Search

検索したいワードを入力してください

人材派遣会社選び4つのポイント|採用担当者が行うことや伝えるべき内容

更新日:2022年01月25日

人手不足の続くエンジニア業界で、人材確保は切実な問題と言えます。一般的な働き方として定着している人材派遣について、会社の選び方から使用方法、メリットデメリットなどについて説明します。人材派遣会社を使って優秀な人材を確保することを考えてみてはいかがでしょうか。

5:受け入れ態勢を整える

派遣スタッフの最初の出勤日までに、デスクやパソコン、ロッカー、使っていい備品などをすぐに使えるように設置や設定をしましょう。

最初の数日間は、来てくれた派遣スタッフも緊張しているため、自分のための準備がなされていないと居づらく感じてしまうものです。せっかく来てくれた派遣スタッフが気持ちよく働けるように考えながら準備をするといいでしょう。

マッチングに向け人材派遣会社に伝えるべき6つの内容

人材派遣会社からエンジニアなどのスタッフを派遣してもらうことは、多くの登録スタッフの中から自分の会社に合う人を紹介してもらえるという良さがある一方、間に派遣会社の人が入り、ワンクッション遠くなるとも言えます。

そのため、人材派遣会社にはこちら側の意向を正確に伝えることが、自分の会社にマッチした人材を紹介してもらうためには欠かせません。

人材派遣会社に伝えておくべき6つの内容について順番に見ていきます。

1:派遣募集に至った理由

派遣スタッフを導入しようと思った理由や、いつまでにスタッフが欲しいのかなどの背景を伝えることで、より自分の会社が求めている人材が来てくれる可能性が高まるでしょう。

業務量が増えた、前の担当者が辞めてしまったなど理由は様々ですが、それにより業務が多岐にわたるのか、忙しい職場なのかなどの背景を伝えることができます。

2:業務の内容や役割

今回募集しているスタッフに任せたい業務の具体的内容や役割については、採用時や採用後のミスマッチを防ぐためにもきちんと人材派遣会社に伝えるようにしましょう。

具体的な内容を伝えることで、業務経験のある人を派遣会社も探しやすくなるため、自分の会社での研修が楽になるというメリットがあります。

3:必須となるスキルや資格及びキャリア

派遣会社には、今回の募集にあたって必要なスキルや資格を伝え、業務がスムーズに行える人に来てもらうようにしましょう。

来客対応の多い場合などは社会人経験何年以上、海外の方との接触が多い場合は英語スキルなども必要であるため、そういった資格もきちんと伝えるようにしましょう。

4:就業に関する条件

就業に関する条件では、賃金、休日、勤務時間などに合わせて、この仕事に向いていそうな人の特徴なども分かっている場合は明記するようにしましょう。

後からトラブルに発展しないように、条件は最初から伝えるようにしましょう。

5:福利厚生面

派遣スタッフは派遣会社の規定に基づき、福利厚生や健康診断、有給などがありますが、会社の食堂の有無、制服の貸与などは派遣された会社の規定に沿うため、利用できる場合は伝えるようにしましょう。 

立派な食堂がある、飲み物がセルフサービスで無料で常時飲めるなど、充実した福利厚生がある企業もあります。そういった福利厚生が魅力になることもあるため、必ず伝えるようにしましょう。

6:職場の雰囲気や環境

次のページ:人材派遣会社からの派遣を利用する5つの利点

初回公開日:2021年09月13日

記載されている内容は2021年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests