Search

検索したいワードを入力してください

清掃業の志望動機の書き方と例文・志望動機のポイント

初回公開日:2017年10月05日

更新日:2020年06月01日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

清掃業の志望動機は、他の仕事と比べてどのような違いがあるのでしょう。清掃業と言えば、人が嫌がる仕事も自分からすすんでできる必要があります。実際に、清掃業を志望する時に記載する志望動機の例文をいくつか紹介してみたので参考にしてみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

清掃業の志望動機の書き方

清掃業の志望動機の書き方とは、いくつかのポイントがあり、本当に清掃業を自分が志望しているのかが重要になります。その考えがしっかりしていれば、志望動機も問題なく記載できるのと面接でも好印象となります。

具体的な書き方としては、なぜ清掃業を志望しているのか理由を記載することが大切です。また、他の仕事でない理由も書けると良いでしょう。さらに、マイナスなイメージになる事は一切記載しなくて良いです。

採用担当者は、清掃業がつらい事もあってすぐにやめてしまうのではないか気にしていますが、その点をクリアにする清掃業の志望動機とは、清掃が好きだという内容も必要になります。それが、自分の部屋の掃除が好きだという理由でも問題ないです。

清掃業の志望動機例文

清掃業の志望動機の例文としては、どのようなものがあるでしょう。例えば、「以前から掃除が好きで、好きな清掃を仕事にしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。これは、ありきたりに見えるかもしれませんが、清掃業の採用担当者が本当に求めていることを含んでいます。

それは、清掃が好きであることです。ごく基本的なことかもしれませんが、とても重要で採用過程において重視されることです。志望動機には、他に沢山の内容を記載することができますが「清掃を通してみんなが気持ちよく生活できる空間を提供したい」等も志望動機として良いです。

あくまでも、採用担当者からみた時に長期にわたって清掃業をしてくれる人を探しています。

履歴書の志望動機の例文

履歴書の志望動機としては「以前から興味のあった清掃業の仕事を通して、快適に生活できる環境を多くの方に提供したいと思い御社を志望しました。」等があります。この内容は、会社の方針などと一致している場合は特に効果的で、例えばお客様に快適な空間を提供することが目標である会社は、この志望動機で好印象となります。

どの企業でも同じですが、その会社独自の考え方があってそれをインターネットなどで調べて志望動機を記載することは基本です。また、清掃の品質にこだわりのある企業であれば、清掃の品質を向上するような仕事をしたいと記載すれば、志望動機になります。これは、意外なことかもしれませんが、企業と自分の考えが一致していることは大変重要です。

面接カードの例文

清掃業の面接カードの志望動機は、基本的に履歴書と同じ内容で良いですが、それでも何かPRしたい人は、志望動機に追加しても好印象でしょう。追加する内容は、面接カードを記載するタイミングなどにも影響します。

面接カードの記載は、面接などで面接会場に行った時に書かされることがあります。ですので、会社の雰囲気やその他の情報を志望動機に追記した方が良いと思うことを記載しましょう。それは「会社の雰囲気が大変気に入って是非入社して清掃業をしたいと思い御社を志望しました。」などでも良いです。

就職活動で大切な事は、様々な情報をどう取り扱うかであり、例えば面接会場に行った時にインターネットや電話だけでは得られない沢山の情報を入手することができます。応募している会社に着いたら、まずどのような情報でも良いでの自分の目で確認することです。

面接時の志望動機の例文

面接時の志望動機としては、清掃業の場合やる気を全面にだした志望動機が良いです。理由としては、清掃業は見た目よりもかなりきつい仕事なので、やる気のあまり無い人は長続きしませんし、採用担当者はそれをよく理解しているので、何度もきついけど頑張っていけるかどうか確認してきます。

そのような時は、志望動機でも履歴書に記載した内容に追加してインパクトのなる志望動機にすると良いです。具体的には「清掃業に以前から大変興味があり、一つ一つ清掃業のスキルを身に付けてお客様に喜んでもらえるような清掃員になりたいと思い御社を志望しました。」等があります。

この内容であれば、採用担当者もあなたに興味がもってくれるのと、話しの流れでどれくらい前から清掃業に興味があることや、その理由なども事前に答えられるように準備しておくと良いです。

未経験の場合の志望動機

未経験の場合は、志望動機を記載する時に自分の視点での清掃業への思いを言えば良いです。それは、未経験だからといって採用されないのではなくて、清掃業に対してどのようなイメージをもっているか確認されるからです。

ですので、どの様なイメージが正解ということはないのと未経験でも採用されるのが清掃業であり、一番のポイントは入社する時の思いを継続して仕事に取り組めるかです。このポイントは、他の仕事も同じですが特に清掃業に関してはチェックが入ります。もちろん、清掃業に対する関心が強い方は、そのように十分にPRできる志望動機を記載すれば良いでしょう。

雇用形態別の志望動機

清掃業には色々な雇用形態があり、その形態によって志望動機も若干変わってきます。例えば、アルバイトと正社員とでは最終的に担当する仕事内容が違ってきます。正社員は、清掃業の中でも管理的な仕事を任されるようになりますが、アルバイトの方はずっと現場で清掃をすることになります。

このあたりの事を十分に理解して上で、自分がどの雇用形態で応募するか決めることが大切なのと、場合によってはアルバイトからはじまって正社員になる方法もあるところもありますが、基本的に応募時の雇用形態が続くと考えましょう。

また、途中で正社員になれるようなアルバイトに関しては、はじめからそのような内容が募集要項に記載されています。

アルバイトの志望動機

アルバイトの清掃業の志望動機としては、長期わたって厳しい環境での清掃業に耐えられるような志望動機が必要です。具体的には「普段から清掃が好きで、その掃除に関してスキルを身に付けて御社で長期にわたって清掃業の仕事をしたいと思って志望しました。」等があります。

これは、アルバイトに必要とされる理解などがある程度あると評価されるので、面接でも同じような事と追加して自分の意気込みなどを言えばより良いです。アルバイトの清掃業での注意点としては、アルバイトだからかるく見ても大丈夫だろうといった考え方であり、正社員の応募と同じような姿勢で志望動機を記載し面接をすれば好印象となります。

パートの場合

パートの清掃業の志望動機は、アルバイトとは少し違います。大切なことは、長時間の清掃の仕事でも積極的に取り組む考え方が重要です。志望動機の例文としては、「パートとして、清掃業の仕事をしっかりと覚えて、長時間にわたる仕事でも積極的に取り組んでいきたいと思い御社を志望しました。」となります。

この内容であれば、採用担当者は面接でどれ位の長時間に耐えられるか聞いてくる場合があるのと、なぜ長時間の仕事をしたいのかも聞かれる可能性はあります。

正社員などの場合

正社員の場合は、アルバイトと違ってその会社を引っぱっていくような意識が必要とされます。考え方によっては、現場での清掃に関してはアルバイトやパートの方に任せて清掃の管理についてシビアに取り組む姿勢が大事です。

ですので、志望動機としては「現場で清掃業の仕事を身に付けて、一日でも早く清掃の現場を管理できるような仕事をしたいと思い御社を志望しました。」等があります。特に面接では、清掃業に関してのやる気を見てくるので、自分の考え方を変えずに面接で発言できれば良いでしょう。

清掃業の志望動機のポイントとは何でしょう

清掃業の志望動機のポイントは、清掃の仕事をいかにして積極的にできるかがポイントであり、採用担当者があなたの志望動機を見て、清掃現場でも十分にやっていけると思わせることが大切です。

Latests