Search

検索したいワードを入力してください

農業への転職で失敗した例と転職理由・未経験の場合と年齢

初回公開日:2017年11月03日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職をして農業を始めたいと思いませんか?自然豊かな環境で働ける仕事で注目されている農業ですが、転職で成功するケースばかりではないようです。農業に転職した失敗例、年代別転職のデメリットやメリットなど、農業転職の知識を学びましょう。

50代

50代で農業に転職をすると、過去の社会経験がいかせる点がメリットでしょう。生産した作物をいかに高く売るのかは、営業テクニックが必要ですし、他の産業で培ってきた知識をいかして経営的に成功しやすくなるでしょう。また、50代になると子供も独立をして巣立っているケースが多く、金銭的に余裕が出る点も転職しやすくなります。

デメリットは、体力の衰えにが一番大きいでしょう。20代の頃と違って疲れやすく、体力の低下が目立つようになります。若い時から農業をしている人に比べ、体が鳴れていないのでとても疲れます。転職で農業を始めると、体がついていかず最終的にはあきらめるケースもあるでしょう。

夫婦で農業への転職はありか

夫婦で農業へ転職できる求人はあります。未経験者でも家族移住を受け入れてくれる農家はありますし、待遇ののいい所ですと、一軒家タイプの寮を用意してくれる農家さんもあります。また、個人農家の転職先が見つからない時は、地域おこし協力隊を通じて転職する事もできます。

高齢化で過疎が進む地域で、地域の方たちと触れ合いながら農業ができるスタイルです。移住就職セミナーなどに足を運んでみると、詳しい話が聞け、夫婦で納得してスタートする事ができるでしょう。

失敗も見込んで農業へ転職しよう

何事も初めてチャレンジする時は失敗がつきものです。農業は長年経験を積んだベテランでも失敗します。未経験で飛び込むなら、準備をしっかりして失敗した時に最小限で済むようにして転職をしましょう。環境の良い地域で人とのコミュニケーションを楽しみ、作物を育てる慶びが待っています。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests