Search

検索したいワードを入力してください

農業への転職で失敗した例と転職理由・未経験の場合と年齢

更新日:2020年08月20日

転職をして農業を始めたいと思いませんか?自然豊かな環境で働ける仕事で注目されている農業ですが、転職で成功するケースばかりではないようです。農業に転職した失敗例、年代別転職のデメリットやメリットなど、農業転職の知識を学びましょう。

農業への転職で失敗した例

転職をして農家になりたいと考える人が増えています。全国的に見て、農家の人口が減ってきており後継ぎがいないのも現実、選択肢として農業を考えるのはとても素晴らしい事です。しかし、転職する年代によって体力的な問題が出てきて続かないケースや、予想以上にお金がかかり、借金を背負って辞めるケースもあります。

都会とは違った人間関係もありますし、気候に左右される職業ですから、思ったような結果がでません。農業で成功するのはおよそ3割程度で、ほとんどが失敗に終わり、元の生活に戻っています。憧れだけで農業へ転職をするのではなく、失敗しした時の事を考えて農業へ転職しましょう。

農業法人への転職理由

農業法人への転職は、面接に重視を置いているケースが多いです。面接時には必ずと言っていいほど、転職理由を聞かれます。志望者の農業に対する熱意や情熱を基準に転職理由を考えると良いでしょう。

農業に対する思いや農業で生計を立てていきたい事を中心に、農業に対する憧れや志望するきっかけになった事例なども転職理由になります。趣味で家庭菜園をしたり、ガーデニングをして土いじりをしていて思う事や、心がリラックスする点など自然豊かな環境の中で過ごせるメリットがあるでしょう。

農業法人として仕事をするには、サラリーマンとして積んだ経験もいかせます。実際に農業を営んでいる人のホームページや体験イベントに参加して、サラリーマン時代の経験がどのような場面でいかせるのか考えてみましょう。経験したことによる内容を志望動機に入れてみると、文章が組み立てやすくなります。

未経験でも農業への転職は可能か

未経験でも農業への転職はできます。まずは、求人広告で「未経験者」を募集している会社に問い合わせをしてみまよう。未経験者といっても、畑を耕したことも無い未経験者もいますし、ある程度期間限定で体験をしたが、実際に畑をもって作業したことが無い人も未経験になるでしょう。

土地も機械も無い状態で農業はスタートできませんから、まずは未経験として雇ってくれる所を探して、ノウハウを学び資金を貯めることです。現実問題としてノウハウを学んでも、専業農家で生計を立てることはとても難しいです。全くの素人がいきなり土地を買って農業を始めるのは失敗するケースが多いでしょう。

農業への転職にサイト

第一次産業ネット

第一次産業ネットは、農業関係の派遣や人材、移住就農の情報提供サービスです。職種は生産から専門職関連まで幅広く、全国から海外までカバーしています。一般的な求人サイトでは見つからない業種の正社員からアルバイトまで扱っているので、未経験からでもチャレンジできる案件が多くあります。

利用するには無料の会員登録が必要です。登録をすると、求人情報へ直接コンタクトを取ることができ、質問や詳しい内容を企業に直接問い合わせる事ができます。直接やりとりができるので、スピーディに話がすすむメリットがあるサイトです。

あぐりナビ

農業専門分野を扱う求人サイトで、求人数や対応エリアが有数クラスに多いです。ここは、はじめての農業転職者が使用しやすい、専任の就農アドバイザーがいます。不安な悩みや希望に沿った求人広告を探してくれ、転職をサポートしてくれます。

あぐりナビに掲載されている約7割が、実際に担当者が現場に訪問して雇用条件をヒアリングしてています。ですから、現場の雰囲気や細かな内容が詳しくわかります。全国に対応しており、特に北海道、関東、九州、沖縄の転職求人が多いです。

年齢別農業への転職するメリット・デメリット

20代

20代で農業へ転職するメリットは、時間と体力があることです。農業を始めるには体験や経験が必要で、一通り学び独立するまで数年かかります。20代のうちにスタートすれば、最初は苦労しますが、スタートが早いので若いうちから収入を得られるようになるでしょう。

一方デメリットは、新規で農業を始める場合は、土地の確保から設備など多くの資金が必要になります。農業後継者ですと用意されたものがありますから、負担は少なくてすみますが、転職で始める方はデメリットと言えるでしょう。

30代

30代で農業へ転職するメリットは、ある程度の経験と柔軟性を持ち合わせている点でしょう。チャレンジ精神が旺盛な30代、独身なら自分のやる気次第で体力も精神力もある年代です。考え方が柔軟ですから、新しい環境に移っても馴染みやすく順応しやすいでしょう。自分の得意分野もわかる年代ですから、長く続けられる農業の道を見つけやすいです。

デメリットは、既婚者ので子育て真っ最中の人はとても難しい点です。金銭的な面でもデメリットですが、家族が新しい環境で馴染めるかが問題になるでしょう。特に転校を伴う場合ですと、子供への負担も考えなければなりません。独身の時と違い、家族への配慮が必要になるでしょう。

そして、女性一人で農業転職を考える人は、結婚や出産によって大きく将来が変化します。せっかく始め多くの初期投資もしたのに、結婚によって続けられなくなるケースもあります。長い目で見て、将来的に続けられるかを考えてからスタートさせると良いでしょう。

40代

40代で農業へ転職するメリットは、今までの経験をいかして新しいスタイルの農業ができる点でしょう。若いころから農業を行っている人たちの考え方とは違った独自のスタイルで生産から販売までできることです。生産できる数は決まっているので、栽培を工夫したり、販売流通の工夫が必要になります。培ってきた経験を基に、他の生産者とは違った形でアプローチできるので、過去にはなかった結果を経験する事ができます。

デメリットは、若いころと違って経験を積める年数が少なくなります。ほとんどの農作物は1年間に1度しか栽培をしません。毎年同じ条件で栽培できませんから、若い人に比べて経験値が低くなります。また、子供が成人していない場合はとても多くの負担になります。転職で新規農業を始めるには多くの資金がかかりますから、資金面でもデメリットと言えるでしょう。

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests