Search

検索したいワードを入力してください

24歳での転職と高卒の場合の転職|未経験の職種への転職・平均回数

更新日:2020年08月20日

「24歳での転職は早すぎる?」「24歳なんて転職先が限られるのでは?」入社1〜2年目で転職を検討する際、そんな悩みはつきものです。今回は、24歳の転職についてのノウハウやポイントなどをまとめました。“若いからこそ”を武器に、あなたの転職を成功させましょう。

24歳での転職

一般的に転職活動をするのなら3年の職歴が必須であるという認識を持っている方が多いですが、職歴が2年未満でも他業種や未経験の職場にすぐに転職できるというのが、24歳の転職のメリットです。

また、社会人としてのマナーや心得を1社目で一通り経験しているため、最初から教える段階が省けることなどから、採用側からすると「24歳」のあなたは好物件の人材とみられることが多いです。

24歳の転職・失敗するとキャリアに傷がつくことも

しかし、自分の希望や働き方に合った転職先を慎重に選ばなければ「すぐに辞めてしまった」という失敗するケースもあります。24歳の転職はあなたのこれから歩んでいくキャリアを決めるべく大切な転職になります。

この記事ではポイントを絞りながら、24歳の転職活動について紐解いていきます。

転職を考える前に押さえておくべきポイント

企業への24歳で転職を失敗させないために、まずは押さえておきたいポイントが2つあります。

1つ目は「その企業は自分の希望条件に見合っているかどうか」。転職理由はさまざまです。給与面、会社規模、福利厚生、自分のやりたい仕事ができるかどうかなど、あなたが転職したいと思った理由から逆算し、入りたい企業を見定めましょう。

2つ目は、「自分の市場価値を理解すること」です。社会人経験1〜2年目だからといって、学生のときと同じような就職活動をしていてはいけません。第二新卒枠があるからといって、新分では転職活動するのではなく、1〜2年の社会人経験から培った能力を今一度振り返りましょう。

自分が広大な市場にぽつんと立った時、あなたには何ができるでしょうか?経験値や即戦力ではなく、人間力を重視されることが多い24歳の転職活動では、まず自分と向き合い、あなたの市場価値を見出すことから始まります。

高卒の場合の転職

最終学歴が高卒の場合の24歳の転職についてみていきます。「学歴が高卒だと転職に不利なのではないか」と思っている方も多いですが、一概にそうとは言えません。企業によっては、学歴ではなく実務経験を重視する企業もあります。

高校卒業が18歳、そのまま就職していて、24歳での転職を考える場合は、社会人経験は7年目になります。今までどんな仕事で何を経験してきたのか、これまで培ったスキルがどのように活かせるのかを率直に伝えることで、学歴ではなく能力の部分でアピールしましょう。

学歴ではなく「培った経験」と「スキル」で勝負する

企業の募集ページに「大卒以上」という応募資格があることが多いです。「自分は高卒だから無理」と頭から諦めるのではなく、他の転職活動をしているライバルよりも秀でている長所を見出していきましょう。

実際、24歳で考えると、高卒で就職した人の社会人経験は、大卒の人よりも長いです。長い社会人経験の中から自分がアピールするべきポイントを絞って転職活動をしましょう。また、企業の募集要項や求めている人材をしっかりチェックし、自分が今まで培ってきたスキルが当てはまると判断したら、積極的に応募していきましょう。

履歴書・職務履歴書の書き方で差をつける

24歳の高卒キャリアでの転職活動の際、履歴書は自己PR欄がかけるスペースがたくさんあるものを選ぶといいでしょう。

これは、周りに比べて社会人経験が長い分、培ってきたスキルや能力を採用側にアピールするためです。学歴を記入する際は、略さずに学校・企業名を書くことはもちろん、仕事に関係する学校(学科)を学生時代に選んでいる場合はそちらも記入しておくとアピールにつながります。

24歳男性・女性の転職

次に、性別で24歳の転職についてみていきます。

第二新卒が狙いめの24歳・男性の転職

ひと昔前は、すぐに会社を辞めることが悪だという風潮もありましたが、現在は新卒3年以内に退職した「第二新卒」を積極的に採用したいと考える企業は増えています。また、中小企業だけでなく、大手企業も第二新卒者を積極的に採用する活動を積極的に行なっているのが現状です。

男性の場合、一生働き続ける会社を考えたとき、社会人経験2年目前後の24歳のタイミングでキャリアアップや報酬アップを図っての転職する方が多いようです。

第二新卒の採用は秋頃が有利

企業が新卒採用を終え、秋から冬ごろにかけて最終内定者を決定していきます。なぜ、秋頃の第二新卒の転職活動に有利かというと、「内定辞退」をする学生がこの時期に出てくるからです。

企業としては、希望していた人員が満たせなかった場合改めて募集をかけはじめます。新入社員の募集を最初からする時間もないため、社会人経験のある第二新卒者が重宝されるというわけです。

したがって、24歳で転職を考えている肩は、新卒の内定式が終わった秋頃のタイミングを狙って転職活動をすると有利でしょう。

二度目の就職活動で自分のやりたい仕事の軸がはっきりする

今の会社よりも条件のあった自分のやりたい仕事を探したいという動機で、24歳で転職活動をする男性は多いです。1社目を経験していることで、自ずと「自分のやりたい仕事軸」がはっきりとするため、以前の就職活動よりもよりスムーズに転職活動ができます。

会社の知名度や大きさではなく「自分の適正やスキルとのマッチしているか」「給与面、福利厚生面など待遇は万全か」などもチェックし、24歳の転職活動を成功させましょう。

次のページ:未経験の業種・職種への転職

初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests