接を突破しよう

紹介予定派遣の面接は、コツをつかんでしまえばそれほど難しく考える必要はありません。事業内容とキャリアプランをマッチさせて、あなた本来の良さをアピールすることで、内定を勝ち取ることができます。ぜひ自信を持って、面接に臨んでください。

初回公開日:2017年12月04日

記載されている内容は2017年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests