Search

検索したいワードを入力してください

コンサルへの転職の難易度・失敗する理由・志望動機|戦略/建設

更新日:2020年08月20日

戦略コンサルタントは企業の課題解決に向け、戦略策定から、オペレーション業務改善、新規事業立案などのコンサルティングサービスを提供します。自分たちの存在価値や成果に対する確信を相手に抱かせる「何か」を持っている必要があります。

戦略コンサルへの転職方法

戦略コンサルタントは、企業の課題解決に向け、戦略策定からオペレーション業務改善、新規事業立案などのコンサルティングサービスを提供します。最近では、経営層・マネジメント層に対する戦略策定だけでなく、現場のアクションプランまで落とし込み、実行の部分まで手掛ける場合もあります。

戦略コンサルタントに転職するためには、新卒採用とは違い、中途については通年採用を実施しているコンサルティングファームが大半です。しかし、採用目標の達成度やプロジェクト受注状況に応じて、各社の採用意欲は大きく上下します。

半年前なら受かったであろう人でも、現在では状況が変わってしまって不採用になる、あるいは現状では不採用の可能性は高いですが、もう少し待てば採用の可能性が上がるといったことも珍しくはありません。コンサルティング業界に精通している方ではない限り、応募時の各社の採用意欲までは判断できません。

そのため、実際に転職したい場合には、業界に精通した人材エージェントを通すのが望ましです。入社月を年何回と決めているコンサルティングファームもありますので、早めに情報収集をしておくことをお奨めします。

コンサルへの転職にエージェント

大手総合転職エージェントは、特定業界への専門性が低いと思われがちですが、これから紹介する下記3社については、コンサルティング業界の専門部署と担当者がいるため、中規模の特化型エージェントより情報量・実績ともに高水準です。

コンサルティング業界に強い大手総合エージェント3社
・JACリクルートメント
・リクルートエージェント
・ビズリーチ

なぜ、大手3社がコンサルティング業界に強いかと言うと、コンサルティング業界の転職は、エージェントにとっても仲介料が高いため、積極的に投資をしています。社内には専門部署があり、業界出身者や中規模エージェントからヘッドハントされた優秀なキャリアコンサルタントが数多く在籍しています。

彼らが実績を重ねることで情報と各ファームからの信頼が蓄積され、さらに実績が生まれる好循環が生まれるからです。

コンサルへの転職で失敗する理由

まず、最低限の知識と経験があり、しかも各分野に対して高い理解と説明力がある事が前提です。新卒採用とは違い、中途採用の戦略コンサルタントに求められるポイントとしては、ポテンシャルと問題解決の能力の二つがポイントになります。

経営企画などのポジションで、全社戦略のかじ取りをした経験がなければいけない、と思われる方もいらっしゃいますが、現実に経営の経験を積んだ若手は少数であること、そして自らの経営経験を売る訳ではないため、ポテンシャルが重要視される傾向にあります。

故に、官公庁出身者や医者、研究者といった人材がコンサルティングファームに転職することもあります。 もちろん、経営企画のような経験を積んでいる方は、選考の際に優遇される傾向にはあります。

問題解決については「コンサルタント」の基本能力の一つとなってきます。これなしでは、コンサルタントとして生きていくには難しいです。問題解決の能力は、訓練をすれば身に付きます。まさにこの、問題解決の能力が転職では採用・不採用を分けます。ポテンシャルを面接では判断しにくいですが、問題解決能力は1発で見分けがつきます。

しっかりとしたヴィジョンをお持ちで、コンサルタントへの転職を希望されているのであれば、早い段階から準備を進めましょう。また、面接では質問の回答にプレゼン能力が試されています。これは、経営者の納得いく戦略を提示できる必要があるからです。言うまでもなく、これらができなければ上手くいくはずがありません。

コンサルに転職して後悔したこと

コンサルティングに転職したけど、後悔した例の多い事案を取り上げます。

コンサルティングファームの労働環境が合わない

コンサルティングファームの労働環境は、一般的な事業環境とは大きく違うという認識が無い場合に多いです。クライアントが持つ経営課題に対して、短期間で一緒に対応方針を発見し、解決していくためには、効率的な働き方に加えて、時間の投資も積極的にやる必要があります。

また、短いタイムスパンの中でクオリティの高いアウトプットを出し続けることに対しては、精神的なプレッシャーを感じることも多いです。多くのコンサルタントが、そのような環境の中でも充実して働いているのは、結果としてお客様に大きなインパクトを与えることができたという満足感です。

逆に言うと、コンサルタントとして大変な環境の中でいながら十分なパフォーマンスを出せていない場合には、辞めたくなるのは当然です。

手元に残るお金が少ない

コンサルタントと言えば、高年収を代表するような職業です。しかし、フタを開けてみれば外資系であればまだ別ですが、年収500〜600万円程です。これでも多いと感じる方のためにもう一押しすると、各分野の経営者と一緒に仕事をしますので、ゴルフやら何やらで1回30万円くらい飛んでいきます。それでも給与がいいとおもいますか。

建設コンサルタントへの転職方法

建設コンサルタントへ転職を希望されているのであれば、まず紹介がほとんどです。転職方法をご紹介します。

紹介による方法

建設コンサルタントは、元々人材の流動性が高いです。大抵の人は、他のコンサルにも知り合いがおり、こうした知人に誘われて入社するケースが多いです。転職方法としては、最も多く確実な方法と言えます。

人材紹介会社による方法

民間の人材紹介会社による転職です。メリットとしては「自分で探す手間が省ける」「面接や転職のアドバイスがもらえる」「自分で探すよりも多くの転職機会が得られる」「転職者は無料である」といった事があります。

人材紹介会社は、紹介することで就職する企業から紹介料を取るシステムになっています。よくない人材紹介会社にあたると、条件・希望の合わない会社にかなり強引に入社させようとしてくる場合もあるので注意してください。

直接アプローチによる方法

やりたい事や就職したい会社が決まっている方には、一番お勧めの方法です。企業ホームページの採用情報ページなどから、企業側へ直接アプローチする方法です。

コンサルに転職する年齢

まずは、適正年齢をしらなくてはいけません。ほとんどの方は、第二新卒~社会人経験10年程度の枠の中におさまりますが、総合系コンサルティングファームですと、前職での経験を生かして30代半ばではじめてコンサルタントに転身するという可能性もあります。

ともあれ、40~50代の方がまったくの未経験でコンサルタントになるというのは、あったとしても極めて稀なケースと言っていいでしょう。35歳までを目安にすると良いでしょう。

コンサル業界に未経験で転職する方法

コンサルタントは、知識ではなく知恵を売る商売なので、どれだけ勉強ができたかという点で彼らが評価されたわけではありません。

その学歴に透けて見える「足りないものを見極め、限られた時間で効率的に補うスキル」「努力を継続する精神力」「困難に立ち向かい克服した経験」といった資質が、コンサルタントのもっとも基礎的な土台と合致しているからこそ、適性があると判断されます。

逆に言えば、上記のような資質をお持ちであれば、典型的な学歴でなくてもコンサルタントになれる可能性はあります。自らの意思で大学に進学せず専門学校に進まれた方が、就業から数年を経て、再生系コンサルティングファームにご入社されたという事例もあります。

社歴も同様です。学歴ほど特定の対象に集中することはありませんが、大まかにとらえるなら知名度の高い一定程度以上の規模の企業に勤めていた方が転職に成功しやすいです。

30歳でコンサルに転職する方法

初回公開日:2017年11月13日

記載されている内容は2017年11月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests