Search

検索したいワードを入力してください

公務員が転職で後悔する事・失敗する原因・公務員に転職する方法

更新日:2020年08月20日

転職は民間でも公務員でも簡単なことではありません、感情的な気持は転職に失敗する原因になることがありますので、後悔をしないように冷静に熟慮することが必要です。公務員になりたい志望動機をしっかり検討し、しっかり自分の言葉でアピールできるようにすることが必要です。

公務員から転職する時の給料

公務員から民間企業へ転職する時の給料は、民間が特に力を入れて採用したい公務員の専門職や技術職経験者の給料は公務員より高い給料のこともあり、時にはヘッドハンティングで給料が高くなることもあります。

しかし一般的に公務員から民間へ転職した時の給料は下がります。また公務員から公務員へ転職する時には前職と同様な仕事の場合変わらないこともあります。

公務員に転職する方法

公務員へ転職する方法は公務員の採用試験に合格することです。また公務員でも国家公務員には総合職と一般職、専門職があるほか、陸海空の自衛官や裁判所職員なども含まれます。また都道府県の自治体や市町村職員、警察官や消防士、一部教職員などの地方公務員などに転職する方法があります。

それぞれの公務員試験には、一般知能をはかる教養試験と行政や法律、経済、語学など専門性の高い専門試験があり、その他目指す職種および試験によっては論文や適性試験、体力検査など、受験科目が異なり合格することで合格者名簿に登録され、採用人数によって採用されていきます。

公務員に転職するのは難しいのか

公務員に転職するためには、公務員試験に合格しなければなりませんが、民間企業への転職と違い法律関係の学習をしっかりしなければ合格は難しいです。

大学などで法律関係の勉強をしていない人は、働きながらであれば公務員受験のための通信講座や夜間や土・日曜など開講している法律専門学校などで受験対策のための法律関係を勉強することができます。

公務員への転職の難易度は本人の自覚と受験対策、年間スケジュール管理と実行、諦めない強い意志と継続力によって決まります。

目指す公務員の仕事を明確化

公務員の種類として国家公務員や地方公務員などある中から、自分が目指す仕事を明確化することが大事です。文系であれば主に行政職、理系であれば技術職、体育系であれば警察や消防、自衛隊などがあります。

それぞれの中から民間とは違う職業としてのやりがいや働き方を徹底的に情報収集し分析し、試験日が違えば行政職でも都道府県や市町村など複数受験することも可能ですし、体力的に自信があれば自衛隊や警察、消防などを受験できます。

そのためには目指す公務員の仕事を明確化することで、採用情報を多く収集し受験資格や試験日程など確認し、共通する働き方で試験日の違いなど確認し、出願期間内にまでに複数出願し合格のチャンスを広げることができます。

また出願については国家公務員や都道府県職・警察官など、ネットで出願できるようになりましたので利用することができます。

公務員への転職の志望動機

公務員への転職には公務員試験を受験し合格しなければなりませんが、受験する公務員試験の種類にもよりますが、採用試験申込書の中に志望動機や職員になって一番取り組みたい仕事とその理由を記入する欄がある場合や、東京都のように事前にこれまで学んできたこと、経験したことや都政に対する意欲など面接シートに記入させ提出させる試験もあります。

これらの志望動機や面接シート、あるいはエントリーシートなどは一次試験の結果には影響しませんが、事前に提出した志望動機などの内容は後で修正できませんし、二次試験以降の面接や口述試験などに影響しますので、採用試験申込書を作成する時点からすでに公務員試験がスタートするという重要な意味を持っていることを理解し作成することが大事です。

志望動機の必要性

公務員採用試験での一次試験は試験の点数だけで判断され点数順にリストに載りますが最終の採用者は点数順ではありません。

二次試験以降では一次試験をパスした人物中心の選考試験が中心になり、その時に事前に提出されている志望動機などが大きく影響してきます。

一次試験が有数であっても志望動機などが意欲を感じられない内容、また事前に提出している志望動機の内容と面接での志望動機と内容が変わっているようでは明確にその違いを面接官に納得させることができない限りパスすることが困難です。

一般的に事前に提出している志望動機の内容を自分の言葉で一貫性ある内容で熱く強い意欲を面接官に示せるようにしなければなりません。

志望動機の内容点検と充実

志望動機の内容は提出書類と、面接で話をする内容に整合性を持たせることが大事ですので面接試験の前には、提出した内容を点検し面接ではさらに内容を充実させて面接官に印象に残るようにする必要があります。

一次試験を合格ラインギリギリで通っても、面接の志望動機で良い印象を面接官に与えることができると最終合格につながることもあります。

他の試験は正解に基づいて客観的に採点できますが、志望動機については面接官に与える印象で評価されますので、提出した内容を点検し面接官に良い印象を与えられるように工夫することが大事です。

特に転職における志望動機については前職の不満を述べるのではなく、前職の経験を即戦力として活かせる、また行政でさらにこの部分を充実させ貢献したいなど、具体的に例や理由を明確に、そして熱意が感じられるよう内容に工夫を重ねることも、志望動機を充実させる方法の一つです。

高卒が公務員に転職できるのか

高卒向けの試験としては国家公務員の高卒程度一般職試験や都道府県や市町村など地方公務員など年齢など受験資格を有していれば該当する公務員試験を受験し合格することで公務員へ転職することができます。

しかし公務員への転職は他の民間企業への転職と違い公務員採用試験という独特な試験があり、試験対策も真剣に考え必要に応じて通信教育や公務員専門学校の夜間や土日開催の公務員講座など受講し継続して真剣に取り組む必要があります。

高卒で受験できる公務員

高卒で受験できる公務員試験には国家公務員と地方公務員の試験があり、高卒で受験できる国家公務員には行政府の国家一般職・皇宮護衛官・刑務官・入国警備官・税務職員、司法府では裁判所職員一般職、立法府では衆議院や衆議院事務局職員一般職・衛視があります。

その他専門職試験として皇宮護衛官・刑務官・入国警備官・税務職員・航空保安大学校学生・気象大学校学生・海上保安大学校学・海上保安学校学生などがあります。

地方公務員では都道府県や市町村によって違いますが一般的に地方行政各部署や学校事務・警察の事務を行う一般行政職、土木・建築・電気・機械・農業などの技術職、警察や消防の公安職の3つがあり受験資格があれば受験できます。

市町村公務員試験の主な内容

地方公務員の市町村公務員試験を例にして公務員試験の主な内容を示しますと一般的に「教養試験」・「論作文試験」・「面接試験」・「適性検査」・「事務能力検査」があります。

「教養試験」は文章の理解力や基本的な計算力、人文・社会・自然科学の基礎知識などを一般的には40問を五肢択一式で行われ「論作文試験」は与えられたテーマに対し自分の意見を制限時間60分~90分、字数は800字~1,200字程度で行われます。

「面接試験」は個別面接や集団面接などがあり、面接回数も複数回行われることもあります。「適性検査」は性格検査と呼ばれることもあり、クレペリン検査やY-G式検査が利用されます。また「事務能力診断検査」は知能テストに似た繰り返し作業を行う簡単な検査になります。

公務員の退職や転職は志望動機が大切

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests