Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

前職調査は違法?行うタイミング・方法と内容・同意書とは?

前職調査は、中途採用を希望する人が受ける可能性が高い調査です。特別な理由がないかぎりは、前職調査に応じ、内定などの判断を待った方が無難です。個人情報保護の観点でプライベートなことは気にする必要はありません。積極性や協力度により、メリットにつなげるべきです。

就職したいと問い合わせてきた社会人に対する前職調査を実施するポイントはどこになるでしょう。本人からも前職調査を実施する同意、問い合わせる企業からも承諾可能な状態、あともう一つ重要になってくるのはタイミングです。

採用するか否かを判断する材料として前職調査を行い、内定という決断を下すことが理想的です。採用する企業と被雇用者のパワーバランスというのは実に微妙な関係で成り立っています。

気になる就活情報!前職調査は違法か

前職調査は違法?行うタイミング・方法と内容・同意書とは?

夏の暑さを肌で感じる時期になると、来年度の新卒採用にむけた就職活動もいよいよ本格化してきます。真新しいリクルートスーツに身をつつんだ学生が、明らかに面接か試験を受けにいく姿を見かける人も多いはずです。しかし、就職活動を行うのは何も学生ばかりではありません。

つい先日まで違う職場で働いていたけど、様々な事情により職場を離れる人も今では珍しくありません。そういう離職者にも生活のために仕事は必要ですし、中途採用枠という就職活動に精を出している人たちというのも顕著になってきました。しかし就職に不利になるからと、前の職業をふせて就活を行っていると思わぬリスクをしょい込むことになるかもしれません。

前職調査は今でもある?

「前職調査」という言葉をご存知でしょうか?再就職や中途採用など就職活動の場において、就職希望者が勤めていた職場に対して、雇用を考えている企業が問い合わせを行う行為を「前職調査」と表現します。調査で得られる情報と履歴書等に記載してある事項を比較または補足を行い、採用・不採用の判断に用いると考えられています。

調査で得られる情報が面談や履歴書で得られる情報と異なると、次の企業に不信感を与えてしまいます。中途採用での就職を考えている社会人は、前職調査に対する意識を持っておく方が無難です。

新しい人材を受け入れる企業としても、採用する以上は確かな人材を期待しています。

正しい判断を行うために前職調査を実施したいと考え、極力情報を集めようとするのも仕方がないことだと言えるでしょう。前職調査は、履歴書やエントリーシートだけでは計り知ることが出来ない部分を示してくれます。そのため就活において、採用企業にとってデメリット以上のメリットが前職調査にはあるかもしれません。

違法性は存在するのか

前職調査の目的を明確にして調査を行う場合は、特別に違法となるケースは存在しません。就職活動に用いられる調査情報というのは、どれが人事に影響するかという明確な基準がつけにくいからです。あくまで参考程度の調査になります。

更に情報を問われる前の職場にしても個人情報保護法という理由をもとに拒否することも許されています。プライバシーとビジネス面の境目というのが、ひとつの基準になりそうです。調査をされる人においても過剰に反応することなく、どういう対応を見せるかも就職活動では評価されている可能性もあります。

仕事をしていく中で何らかのミスをすることは珍しくありません。

そのため以前の職場における調査を恐れる必要もなく、調査に対する許可を求められても、落ち着いて同意する対応をとることが中途採用を狙う社会人には不可欠となるでしょう。過剰に調査に対する拒否反応をみせてしまうのはマイナスイメージにつながります。どういう調査になるのか、前職調査に対する確かな情報集めをしておくに限ります。

個人情報保護法の適用範囲とは

前職調査に対する個人情報保護法の制限は非常に大きなものとなっています。以前であれば気軽に問い合わせることが出来た情報も、プライバシーの問題を理由に問い合わせを受けた方も気軽に情報を提出できなくなっています。状況によっては、勝手に情報を教えてしまったことによるペナルティを受けるリスクがあるからです。

実はプライバシーを守る個人情報保護法により、最近の就職活動時に前職調査を実施するには本人の同意を得てからという条件が一般的になっています。更には前の職場である企業のコンプライアンスなどの状況により、提供してもらえる情報も企業ごとに差があることはうかがえます。

いつ行うのがベスト?前職調査のタイミング

雇用するための判断に用いる前職調査なわけですから、前職調査をおこなうタイミングは最初の面接直後から内定を下すまでの間に行うことが適切です。大きな企業になると、内定を一度下してしまうと労働基準法などの問題により、勝手に内定を取り消すことは不可能になるからです。不思議なことに内定をもらうと、立場が強くなるのは働かせてもらうはずの被雇用者になります。

前職調査は違法?行うタイミング・方法と内容・同意書とは?

学生による就職活動も同じになりますが、内定を取り消すことが出来るのは内定をもらった就職希望者であり、余程の事情が発生しない限り会社の都合で一方的に取り消すことはできません。そのため、前職調査を行う場合は内定を決める前に行うのが理想的です。

調査における必要な項目と調査方法

前の職場を調査する項目は、そんなに多くはありません。殆どが在籍確認、勤務年数、勤務態度といったものばかりです。しかし、注意すべき点は借金などのプライベートに近いことも懸念される場合もあります。職場に影響ない場合は不問ですが、返済を促す連絡が職場に来るようでは要注意です。

前職調査方法の殆どが、直接電話で問い合わせるということでしたが、最近ではFAXやEメールという方法も珍しくありません。大きな企業になると第三者の機関に調査を依頼するというケースもあります。

調査を行う同意書も存在する?

最近の前職調査は、本人の同意が不可欠となります。そのため、調査を実施する際に本人からの同意を書類に残しておく場合があります。その同意書を添付した状態で、前の職場に情報を請うというパターンも増えつつあります。プライバシーを保護する法律もありますので、情報を集めるのにも手続きや書類が重要になっています。

どの職種であると前職調査されやすいか

前職調査を行っている企業は、主に金融系や医療系で行われていることが多いです。保有している技術や資格についても確認されますが、短期間での転職を繰り返す人には退職理由や勤務態度のついての確認が多くなります。特に医療系では、人材を求めている反面、離職傾向がある人材に対するチェックは厳しくなります。そのため調査を実施するのも当然と言えます。

前職調査は違法?行うタイミング・方法と内容・同意書とは?

金融系では、巨額の資金が動くビジネスですから、借金に関する情報に関してチェックが厳しくなります。企業が求める人材という点にも着目して、就職活動は行っていくべきです。

調査の結果に対する内定取り消しの可能性は?

犯罪にかかわるような偽証的なことがない限り、内定を取り消しというのは少なくなります。多くの企業が前職調査を行う目的は、内定をする前に正しく人材を見極めるためです。調査を受ける側も、正しく申告している状態であれば、結果に対して過剰に恐れる必要はなくなります。現状について正しく申告をし、その確認ですむレベルの問題という認識で十分です。

応募書類に不備がなければ問題なし

前職調査はあくまでも、応募時の書類や面接での言動に対してのチェックということになります。中途採用を志願している人は、正しく情報を応募時に提出することを念頭におくことが重要です。

どうしても採用されたい気持ちを裏返して、事実とはことなる返答をすることが後悔のタネになりやすいです。逆を言えば、前職調査を行う方も書類以上のことを得なければ、何も気にされない調査です。

仕事をしている上では誰しも何らかのミスはおかしています。あくまで、事実確認のみの調査です。極端におそれることなく、エントリーシートや履歴書を記入していくのみです。

前職調査は応じるのが無難

前職調査は違法?行うタイミング・方法と内容・同意書とは?

前職調査は即戦力を求める企業だからこそ、仕方がないのかもしれません。

前の職場における応募者を詳細にチェックすることで、採用に値する人物か確認したいことがうかがえます。応募者に求められることは、調査を固辞することではなく、快諾して円滑な就職活動を行っていくことです。そういう意識を持ちつつ就職活動を行っている人であれば、特別に気にすることはないでしょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests