Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月13日

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

未経験での研究職への転職の実態はどのようになっているでしょう。多くの方が一度は、研究職への転職を考えたことがあると思います。特にメーカーや、バイオ関係の研究職の転職についてご紹介します。研究職への転職を考えている方は参考にしてみて下さい。

研究職の転職は難しいのか

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

研究職の転職がどれほど難しいかは、どのような研究をどのような人が志望しているかで変わってきます。研究職と言ってもさまざまな仕事内容があり、ただ同じような実験を繰り返す研究職もあります。

このような研究職への転職は、人によっては意外と簡単にできるケースもあります。大切なことは、研究職といってもその研究で必要とされる知識などのマッチ度によって変わることを理解することです。また、大学でどのような勉強をしてきたかもとても重要です。

研究職であれば、ある特定の分野に特化した内容について何年も研究し続けるのが普通なので、そのような仕事に転職しても問題ないと思える人が採用されるでしょう。

メーカーの研究職

メーカーの研究職の仕事への転職はかなり難しいでしょう。新卒で就職活動をしていてもメーカーの研究職は人気が相当あり採用されるのは、とても少ない人数です。もともとメーカーは研究職をそれほど採用しません。

また、頻繁に研究職の求人を出す必要もないために内定をもらうのは非常に難しくなっています。メーカーという組織で考えた場合、研究職という仕事を考えるととても重要なことが分かってきます。一つとしては、企業の経営を長期的に安定させる技術力は研究職の部署から生まれてきます。

他の設計などは、研究の結果をみて設計するのが仕事です。研究職はこのような重要なセクションであり、もともと人気のある仕事なので、メーカーにおける研究職への転職は狭き門と言えます。

バイオの研究職

バイオ関係の研究職の仕事は求人がかなりありますが、それでも正規雇用での採用となると限りがあります。バイオへの研究職の転職は非常に人気があり、かなり多くの人が応募します。また、求人内容は、同じような実験を繰り返し結果を出すような地味な研究が多いでしょう。

そのため、バイオに興味があるが、仕事内容によって応募しない人もいます。また、正規雇用ではない実験のみを担当するバイオの研究職もありますが、こちらも雇用環境に耐えられるか分からないために応募しない人もいます。

未経験で研究職に転職可能か

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

未経験でも研究職への転職は可能です。問題になることは、自分が想像している研究職につけるかどうかです。研究職は常に募集しているものもあります。こういった内容の研究職は、内定をもらうのは良いですが、その後が続くかどうかわかりません。

自分にあった研究職を見つけようとすると、他の人も同じような事を考えているので非常に難しくなります。自分の希望する研究職につくためには、大学などで勉強してきた内容と社会人になって経験した内容などを考慮する必要があります。その経験がトータルとして、研究職で活かせるかが重要になってきます。

未経験での研究職の注意点

未経験で研究職を志望する時は、今の段階ですぐに研究職を志望する考え方を変えることも大切です。求人内容も見てどう考えても、自分の経験では足りないと思うなら、何年か研究職につくために勉強や他の会社で経験をつむのも重要です。

それだけやりがいのある仕事が研究職であるとも言えます。例えば、研究に必要な資格などを持っていると採用してくれる企業などもあります。その資格を取れば、研究職以外でも利用することができれば、資格取得する意味が増します。

このように長期のプランを立てて研究職につくためのことをしていれば、結果がついてくるでしょう。

研究職からの転職先

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

研究職からの転職は、分野などをあまりこだわらないなら可能でしょう。また、同じような研究内容の仕事につくことも可能です。研究職から普通の設計の仕事についたりする場合は、より生産性を重要視する設計の仕事場で抵抗を感じますが、何カ月かすると慣れるでしょう。

また、研究職では一つのことを探求するのが仕事ですが、他の仕事ではそのような事はあまりありません。この違いについてしっかりと理解していることがとても大事です。研究職から他の職種への転職の最大のポイントは、このようなギャップに対してしっかりと対応することです。

研究職での経験とは

研究職での経験として、他の職種で活かせる内容はパソコンに詳しいことや、特定の分野における知識や経験となります。研究職の場合は、体を使った仕事がメインではないので、その他の経験をいかにして活かせるかが重要です。

また、研究職ではパソコンを利用して研究結果をまとめたり解析をしたりしますが、この工程で身に付けたパソコンに関する知識は次の仕事でも活かされます。どこの職場でもパソコンの使い方について一から全部教えてくれるところはありません。

第二新卒で研究職に転職できるのか

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

第二新卒でも研究職への転職は可能です。それでも大切になってきるのは、やはり大学での研究内容などになってきます。あなたの基本的な知識などのバックボーンとして企業側は大学での勉強してきた内容を知りたがります。

その内容と、求人に記載されている条件とが一致した時に書類審査にも通り内定をもらう事が可能になります。そのため、第二新卒の場合は、求人内容を良く読んで自分と合致しているかを確認することが大切です。

条件に合わない研究職はいつまでたっても内定が出ないでしょう。逆に、第二新卒でも求人内容と自分とが一致している場合は、スムーズに選考も進み、内定となるケースがあります。

研究職と他の職種との違い

研究職は他の職種と違い一つのことに長期間集中して研究する仕事です。そのため、飽きっぽい方などにはあまり向かない仕事でもあります。また、常に最先端の知識や技術を身に付けようとする向上心も必要なので、仕事以外の時間でも勉強することが必要となってきます。

さらに、研究職の場合は自分の研究結果を色々な場面で発表する機会もあります。いわゆるプレゼンの能力が大切で、人前で発表するのが得意でないと続けるのが大変でしょう。

また、研究職はまだ答えの出ていないことを研究するので、そのような仕事に抵抗のない人である必要もあります。

おすすめの研究職の転職サイト

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

おすすめの研究職転職サイトとしては、リクナビNEXTがあります。こちらは簡単に登録できてすぐに利用できる大変便利なサイトで、無料で使用できます。研究職の求人もあり、他の求人と比較して検討することもできます。

また、このサイトを経由して応募している企業とメールのやり取りをすることも可能なので、応募から採用までストレスなく利用できます。リクナビNEXTの求人は信用できる求人が多く一つ一つ吟味して応募しましょう。

薬剤師から研究職に転職することは可能か

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

薬剤師から研究職に転職することは可能でしょう。ただし、薬剤師としての知識にさらに研究職として必要な知識をもっているかがポイントとなります。薬に関する研究はかなり多くの会社で行われており社会的にみても必須の研究となります。

そのため求人を見てみてもそれなりの求人数が常にあります。もしも、製薬会社での研究職に興味がある人は、その求人内容などをみて、応募するための準備などを出来る範囲でしておくと良いでしょう。

また、製薬会社でも薬剤師の資格があれば研究職の補助的な仕事を任される業務もあるので、視野を広げて検討してみるのも良いでしょう。

未経験で研究職へ転職するポイント

研究職の転職は難しいのか・未経験で転職可能か|メーカー

未経験で研究職に転職するポイントは、自分の専門分野とキャリアをしっかりと分析するところからはじまります。また、求人内容をみて取っておくと優遇される資格などを事前にチェックして、資格所得をしてから研究職への転職をする方法もあります。

資格取得しておけば、自分のしたい研究職の仕事内容に転職することができるでしょう。また、研究職に付くためには、未経験であっても今までの経験をいかにして活かして研究できるかを上手に表現できる必要もあります。

また、多少妥協するつもりで求人を探し、一番ではないにしてもやりたいと思える求人に思い切って応募してみるスタンスも、未経験である場合はポイントです。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests