Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の得意科目の書き方の例文|科目別・希望職種別のポイント

初回公開日:2018年03月15日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2018年03月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

履歴書の得意科目の書き方の例文とは、どのようなものでしょう。実際に得意科目があってもどのように記載するのか迷うところです。そこで、この記事では、科目別・希望職種別に履歴書の得意科目の書き方の例文をまとめてみたので参考にしてみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

履歴書の得意科目の書き方のポイントと例文

履歴書の得意科目の書き方のポイントとは、自分をどのように履歴書でアピールするかです。得意科目を記載することで、他の応募者よりも自分の方が魅力があるように見せるためにも得意科目にはこだわった方が良いでしょう。

基本的には、普段から自分が得意だと感じている科目を履歴書に記載しても良いですが、複数あって悩んでしまうような時は、採用担当者の視点で考えてどちらの方がインパクトがあるか判断した方が良いでしょう。

具体的な履歴書の得意科目の例文としては、「得意科目 英語 幼少の頃から好きで塾や学校で勉強する以外では、自分の家でも勉強してきました」などがあります。例文としては、より具体的なエピソードを入れることができると良い印象です。

履歴書の得意科目がないときの書き方と例文

履歴書の得意科目が無い時の書き方とはどのようなものでしょう。仮に得意科目が無くても何か記載する方が良いでしょう。得意科目が無いのに記載した事で何が質問されて困るのではないかと思う人もいると思いますが、実際には何かの科目を記載した方が良いです。

例文としては、「得意科目 数学 中学生の頃から好きで数学の問題を解いていくうちにいつの間にか好きになっていました」となります。得意な科目でなくても好きな科目でも良いので記載することが大切です。

記載する理由としては、採用担当者はあなたの履歴書を見て、あなたの事を少しでも理解しようとしてきます。その際に得意科目の情報があると非常にあなたをイメージしやすくなり、採用する際の貴重な情報となります。

履歴書の科目ごとの例文

履歴書の科目ごとの例文としては、基本的に共通する記載方法があります。履歴書に自分の得意科目を記載する時は、スペースがかなり限られています。このような事から書き方としては、「得意科目 国語 好きな理由」のような記載方法となります。

これで採用担当者は見やすく理解しやすいでしょう。他に色々と履歴書の得意科目について記載したい時は、スペースを考えて上手にまとめることで記載できます。

また、ある程度長い文章が許される時は、好きになった理由やエピソードをより具体的に記載することです。採用担当者は、履歴書の得意科目をしっかりとまとめて記載している応募者に対しては印象が良いです。

履歴書の国語

国語が履歴書の得意科目の人は結構います。そのため、履歴書に得意科目として記載する時は、他の人と同じような内容にならないように工夫しましょう。工夫した内容であれば、採用担当者もあなたの得意科目について覚えてくれます。

具体的な履歴書の得意科目が国語の場合の記載方法としては、「得意科目 国語 普段から本を読んでどのような表現があるか勉強しています」となります。この内容であれば、ありきたりであると考える人もいますが、実際には普段から本を読んでいる事が採用担当者は評価するでしょう。

また、面接の時に履歴書の得意科目についての質問でどのような本を読むか聞いてくれるでしょう。

体育

履歴書の得意科目で体育を選ぶときは注意が必要です。応募している企業の仕事内容に体育と記載してイメージが良いか考えてみる必要もあります。体育が得意科目でよろこんでくれる職種としては、営業があげられます。営業は体力勝負のところがあり、頭も相当使いますが、それよりも足でかせぐところがあります。

そのため、履歴書の得意科目で体育と記載すると好印象です。具体的な例文としては、「得意科目 体育 小学校の頃から体育が好きで、体育祭の時などは、リレーのアンカーをしていました」となります。リレーでアンカーをしていたなどの具体的な経験を記載すると採用担当者は色々質問してくれることもあります。

数学

数学が履歴書の得意科目の場合は、数学の力を仕事にどのように活かせるかも記載できると良いでしょう。数学とは、考え方によっては仕事で非常に使用頻度が高いです。いわゆる学校で習う数学に限らず、数学的な考え方などが必要なのが普段の仕事であったりします。

例えば、次の取引先との交渉で成功する可能性などを数学的に分析したりすることは、さまざまな職業で考えられます。数学が得意科目の例文としては、「中学で数学を習い始めて、その面白さを経験した事もあり、常に数学的に物事をとらえることを習慣としています」となります。

この内容について面接では、仕事と数学はどのような関係があるかなどの質問が予想されます。

看護

看護を履歴書の得意科目として記載する時は、なぜ看護が得意なのかはっきりと記載できると良いでしょう。自分がもとから興味があって看護が得意科目になっている場合でも、そのように記載すると好印象です。

また、看護が履歴書の得意科目であると職種によっては非常に高評価となるので、採用担当者の立場で考えて得意科目を記載できると良いでしょう。看護が得意科目の時の履歴書の例文として「得意科目 看護 人を看護することに大変興味があり自分の祖父などの看護もしてきた経験もあります」となりあす。

具体的なエピソードも得意科目の説明でできているので採用担当者も納得してくれるでしょう。

英語

英語が履歴書の得意科目である人は多いでしょう。もしも英語を得意科目として記載する時は、それなりの工夫が必要です。ただ、英語が好きであるとか、人よりも少しだけ英語ができるだけでは英語を得意科目として記載する時の表現としては足りないところがあります。

具体的な履歴書に記載する得意科目が英語の例文として「得意科目 英語 外国人の人と英語で話すことが好きでアルバイトで英語を使った仕事をしてきました」となります。このような経験のある人は、英語のアルバイトの仕事の経験を記載することで他の人とは違ったインパクトのある得意科目の記載になります。

心理学

心理学が履歴書の得意科目である人は、ある意味では自分の得意科目を記載することでアピールできるでしょう。心理学とは言ってみれば、仕事場では常に関係している事です。例えば人とコミュニケーションをとる時でも心理学を考慮して話ができる人は、強いでしょう。

それに対して心理学を知らない人は、場合によっては仲間が少ない人であるかもしれません。心理学を得意科目して記載する時の例文としては、「得意科目 心理学 人と話すことが好きで心理学を勉強してきたことでさらに人と話すことに興味が出てきました」となります。

採用担当者は、心理学を得意科目として記載する人は少ないのであなたにとても興味を持ってくれるでしょう。

履歴書の理系科目・生物・科学

理系科目である生物や化学を得意科目として記載する時は、より具体的な内容を記載しても良いでしょう。例えば、生物や化学のどのような理論に興味があるのかも記載しても良いです。また、技術系の求人の場合は、理系科目を得意科目として記載することでアピールすることができます。

さらに、仕事と得意科目が関係のあるものである時は面接で色々質問してきてくれるでしょう。理系科目が得意科目の場合の記載方法としては、「得意科目 生物 生物学におえる光合成について自分なりに研究してきて今でも生物学の知識を付けています」となります。

採用担当者が生物学の知識のある人を必要としている場合は、特に面接で話が盛り上がることもあります。

得意科目が地理の場合

地理が得意な人はどのように履歴書に得意科目として記載すれば良いのでしょう。地理が得意科目である人は、どう表現すれば自己PRになるかを考えると、得意科目の書き方も分かってきます。

例えば、得意科目が地理の場合の例文として「得意科目 地理 もともと旅行が好きで色々な地名を覚えることが自然と身に付きました」となります。このような内容で得意科目を記載すれば、面接の時に面接官も色々質問してくれるでしょう。

ただ地理が得意であると記載してもあまり効果はありません。人とは違った表現で得意科目である地理を記載できれば、好印象でしょう。

美術

次に美術が得意科目である場合の例文についてですが、美術が得意であることをアピールにするには、得意科目の書き方にも工夫が必要です。具体的には、美術が得意であるから仕事でもその力をつかって品質の高い仕事ができることなどが記載できます。

美術が得意科目である時に例文は「得意科目 美術 以前から美術に興味があり普段から絵を描くことが好きでした。御社に入社してもこの力を設計に活かしたいと思います」となります。

設計と言う仕事は、絵を描くことと近いので、美術が得意科目である人は履歴書にどうどうと記載できます。

保育

保育が得意科目である場合の履歴書の例文としては、保育の経験を必要とする仕事かどうかでだいぶ変わってきます。例えば保育園を志望している時は、保育が得意科目である人は、有利に働くでしょう。

それ以外の仕事を志望している人は、保育の経験をどのように活かせるか説明する必要があります。保育で必要とされる能力はさまざまあって、その力を業務で活かせることができる事を上手に表現できれば、面接でも盛り上がるでしょう。

考えてみれば、得意科目とは参考として聞いている事が多いので、面接の雰囲気がどれだけよくなるかが重要です。

経済

次に経済を得意科目として履歴書に記載する時の例文としては、経済の何が得意なのか明確にすると良いでしょう。経済学は、学校で勉強する人は多いですが、実際に経済学の何に興味があるのかはっきり言える人は少ないでしょう。

経済は営業などを志望している人からすると非常に重要な科目となります。言い換えれば世界は経済でまわっているので、その経済に興味があって営業を志望しているのであれば、面接でも十分にアピールできます。

具体的な経済を得意科目として履歴書に記載する例文は、「大学の頃に経済について自分でも勉強してきました。この知識をさらに身に着けて御社で営業担当として貢献したいと思いい志望しました」となります。

希望職種別の得意科目の書き方と例文

希望職種別の得意科目の書き方と例文はどのようなものでしょう。職種別で得意科目を考えると、どのような職種にどのような得意科目があっているか悩むことになります。

実際には、そのような事を考える必要はなくて、基本的に自分が本当に得意だと考える科目を記載すればよいでしょう。ただし、確かに希望職種別に理想的だと思われる得意科目はあります。余裕のある人は、このような事も考慮して得意科目を決めても良いでしょう。

薬剤師

薬剤師における履歴書の得意科目の書き方としては、薬剤師で必要とされる基本的な知識について見てみるとよいでしょう。例えば、薬剤師で必要とされるのは、化学の知識があります。

この化学を得意科目として記載すれば、薬剤師に向いていると思ってもらえます。また履歴書に記載する例文としては、「得意科目 化学 薬剤師になるために以前から勉強をしていて学校の勉強以外の内容も身に着けています」となります。

このような内容であれば、採用担当者はあなたと面談したいと思ってくれます。応募する時に大切なことは、どのようにアピールして面談をしてもらうかと言うことです。

看護師

看護師の場合の履歴書の得意科目の書き方としては、看護師で必要とされる知識や経験を得意科目で記載できると良いでしょう。その内容としては理科が得意であるとすれば、その知識をどのようにして看護師としての仕事で活かしていくかがポイントとなります。

例文としては、「得意科目 理科 常に理科を意識して生活していくうちに、看護師として必要な理科の知識を身に着けてきました」となります。あまり理科を意識して生活している人の少ないので、面接官も興味を持ってくれるでしょう。

情報系

情報系の業種を志望する時は、得意科目としてどのような科目を記載すればよいでしょう。情報系で必要とされる知識や経験は、色々ありますが、一つとしてプログラムを組んだことがあるかがポイントの一つとなります。

情報系でシステムエンジニアであれば、お客との交渉もありますが、プログラムを組むこともあります。情報系の得意科目の書き方として「得意科目 プログラム 幼少の頃からコンピューターに興味があり、少しずつプログラムを自分で習得してきました」となります。

幼少の頃からプログラムをしている人は十分なアピールになるでしょう。

採用担当者からみた高評価な得意科目の書き方

得意科目の書き方としては、採用担当者の視点が考えるのが良いでしょう。その上で、自分の持っている力を得意科目の中でいかにしてアピールできるかが重要なポイントです。

普通に記載してしまえば、採用担当者も特に気にしないで読んでしまいますが、人を引き付けるような内容の得意科目の書き方をしていれば、採用担当者もあなたの事を覚えてくれます。特に、具体的なエピソードと得意科目を結び付けて記載されている内容は、評価が高いでしょう。

Latests