Search

検索したいワードを入力してください

派遣と業務委託の違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説

更新日:2022年01月25日

派遣と業務委託は似ている部分があるためその違いがよくわからないという人もいるでしょう。しかし、その違いを理解せずにこれらを利用してしまうと、トラブルの原因となってしまうこともあります。そのようなことを避けるためにも、派遣と業務委託について理解しておきましょう。

業務委託と派遣の違い

外部の労働力を活用する場合の方法はいくつかあり、その方法の中に業務委託と派遣が含まれています。

これらの方法でエンジニアを確保しようとした場合、業務委託は請負業者やフリーランスエンジニア、派遣は派遣会社に属する派遣エンジニアなどに仕事を依頼する必要があります。

しかし、これらはどちらも外部の人材に仕事を任せることになるため、その違いがわからないという人も少なくありません。業務委託と派遣では、それぞれ得られるメリットや、仕事をしてもらうための仕組みなどが異なります。

そのため、正しい方法でエンジニアを確保できるように、派遣と業務委託の違いを把握しておきましょう。

派遣について

派遣とは、派遣会社から労働者を派遣してもらい、自社の労働に従事してもらうことです。派遣先の企業は派遣された労働者に対する指揮命令権を持つため、さまざまな指示を出して、自社の仕事をしてもらうことができます。

ただし、派遣を正しく活用するためには、その仕組みや契約内容などをよく理解しておく必要があるでしょう。

出典:労働者派遣・請負を適正に行うためのガイド|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000078287.pdf

派遣の仕組み

派遣でエンジニアを確保した場合、そのエンジニアの指揮命令権は自社が持つことになり、さまざまな仕事をしてもらうことができます。しかし、自社内で、自社の指示に従って、自社の仕事をしてもらっていたとしても、派遣エンジニアは自社の社員ではありません。

派遣エンジニアが雇用契約を結んでいるのは派遣会社です。自社はその派遣会社と労働者派遣契約を結ぶことで、エンジニアを派遣してもらうことができます。

また、派遣によって得た労働力の対価を派遣会社に支払うことになり、その金額や派遣エンジニアの労働条件などは、派遣会社との契約内容によって決まることを把握しておきましょう。

一般派遣契約・特定派遣契約・紹介予定派遣契約とは

派遣会社にエンジニアを派遣してもらう際に、自社と派遣会社が契約を結ぶように、派遣会社と派遣されるエンジニアの間にも契約が結ばれています。

その契約にはいくつか種類があり、主に一般派遣契約・特定派遣契約・紹介予定派遣契約の3つです。

一般派遣契約とは、派遣先と勤務期間が決まった際に、その勤務期間の間だけ労働者と派遣会社が雇用契約を結ぶ契約のことを言います。

紹介予定派遣契約とは、正社員に採用することを前提にして、まずは派遣社員として一定期間の労働をする契約のことです。

特定派遣契約はすでに廃止されているため、現在はこの契約方法はありません。

これらは労働者と派遣会社の間での契約になりますが、その契約内容によって派遣として仕事をするうえでいろいろと条件が異なってくるため、その違いは派遣先の企業も把握しておく必要があります。

出典:「一般労働者派遣」と「特定労働者派遣」はなにが違うのですか|アデコ
参照:https://www.adecco.co.jp/client/faq/system/02

業務委託について

業務委託とは、請負契約・委任契約・準委任契約の総称です。業務委託でエンジニアに仕事をしてもらう場合には、基本的に請負契約を結ぶことになります。

派遣の場合は労働力を得ることが目的ですが、請負は仕事の結果や成果を目的として結ぶ契約です。また、派遣は自社が労働者の指揮命令権を持つことに対して、請負の場合は自社が指揮命令権を持つことができないという大きな違いがあります。

出典:業務委託とは|アデコ
参照:https://www.adecco.co.jp/client/useful/190911_subcontract

業務委託の仕組み

業務委託の場合も、派遣と同様に労働者は自社の社員となるわけではありません。労働者が雇用契約を結んでいるのは請負業者です。自社はその請負業者と請負契約を結ぶことで、仕事を依頼することができます。

ただし、派遣の場合とは異なり、請負契約の場合は仕事の結果や成果を目的に契約をします。自社が労働者に対して指揮命令を行うことができないのは、その結果や成果を出す方法は基本的に請負業者に任されるためです。

出典:雇用形態における業務委託とは|Workship ENTERPRISE(ワークシップ エンタープライズ)
参照:https://enterprise.goworkship.com/lp/consignment/employment

請負契約とは

業務委託とは、3つの契約の総称で、その中に請負契約も含まれています。仕事の結果や成果を目的とした契約です。そのため、エンジニアに業務委託をする場合は基本的に請負契約を結ぶことになります。

エンジニアとの請負契約による仕事の結果や成果には、常駐して社内サーバーの運用やメンテナンスを行う、発注されたシステムの開発などがあります。

出典:「請負契約」は業務の完成品を目的としている|アデコ
参照:https://www.adecco.co.jp/client/useful/190911_subcontract

業務委託のメリット3選

派遣と業務委託は同じように外部の人材に仕事を依頼することではありますが、その仕組みには違いがあります。

そのため、派遣と業務委託のどちらを活用するのかという正しい判断をするには、それぞれのメリットとデメリットを把握しておくことが必要です。まずは、業務委託のメリットにはどのようなものがあるのか確認しましょう。

1:教育コスト削減

エンジニアは慢性的な人手不足が続いていて、自社で教育しているという流れが多くなってきている傾向です。しかし、エンジニアには高度で専門的なスキルや知識が求められるため、エンジニアを育てるには時間と費用、労力が大きくかかってしまいます。

そのため業務委託をすれば、その教育をする必要がなく、熟練のエンジニアを確保して仕事をしてもらうことができるでしょう。

次のページ:業務委託のデメリット2選

初回公開日:2021年09月13日

記載されている内容は2021年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests