Search

検索したいワードを入力してください

Webデザイナーに未経験からなるには?仕事内容や必要なスキルも紹介

更新日:2022年08月24日

Webデザイナーに未経験からなるためには、どのような準備が必要なのでしょうか。この記事では、Webデザイナーの仕事の内容や、転職するためのスキルや方法など、押さえておきたいポイントを紹介します。気になる方はぜひ参考にして下さい。

「Webデザイナーは未経験でもなれる?」
「Webデザイナーはどんなことをするの?」
「Webデザイナーとして働くにはどうすれば良いの?」
このように、Webデザイナーへの転職を考えている方の中には、どのようにすれば働けるのか、経験がなくてもなれるのかなど様々な悩みを感じることがあるでしょう。

本記事では、未経験からWebデザイナーになるための方法や転職する際に頭に入れておきたいポイント、仕事の内容やWebデザイナーへの転職の際に役立つ資格などの情報を紹介しています。

この記事を読むことで、未経験からWebデザイナーになるためのノウハウが網羅できるため、転職する際に役立てられるでしょう。

Webデザイナーへの転職を未経験から目指している方や、どのような職業なのか気になっている方は、記事を読んで参考にして下さい。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザイン・制作です。企業や個人で経営しているクライアントから依頼されたWebサイトの全体の構成を担当します。

Webクリエイターやホームページデザイナーと呼ばれることもあるでしょう。主に、クライアントのイメージに合うWebサイトを作り上げることや、目を引く魅力的なデザインを制作します。

多くの場合でWebサイトの制作に務めますが、会社に所属しないフリーランスのWebデザイナーの場合は、案件を受注するための営業から行うことが一般的です。

未経験からWebデザイナーに転職するメリット

未経験からWebデザイナーに転職すると、基礎スキルが身に付いてできることが増えることや、手に職を付けることができるメリットがあります。

想像力が養われるためデザイン思考の考え方となり、賢い選択や仕事の生産性を高めることができるでしょう。

また、インターネットの基礎を学ぶことや通信技術を養うことができるため、キャリアが広がり将来のライププランが選択可能となります。

Webを通してワールドワイドに活動できるため、自分の作品を多くの人に知ってもらえることもメリットの1つといえます。

未経験からWebデザイナーへ転職する際に知っておきたい7つのポイント

こちらでは、Webデザイナーになるために、事前に確認しておきたいポイントについて紹介します。

ここで紹介するのは、転職するために必要な環境や働き方、スキルなどです。Webデザイナーについて理解を深めていきましょう。

  • Webデザイナーの働き方
  • Webデザイナーとして必要な機材や環境
  • プログラミングスキルとコーディングの違い
  • Webデザイナーが使いやすいテキストエディタ
  • Webデザイナーになるにはセンスよりも知識が大切
  • Webデザイナーに必要なスキル
  • Webデザイナーとして今までの経歴を活かす方法

1:Webデザイナーの働き方

Webデザイナーは正社員として就職する場合、Web・IT系の正社員や契約社員を募集している企業に応募します。正社員以外でもWeb専門の派遣会社に就職してキャリアを積むこともできるでしょう。

派遣会社では実際に制作経験があるスタッフが在中している場合があるため、アドバイスや相談を受けてもらうことが可能です。

また、企業に属さないフリーランスとして働く選択もあります。営業や企画、デザインなど働き方を自分のペースで進めることが特徴です。

2:Webデザイナーとして必要な機材や環境

次のページ:3:プログラミングスキルとコーディングの違い

初回公開日:2022年03月03日

記載されている内容は2022年03月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests