Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】派遣の登録にすすめの服装|説明会/面接/主婦/学生

更新日:2020年08月20日

派遣の登録会に行くことになった!でも、派遣の登録会ってどんなことをするのだろう、どんな服装で行けばいいのだろう・・初めて派遣の登録会に行く人にとってはとても悩ましい問題です。今回はそんなお悩みを解決する派遣登録会の服装についてをご紹介します!

季節別派遣の登録にすすめの服装

何を着ていくべきか、どんな服装で行くのがふさわしいのか、意外と悩み頭を抱えてしまうのが派遣の登録会です。面接のような服装で行く方が良いのか、もっとカジュアルな服装で問題ないのか、悩んでしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな服装が悩ましい派遣の登録会にどのような服装で行くのが正解か、季節別にご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

春は新しいことを始めたくなる季節です。派遣の登録会に行って、新しい仕事を始めようとする人も多いのではないでしょうか。そんな春には、ジャケットを羽織る服装がです。

スーツほどかしこまった印象を与える訳でもなく、着ている本人もそこまで気負いしないのに、キチンとした服装であることを羽織るだけで演出できるジャケットは1枚は持っていたいアイテムです。派遣会社のコーディネーターも登録会にジャケットを着てくれる人には安心感を抱くでしょう。

暑い夏は、無理してジャケットを羽織るのではなく、多少夏らしい服装をしても問題ありません。写真のコーディネートのように、通気性の良いワイドパンツで足元も涼やかにし、有数スは半袖で季節感を出してしまいましょう。

コーディネートの全体的な色使いに夏らしいカラフルな色を選んでしまうと、ややカジュアルよりな服装に見えてしまいますので、色使いには気を配りましょう。さらに、夏だからといって過度に露出をしてしまうのもNGです。お仕事を紹介してもらう、という目的をしっかりと忘れずに季節の服装を楽しみましょう。

少し肌寒さを感じるようになる秋は、薄手のセーターに足首丈のパンツを合わせて、キレイな服装にまとめ上げましょう。セーターは、できるだけ薄手のもので、無地のものを選んだ方がキチンとした雰囲気が出せます。首元はVネックやUネックで清潔感を出しましょう。

気温の低い日の場合は、春のときと同じくジャケットを羽織るのもです。ジャケットだと少しカッチリしすぎかな、という場合には流行のトレンチコートなどを合わせて、トレンドもうまく取り入れましょう。

スーツの場合には、黒タイツではなく肌色のストッキングを合わせるのが主流ですが、派遣の登録会の場合には黒タイツを着用していても問題はありません。長丁場になることも多い派遣の登録会ですので、室温にうまく対応できる服装を心がけましょう。

写真のコーディネートはベーシックな色使いの中に、流行りのバーガンディーを取り入れ、トレンドも意識しつつ、清潔感やキチンとして雰囲気を演出できる服装です。冬なので、このバーガンディーのような濃い色味を持つ服装を着こなすことで、アパレル業界や美容関係のお仕事を紹介してもらえる可能性も増えてくるでしょう。

派遣登録説明会に服装

そもそも派遣の登録会とは、なにをする場なのでしょうか。

派遣の登録会は、これからお仕事を始めようとする人が、派遣会社に自分という人材を登録しに行く機会です。当日は、自分のプロフィールや職務経歴、就きたい職種の希望などを派遣会社のコーディネーターに伝え、簡単な適正テストやパソコンスキルのチェックなどを受けます。うまくいけば、登録会当日にお仕事を紹介してもらえるチャンスもあります。

上記のようなことを行う日ですので、スーツを着用したほうが良いのではないかと思われがちですが、多くの派遣会社が登録会当日の服装はスーツではなくても良いとしています。もちろん不安がある場合、スーツを着ていくことに問題はないのですが、普段から着用機会の多い人を覗くと、準備するのも大変なのがスーツです。あまりカジュアルすぎないオフィスカジュアル程度の服装で行きましょう。

派遣登録の面接に服装

次のページ:職種別派遣登録に服装

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests