Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月14日

転職を考える理由やきっかけランキング・実際に転職すべきかどうか

ご自身のキャリアを形成していく上で、転職のタイミングや時期を検討していくことは大切な要素となります。転職を考えるタイミングやきっかけは人それぞれですが、より良い環境で次の仕事にチャレンジしていくことについて、ランキング形式でご紹介していきます。

転職を考える理由やきっかけとは!多い理由を一挙紹介!

転職した後の良いイメージを常に持っておこう

転職を検討したり、実際に転職することを決意したりする中でポイントになってくるのが、転職後の良いイメージを記憶の中に持っておきましょう。転職を検討する時に陥りがちな良くないパターンとして、転職することが「ゴール」になってしまっていて、その後の仕事内容や、自身が転職先の職場でどう活躍しているのかまでイメージできていない人が往々にして存在します。

そうではなく、実際に転職を成功させるには、転職先での自身の活躍ぶりというのもイメージしておくことがポイントになってきます。もちろん、給与や休暇日数、根本的な仕事内容、人間関係等、さまざまな悩みを抱えながら、転職することを決意される方が多いです。

しかし、転職した後のイメージを持っているかいないかで、転職活動自体の意義や選考通過率も変わってきますので、そこの部分のイメージをしっかりと持っておくことが大切です。

転職理由その1!キャリアアップを目指す!

転職理由やきっかけとして、上位に上がってくるものの一つが「キャリアアップしたい」という理由です。高校や短大、大学などを卒業して新人や2年目の頃は、仕事に慣れるのに精一杯で、なかなかキャリアアップというのは見えにくいでしょう。

それも最初のうちだけであって、社会人の多くは3年~5年程度同じ職場で働いていると、ある種のマンネリ感を覚えるようになる人も一定程度存在し始めます。そういったマンネリ感がきっかけとなる場合もありますし、3年から5年程度同じ仕事を続けていく中で、物足りなさを感じる場面も出てきます。

最初は難しかったものが、どんどん簡単にできるようになり、そういった感覚を持ち続けて仕事を続けていると、どこかでチャレンジしたいという気持ちが出てくるものです。そういった気持ちもきっかけとなって、別の環境でキャリアアップを図るために転職するというのも多いケースです。

転職理由その2!自分自身の生き方を見つめ直すきっかけを作りたい

転職する理由やきっかけについて、多いものが「自身の生き方やライフスタイルを見つめ直すきっかけ作り」というパターンもあります。10代後半から20代前半にかけて、社会人として仕事を継続していく中で、数年経過していくと、「自分はこのままで良いのか」、あるいは「もっと他にやりたいことがあるのではないか」などといった悩みが出始めてきます。

当然、30代や40代の方でも、結婚したり子供が誕生したりすると、それまでのライフスタイルとは大きく異なってきます。そういった環境の変化に伴って、自分自身の生き方を見つ直すきっかけとして、転職を検討する方も多い状況です。

転職理由その3!職場の人間関係を改善したい!

人間関係のトラブルや改善というのも、転職を考える理由やきっかけとして多く挙がってきます。職場では複数の人が共に存在し、共に仕事を進めていかなければならない状況が往々にしてあります。そういった状況において、馬が合う人間もいれば、そうでない人間がいるのも事実でしょう。

話し合いやコミュニケーションによって、改善できる部分は改善していくことをおススメしますが、そうではない場合に、環境を変えて再チャレンジするのも悪くはありません。転職理由としても、人間関係については多い理由になるので、そこが気になるようであれば、転職活動を始めて、外の世界を見るというのも良い刺激になります。

まずは、転職するという意志を自身の中で確認して、動き始めることが大切です。

転職理由その4!給料を上げたい!

転職を考えるきっかけや理由として、給料を上げたいというのも、よく出てくる理由の一つです。仕事をする理由の一つとして、お金を稼ぐことが挙げられますが、それもできれば多く稼ぎたいというのが本心でしょう。

そういった意味でも、給料を上げたいという理由で転職を検討するのは、至極全うな考え方であり、人間としても健康的な人生を歩めているので、自信を持って良いでしょう。

同じ時間働くのであれば、少しでも待遇の良い環境で働きたいと考えるのも人間の性ですし、キャリアアップとも関連しますが、経験を重ねてできることが増えていけば、給料が上がっていくのも自然な流れです。

同じ会社で働き続けるより、転職した方が給料が上がるのであれば、自身の気持ちを尊重して、新しい環境でチャレンジするのも一つの考え方と言えます。

転職理由その5!ワークライフバランスを見直したい!

転職を検討する理由や、きっかけについてご紹介していますが、ワークライフバランスを見直したいというのも、転職理由上位に上がってきます。朝から晩まで働き詰めだったり、休日出勤も重なったりすると、その生活をいつまでも続けていくことが難しいと感じるようになってきます。

「仕事をしている時間が楽しくて楽しくてたまらない」というケースであれば別ですが、人間らしい生活を営んでいく上で、一定程度の休憩や休日は必要になってきます。

何のために働いているのかという点をよく考えていくことで、「自分の趣味を楽しむため」「結婚して幸せな家庭を築くため」「大きな家に住むため」など、その理由が見えてきます。

そういった目的に向かって頑張ることも大切ですが、休日が確実に約束されているといった仕事や、定時には必ず帰宅できるというワークライフバランスをとった生き方をしていきたいと考える人も増えてきています。

ワークライフバランスを保ちたいことがきっかけで、転職するケースも増えていますので、一考の価値がある考え方でしょう。

転職理由その6!好きなことを仕事にしたい!

転職する理由やきっかけについて、「好きなことを仕事にしたい」という理由も上位に入ってくるものです。転職するタイミングとしては、一つの仕事を3年~5年程度続けてきて、慣れやマンネリが見られる時とお伝えしてきました。

そういったタイミングで、自分のやっている仕事に対しての充実感があるかどうかも、転職を考える上で重要な要素となってきます。きっかけはともあれ、好きなことで稼げるのであれば、その道に進んでいきたいと考える方も多いでしょう。

「好きなことを仕事にする」ことで、より日々の充実感が増すという自信があれば、転職を検討しても良いでしょう。「好きこそ物の上手なれ」ということわざもありますが、「好き」を仕事にしていくことで、キャリアアップや自分らしいライフスタイルの構築にもつながります。

転職するべきか否かの判断基準

転職を考える理由やきっかけランキング・実際に転職すべきかどうか

転職理由やきっかけについて取り上げてきましたが、いざ転職するか否かというタイミングまで来たときの、判断基準について見ていきます。ずばり、判断基準は「あなた次第」です。転職したからと言って、全てが良くなることはありませんし、反対に全てが悪くなることもありません。

転職先で良いと思うこともあれば、転職したからこそ、前職の良い部分も見えてきます。転職を考える理由やきっかけとして、在職中の職場になんらかの不満があるから、転職を考える人が多いでしょう。

転職によって、その不満は解消されたとしても、転職先で新たな不満が出てくることは往々にしてあります。そういったことも鑑みつつ、転職理由やきっかけについて改めて自身の中で整理して、本当に転職するという決意が固まった時点で、転職を行うのが良いでしょう。

中途半端な気持ちで転職してしまうと、転職先でも上手くいかない可能性があるので、自分の気持ちの整理をきちんとつけてから転職するようにしましょう。

転職してもっと輝こう!

転職を考える理由やきっかけランキング・実際に転職すべきかどうか

転職は、自身の人生をより良いものにしていくための一つのツールと考えてみると、気が楽になるでしょう。「新天地でより一層輝きを増すんだ」という強い気持ちを持って、転職活動並びに転職をすることで、より良い人生を歩むことにつながります。不安や期待もあるでしょうが「やるのは自分」という気持ちで、新たな環境にチャレンジしましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests