Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月05日

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

高齢ニートという言葉をご存じでしょうか。高齢ニートとは年齢を重ねてもニートのまま働きもしない人のことを言いますが、高齢とは言うものの、20代後半からすでに高齢ニートと言えます。高齢ニートは放っておくと大変なことになりますので、早急に手を打ちましょう。

高齢ニートの末路は?

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

学校にもいかず、働きもしない人のことをニートと言い、社会問題の一つとなっています。ニート=若年層と考えている人も多く、実際に若い世代でのニートは多いですが、近年では高齢ニートと呼ばれる年齢層の高いニートも増え、これも問題視されています。

高齢ニートと聞けば40代以上とイメージする人も多いですが、実際にはそうではなく、30代からすでに高齢ニートであると言えます。もっと言えば20代の後半からは高齢ニートと呼んでも差し支えありませんし、高齢ニートにならないためには、早めから手を打っておかなければなりません。

高齢ニートはそのまま続けていると、大変なことになりますので、その末路を知り、危機感を抱いておきましょう。

ひきこもり

ニートとひきこもりを同一視する人は多いですが、実際にはこれは違っています。ニートの場合は働きはしないものの、外に出かけることもありますし、必要に応じて遠出などをすることもあります。

しかしひきこもりの場合は外に一切出ようとせず、社会との関わりを完全に絶ってしまいます。場合によっては家族とさえ関わらなくなる場合もありますし、こうなってしまうと社会復帰を目指すことは困難です。高齢ニートになってしまえば、周囲の人とはどんどん疎遠になりますし、家の中で過ごす時間も増えます。

結果的に家の中にこもりきりになり、そのままひきこもりになってしまうことも多いです。高齢ニートでひきこもりとなれば、社会復帰は絶望的になりますので、そうなる前に対処する必要があります。

高齢ニートからの脱出方法は?

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

若年層のニートであれば仕事の選択肢もそれなりに残っていますし、本人のやる気次第で比較的ニートからの脱出もしやすいです。しかし高齢ニートになってしまうと、仕事の選択肢は減っていきますし、脱出することは若年層に比べれば難しくなってしまいます。

特に以前に職歴がある場合などは、プライドなどが邪魔して就職先を決められないことも多いですし、仕事が決められないままずるずるとニート生活が長くなってしまうことも少なくありません。

高齢ニートは放っておくと大変なことになりますので、早期に脱出を目指すことが大切です。高齢ニートを脱出するためには、どのような方法が考えられるでしょうか。

社会復帰

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

高齢ニートを脱出するためには、まずは何らかの形で社会復帰を目指す必要があります。これはどんな形でも構いませんので、とにかく外の世界に触れて、社会とのつながりを持つことが大切です。

ニートから脱出するからといって、必ずしも働く必要はなく、ボランティア活動などに参加してみてもいいですし、社会に出て何かをすることが重要になります。ボランティアでもそこから仕事先を紹介してもらえる可能性もありますし、少しでも人脈を広げておくことで、社会復帰の糸口を見つけ出すことができます。

社会との関わりがあれば、就職にも前向きになることができますし、どんな形でも構いませんので、まずは社会と繋がることから始めていきましょう。

アルバイトから始める

高齢ニートからの脱出をさらに進めるのであれば、アルバイトなどをしてみるのもおすすめです。ニートからの脱出を考えると、どうしても正社員として就職することをイメージする人が多いですが、いきなり正社員で働くのはハードルが高い場合も多いです。

選考で不合格が続けば働く意欲をなくしてしまい、ニートに逆戻りになってしまう可能性もありますし、仮に就職できても仕事の大変さに打ちのめされてしまう可能性もあります。正社員としても立派にやっていける自信があるならそれでも構いませんが、まだ自信がない場合はアルバイトなど、始めやすいことからスタートするのが大切です。

アルバイトでも働くことには変わりありませんし、そこから正社員へ就職できる可能性も充分にあります。

高齢ニートの相談の仕方は?

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

高齢ニートに困っている人は多いですし、特に子供が高齢ニートになってしまった場合は、どうにか社会復帰してほしいと悩む親は多いです。家族でどれだけ話し合ってもなかなか問題は解決しないため、親戚や友人などを頼って相談を持ち掛けることも多く、どうにか働くように説得を頼まれる場合もあります。

高齢ニートの相談仕方にはコツがあり、それが守れていないと上手に話し合いが進まないことも多いので注意しなければなりません。コツを踏まえて上手に相談し、社会復帰を促していきましょう

仕事をけしかけない

高齢ニートと相談する際にまず考えるのが、どうやって働かせればいいのかですが、いきなり仕事の話を持ち掛けたり、仕事をけしかけるのはよくありません。無理に仕事をやれといっても拒否されることがほとんどですし、仮に仕事を押し付けても自分で選んだものでなければすぐに辞めてしまうことも多いです。

仕事の向き不向きは人によって違いますし、けしかけた仕事がその人に向いていない可能性も充分にあります。仕事は自分自身で決めさせ、責任感を持って取り組ませることが大切ですし、仕事を押し付けてもいい方向には進みません。

あくまで相談であることを忘れずに、どんな仕事がしたいのかを聞いたり、今後どのように行動したいのかなどを聞き、基本的には聞き役に徹するようにしましょう。

頭ごなしに叱らない

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

社会に出て働いている人から見れば、高齢ニートは甘えているだけと考え、腹を立てる人も多いですが、働かないことを頭ごなしに叱るのはNGです。叱れることで委縮してしまったり、反抗心が湧きあがってまともに話ができる状態ではなくなりますし、それでは相談も上手に進めることはできません。

高齢ニートでもこのままでいいと考えている人はほとんどおらず、仕事をしていないことに罪悪感や焦りなどを感じていることが多いです。そこを責められてしまうと不快な気持ちになってしまいますし、相手の話も受け入れられなくなってしまいますので、頭ごなしに叱るのではなく、きちんと話を聞いた上で間違いを正していくことが大切です。

無理をさせないことが大切

高齢ニートは早く仕事をしなければと本人も焦っていることが多いですし、周囲も焦っていることも多いです。しかし焦るばかりに無理をさせてはいけませんし、無理をさせることでまたニートに逆戻りになってしまう可能性もあります。

就職活動や仕事など、荒療治のつもりで無理に押し付けてしまうとパンクしてしまうことも多いですし、それらが理由で余計に社会復帰をするのが嫌になってしまうこともあります。ゆっくりと自分のペースで社会復帰を目指すことが大切ですので、外部からは口出しはせず、自分のペースを守らせることが大切です。

手遅れの高齢ニートの例は?

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

高齢ニートであっても社会復帰の方法はありますし、本人の意思や行動次第で高齢ニートを脱出することはできます。何かを始めるのに遅すぎることはありませんし、まずは行動をすることが大切ですが、それでも手遅れな例も存在しています。

高齢ニートで手遅れな例に該当していると、そこから社旗復帰を目指すのはほぼ絶望的だと言えます。もちろん努力次第で社会復帰はできますが、生半可な覚悟でできることではありません。手遅れな例を知り、手遅れにならないように早めに手を打っておきましょう。

生活保護

高齢ニートで、すでに生活保護を受けている場合は、手遅れだと言えます。生活保護でも贅沢さえしなければ充分に暮らしいくことはできますし、それだけもらえていれば働くのが馬鹿らしくなってしまいます。

仕事によっては目一杯働いても給料がほとんどもらえず、生活保護の金額の方が高いという場合もあります。一度生活保護をもらってしまうと、そこから脱出することは困難になりますので、生活保護を受ける前に何とか仕事をしておかなければなりません。

親が死んだら

生活保護を受けていない場合は、収入源がありませんので親が養っていることになります。しかし親がいつまでも生きているとは限りませんし、いつまでも養ってもらえるとは限りません。しかし高齢ニートでは親が死んだら働くと決めている人も多く、これも手遅れな例だと言えます。

親が死ぬまでは働く気はないと宣言している場合は、働く意志が全くないため、自発的な社会復帰は望むことができません。また本当に親が死んだとしても結局働かず、生活保護を受けることも少なくありません。

高齢ニートにおすすめの仕事は?

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

高齢ニートから脱出するためには、仕事をしなければなりませんが、何の仕事であればできるのかを知らない人は多いです。高齢ニートとなると仕事の選択肢は減りますが、それでも選択肢はゼロではありません。どんな仕事がおすすめなのかを知って、就職先を探していきましょう。

公務員

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

高齢ニートにおすすめの仕事としては、公務員が挙げられます。公務員は試験も難関ではありますが、しっかり勉強して対策をすれば就職することができますし、待遇なども申し分ありません。民間企業のように競争に悩まされることもありませんし、いわゆる9時17時の仕事になります。

もちろん繁忙期などは残業もありますが、それでも待遇は良いですし、社会復帰の場としては最適だと言えます。公務員の場合は自治体ごとに年齢制限がありますので注意が必要ですが、基本的には30歳までであれば試験を受けることができます。

工場

年齢制限を過ぎてしまい、公務員試験が受けられない場合は、工場の仕事がおすすめです。工場の仕事は給料が安い場合も多いですが、基本的には定時で上がれることが多いですし、無理なく働くことができます。

また工場ごとに違いはあるものの、一人で黙々と仕事ができる職場も多く、コミュニケーションに悩まされることもありません。工場の仕事は募集も多いですし、給料さえ気にしなければ社会復帰にはおすすめの仕事だと言えます。

高齢ニートを脱出して社会復帰を目指そう

高齢ニートの末路・脱出方法・相談の仕方・おすすめの仕事

高齢ニートの末路や脱出方法、相談の仕方、おすすめの仕事などを紹介しましたが、高齢ニートを脱出するためには、本人の努力を欠かすことはできません。周囲からのサポートでも社会復帰を目指させることはできますが、最終的に決めるのは本人です。

社会復帰をするためには自分自身で意志を固める必要がありますので、高齢ニートを脱出するという強い意志を持って、社会復帰を目指しましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests