Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

「26歳での転職」についての記事です。26歳で転職することのメリット・デメリットの説明や、26歳男女別の転職理由を解説しています。また26歳で転職先に公務員を選ぶことに対して年齢制限やメリット・デメリットなどを解説しています。

26歳での転職

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

一昔前であれば終身雇用が保証され、一つの企業に定年まで勤め続けるというのが当たり前でしたが、現在はというと転職はそれほど珍しいものではなくなりました。

転職という選択肢を選ぶ年齢は様々ですが、一つのポイントとして26歳での転職が挙げられます。その年齢である理由は様々ありますが、まずは「どうして26歳という年齢でで転職を考えるのか」ということを見ていきます。

何故26歳で転職を考えるのか

26歳で転職を考える。何故26歳なのでしょうか?様々な理由が考えられます。まずはキャリアアップとして26歳を一つの節目として考えるということです。

新卒でその会社に就職したとして、高卒では8年ほど、大卒では2〜3年ほど経過した頃となります。概ね会社の傾向や自分の立ち位置、後の出世などが見越せる年数が経過したと言えるでしょう。その中で自分のやりたいことが今の会社では不可能であったりすることも分かります。社外での更なるキャリアアップを目指せる若い年齢として、26歳で転職することは良い点です。

また良い意味での転職もありますが、悪い意味での転職も26歳が一つの切欠になると考えられます。先の通り会社内で自分がどうであるか、自分に社内環境や雇用条件が合っているか、そのまま働き続けられるかなどを判断する材料が一通り集まっている頃です。自分に合う新たな会社を見つけるために、社会を経験した26歳で転職するというのは一つの良い転機といえます。

26歳での転職は遅い?

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

新卒から考えると3〜4年ほど経過した26歳。そこで転職するというのは遅いでしょうか早いでしょうか。答えは「特別遅くはない」です。

仕事の経験値からすると、3年という時間は慣れはしているものの充分な経験とは言い難いです。転職前の就業経験を前面に押し出したいとすればまだ早いのかもしれません。

しかし上記で述べた通り、その3年間で本当にやりたい仕事や、これからの人生におけるキャリアプランなどがある程度考えた上で転職を決めたのであれば、特別遅いことではないのです。

むしろ年齢のことを考えると、まだまだ思い切ってチャレンジ出来る若さがある年代ですので、前向きに考えていきます。

26歳で転職するメリット・デメリット

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

26歳で転職することは決して遅くはないのですが、その年齢故のメリットもデメリットがあります。メリットは最大限に活かし、デメリットは転職でマイナスにならないようにしていきたいものです。

それではメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

26歳で転職するメリット

26歳で転職するメリットとしては年齢の若さがあります。新卒に比べれば年数は少し経過していますが、それ以前に就職を経ていることを考えるとそれほど大きな差はありません。30歳前後で転職することと比べれば大きなアドバンテージとなります。

また就職していたという事実が大きなメリットです。前職における社会人としての経験は転職時に大いに活かせます。それは26歳という年齢であっても仕事経験のあるなしは大きな差であり、即戦力としての期待も寄せられます。

26歳で転職するデメリット

26歳で転職するデメリットとしては、実務経験があるとはいえ十分な戦力が備わっていないと判断される面です。3年の経験はないよりは全然良いのですが、しっかりと仕事が身についていると見なされない場合もあります。

また転職を考えるにあたって遅いと考えられることは少ないですが、「何故26歳で転職を考えるのか」という理由をしっかり持っていなければ、転職時に問われた際に返答に困るでしょう。

そして26歳という年齢は、残念ながら2017年の時点では第二新卒としての採用対象にはなりません。第二新卒は卒業後もしくは就職後1〜3年以内での離職者、つまり25歳程度までを対象としています。そのため転職に26歳という年齢を選んだ場合は「既に社会経験を積んだ人間」として見なされることを念頭に置きましょう。

26歳男性・女性の転職

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

26歳の男性と女性では転職する理由やビジョンが違ってきます。
男性女性が26歳になった際に、どのような転機や人生プランが考えられるのか見ていきます。

26歳男性の転職

男性が26歳を転職の時期と見る理由としては、人生においても一つの節目を迎えている場合があるということです。

大学新卒で就職してやや3年、仕事の経験を積むことにより人生的にも少し落ち着いてきた頃と考えられます。そうなると人によってはその先、例えば結婚することや家を持つなどといったライフプランも思い浮かんできます。

その際、今の会社のままで家族を含めた生活に見合うのか否か、また家庭を持った際にもっと適した仕事があるのではないかといった見直しが必要となってきます。

勿論現状維持で問題なければ転職の必要は特にありませんが、独身の場合でも先の人生を見越した転職の時期として26歳というのは一つの転機と言えます。

26歳女性の転職

女性が26歳で転職を考える理由としても、男性同様に今後のライフスタイルにおいて現状の会社のままでよいのかということが挙げられます。

また女性が結婚する、あるいは結婚する予定が先ある方については、結婚相手との兼ね合いや出産・育児に関することが大きな理由になりえます。男性に比べ環境の変化が非常に大きくなってしまうため、先を見越しての転職が考えられる時期と言えます。

今の会社が結婚などに理解があり、また他の条件面で問題ない場合は良いのですが、適してないと判断した場合は転職に踏み切る転機になると言えるでしょう。

26歳の時点で独身の場合でも、30歳を過ぎると結婚の可能性がないとは言い切れません。30歳を過ぎると20代に比べ転職が難しくなってきますので、条件の良い内に転職するというのも選択肢に入れておくべきです。

同業種へ転職するか、異業種へ転職するか

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

26歳で転職するにあたり、それまでに就業経験のある同業種と異業種では転職のしやすさが違います。

こちらもそれぞれの良い点・悪い点を見ていきます。

同業種への転職

同業種への転職はそれまでの経験が活かせることもあり、転職において大きなアドバンテージになります。それまでの実務経験や実績をアピールすることが可能です。また就職先でもある程度慣れている業務に就くことが出来るため、異業種に比べては不安が少なく仕事に臨むことが出来ます。

ただし採用する側も、経験者を採用する=即戦力になってくれるということを求めています。よってこれまでの経験や実績をアピールする際には中途半端にならず、どういうことがしっかりと出来て転職先で貢献できるのか、はっきり示すことが出来ることが大切です。

また逆に同業種経験者を敬遠する企業もあります。同業者独特の癖がついてない人を採用したい場合があるからです。その際は以前の経験も活かしつつも転職先にどう適応していくかなどをアピールします。

異業種への転職

異業種への転職はそれまで業務内で培ってきた経験で活かせるものが、同業種に比べて格段に少なくなります。

ですが異業種であっても、社会人としての経験や仕事への姿勢、仕事の流れなどはアピールポイントとなります。関連のないスキルでも今後役に立つ機会がないとは言えません。異業種の経験であっても後ろ向きにならず、それまでの経験を大いに転職先で発揮することをアピールしていきます。

また異業種への転職する際は「何故前とは別の職種を選んだか」ということが問われる可能性が高いです。そこが逆に大きなチャンスと捉えましょう。自己アピールの機会をいただけたと思い、転職に至った理由を熱意を持ってアピールしていきましょう。

2回目、3回目の転職は多い?

転職の際、必ずと言っていいほど職歴について問われます。その際、26歳という年齢から複数回の転職があった場合は、少々多いと判断されるでしょう。

高卒の場合は2〜3回の転職はありえる範囲かもしれませんが、一つの企業に3年程度勤めている経験があるなら特別不利ではありません。しかし、大卒の場合は3年以内で複数回転職していることとなり、一つの企業で長続きしていないと見なされてしまうのです。

ですので、26歳で転職する際に転職回数が多い場合は「何故複数回転職を繰り返したのか」という確固たる理由が求められます。企業側もそれを聞いた時点で、自社にどのような点がプラス加点になるか判断していきます。

転職回数が多いことをメリットにするには

就職活動をする上で、転職回数が多いことはマイナス要素として判断されがちですが、それをプラスに転換するためのポイントをご紹介します。

一つ目は、過去に転職を繰り返したことで得られた、様々な職種の実技や知識がある点です。同業種・異業種に限らず、過去に勤めた職場での実務体験や、その業界の知識を面接時に詳しく説明して積極的にアピールしていきます。そして過去の仕事経験でスキルや資格を体得できていれば尚良いでしょう。

それでも仕事が長続きしていない時点でマイナスに判断されがちなので、今回の転職では長く勤めたい、この企業で精一杯頑張りたいと仕事への意欲を前面に押し出し、熱意を買ってもらえるようにしていきましょう。

公務員への転職

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

公務員試験には年齢制限があります。しかし公務員への転職者は意外と多く、以下のようなデータもあります。

2016(平成28)年の年間転職者数は306万人に達しました。男性が144万人で女性が162万人です

出典: http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/ | http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/

よって26歳で公務員の採用を目指すというのは決して悪い選択肢ではありません。公務員試験に新卒者限定という試験がないのも良い点です。また年齢に関する格差も比較的小さく、制限年齢が近くても合格者はいますので、採用条件としては公平な方であると言えます。

ただしやはり年齢制限は気になるところで、概ねの自治体での受験資格は30歳未満となっています。26歳からで遅いということはありませんが、試験にチャレンジ出来る回数を考えると決して早いとは言えません。また試験の回数を考えるとすぐ合格するとは限りませんので、26歳で公務員を目指す場合は様々な面での準備や覚悟が必要となってきます。

26歳で目指せる公務員の種類

公務員は大きく国家公務員と地方公務員に分けられます。国家総合職・国家一般職などをはじめ、外務や法務、国税に関わる仕事や、航空管制官、自衛官なども国家公務員となります。国家公務員の受験年齢はほぼ30歳未満で統一されています。

地方公務員も一般職から専門職まで様々な職種があります。

年齢制限は自治体・または職種によって大きく異なり、30歳以上の場所もあります。しかし目指す人の多い一般職については30歳未満、場所によってはそれ27歳といった市町村などもあり、26歳で目指すには少々厳しい場合があります。市町村ごとでかなり細かく区切られているので、転職する地域に拘りがある場合は事前調査が必要です。

26歳で公務員になるためには

上記の通り、26歳で公務員を目指すにあたり年齢的には問題ありませんが、試験という制度が絡んでくるため、通常の転職に比べ準備や勉強の仕方、それに対する覚悟が必要となってきます。

現在の仕事を続けながら公務員試験を受けるか、辞めて受けるかでは大きな違いがあるので、それを見ていきます。

仕事を続けながら公務員試験を受ける準備をする

現在の仕事を続けながら公務員試験を受ける準備をする場合、仕事との両立が最大のネックとなります。いかにして勉強時間を取るかが大切で、公務員試験の難しさを考えると生半可な努力では実力不足になる可能性もあります。限りある時間の中で効率よく勉強し、試験を受けるか考えなくてはなりません。

ただし収入面で困ることはなく、また最終的に公務員に合格しなくても、引き続き現在の仕事を続けるという選択肢を取ることが可能です。後々の安定を取るならば、こちらの方が得策と言えるでしょう。

仕事を辞めて公務員試験を受ける準備をする

現在の仕事を辞めて公務員試験に向けて勉強をするメリットとしては、公務員試験に集中できる時間が多く取れるということです。仕事から離れることにより試験勉強にのみ集中することが出来、合格率を高めるために専門学校に通う事も出来ます。

しかしデメリットもあり、仕事を辞めるという事は当然収入が途絶えてしまいます。生活面は勿論のこと、専門学校に通うとなると支出が増えるため、貯蓄が十分でないと経済的な負担が重くのしかかってくるでしょう。しかも試験日程の関係上、仕事を辞めてもすぐ公務員になれるわけではありません。そのため、公務員を目指すことが現在の蓄えに見合うかどうか、予めしっかりと検討することが大切です。

また年齢制限ギリギリまで公務員試験にチャレンジした結果、残念ながら公務員になれなかった場合は改めて就職活動をしなければなりません。その際には仕事に対するブランクと、30歳という年齢が重なって転職活動に悪影響をもたらします。

仕事の継続か退職か、どちらの場合も長所と短所を念頭に入れ、この先転職先に公務員を選ぶか否かをよく吟味していく必要があります。

転職を人生の新たなステップアップに

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

26歳は転職するにあたり、社会経験と若さを兼ね備えた良い時期であると言えるでしょう。

現在の仕事を今一度振り返り、26歳以後のライフプランに見合っているかどうかを見直してみてください。そして選択肢として26歳で転職することを選んだら、新た人生のステップアップとして前向きに取り組んでいきましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests