Search

検索したいワードを入力してください

26歳での転職は遅いのか?26歳男性/女性の転職・3回目の転職は多い?

更新日:2020年08月20日

「26歳での転職」についての記事です。26歳で転職することのメリット・デメリットの説明や、26歳男女別の転職理由を解説しています。また26歳で転職先に公務員を選ぶことに対して年齢制限やメリット・デメリットなどを解説しています。

26歳での転職

一昔前であれば終身雇用が保証され、一つの企業に定年まで勤め続けるというのが当たり前でしたが、現在はというと転職はそれほど珍しいものではなくなりました。

転職という選択肢を選ぶ年齢は様々ですが、一つのポイントとして26歳での転職が挙げられます。その年齢である理由は様々ありますが、まずは「どうして26歳という年齢でで転職を考えるのか」ということを見ていきます。

何故26歳で転職を考えるのか

26歳で転職を考える。何故26歳なのでしょうか?様々な理由が考えられます。まずはキャリアアップとして26歳を一つの節目として考えるということです。

新卒でその会社に就職したとして、高卒では8年ほど、大卒では2〜3年ほど経過した頃となります。概ね会社の傾向や自分の立ち位置、後の出世などが見越せる年数が経過したと言えるでしょう。その中で自分のやりたいことが今の会社では不可能であったりすることも分かります。社外での更なるキャリアアップを目指せる若い年齢として、26歳で転職することは良い点です。

また良い意味での転職もありますが、悪い意味での転職も26歳が一つの切欠になると考えられます。先の通り会社内で自分がどうであるか、自分に社内環境や雇用条件が合っているか、そのまま働き続けられるかなどを判断する材料が一通り集まっている頃です。自分に合う新たな会社を見つけるために、社会を経験した26歳で転職するというのは一つの良い転機といえます。

26歳での転職は遅い?

新卒から考えると3〜4年ほど経過した26歳。そこで転職するというのは遅いでしょうか早いでしょうか。答えは「特別遅くはない」です。

仕事の経験値からすると、3年という時間は慣れはしているものの充分な経験とは言い難いです。転職前の就業経験を前面に押し出したいとすればまだ早いのかもしれません。

しかし上記で述べた通り、その3年間で本当にやりたい仕事や、これからの人生におけるキャリアプランなどがある程度考えた上で転職を決めたのであれば、特別遅いことではないのです。

むしろ年齢のことを考えると、まだまだ思い切ってチャレンジ出来る若さがある年代ですので、前向きに考えていきます。

26歳で転職するメリット・デメリット

26歳で転職することは決して遅くはないのですが、その年齢故のメリットもデメリットがあります。メリットは最大限に活かし、デメリットは転職でマイナスにならないようにしていきたいものです。

それではメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

26歳で転職するメリット

26歳で転職するメリットとしては年齢の若さがあります。新卒に比べれば年数は少し経過していますが、それ以前に就職を経ていることを考えるとそれほど大きな差はありません。30歳前後で転職することと比べれば大きなアドバンテージとなります。

また就職していたという事実が大きなメリットです。前職における社会人としての経験は転職時に大いに活かせます。それは26歳という年齢であっても仕事経験のあるなしは大きな差であり、即戦力としての期待も寄せられます。

26歳で転職するデメリット

26歳で転職するデメリットとしては、実務経験があるとはいえ十分な戦力が備わっていないと判断される面です。3年の経験はないよりは全然良いのですが、しっかりと仕事が身についていると見なされない場合もあります。

また転職を考えるにあたって遅いと考えられることは少ないですが、「何故26歳で転職を考えるのか」という理由をしっかり持っていなければ、転職時に問われた際に返答に困るでしょう。

そして26歳という年齢は、残念ながら2017年の時点では第二新卒としての採用対象にはなりません。第二新卒は卒業後もしくは就職後1〜3年以内での離職者、つまり25歳程度までを対象としています。そのため転職に26歳という年齢を選んだ場合は「既に社会経験を積んだ人間」として見なされることを念頭に置きましょう。

26歳男性・女性の転職

26歳の男性と女性では転職する理由やビジョンが違ってきます。
男性女性が26歳になった際に、どのような転機や人生プランが考えられるのか見ていきます。

26歳男性の転職

男性が26歳を転職の時期と見る理由としては、人生においても一つの節目を迎えている場合があるということです。

大学新卒で就職してやや3年、仕事の経験を積むことにより人生的にも少し落ち着いてきた頃と考えられます。そうなると人によってはその先、例えば結婚することや家を持つなどといったライフプランも思い浮かんできます。

その際、今の会社のままで家族を含めた生活に見合うのか否か、また家庭を持った際にもっと適した仕事があるのではないかといった見直しが必要となってきます。

勿論現状維持で問題なければ転職の必要は特にありませんが、独身の場合でも先の人生を見越した転職の時期として26歳というのは一つの転機と言えます。

26歳女性の転職

女性が26歳で転職を考える理由としても、男性同様に今後のライフスタイルにおいて現状の会社のままでよいのかということが挙げられます。

また女性が結婚する、あるいは結婚する予定が先ある方については、結婚相手との兼ね合いや出産・育児に関することが大きな理由になりえます。男性に比べ環境の変化が非常に大きくなってしまうため、先を見越しての転職が考えられる時期と言えます。

今の会社が結婚などに理解があり、また他の条件面で問題ない場合は良いのですが、適してないと判断した場合は転職に踏み切る転機になると言えるでしょう。

26歳の時点で独身の場合でも、30歳を過ぎると結婚の可能性がないとは言い切れません。30歳を過ぎると20代に比べ転職が難しくなってきますので、条件の良い内に転職するというのも選択肢に入れておくべきです。

同業種へ転職するか、異業種へ転職するか

26歳で転職するにあたり、それまでに就業経験のある同業種と異業種では転職のしやすさが違います。

こちらもそれぞれの良い点・悪い点を見ていきます。

同業種への転職

同業種への転職はそれまでの経験が活かせることもあり、転職において大きなアドバンテージになります。それまでの実務経験や実績をアピールすることが可能です。また就職先でもある程度慣れている業務に就くことが出来るため、異業種に比べては不安が少なく仕事に臨むことが出来ます。

ただし採用する側も、経験者を採用する=即戦力になってくれるということを求めています。よってこれまでの経験や実績をアピールする際には中途半端にならず、どういうことがしっかりと出来て転職先で貢献できるのか、はっきり示すことが出来ることが大切です。

また逆に同業種経験者を敬遠する企業もあります。同業者独特の癖がついてない人を採用したい場合があるからです。その際は以前の経験も活かしつつも転職先にどう適応していくかなどをアピールします。

異業種への転職

異業種への転職はそれまで業務内で培ってきた経験で活かせるものが、同業種に比べて格段に少なくなります。

ですが異業種であっても、社会人としての経験や仕事への姿勢、仕事の流れなどはアピールポイントとなります。関連のないスキルでも今後役に立つ機会がないとは言えません。異業種の経験であっても後ろ向きにならず、それまでの経験を大いに転職先で発揮することをアピールしていきます。

また異業種への転職する際は「何故前とは別の職種を選んだか」ということが問われる可能性が高いです。そこが逆に大きなチャンスと捉えましょう。自己アピールの機会をいただけたと思い、転職に至った理由を熱意を持ってアピールしていきましょう。

2回目、3回目の転職は多い?

初回公開日:2017年08月01日

記載されている内容は2017年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests