Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月23日

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したい人にはどのような心理があるのかご存じでしょうか?さまざまな理由から転職したいと考える人は多いですが、そう考える心理は共通している場合も多いです。転職したいと考える心理を知り、どのように向き合っていけばいいのかを知っていきましょう。

転職したい人の心理は?

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

就職すればその企業でしっかりと仕事をし、何事にも真面目に取り組むことが大切です。生活をするためにはお金が必要ですし、お金を得るためには仕事をしなければなりません。仕事をするためには、まずは就職する必要がありますが、そこで成果を上げることができなければ意味はありませんし、真面目に仕事をしていなければ解雇されてしまう可能性もあります。

企業に勤めれば貢献できるように努力する必要がありますが、必ずしもその企業で働き続けるわけではなく、転職したいと考える人もいます。転職したいと考える人は意外に多く、そう考える心理は共通していることも多いです。転職したいと考える人の心理はさまざまありますので、どんな心理を抱えているのかを知っていきましょう。

不満

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したいと考える心理としては、不満が挙げられます。企業に対して不満を抱えていると転職したいと考えることが多く、人によって何に対して不満を抱えているのかは違っています。仕事内容に対して不満を持っている人もいれば、人間関係に対して不満を持っている人もいます。

また企業そのものに対して漠然とした不満を持っている人も多く、その心理はさまざまです。不満を抱えていることによって転職したいと考える心理としては、自分自身の現状への不満である場合も多いです。自分はここいいるべきではない、もっと上のレベルを目指さなければならないという心理を抱えている場合も多く、現職を見下すような態度を取ってしまうことも多いです。

焦り

転職したいと考える心理としては、焦りも挙げられます。仕事に対して、自分に対しての焦りから転職したいと考える人は多く、しかし実際には何に対して焦っているのかよくわかっていない人も多いです。今後の人生に対して漠然とした焦りを感じ、何かをしなければならないと感じて転職を考える人は多いです。

焦りの感情自体が明確なものではありませんので、そもそも何を目指せばいいのか、何を目標に行動すればいいのかもわからず、転職したいと考えているものの、なかなか行動に移せない人も少なくありません。人によっては焦りを解消するために、転職したいと周囲に公言し、自分は何か行動を起こしているとアピールしている場合もあります。外聞を気にして転職したいと考えている人も多く、見栄などの心理が隠されていることも多いです。

転職したいという心理になるきっかけは?

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したいと考えている人は多いですし、転職したい人にはさまざまな心理があります。人によって抱えている心理は違いますし、もし自分が転職したいと漠然と感じているのであれば、どのような心理からそのように考えているのかを掘り下げていくことが大切です。また転職したいと考えるにあたった心理についてを知っておくことも大切です。

転職したいと考えている心理がさまざまあるように、そう考えるに至る心理というのもさまざまあります。物事には必ず原因がありますし、原因もなしに何かが起きることはありません。転職したいと考えるということは、そう考えるに至った原因、プロセスがありますので、どのような心理から転職したいと考えるようになるのかを知っておきましょう。

給料

転職したいという心理になるきっかけとしては、給料が挙げられます。現職の給料に対して不満を抱えていると、転職したいという心理になりやすく、実際に給料が原因で転職をする人はたくさんいます。基本的には給料が低いという理由で転職したいと考えるようになりますが、どの金額を低いと感じるかは人によって異なります。

20万で低いと感じる人もいれば、30万でも低いと感じる人もいます。また100万もらっていたとしても、仕事の量や大変さなどを考えれば安すぎると考えることもあります。給料が高いことは大切ですが、仕事量に見合った給料であることも大切です。単に高い給料を目指すのではなく、たとえ給料は安くなったとしても、金額に見合った仕事量の企業に転職する人も多いです。

待遇

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したいという心理になるきっかけとしては、待遇も挙げられます。現職での待遇が悪い、あるいはさらに好条件で働きたいと考え転職したいと考える人は多いです。待遇が理由で転職したいと考える心理は大きく2パターンにわけられます。1つは本当に劣悪な環境で働いており、このままでは仕事はおろか生活すら続けられないと感じている場合です。

もう1つは現職の待遇に不満があり、より良い待遇を目指して転職したいと考える場合です。前者の場合は単純に必要に迫られて転職したいと考えている場合が多いですが、後者の場合はあくまで自身のスキルアップ、キャリアアップとして転職したいと考えています。後者では自身を高めたいという心理も働いていますし、向上心が強い人が多いです。

倦怠期

転職したいという心理になるきっかけとしては、倦怠期であることも挙げられます。倦怠期によって仕事に飽き、魅力を感じなくなってしまい、転職したいという心理になる人は多いです。企業によっては次から次へと新しい仕事ができるため、いつまで経っても飽きないという場合もありますが、多くの企業ではルーティンワークとなることがほとんどです。

毎日毎日同じ仕事をするのに疲れる、あるいは嫌になって転職したいと考えますので、飽き性であることが多いです。転職した先でもしばらく勤めていれば倦怠期になってしまうことも多く、また転職をすることも少なくありません。飽き性の人は転職を何度も繰り返し、職場を転々とすることも多いです。

転職したい心理の人の見つけ方は?

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したいという心理を抱えているのであれば、その心理を実際に行動に移すためにも転職先を見つけなければなりません。転職したいと考えていても、具体的に転職活動を進めなければ転職することはできませんし、もやもやは募るばかりです。転職したいと感じているのであれば、行動に移して転職先を見つけていきましょう。

転職サイト

転職先を見つけるためには、まずは転職サイトに登録し、利用してみるのがおすすめです。多くの転職サイトは無料で登録することができますし、登録していれば求人情報からそのままエントリーシートできる場合も多いです。いきなり転職先を見つけるのが難しいのであれば、求人情報を参考にしながらどんな業界、企業がある、仕事があるのかを知るだけでもいいですし、現職以外の業界や企業、仕事について少しでも知識をつけることが大切です。

求人情報では転職後の待遇なども記載されていることが多いですし、それらをチェックしてみることでも、現在の待遇がどの程度のものなのかを知ることができます。まずは情報を集めないことには転職はできませんので、転職サイトの登録から始めていきましょう。

転職エージェント

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職サイトで転職先を見つけるのが難しいのであれば、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。転職エージェントであれば相談しながら自分に合った転職先を見つけることができますし、転職先の企業を紹介してもらうことができます。

またエージェントと話し合って具体的に転職活動を進めることで、転職に対しての意識も高まりますし、モチベーションを高めることもできます。転職したいと考えているものの、モチベーションが上がらずなかなか行動に移せないという人は多いですし、優柔不断な人は転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用して逃げ場をなくし、覚悟を決めて転職先を見つけていきましょう。

資格サイト

転職先の見つけ方としては、資格サイトなどをチェックしてみるのもおすすめです。資格サイトではさまざまな資格が紹介されており、サイトによってはどの程度の期間で取得可能かなどが記載されている場合も多いです。興味のある資格を見つけ、そこから転職先を見つけていくのもおすすめであり、資格から探すことでより自分の興味を明確に知ることができます。

転職に向けて資格の取得を目指してもいいですし、転職活動と並行して資格の取得を目指すのもおすすめです。資格があることで転職もしやすくなりますし、何より自分のスキルアップにもつながりますので、何に興味があるのかわからない場合は資格サイトを参考にしてみましょう。

転職したい心理の人の行動の特徴は?

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したい心理を抱えている人は、行動にも特徴が出ることがあります。職場内で特徴に当てはまる人はいないかをチェックし、自分自身が転職を考えている場合は、特徴に当てはまる行動をしていないかを確認してみましょう。

仕事に身が入らない

転職したいと考えている人は、転職のことで頭がいっぱいになり、仕事に身が入っていないことが多いです。現職の仕事をしていても転職先のことばかりを考えてしまい、普段はしないようなミスをしてしまうこともあります。きちんと真面目に仕事をこなしている人もいますが、どこか集中できず、仕事をしていても何の喜びも感じられないという場合も多いです。

よそよそしい

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したいと考えている人は同僚に対して急によそよそしくなることが多いです。転職をし、職場から離れるということを負い目に感じてしまう場合もあれば、どうせ関係なくなるからと、無理にコミュニケーションを取らない人もいます。

仕事をしていれば、プライベートは全く関与しないということも多いですし、プライベートな付き合いがなければ急にそっけない態度になることも多いです。

態度が悪いなど

転職したいと考えている人は、よそよそしくなるだけではなく、場合によっては態度が悪くなってしまうこともあります。どうせ転職するからといって、無責任な行動や言動を繰り返す人も多く、不快な思いをさせてしまうこともあるので注意が必要です。転職する場合は、立つ鳥跡を濁さずの精神を心がけ、円満に転職することが大切です。

転職したい心理を正しく理解しよう

転職したい人の心理・転職したいきっかけ・見つけ方|給料/待遇

転職したい人の心理や転職したいきっかけ、転職先の見つけ方などを紹介しましたが、誰しも転職したいと考えることはありますし、それは特別なことではありません。さまざまな理由で転職したいと考えることはありますし、実際に転職する人も多いです。

転職したいと感じれば、本当に転職したいのか、ただ漠然とそう感じているだけではないかを明確にすることが大切です。転職したいという心理を正しく理解して、進むべき道を決めていきましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests