Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月24日

30歳で職歴なしの場合正社員になれるか|公務員/資格なし

30歳職歴なしの場合、正社員として就職することはできるのでしょうか。今回は30歳職歴なしの人の就職についてさまざまな角度から考察していきます。30歳職歴なしの人も、もうすぐで30歳職歴なしになる人も必見の内容が盛りだくさんです。

30歳で職歴なしの場合正社員になれるのか

30歳まで全く職歴なし。そんな状況で正社員になることはできるのでしょうか。ここでは30歳職歴なしの人、資格なしの人の正社員登用について解説していきます。

30歳職歴なしの人の就職

30歳職歴なしと言ってもパターンはさまざま。30歳職歴なしでも就職はできます。正社員はかなりハードルが高いですが、派遣社員なら正社員よりもハードルは低めです。ここではどんな風に就職を掴んで行ったら良いのかそのヒントを探ります。

学校を卒業してからずっとフリーターだった

履歴書にアルバイト経験は職歴として書くことができますが、一般的な企業はアルバイトを職歴としてみなさないところが多いです。つまり学校を卒業してから30歳になるまでずっとフリーターをしていた場合、企業からしたらそれは「職歴なし」とみなされてしまいます。

しかし、いくら企業に認められなくても、フリーターとしてやってきた頑張りはアピールしなければ勿体無いです。そのような場合は企業に自分のアルバイトの業務内容がいかに社員と同じだったのかをアピールしましょう。

例えばバイトリーダーで社員がその場にいないときは現場の責任者の役割を果たしていた、アルバイト全体のリーダーとして現場を任されていた、など自分の頑張りをアピールしましょう。

30歳までフリーターをしていた人はアルバイトという立場でなく自分が今まで何をやってきたのかをアピールするのがおすすめです。

フリーターとニートを繰り返していた

例えば22歳で大学を卒業したとして30歳になるまではおよそ8年間の期間があります。その期間ずっとアルバイトをしていたという人もいればそうでない人もいるでしょう。アルバイトをしていた時期もあれば、そうでない時期もある。そんな人もいます。

そうである場合はアルバイトをしていなかった30歳までの職歴なしの期間に何をしていたのか、それが今の自分のためになっているのかを企業にアピールしましょう。

例えば「資格の勉強をしていた」「ボランティア活動に専念していた」など前向きな理由がおすすめです。体調を崩していた、などのやむを得ない事情があった場合は正直に「体調が優れず休養をとっていた」と告げるのも良いです。ただその場合は「その時期があったから今はきちんと体調が万全になった。自分にとっては必要な時間だった」と前向きに締めくくるのが大切です。

就職をしたこともアルバイトもしたことがなかった

就職もアルバイトも未経験の場合はこれから自分がどんな風に頑張っていきたいのかその熱意を述べましょう。もちろん30歳職歴なしで熱意だけで職を得るのはそう簡単なことではありません。

しかしこれからの熱意を伝えることで少なくともあなたの人柄は企業側に伝えることができるでしょう、また、もし大学や専門学校で学んだ知識があるのならそれをアピールすることも大切です。

「30歳職歴なしですが〜ができます」「30歳職歴なしですが〜なら負けません」といったプラスポイントをいかに強調できるかが鍵となってきます。自信を持って諦めずに少しでも積極的に自分をアピールしてみましょう。

30歳職歴なし資格もない人

30歳で職歴がない人の中には資格も全くないという人もいるでしょう。30歳で職歴もなく資格というスキルもないという条件は、確かに就職するには不利です。しかしそのような人でも就職できる場合があります。ここではそのヒントについてご紹介しましょう。

語学関係

職歴なしの人におすすめなのは語学スクールです。現在世の中には語学スクールが溢れています。特に英語は子供から大人まで星の数ほどのスクールが存在しています。

学生時代に英語をやっていた人は語学スクールに就職できる可能性があるでしょう。英語系の資格はあるに越したことはありませんが、資格よりも実践力が求められます。

語学スクールは正社員だけでなく講師時給契約、週3の契約社員など多様な契約形態を持ち合わせているところも多く、就職できる可能性も高まります。

もし英語に自信がある人は挑戦してみる価値はあります。外国人講師も全く英語しかできない人ばかりではありません。想像するよりも高い英語力は求められないスクールも存在します。

ただお客さんや外国人講師との間では高いコミュニケーション能力が求められますので、時には両者の間に挟まれストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

テレフォンアポインター

30歳職歴なしでも取り組みやすいのはテレフォンアポインターの仕事です。テレフォンアポインターは企業の商品を電話でお客さんに説明したり、それに関連する予約などを受ける仕事です。求められる仕事は特になく職歴なしでも応募しやすいでしょう。

テレフォンアポインターは企業の電話窓口ですのでビジネスマナーや営業力が身につけられるという利点もあります。ノルマが存在せず高待遇なところもありますので自分にあったものを見つけられれば働きやすい仕事です。

「30歳職歴なし」という肩書きに負い目を感じる人もいるでしょうが、電話越しのお客さんはあなたが職歴ありか職歴なしかは決して分かりません。もちろん仕事なので嫌な思いをすることもありますが、コミュニケーションが苦手な人にとってはお客さんと対峙することがないので気持ちが楽にな職種と言えるでしょう。

清掃員

年齢を問わず資格もいらないのが清掃員です。もちろん清掃のテクニックなどは身につけなければいけませんが、就職する際に専門的な知識が求められるわけではありません。30歳職歴なしでも応募しやすい職業でしょう。

清掃会社は小さな会社から大きな会社まで存在し、待遇に大きな差があるのが特徴です。就職を決める前に残業はあるのか、どのような待遇があるのかなどをしっかり確認しておくことが大切です。

掃除が好きな人や、一人で黙々と作業することが好きな人は向いている仕事です。シニアでも働きやすいため、業界の平均年齢は高めです。寮や社宅を完備しているところもありますので、当たってみる価値はあるでしょう。

30歳で職歴なしの女性の割合

30歳で職歴なしの女性は世の中にどれくらいいるのでしょうか?まずは女性の雇用に関する基本データをご紹介します。

2017年度の総務省の労働力調査(基本調査)によると全体の就業人口における非正規雇用の女性の数は1416万人で完全失業者の女性は15万人です。正社員の女性は1117万人ですのでおよそ女性のおよそ半数が非正規雇用です。

日本の20歳〜30歳までの女性はおよそ600万人ですので現時点で働いていない女性は15歳〜64歳で2.5パーセントになります。この数字はあくまでも2017年度に希望しているのに職に就けない女性の割合ですので、専業主婦など自らの意思で働いていない人はカウントされていません。

よって30歳で職歴なしの女性の割合は概算ですが2パーセント前後と言えるでしょう。

30歳で職歴なしで公務員になれるのか

30歳職歴なしでも公務員になることは可能です。ここでは30歳職歴なしの人が公務員内定を勝ち取るためのヒントをご紹介していきます。

30歳職歴なしの人に公務員がおすすめな理由

30歳職歴なしの人にとって公務員になることはどんなメリットがあるのでしょうか。

第1に公務員試験には「地方公務員試験」と「国家公務員試験」の2種類があります。

国家公務員の職種の多くは受験年齢制限を30歳に設定しています。つまり30歳職歴なしの人ならまだ間に合います。

地方公務員に至っては自治体によって違いますが34歳〜59歳までと年齢制限がほとんどないと言えます。

もちろん30歳になる前に職歴がありどんな経験を積んできたかは面接の際の大きなポイントになりますが、既卒で一般企業を受けるよりもハードルはかなり低くなるでしょう。

筆記試験対策をしっかりする

30歳職歴なしの人が公務員試験に受かるには筆記試験対策が必至です。公務員の筆記試験は「論文」「適性検査」「事務能力検査」の3つから成ります。適性検査では適性をはかるために性格診断のようなテストが、事務能力試験では地理や数学などの一般教養問題が出題されます。

筆記試験は対策さえしっかりしていれば基本的には受かる試験になりますので、ここでの対策は合格に必至でしょう。30歳職歴なしの人でも職歴のある人たちと差を付けずに高得点を狙えるポイントです。

試験対策はだいたい3ヶ月前からとりかかるのが平均的です。問題数が多く時間配分が難しい部分もありますので練習問題を解く際には時間配分にも気を使って解いていくようにしましょう。

面接は何を聞かれても前向きな回答を

30歳職歴なしの人にとって最も最難関なのが公務員試験の面接です。30歳以上になって公務員試験を受ける場合必ずと言って良いほど「学校を卒業してから何をしていたか」が問われます。

フリーターとしてアルバイトをしていた人はどんな目的があり敢えてアルバイトを選んでいたのか、アルバイトなどをせずに過ごしていた時期がある人はどのようなやむを得ない理由があって就職活動をしなかったのか、などを明確に述べる必要があります。

「司法試験の勉強に集中するためアルバイトをしなかった」「就職予備校に通っていたため、就職はせずにアルバイトをしていた」など面接官を納得させる理由をあらかじめ考えておきましょう。

決して嘘はつかずに誠実に対応することが大切です。「スタートは遅くなってしまったが、これkら遅れを取り戻すために精一杯頑張っていきたい」という熱意を伝えましょう。

30歳で職歴なしの男性の割合

30歳職歴なしの男性は世の中にどれくらいいるのでしょうか。まずは基本データを見てみましょう。

2017年度の総務省の労働力調査(基本調査)によると全体の就業人口における非正規雇用の男性の数は約650万人で完全失業者の男性は約126万人です。正社員の男性は約3765万人ですのでおよそ働く男性ののおよそ17パーセントが非正規雇用です。

日本の20歳〜30歳までの男性はおよそ630万人ですので、現時点で働いていない男性は15歳〜64歳で20パーセントになります。この数字はあくまでも2017年度に希望しているのに職に就けない15歳〜64歳までの割合ですので、30歳という年齢に限定するとさらに下がるでしょう。

また30歳〜34歳のニートの割合は1.55パーセントです。これらのデータと「就職活動をしているけど職に付けない30歳」を考慮すると概算で2パーセント〜7パーセントいると考えられます。

30歳で職歴なしはニートなのか

30歳職歴なしはニートなのでしょうか?次はこの疑問をさまざまな角度から検証してみましょう。

少しでも就職しようとする意思があった場合

「30歳職歴なし」と言ってもそのパターンはいろいろあります。新卒で就職活動に失敗してアルバイトをしていた人もいれば、体調を崩して短期のアルバイトをたまにしていた、という人もいるでしょう。

ニートというのは仕事せずに家にいる人だという認識もありますが、厳密に言うと家事も通学も就職活動もしていない人のことです。つまり仕事をせずに家にいたとしても少しでもハローワークに行ったり就職情報誌をチェックしていれば「ニート」という定義には当てはまりません。

「就職しようとする意思はあった」と口で言うよりも、ハローワークに行った記録などがあると説得力があります。就職活動をして落ちてしまいそのままにするのではなく、落ちてしまったけれど自分はこれだけの努力をした、と言える証拠を残すことが大切です。

職歴なしでも努力の痕跡は残しておきましょう。

学校に通っていた場合

30歳職歴なしの人を企業などが雇おうとする場合に注目するのは、30歳までなぜ職歴なしだったのかという理由です。それの最も企業側が安心する理由の一つが「学業に専念していた」という理由です。

30歳職歴なしでも「専門学校→大学→大学院」という就学をしていたという経歴ならば企業側はあなたをニートだとはみなしません。

もちろん30歳になって職歴なし、仕事の経験がないことは現場で働く即戦力という意味では不利です。しかし学校に通って専門的な勉強をし、知識を蓄えていたとすればそれは企業側からすると納得できる理由になります。

資格がある場合

30歳職歴なしでもさまざまな種類の資格を所持している場合は「資格を取って就職をしようと努力していた」とみなされてニートの定義に当てはまらない場合もあります。

特に所有している資格が医療系、語学系、法律系など統一性があれば「目標があってその業界に入るために努力していた」という証拠になるでしょう。

職歴なしというハンデはもちろん簡単にはカバーできませんが、資格で少しでもフォローすることはできます。

30歳職歴なしの人を企業側から見たら

30歳職歴なしの人が面接に来た場合、企業側はどんな風にその人を見るのでしょうか。

就業していた、資格がある、静養していた、などパターンはさまざまですが「正社員の職歴なし」に共通するイメージは「正社員の責任を負いたくなかったのか?」というイメージです。

なぜ人を雇う側が正社員という職歴にこだわるのかと言うと、正社員として責任感を持って仕事をやり遂げて来たのかを見たいからです。働き方の多様性が受け入れられるようにはなっていますが、まだまだ日本の社会には正社員至上主義は根強く残っています。

特に年配の人が多い職場では「職歴なし」と聞いただけで「この人は〜だ」とイメージを決めつけられてしまう場合もあります。その場合は企業側になぜ職歴なしなのか事情をしっかり理解してもらう努力が必要です。

30歳で職歴なしの彼氏との付き合い方

最後に30歳で職歴なしの彼氏と上手く付き合う方法について考えます。

彼氏に働く気がある場合

もしあなたの彼氏が働く気があるのに何らかの事情で30歳で職歴なしの場合は、あなたが精神的な支えになってあげましょう。

働きたいのに働けないというのは言葉にはし難い辛さがあります。もしかしたら彼氏は「いい年をして」「男なのに」と心無い言葉をなんども浴びせられて傷ついている可能性があります。

あなたはパートナーとしてそっと見守ることに徹しましょう。彼氏の話を黙って聞いてあげるだけでもあなたは大きな支えとなっているはずです。お互い経済的に自立して対等に付き合えるようになることを目標とし、精神的にフォローしながら付き合っていきましょう。

彼氏に働く気がない場合

一方で30歳職歴なしの彼氏が全く働く気がない場合。この場合はあなたが彼に何を求めるのかを自分の中ではっきりさせましょう。

例えば彼と結婚してあなたが大黒柱になり外でお金を稼ぎ、彼氏には専業主夫になってもらい家のことをしてもらうということをあなたが望むならば、それでも良いでしょう。

しかし彼氏に仕事をしてお金を稼いでもらいたい、二人で仕事をしていずれは結婚したい、そんな希望を持っている場合は彼に変わってもらう必要があります。

あなたの気持ちを伝えあなたが彼に何を望むのかを彼と話し合いましょう。それでも彼が変われないのなら、あなたは彼との今後を考え直すべきです。彼は30歳で決して若くはありません。

30歳で職歴なしでも諦めてはダメ

30歳で職歴なしの場合正社員になれるか|公務員/資格なし

今回は30歳職歴なしの場合に正社員や公務員になれるのか、ということについて考えていきました。

もちろん30歳職歴なしは条件的には厳しいですが、なぜ職歴なしなのかというやむを得ない事情を相手にきちんと説明できれば正社員として就職することは決して完全に不可能なことではありません。

地方公務員のように年齢制限がかなり高く設けられている職業もありますので、諦めてはいけません。就職したい気持ちがあればそこにはいつも可能性があります。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests