Search

検索したいワードを入力してください

34歳の転職未経験職種への転職|34歳での転職は決まらない?

更新日:2020年08月20日

転職に抵抗を示す人が減ってきたり、また社会としても転職を受け入れやすい時代になってきました。そのため34歳という年齢で転職を目指す人も少なくないでしょう。今回は34歳の転職に注目し、その特徴についての解説や、転職の失敗例、転職に失敗しないコツなどを紹介します。

前述の通り、34歳での転職は決まらない時はとことん決まらないといったことが多々あります。失敗例について見ていき、現在転職活動をしている人は自分も同じことをしていないかどうか確認し、これから転職を考えている人は失敗しないための参考にしていきましょう。

自分で設定した条件が厳しすぎる

自分で設定した条件があまりにも厳しく、その条件に合わなければ転職しないと考えていると転職に失敗します。特に収入面に関しては雇用側の考えもシビアです。そこで自分の条件を押し出し過ぎると転職に失敗しやすくなってしまいます。

求められているスキルを持っていない

これは求人情報をよく確認していない時に起こる失敗例です。○○という資格やスキルが必要であったにも関わらず応募してしまっては、決まるものも決まりません。スキルがあった方が有利程度であれば採用して貰える可能性もありますが、「要資格」である場合にその資格を持っていない場合は、ほぼ転職に失敗すると考えましょう。

転職の目的が明確になっていない

転職に失敗する例としてよく見られるのが、「どうして転職するのか」という理由や目的がはっきりしていないことです。目的がはっきりしていないと、どのような職を目指したらよいのか迷ったり、そもそもどうして転職が必要かを見失ってしまい、面接などでそこを問われた時に明確な答えが出せなくなってしまいます。

転職が人生の選択肢として頭に浮かんだ時には、何故自分は転職するのか、何を目指して転職するかをはっきりさせておきましょう。

34歳の転職で失敗しないコツ

最後に34歳で転職を目指す際、失敗しないコツについて紹介していきます。コツを実践するだけで転職が成功するわけではありませんが、疎かにしていると成功率が下がってしまうものとなっています。一つ一つ確認して、転職に失敗しないようにしていきましょう。

年齢に見合った求人かどうかを見極める

34歳という年齢には転職リスクが伴うのは前述の通りです。そのため、転職に失敗しないためには年齢に見合った求人かどうかを見極める必要があります。

例えば「20~35歳まで募集」という求人と、「20~40歳まで募集」という求人では、後者の方が高めの年齢でも採用してくれる可能性があります。年齢が高めでも構わないといった求人に応募していくと転職が成功しやすくなるでしょう。

退職してからの転職にはリスクが伴う

34歳の転職は決して簡単ではありません。そのためスムーズに転職が決まるとは限らないという考えは常に持っておきたいところです。

転職活動を在職中に行う人と、退職してから行う人がいますが、後者には転職に失敗した時に収入がなくなるといった大きなリスクが伴います。反面、在職中に転職活動をして失敗したとしても、仕事は継続しているので収入も減りません。どうしても転職しなければならない理由がない限り、34歳における転職や、転職準備については在職中に行うのがです。

自分のスキルが活かせる業種を選ぶ

転職先の業種には自分が持っているスキルを活かせるものを選ぶと比較的成功率が高いです。雇用側もそのスキルを活かして活躍してもらうことを望んで採用してくれるでしょう。

仕事に対する熱意をしっかりアピールする

履歴書を書いたり面接を受けるにあたり、当然のことではないかと思う人もいるでしょうが、意外と出来ていないことがあります。採用する側も仕事に熱心で、長く働いてくれる人を求めています。転職先に対し、どのぐらい働く意欲があるか、どのような仕事がしたいかなどを言葉にしてアピールするのは大切なことです。そのためにも前述した「転職理由」「転職目的」も明確にしておくことが大事になってきます。それがどうしてその会社に応募したかという理由にも繋がるからです。

マネジメント力をつける

次のページ:下準備をしっかり行い、上手な転職をしよう

初回公開日:2017年10月02日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests