Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月06日

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

スキルや経験のない23歳のあなた、今の職場で我慢していませんか?転職は決して挫折ではありません。明るい未来のために早く自分のやりたいことを見つけて転職しましょう。今回は、スキルや経験がない23歳でも今後の充実した人生を送るために転職するノウハウをご紹介します。

23歳での転職に不安を感じる?

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

23歳といえば、高校卒業者なら働き始めて5年、専門学校卒業者なら3年、大学卒業者なら1年という頃でしょうか?23歳になった今、自分が本当にやりたかった仕事に就けていますか?

はじめての就職は、待遇やイメージ、流れのようなもので決めてしまっている人が大半です。実際に働き始めると、入社当初には見えてこなかった、本当に自分のやりたい仕事というものが見えてくるため、23歳で転職を考える方も多いようです。では、23歳の方が転職を考えている場合、どんなことに不安を感じているのでしょうか?

大学・専門学校卒業者であれば、社会人経験が短いことに不安を感じていることでしょう。高校卒業者であれば、学歴が気になるところです。どちらの場合も、スキル・経験ともに不足している23歳を雇う企業が実際にあるのかが不安にもなります。

実際、社会人経験が1年程度であると経験やスキルは評価してくれませんし、日本はまだまだ学歴で判断する企業も少なくありません。23歳で転職を考えるのは厳しいとも言えます。

23歳転職に求められること

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

23歳で転職を考えた時、経験やスキルのない自分が転職できるのか、もう少し職歴をためてから転職した方がよいのでは?といろいろ不安なことも多いです。

しかし、職歴が浅くても23歳の若者が持ち合わせている、若さや可能性に重点をおいて人材を求めている企業はここ数年増加傾向にあります。23歳という若さがあれば、未経験でも他業種に転職することは可能なのです。

23歳での転職は、このような20代前半の転職者を積極的に採用している企業とうまく出会えることが重要なポイントになります。そして、23歳ならではの若さや可能性を上手にアピールできるかが、23歳での転職を成功させるポイントになるのです。

企業が経験やスキルのない23歳の転職者に求めるのは、若さ・やる気・可能性・協調性などが中心です。23歳での転職には、入社意欲、人柄の良さを相手に伝え、一緒に働きたいと思ってもらえるよう、転職活動を進めましょう。

転職経験者は意外と多い!

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

では、転職回数の平均はどうでしょう。

総合的に転職回数を見てみてると、平均転職回数は2.35回となります。新卒で就職した会社も含めると、3社以上で働いているということになります。

年齢別に平均転職回数を見てみましょう。

・20代 0.97回
・30代 1.95回
・40代 2.55回
・50代 2.57回
・60代 2.36回

出典: http://blog-livedoor.blog.jp/archives/20962177.html | 転職のウソとホント!! : 裏技を駆使して、幸せを生み出すblog

最終的には、サラリーマン生活の中で2,3回は転職を経験する人が多いようです。23歳での平均転職回数は、0~1回といったところでしょうか。

日本の企業は、新卒採用で入社後、定年するまで一つの同じ会社で働き続ける終身雇用制度の企業がまだまだ多く、転職することは特別なことであると考える人が多いのが現状です。

しかし実際のところ、転職者は非常に多く、何ら特別なことではありません。むしろ転職しないで定年まで同じ会社で働く人のほうが少ないのです。

転職を経験した人の割合は、全体で約8割にもなります。20代では6割で、3人に2人は転職経験者です。30代からは8割と、5人に4人以上が一度は転職を経験していることになります。

23歳での平均転職回数

次に、23歳の自分が採用されるためのセールスポイントを探しましょう。

まずは23歳の自分が持っているスキルを洗い出し、どんな市場に向いているのかを客観的に分析しましょう。その上で、希望の仕事に必要なスキルがあること、優れたコミュニケーション能力があること、明確な転職理由があることをアピールしましょう。そして、今度こそ腰を据えてこの仕事がしたいという思いを伝えましょう。

どうしてもスキルや経験が乏しい場合は、人材を必要としている業界や、転職回数にあまりこだわらないIT業界、外資系企業がおすすめです。経験がない23歳でも、転職しやすい業界に応募してみるのも一つの方法です。

転職2回、3回は多い?

生涯のうち転職をする人の平均転職回数が2~3回だと言われていますが、転職が2,3回あるということは、採用する企業側にとってマイナスイメージにつながるのでしょうか?

企業側が、転職回数が多いと感じる回数を調べてみると、20代では3回、30代では5回以上で多いと感じるようです。

企業が採用する際に最も大切にしているのは、転職に臨む姿勢です。なぜ転職したのかという理由はもちろん、ブランクがあった場合はその間に何をしていたのかを詳しく確認するようです。退職理由についてきちんと説明できれば、マイナスに評価するようなことはありません。

企業側は、転職回数が多くても、自分ができることを認識し、これからやりたいことを具体的にイメージすることができる人に魅力を感じているのです。

高卒の場合の転職

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

現在の日本において、高校を卒業して就職した場合、その約半分が、3年以内に離職しているというのが、高卒就職者における現実です。

高卒離職者の転職が難しいわけ

その5割にも及ぶ離職者の多くは、再就職先としてフリーターになることを選んでいるようです。その理由は、日本における学歴社会が壁となっていることが挙げられ、たとえ若さを持っていたとしても、まだまだ学歴という壁は、現実社会において高卒就職者の転職を難しくしているというのが原因のようです。

また、高卒就職者がいざ転職を考えて活動したとしても、25歳を超えると大学卒業者の社会人も転職活動を行う人が増えてきます。そうなれば、早いうちに離職してしまった23歳の高卒フリーターが定職に就こうと活動をし始めても、かなり厳しい状況になることは間違いありません。

高卒離職者は早期の転職活動を

このように、23歳の高卒フリーターが転職することはかなり厳しいことです。だからといっていつまでもフリーターを続けていても、未来は見えてきません。

日本の学歴社会の壁はまだまだ厚いですが、昔に比べると、少子高齢化と労働力不足によって、職歴が3年未満だったとしてもとにかく若手が欲しいという企業は増加し続けています。

フリーターのまま未来のない現状で我慢するよりも、早く自分のやりたいことができる会社に転職し、充実した社会人生活を送れるよう努力しましょう。資格を取得して手に職を付けたり、たとえ職歴がなかったとしても、23歳という若手を欲しがる企業を見つけてアプローチするなど、高卒離職者は、離職したら早めに転職活動を行うことをおすすめします。

転職活動中の23歳がすべきこと

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

23歳で離職を考える理由として、入社前と入社後のギャップを感じることにあります。イメージと違っていたり、自分がやりたかった職務につけなかったり、予想以上に残業が多かったりと、働いてみて初めて気づくことも多いものです。

希望条件の把握が転職への第一歩

23歳で転職を考えた時、必ずやっておきたいのは、自分の希望条件の把握です。

最低限これだけは欲しいことや、今の職場で不満に思っていることなどをピックアップすればよいのです。それは具体的であればあるほどいいです。希望条件がハッキリしていれば、求人を探す際の選択が楽になりますし、会社選びも効率よくできます。

希望条件が分からないまま転職してしまうと、また同じことの繰り返しになりますし、その態度は面接や書類にも出てきてしまいます。内定が出てもまた短期でそこを離職することになりかねません。

23歳で転職を成功させるためには?

自分の希望条件を決め、自分のセールスポイントが分かったら、次はいよいよ転職のための行動です。23歳での転職は、一人で行うよりも転職エージェントを通して転職活動を行う方がずっと効率的です。

転職エージェントを利用すると、次のようなメリットがあります。

まず、履歴書や職務履歴書、エントリーシートなどの作成の際にアドバイスしてくれるので、通過率の高い書類を作成することができます。次に、自分の希望条件に合った求人を選んできてくれ、年収や残業時間といった、自分では聞きにくい情報を代わりにしっかり聞いてきてくれます。そして、転職エージェントへの報酬は内定を出す企業が支払うので、転職エージェントを通しても無料でこれらのメリットを受けられます。

最近では、20代向けの求人を積極的に取り扱う転職エージェントもおり、20代の若手人材や未経験でも内定がもらえる率が高い求人を取り扱っています。若手の人材を欲しがっている企業の求人を見つけることができるので効率よく転職活動することができます。

また、希望する企業へ推薦してくれる場合もあるので、23歳での転職に不利な点があっても、内定がもらいやすくなることもあります。23歳での転職を考えるなら、企業の見極めを安心して任せられる転職エージェントへ相談してみましょう。

23歳の転職で役に立つ資格

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

23歳の方が、これからの転職に役立つおすすめの資格をご紹介します。1つあれば転職に役立つ資格や、2つ以上取得して転職に役立つ資格、民間資格、公的資格、国家資格など、さまざまです。23歳の自分にその仕事に対する適性があるかどうか見極め、23歳での転職のための資格取得の参考にしてください。

「宅地建物取引士」

「宅地建物取引士」は国家資格です。宅地、または建物の売買などを公平かつ誠実に、法に沿った処理を行う専門家です。人気資格ランキングでは常に上位に挙がる人気の資格です。不動産営業の職に就くのに有効な資格です。

賃貸物件を借りる際、必ず取引に関して重要事項を読み上げる人がいますが、これが宅地建物取引士です。

このような重要事項の説明や重要事項記名書への記名、押印といった業務は「独占業務」と言われ、宅地建物取引士の国家資格を持っている者が行わなければならない法律となっています。営業所は、宅地建物取引士を5人に1人の割合で置かなければならないため、宅地建物取引士は就職に強い資格なのです。

「日商簿記2級とMOS(パソコン系の資格)」

日商簿記2級は、経理職に就くための定番の資格です。3級でも転職には役立ちますが、その場合、営業職の要素が強いことが多いようです。経理職に転職するなら、日商簿記2級は必須であるといえます。

日商簿記2級を取得した上でさらに持っていた方がよい資格が、MOSなどのワードやエクセルの実力を示す民間資格です。

経理職に転職するなら日商簿記2級を持っているのは当たり前のこと、それに加えて何があるかをアピールしなければなりません。エクセルやワードが自由に扱え、かつVBAも理解しているとなれば事務職にも幅が広がります。

この二つの資格を取得し、事務職全般を候補にすれば、転職できる可能性はぐっと広がります。

「基本情報技術者試験」

基本情報技術者試験は、SE、プログラマーへの転職に役立つ国家資格で、ITエンジニアへの登竜門といわれています。システムエンジニアやネットワークエンジニアを目指すなら必ず取得する国家資格とも言えます。

現在、ITエンジニアは約70万人以上の人手不足といわれています。この資格を取得しておけば、転職が容易にできるでしょう。

ただし、下請けのSEの労働環境はかなり過酷なものです。一方、自社のシステムを構築するSEは、下請けのSEとは違って待遇が良く、システムや社内のITに関わるほとんどすべての内容について業務していますので、とても人気のポジションです。

IT業界への転職には、しっかりとした業界研究が必要です。

「介護福祉士」

介護職は深刻な人手不足の業界であるため、転職がしやすい仕事の一つです。

介護福祉士は国家資格です。専門学校などに通って受験資格を取得する方法もありますが、多くの方が、施設などで実務経験を3年以上積み、実務者研修を受けて受験資格を取得しています。

受験資格を取得後、筆記試験に合格すれば介護福祉士として登録されるようになります。

給料をもらいながら実務経験を積むことができるという点で、社会人におっては大きなメリットです。また、全国各地に就業場所があり、深刻な人手不足から数年ブランクがあいたとしてもすぐに職場復帰することができるのも大きな魅力です。

介護福祉士の資格を一度取得しておけば、転職に困らない資格だと言えます。

「登録販売者」

登録販売者とは、医薬品の第二類までを取り扱うことができる小売店での販売員のことを言います。登録販売者への転職に役立つ公的資格で、主な就職先は、ドラッグストアとなっています。

若者から主婦やお年寄りまで活用するドラッグストアは、日本各地に存在します。求人も多く、就職もそこまでハードルが高いものではないので、穴場の資格なのではないでしょうか。

パートでの給料はそこまで高くありません。薬剤師ほどの高い給料をもらえるわけではありませんが、利益率が高い医薬品販売業務ですので、正社員や店長になると手取り25万円以上を得ることも可能です。

23歳での転職は明るい未来につながる!

23歳での平均転職回数は?|高卒の場合・役に立つ資格

23歳での転職は、スキルや経験のなさを理由に今の職場で我慢される方が多いようですが、決して23歳での転職は人生の挫折につながるようなものではありません。

むしろ、未来のない現状で我慢するよりも、早く自分のやりたいことを見つけて新しい会社へ転職する方が、今後の充実した人生には大切なことです。

スキルや経験がなくても、23歳の若い人材が欲しい企業はたくさんあります。自分自身を見つめ直し、23歳の自分を欲しがる市場を見つけ、明るい未来のための転職をしてください。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests