Search

検索したいワードを入力してください

【例文付き】パン屋への志望動機の書き方|雇用形態別の志望動機

初回公開日:2017年08月29日

更新日:2020年02月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「パン屋さんになりたい」パン屋さんに合格するための志望動機って?覚えておきたい履歴書の書き方や面接で気をつけたいこと、好印象を与える服装、品のいいメイクのポイント、パン屋さんに相応しいヘアスタイルや製造、販売、職種ごとに分かる志望動機の作り方をご紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

パン屋の志望動機の書き方は?

パン屋さんは、エキナカ、駅近、住宅街の穴場、様々なところに発展をしています。チェーン店で展開しているパン屋さんも多いです。パン屋さんの近くを通るだけで、お店の外にまで香ってくるこうばしい香りは食欲をそそります。「大好きなパンに囲まれて仕事がしたい」「大好きなパンを作ってしごとがしたい」と幼い頃から夢見ていた人も多いのではないでしょうか?

しかし、どうしたらパン屋さんになれるの?志望動機はなんて書けば良いの?そんな悩みを、今回は一緒にまとめていきましょう。

パン屋さんの志望動機

パン屋さんは朝の速いお仕事です。近年は機械化が進み、若干おそめになりましたが、人々の朝にできたてを提供する為にパン屋さんは朝早くから頑張っています。志望動機を書くにはそういった仕事の特徴を捉えておくことが重要です。

【例】
「わたくしは、パンが大好きで毎朝パンを食べています。駅までの道で、御社から香ってくるパンの香りに、毎朝とてもワクワクする気持ちを貰っています。毎朝眺めているうちに、自分もパンに囲まれて生活したいと願うようになりました。今回の求人を拝見し、応募致しました。パン屋さんで働くのは初めてですが、情熱を持って取り組みたいと考えています。

このように、志望動機とは『なぜ』その職を希望するようになったのか、を聞かれていることなので、ストーリーを大切に思わず瞼の裏に思い浮かんでしまうようなものにしてください。志望動機はやる気とイコールなので、丁寧な言葉遣いでしかし熱意が伝わるようにしましょう。」

志望動機の次は?パン屋さんの履歴書の書き方

つぎに、履歴書の書き方をおさらいしておきましょう。履歴書にはまず、氏名、年齢、性別、住所、連絡先、を記載します。このとき嘘は書かずに、しっかりと連絡のつく電話番号やメールアドレスを記載してください。次は学歴です。小学校の卒業から順に最終学歴までを記載しましょう。

それ以降は仕事暦です。左端に年号を書く場所が有るので、その年号の順番通りに書くよう注意してください。一度ほかの紙にめもをすると、やりやすいです。検定、資格は取得した年月日順に記載します。検定や資格に寄っては有効期限が有るものもありますので、期限切れの物は記載しないように、注意してください。

志望動機の次は?パン屋さんの履歴書の書き方2

次は希望する勤務条件の記入です。自宅からどれくらいの時間で通えるのか、週に何日勤務できるのか、何曜日はダメなのか。そういった勤務に関わる自分のプライベートなことや希望を記入して行ってください。定期券が幾ら何のかも調べておくと良いでしょう。

志望動機は、簡潔で分かりやすく、パン屋さんに相応しい明るい雰囲気を心がけてください。自己PRの部分は、志望動機と被らないようにしてください。例えば、パン屋さんは飲食業なので不衛生な人はだめです。じぶんが日頃どれだけ清潔を大切にしているかのアピールもいいでしょう。

パン屋の面接で気をつけたい事は?

パン屋さんでの志望動機も大切ですが、やはり一番気合いを入れるべき場所は面接です。考え抜いた志望動機を頭に入れて望みましょう。緊張する人もおおいかと思いますが、笑顔と大きな声でハキハキと答えていれば大丈夫です。成功するビジョンを思い描いて挑んでください。忘れ物もしないようにしましょう。

事前に電話で必要な物を確認を取ってメモをし、チェックリストを作ると良いです。履歴書、写真、メモ用紙、ペン、腕時計、この辺りはいわれなくても用意しておきたいです。また、面接場所もしっかり確認しておきましょう。移転している場合も考えられますから、しっかりとチェックしてください。

続いてはパン屋さんの面接、志望動機をいう際に、気をつけておきたい服装やメイクの特集です。

服装

正社員、新卒、中途の採用ならばリクルートスーツやスーツスタイルがいいでしょう。しかし、アルバイトで服装に特に指定がないというとき困ってしまいます。そのような時は、オフィスカジュアルを目安にしてみてください。持っているのであれば、ワイシャツに清楚なスカートや、パンツ、ワイシャツが無ければラウンドネックやブイネックのブラウスが良いです。

Tシャツのようにラフすぎるものや、ワイドパンツ、ガウチョ、ジーンズはさけて下さい。ロングのマキシワンピースなんかも辞めておいた方が好印象です。くつもヒールがあまりにも高いくつや、指先が見えるサンダルはやめましょう。お持ちであれば、プレーンなパンプスが良いです。さらに、ストラップがついていて脱げにくい物が良いでしょう。

メイク

「志望動機もきちんとあるパン屋さんが大好き」
しかし、メイクがその場に適していないと、合格は出来ない可能性も考えられます。そのようなことにならない為に、パン屋さんに印象のいいメイクをお教えします。暖かみのある色合いを使うといいです。パン屋さんはどこか心がほっこりするような時間を演出してくれます。それに合わせて、赤やオレンジ、すこし深みの有る色を持ってくると良いです。

とくにチークは、オレンジ系で柔らかい色合いで笑顔が優しくなるようにしてみてください。アイメイクは薄めで、まつげも控えめにしてください。飲食なので清潔感が必要です。ひじきのようにゴテゴテについたまつげは、あまり清潔感が有りません。

リップも、グロスをテカテカと塗りたくるのではなく、マット系をさらっとのせるくらいがちょうどいいです。明度の高い明るい色がいいでしょう。暗い印象とはさよならです。

ヘアスタイル

次に、印象を大きく変えるのがヘアースタイルです。飲食なのでなによりも清潔なことが大切です。ハーフアップやポニーテール、低い位置でのまとめ髪のように、顔周りがはっきりと出るようにすることが大切です。ゆふまきウェーブや、ソバージュ、おろしたままのストレートヘアは、汚らしい印象となってしまうので避けて下さい。

ヘアカラーもあまりにも明るすぎる茶色や、最近流行っている様々なカラーは避けた方が良いです。落ち着いた茶色や黒髪が、柔らかい雰囲気のパン屋さんにはよく似合います。アッシュなどの特徴的なカラーもやめておきましょう。

職別の志望動機

「パン屋さん」といってもその仕事は様々です。パンを作る人、パンを売る人、それにあわせて志望動機は変わってきます。志望動機は人柄を探るのにとても重要視されることなので、たかが志望動機なんてなんでもいい、とは思わずにパン屋さんになるためにとっておきの志望動機をさがしてみてください。

製造

製造とは、簡単にいうとパンを作る側の人のことです。大量に同じパンをつくっても味を変えないなど大変な技術のいる仕事です。志望動機で一番伝えたいのは、自分自身がパンを作るのがすきだということ、興味を持っているということです。重い物を持ったり、火傷をする可能性もあるなか、それでもやりたいと思うには、他にも理由があるとおもいます。

それをよく考えて、志望動機の中に盛り込んで行ってください。自分の本心と向き合うのです。面接や応募をする前に、料理教室などで体験が出きるパン焼き体験をしておくと、イメージも膨らみやすく、また、実際に経験が有るという強みを持つことが出来ます。一度試してみるのは良いのではないでしょうか?

販売

販売とは、実際にパンをパン屋さんで販売する人のことです。直接お客様と関わるので明るい人が向いています。そして、細やかなことに気を利かせることができるとなお良いでしょう。志望動機で伝えた方が良いのは、接客経験があるということです。学生時代に飲食でバイトしていたことがある人は、ぜひそれを伝えてみてください。

また、パンが心から好きだということをつたえるといいです。志望動機は明るく軽やかな印象になるように伝えましょう。週に何回パンを食べているか、パン屋さんを利用しているかも伝えた方が良いです。とにかく情熱が有ること、根気が有ることを伝える内容にしてください。

合格出来る志望動機とは?

「求人に応募したからには受かりたい」そんな思いの人が多いでしょう。それには簡単なポイントが有ります。それは、志望動機でいかにやる気をアピール出来るかということです。また、いままでの経験も伝えた方が良いです。これまでの仕事でどんな経験を積んできて、それをどう活かしていく気があるかが重要です。

パン屋さんは人の食欲だけではなく、心も満たす仕事です。また食品を扱うので、衛生面だけではなく気を使うところがいっぱい有ります。そこをいかにこなしていく自信があるかを伝えることが出きるのも志望動機です。パン屋さんに、小さい頃から憧れていたという人もいると思うので、その純粋な気持ちも忘れずに志望動機を作ってみてください。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるかもしれません!

転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests