Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

41歳での転職は今までの自分のキャリアを考えると一見無謀のように感じます。例えば年収が下がることを覚悟するなど、ある程度条件を飲めば十分キャリアアップを狙える転職も可能です。また、男女における違いなど多少のポイントを押さえて転職活動を行うことも大切です。

41歳での転職

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

41歳からの転職。皆さんはどう思いますか?普通転職というと20〜30歳若手がすることで、自分のような41歳という中途半端な年齢では、新しいキャリアを築くような真似なんて到底無理だと考える人も多いのではないでしょうか?しかし、41歳で自分のキャリアを諦めるなんてまだまだ早すぎます。

今回は41歳からの転職について様々なポイントと成功例、成功するためのコツなどをお伝えしたいと思います。この記事を見て、41歳からの転職なんてもう無理だと諦めてしまっている人の参考になればと期待しています。

41歳での転職は厳しい?

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

結論から先に申し上げれば「可能になってきた」というのが正しいです。一昔前までは、41歳での転職なんて無謀だと考えられてきましたが、最新の転職事情では状況が変わってきているようです。具体的に現在の状況について確認していきましょう。

以前は転職者の上限が35歳までの企業が多かった

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

以前の転職業界では、転職エージェントに採用をお願いする際、「35歳までの方でお願いします」という条件をつけ企業がほとんどでした。なぜなら、例えば41歳というと、人格形成がほとんど終わっており、新しい文化や知識を受け入れるのに時間がかかり、一人前にするには時間がかかる上に活躍できる年数も限られているというのが主な理由です。なので、ほとんどのエージェントは、41歳という年齢でどれだけいい人材であってもお見送りをせざるをえませんでした。しかし、先ほども述べたように状況は変わりつつあります。

現在41歳で転職エージェントにお願いしても様々な求人を紹介されることでしょう。その理由を以下にご説明したいと思います。

景気が良くなっているため、有効求人倍率が高くなっている

2016年の報告によると有効求人倍率は1.36倍と25年ぶりの高水準でした。25年前といえば1991年バブル経済の名残がある頃です。そもそも有効求人倍率とは、企業の中で人手が足りているかを表す指標です。この数字が高ければ高いほど、人手が足りていないということになります。アベノミクスにより景気は現在上昇傾向にあります。少し前までは就職氷河期なんて呼ばれていましたが、現在の転職市場は売り手優先にあるようです。ですので、企業は年齢問わず、幅広く募集をかけているので41歳でも十分転職できる価値があるのです。

様々な企業で人手不足が発生

上記のような状況を受け、様々な企業で人手不足が発生しています。リクナビに乗っていないような小さな中小企業はもちろん、特に飲食・サービス業界で人手不足が発生しています。もし、41歳で転職を考えた時、一番入りやすい業界として覚えておくと良いでしょう。もちろん、この売り手市場では、思いもよらない大企業でも人材を募集していることもありますので、転職エージェントに相談してみるのも一つの手かもしれません。

41歳の転職で求められていることは?

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

ここまで現在の転職市場を鑑みた、41歳での転職を考えてきました。しかし、ここでお伝えしておきたいのは、確かに採用する年齢の幅は広がったけれども、ハードルが下がったわけでなはないということです。若手と同じように転職活動をしていたのでは、結果はついてきません。

では、41歳の転職はどのように進めていけばいいのか。具体的に見ていきましょう。

41歳の転職で求められることは?

41歳での転職で求められるもの、それは「即戦力」。いくら幅広い年齢層を採用するようになったからといって、やはり企業が求めているのはどうしても若手の方。41歳が同じ土俵の上で戦うためには即戦力が必要になってきます。例えば、以前いた組織やチームマネジメントの経験が挙げられます。面接の場ではより具体的に「○○という大きいプロジェクトを任され、〜人のチームをまとめ上げ売り上げを△%あげることができました」など数字が入っていた方がより良いでしょう。

全く違う業界や業種への41歳では転職は難しい

41歳で今まで経験したことのない業界や業種への転職をお考えの皆さんには大変残念ですが、非常に厳しいと言わざるをえません。なぜなら、即戦力とは言えないからです。上記でも述べたように41歳の人間にゼロから仕事を覚えてもらい、一人前の戦力となるまでの過程を企業は待ってくれません。どうしても若手より吸収力も落ちてしまっているし、覚えてもらったところで、戦力として働いてもらう時間が短くなってしまうからです。どうしても、違う業界や業種への転職をしたいという方は、年収の大幅ダウンを覚悟しなければなりません。年収ダウンのリスクをとってまで自分のやりたいことを貫き通すべきかもう一度自分や家族と相談しあった方がよいでしょう。

41歳の転職の仕方で男女の違いはあるのか?

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

41歳の転職で男女に差が出るかと言えば、実際のところほぼありません。20代や30代の転職だとどうしても結婚や出産という女性にとって避けられないライフイベントがあるため、女性側は不利になりますが、41歳ともなると、男女ともに生活がある程度落ち着いてくるため、違いが表れないのです。しかしながら、若干の違いは存在します。ここではその違いについて見ていきましょう。

41歳男性での転職の場合

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

41歳男性の転職の場合の最大の難関は家族、特に奥さんの了承を得られるかにかかってきます。実際の現場でもほぼ転職先の内定が出ているのに、奥さんの猛反対により、泣く泣く内定を辞退したという例は数多く存在します。特に41歳ともなると、それなりのエリアマネージャーないし事業部長というポジションを与えられそれに伴う転勤が発生する場合があります。41歳男性の場合、家族も皆それなりの生活基盤があるでしょうから、それを変えてまでついてきてくれというのはなかなか言いだしづらいものです。その時に単身赴任という選択肢を選ぶか、家族についてきてもらうのかというところまで、しっかりと家族間で話し合いをしておきましょう。

41歳という年齢では転職してから考えるではもう遅いのです。子供達の学校ことや奥さんの生活など家族全員の人生を変える決定をあなたは下そうとしているのです。その重みをしっかりと感じましょう。

41歳女性の場合

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

41歳女性の場合の転職も同じく家族が大きく絡んできます。特に企業が見るポイントとしてはフルタイムで働くことができるかどうかです。41歳で転職を考えると、ずっと勤め上げてきた会社ならともかく、転職したばかりの会社で時短勤務を言い出しづらい面もありますし、子供のことを考えて短時間勤務というのはほぼ不可能と考えてよいでしょう。ここでも41歳男性の場合同様家族をとるのか、仕事をとるのか残念ながら今の日本では天秤にかけなければならないのが辛いところです。

しかし、41歳女性はプラスの面もあります。特に以前いた会社でマネジメント経験がある方はとても有利です。なぜなら、今世の中の動きが女性管理職を増やそうという方向に向かっているからです。面接でも大きなアピールポイントとなりますので、自分の今までの成果をしっかりと整理しておきましょう。

41歳で転職した人の成功例は?

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

今まで41歳で転職することのメリットやデメリットを述べてきましたが、ここで実際に41歳で転職した方の例を幾つかご紹介しましょう。成功した方の例を見て、自分の転職活動に生かしてください。

41歳女性:前職介護→介護への転職

Aさんははじめ履歴書を送っては書類選考で落とされるの繰り返しでした。Aさんの場合、次の転職先を決めずに前職を辞めてしまいました。学生時代から福祉以外での仕事経験がなく、はじめは幅広い分野で職業を見てきましたが、あまりの書類選考の落選具合に他の分野での転職を諦め、介護での年収アップを目指した転職活動に切り替えました。幸いなことにAさんは学生時代に取得した介護の資格が評価され、無事年収アップを果たすことができました。

Aさんの本来の転職理由は介護以外の職で自分の可能性を見てみたいというところからスタートしましたが、逆に転職活動を通して自分の今までを振り返ることができ、学生時代の資格が思わぬところで活躍してくれました。

皆さんも学生時代無理やり取らされた資格などあるかもしれませんので今一度自分の持っている資格について見直してみるのもいいかもしれません。

41歳男性:前職システムエンジニア→プロジェクトマネージャーへの転職

Bさんの転職のきっかけはIT業界の景気が徐々に悪化していたため、将来を考えてマネージャースキルを上げたいという理由からです。Bさんはエンジニアとしては、20年近いキャリアがあり、IT業界のスキルには自信があるようでしたがエンジニアとしてしか転職経験がなかったため、マネージャーに応募する場合の知識はありませんでした。そこでBさんはキャリアカウンセラーを利用して、しっかりと転職のための対策を行うことにしました。キャリアカウンセラーのおかげでBさんはマネージャーとしての将来性をアピールすることの重要性を理解することができました。Bさんの場合、システムエンジニアとしてはチームリーダーをしたこともあり、そう言った強みへのアピールの仕方や書類などの応募理由もしっかりと記載することができ、応募した3社の内、2社から内定をもらうことができました。

Bさんの良かった点はキャリアカウンセラーを利用し、しっかりと自己分析を行ったところにあります。

41歳で転職をお考えの皆さんも時には他人の手も借りて、じっくりと自己分析をすることをお勧めします。

41歳女性:建築会社の事務手伝い→アンケート入力

Cさん勤続8年に入るというところで長く働いていた会社でした。Cさんが働いていた7年ちょっとにわたりずっと同じ部署所属で社員さんの手伝いをしてきたけれど、2年くらい前から不況のあおりを受け、だんだんとパートという仕事が振られなくなり、会社都合での退職を言い渡されてしまいました。会社都合での退職の場合、1ヶ月の猶予期間が与えられるのですが、その間Cさんも時間を見て求人誌で仕事を探しては退社後や休日に面接に行っては不採用の連続。退職後も毎日求人誌やネットでの求人を検索し、条件に合うかどうかをチェックする毎日でした。諦めてパートでも・・と考えていたところに今Cさんが勤めている会社の求人があまり目立たないように求人サイトに掲載されていて、無事採用となりました。

採用の決め手はパソコンが使える・子供も小学校高学年ということで休みなく働けるというところだそうです。

41歳で転職、特に女性の場合はなかなか条件に合うものが見つからない・・と諦めずに日々自分にできること(例えば事務系やパソコン系の資格を取っておくなど)を準備しておき、いざという時に使えるよう準備を心がけるようにしましょう。

41歳男性:人材ビジネス→メーカー

Dさんは人材ビジネスの経理を担当していました。会社が上場を達成した後、経理部門に限定された職務に不満を持っていました。また、役員も出身企業が同じ人が多く風通しの悪さを感じていました。会社を上場させた経験を生かしつつ、管理部門のより広い職務に挑戦したいというのが転職理由です。Dさんの場合は転職回数が多く、スキルアップの転職を目指していたため、面接で落ちることも多かったそうです。また、事前に収集していた情報と実際に面接であった人事とイメージが違うこともあり、無駄足を踏むことも。しかし、重要視していた企業選びで、年収は下がってもやりがいがあり可能性のある企業という軸をぶらさずに根気よく探し続けた結果見事思い描いた通りの企業の内定を勝ち取りました。

Dさんのポイントは軸をぶらさなかったこと。転職活動を進めていく中で思わぬ魅力的な企業が見つかり、そこを選びそうになりますが、なぜ自分が転職に至ったかという点を思い出しながら活動するようにしましょう。

41歳男性:経営企画→IT

Eさんは、現職において、入社時にやるべきミッションには区切りがついたと感じていました。一方で、自身の仕事の幅とキャリアについてはこれ以上の発展が見込みづらいため、新たなチャンレンジをするに至りました。転職活動中は経営する・事業企画といった企画職能でのキャリア構築を第一優先として、転職先を検討活動しました。また、年収についても基本的には現レベルを基準として考えていました。最終的には、エージェントからの紹介企業に、これまでのキャリアを認めてオファーをもらい、転職先が決定しました。

Eさんのうまくいった点は自分の年齢を考え、高望みをしなかった点。41歳での転職というとどうしても年収アップを目指した転職を考えてしまいがちですが、年収よりも譲れないものはないかどうか、自分の心の天秤を測りなおすのも一つの手かもしれません。

41歳での転職においての成功のコツは?

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

ここまで5人の方の例を見てきましたが、いかがでしょうか。それぞれの方で苦労する点はあってけれども、自分が一番何を大切にしているかということを最後まで忘れなかったといところが41歳での転職活動を成功に導いたと言えるでしょうう。

ここからは、41歳で転職を成功させるためののコツをお伝えしましょう。まず、自分が転職したいと思う業界や業種における経験やスキルがあるのは最低条件です。残念ながら、未経験での転職はほぼ不可能でしょう。その中で企業が面接で見られるポイントがあります。そのポイントを押さえていけば、41歳での転職でもより有利になることでしょう。

人物像をかなり見られる

41歳という年齢を考えても、転職先の会社で自分が一番年下ということはほぼないでしょう。転職先の会社であなたはいきなり中間管理職なわけです。なので、41歳の転職で見られるポイントはあなたの人物像です。面接官は「この人は今求めているチームや会社に入っても上手にやっていけるかどうか」という点を非常に重要視するわけです。41歳という年齢を考えると入社してすぐ上司と部下を持つ可能性があります。その人達と上手にコミュニケーションを取りながら、仕事を遂行できるかどうかという点をポイントとしています。ですので、面接を受ける際には、何か具体的に幅広い年代と仕事をした例を挙げ、そこで得た経験や実績を話すとより良い印象を面接官に与えることができるでしょう。

主体的に動けるかどうか

いくら新人とはいえ、あなたはもう41歳という決して若いとはいえない年齢です。なので若手のように「大丈夫か?」と言ってくれる先輩はおらず、むしろあなたの方が先輩になるかもしれません。なので、会社としては仕事を待つような受け身の姿勢ではなく、あなたから主体的に仕事を探しに行くこと、または配属されたチームでの課題点を発見しそれに向けた解決策を提案できることを求められます。

この点を踏まえ、面接でも何か自ら課題を発見し、解決できたような具体的なエピソードを話せるようになっておくこと、さらに自分が入社した際にはこんな課題点を発見し、解決することができるというアピールができるとなお良いでしょう。

マネジメントしてきた中でどんなことを意識してマネジメントしてきたか

ここまでのことを踏まえて、総じてお伝えしたいのは41歳での転職ではマネジメントスキルが求められるということです。そんなこと急に言われても今まで人をマネジメントしたことがないよという人もいるかもしれません。しかし、41歳で今まで仕事をしていたならば、先ほど出てきたBさんのように何かしらのリーダーを任されたことがあったに違いありません。会社に大きな影響を与えるような大きいものでなくても構いません。あなたのリーダーとしての経験は、ここでおおいに生きてきます。そこでのリーダー経験をしっかりと体系化して、面接官に伝えることができるかどうかで面接での評価も左右されるといえるでしょう。

41歳での転職におけるリスク

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

41歳という年齢は、転職というチャレンジをするには決して安全とは言い切れません。当然リスクも伴います。ここでは41歳で転職をするということのリスクを幾つかご紹介します。リスクを省みず、ただ闇雲に突っ走っただけでは転職活動のみならず、あなたの人生、そしてあなたの大切な家族の人生さえ狂わせてしまうということも忘れてはなりません。現在41歳で転職を考えている方はここで出てくるリスクを踏まえた上で、転職を考えても遅くはありません。

人間関係がリセットされる

当たり前といば当たり前なのですが、転職すれば当然1から人間関係を作り上げなければなりません。20代や30代のような若手なら、若さという武器で新しい人間関係に飛び込むこともできますが、41歳ともなるとなかなか新しい人間関係に飛び込むというのは勇気が相当入ります。もともと社交的な人なら気にならないかもしれませんが、内向的な性格の人ならなおさらこの問題は大きくなります。若手なら気にかけてくれる上司もいるかもしれませんが、41歳での転職だとあなたが上司で全員が部下という可能性も多いにありえます。その中で、自らコミュニケーションを取っていくのは、意外と難しいということを念頭に置いておかなければなりません。ここで失敗してしまうと、人間関係の拗れから大きなストレスとなり、心の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。せっかく転職したのですから、自分のポテンシャルを最大限発揮出来る状態の方が望ましいでしょう。

かなり高い目線でのスタートを要求される

20代や30代の若手での転職なら、多少のミスも「若いから」という理由で許されることもあるでしょう。しかし、41歳という年齢を考えるといきなりプロジェクトのリーダーを任されることもあります。そのプロジェクトがあまり会社に影響がなければいいのですが、当然会社に大きな影響を及ぼすプロジェクトを任されることも考えられます。この場合、「入社したばかりだから〜」という言い訳は通用しません。会社は41歳のあなただからこそそのプロジェクトを任せているわけです。なので、慣らし期間もなくいきなりハイパフォーマンスを要求されるので初めのうちは、慣れない人間関係もあるのできついと感じる方もいらっしゃると思います。そこは今まで培ったコミュニケーションスキルでなんとか馴染んでいくほかに道はないのです。

高いパフォーマンスを発揮しないと居心地が悪くなる

先ほども少し触れましたがが、41歳での転職ははじめから高いパフォーマンスを求められますし、できて当然という風潮があります。なので、出来て当たり前という中でパフォーマンスを維持し続けなければ、チームメンバーから「使えない上司が入ってきた」と噂されることもあります。もちろん会社によるのでしょうが、あなたが入ろうとしている会社の人間関係は入ってみなければわかりません。あなたが多少の噂なら気にならないというのなら問題ないですが、もし、あなたの転職理由が人間関係にあるのなら、避けては通れない道になります。まだ、遅くはありませんので、今現在の人間関係をもう一度見直してみても良いのではないでしょうか。

転職する際慎重にその企業を見極めなければならない

あなたがもし20代や30代だったら、転職した先で人間関係が合わなかったり、仕事内容が思っていたものと違っていても、転職することは可能です。しかし、41歳という年齢で転職を考えるならば、次に転職する会社で定年まで働き続けなければならないということを覚えておかなければなりません。なぜなら、もし、上記のような理由で転職先が合わなかった場合、すぐに辞めるわけにもいかないでしょうから、次に転職するのは40代後半ということになります。そうすると転職の幅がぐっと狭まるので、あなたが思い描くようなキャリアプランはもう描けないでしょう。なので、41歳で転職を考える場合、「これで人生最後の転職だ」という覚悟で転職活動に臨まなければなりません。

41歳、まだまだいけるぞ!

41歳での転職は厳しい?41歳転職の成功例と成功のコツ

上記で41歳で転職する際のリスクや転職する際のポイントなど、様々なことをお伝えしてきましたが、ここで私がお伝えしたいのはまだ希望はあるということです。一般的に41歳という年齢を考えると、自分の生活を大きく変えるようなことは非常に勇気が必要です。でも思い出して欲しいのです。

あなたが、今の自分を変えようと思ったことを。なかなか周りが変化を嫌う中、今の自分を変えようとしたその勇気を忘れないでいて欲しいのです。41歳で人生終わったわけではありません。人生80年と考えたらまだ折り返し地点に着いたばかりです。多少困難はあるでしょうが、まだ自分の人生を諦めるには早すぎる年齢です。

41歳という歳を良い歳にするために今一歩踏み出しましょう!

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests