Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】中卒でもできる仕事・探し方・稼げる・正社員・儲かる

更新日:2020年08月20日

中卒の人が大卒の人より不利な仕事に就いて収入が少ないことは昔からありませんでした。特に高度経済成長やバブル経済の時は学歴は関係なかったです。中卒の人が有利に仕事を進めるためには資格と免許が必要です。失業中は資格や免許への取得をするようにしましょう。

男女別にみた中卒でもできる稼げる仕事の探し方

70年代80年代は受験戦争という言葉が流行して実際に受験ノイローゼになった人が、金属バットで家庭内暴力をする事件がニュースや新聞で報道されてました。中卒でも人によりさまざまです。勉強ができず中卒で働く道を選んだのか、学費がなくて中卒で働く道を選んだのか理由はさまざまです。

男性と女性でも中卒であることはかなり違ってきます。男性は女性を養っていかなくてはいけないという観念がありましたが、現在は女性も男性並みに仕事をしていきます。現在は学歴社会と言われなくなり、仕事も色々な仕事を選べるので仕事に支払われる単価は安くなりましたが、さまざまな雇用形態で男女問わず働く時代になりました。

財産があるのか、健康なのか、体が丈夫なのか、好きな事を仕事にしているのか、元々その人が持ち合わせている運などにもより、中卒でも大卒より稼ぐ場合があります。

儲かる仕事

90年代はホワイトカラーや学歴社会という言葉が横行していて、脚本家の野島伸司さんが学歴社会のことをドラマにちりばめていて、学歴がないと惨めな生活を送らざるを得ないような風潮がありましたが、実際には大卒より中卒の人の方が人間らしい、文化的な生活をしている人もたくさんいました。

3Kと言われる仕事が中卒の人が稼げる仕事です。またはガテン系の仕事とも言えます。長距離トラックの運転手やタクシーの運転手、市営バスの運転手などは昔は中卒しか採用しませんでした。これらの仕事は運転免許も必要ですが弾掛けや牽引、無線、溶接などの免許や資格を取得している人も多く、外仕事でのプロフェッショナルとして働いている人がほとんどです。運転手の仕事は男性、女性問わずできる仕事です。

また、漫画家や小説家などや、中卒でも工場に正社員として働く場合があります。中卒で工場などで働く場合は若い時しか正社員として採用されません。男女同様です。

学歴社会でなくなった現代で中卒で稼ぐ場合

21世紀なった今ではITなどによるスマホやパソコンなどで仕事をする人も増えています。SNSやブログの広告料などで稼ぐ人も増えていますし、80年代90年代のように学歴社会ではなくなっているので、もしコンビニなどで採用面接を受けても採用される確率が多くなっています。少子高齢化なので働く世代の人口が減って来ているので、昔より採用されやすくなっています。

中卒で働く場合は、なるべく中学生のうちに一般企業で内定をいただき、早くから働く事で安定した収入がもらえるようになります。しかし、中卒で入社した会社でも、免許や資格を取得しないと仕事の数が減ってしまいます。

男女とも中卒で入社した人は、大卒の人より長く企業で働くと一般的には言われています。例え大学を卒業しても中卒より稼げない人もいます。大学になると競争率が高くなり、非正規雇用として働く可能性が高くなるからです。

仕事で稼げるのは学歴ではなく運や健康財産があるのかにもよる

男女問わず、生まれもって持ち合わせた運や持ち家はあるのか健康なのか、得意な事を活かして仕事をしてゆけるのかにもよるので、学歴が関係なくなってきています。大卒でも中卒より貧しい生活をしている人は星の数ほどいます。

努力や頭の賢さでは運の強さには勝てないことがあります。中卒の強みは両親からのびのびと育てられた事です。勉強しかないと教えられた大卒の人より、中卒の人の方が物事の考え方が柔軟で若いうちから仕事をすることで、早いうちから社会に順応しているので、結果的には中卒の人の方が有意義な生活を送っている場合が多いです。

中卒や大卒、男女問わず、親の財産があるのかにもよります。親が会社の社長の場合、あとを継ぐこともできるので、中卒や大卒というのは関係なくなります。中卒だから就職が不利になると言う考えは通用しなくなっています。

中卒で正社員になって仕事をする場合の職種

中卒の正社員として仕事をする場合は、中学生の時に中小企業でもいいから就職をしておくべきです。高校の知識が欲しければ働きながら学ぶ事もできます。夜間高校や通信制の高校などで学びながら働けます。

一般的に中卒で正社員として働く場合は中学生の時に工場などでの正社員としてはたらくことができます。中学を卒業したばかりだと資格や免許がないので資格や免許を取得しながら、他の仕事を探す事もできます。塗装工や整備工が中卒の人の正社員としての仕事としてはありがちなケースですが、デスクワークでも中卒の人を採用している会社も昔からあります。

男女問わず工場などの正社員になれることができます。美容師や理容師なども男女問わずできる仕事です。女性でも左官やショップの正社員などにもなれます。一昔前のドラマにあったように、中卒だから将来に展望が見いだせないという社会ではありません。

デスクワークの場合

中卒でデスクワークの仕事するには、まずアルバイトからスタートする場合があります。アルバイトからステップアップしていくパターンです。中小企業の事務の仕事ならば中卒でも雇っていただける会社が多いです。まず事務をさせてから本人のやる気や意欲、今の仕事に合っている人材なのかを見極め、正社員にステップアップできる場合もあります。

中卒だから収入が少ないというのはもはや都市伝説になっています。昔から中卒で大卒より稼いでいる人はたくさんいます。中卒でタレントや歌手、俳優、女優になる人もいて、デスクワークやイベント事業部のアルバイトから大きな転職が待っている場合もあります。

デスクワークで働く場合は、軽作業を兼ねた仕事をしていくことで、正社員に向けたキャリアを積む事ができます。どんな仕事もいい加減に仕事をしないことが、中卒の人の強みだとも言えます。

資格や免許を取り仕事をする場合

理容師、美容師、大型普通免許、弾掛け、溶接、牽引という資格や免許を必要とする仕事はもちろん、一人の職人に弟子としてついて陶芸や寿司職人、フランス料理の職人などにもなることができます。

ガラス職人も同じです。一般的に資格や免許が必要な職種は美容師、理容師、トラックなどの運転免許、クレーンの免許さまざまな免許を取得していくことでつぶしの利く人材となっていき、大卒の人より稼げるようになります。

免許や資格を取得するには仕事をしながら取得をするので、費用と時間がかかります。失業中に資格や免許をとるためにも万が一の備えというのは必要です。外仕事や美容師、理容師の仕事はつぶしの利く仕事です。前の職場での経験が活かせる仕事なので、大卒の人のように企業をやめてすぐに次の仕事を見つけるのが難しいこととは違い、その点は中卒の人の方が有利です。

資格がなくても中卒でできる仕事など

漫画家、小説家、クラブやホストなどの店員、飲食業、美容師、理容師、バスやタクシーの運転手、タレント、アイドル、俳優、女優、左官、寿司職人やガラス職人、陶芸家などさまざまです。

現在は学歴が重要視されていません。才能や運が必要になります。大卒で大きな出世をして中卒より稼ぐ人もいますが、中卒の仕事の場合自由度があり、中卒の人には自立心が若い頃から芽生えているので、仕事に対する取り組み方や責任感なども大卒の人よりは強く、大卒の人には勝てないこともたくさんあります。

中卒の人ができる仕事は、一般的には体を使う仕事が多く、健康で体が丈夫でないとできない仕事が多いです。中卒の人は単細胞のように思われがちですが、そうではなく読書が趣味だったり、画を描いたり文章を書くのが好きな人も多い事も確かです。また、文章や画を描く事からできる仕事もあり、学歴だけでは人の可能性というのは計れません。

資格がある方が有利なのは明白

中卒を採用する人は資格や免許がどれだけあるのかを見て採用します。履歴書に書く免許や資格がない場合は、なるべく履歴書にかける資格や免許を増やしておきましょう。

また、職歴もある場合は記入して、どのような経験を積んだのかを面接官にアピールできるようにしましょう。中学を卒業して正社員の道を進んだ方が、資格や免許を取る際も時間や費用が確保しやすいです。歳をとればとる程、資格や免許の取得が難しくなります。

中卒の場合、学歴が中学までなので資格や免許が必要です。また成人してからの再就職の場合はアピールできる職歴を書けるようにしておきましょう。職歴がない場合は得意な事やこれだけは人に負けない事をアピールして書きましょう。

中卒の人の就職は資格と免許が必要です。失業中などは資格や免許の取得に時間をさけるようにしましょう。

資格なしで中卒で稼ぐ場合

初回公開日:2017年12月13日

記載されている内容は2017年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests