Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月09日

都落ちを決めるタイミング・田舎へ来たときの心理状況|つらい

都落ちは「負け組」のイメージが強いと言われています。そのため、都落ちしようかしないか悩んだことがある人もいるのではないでしょうか。ここでは、都落ちする原因や対策などを紹介しているので、都落ちを考えている人も、都落ちした人も、ぜひ参考にしてください。

都落ちを決めるタイミングは?

都落ちを決めるタイミング・田舎へ来たときの心理状況|つらい

都落ちすることは世間的に良いイメージではないため、決断しにくいです。

都落ちとは、都会暮らしに失敗して地方や田舎に移住することです。そのため負け組というレッテルを貼られてしまうので、そのような結果になりたくない気持ちが強くあります。

しかし、都落ちすることにもデメリットだけではなくメリットも存在します。都落ちをして良いことは、今の苦しい状況から離脱することができます。負け組と感じられてしまいますが、新しい環境に移すことができるため精神的には良い傾向があります。

また、都落ちした先で満足した生活が送れるようになれば、それは負け組ではありません。上手くすれば以前上京先での暮らしより充実した生活を送ることも可能です。

そのためには自分の気持ちの持ちようが重要ですが、都落ちするタイミングも重要なポイントです。

事業に失敗した時

都落ちするタイミングが多いのが事業などが想像以上に上手くいかず、倒産してしまう場合です。

地方や田舎に住んでいる人はどうしても都会に憧れています。そのため、大人になったら「東京に出てやる」という感情を抱きやすいです。また、既に地方で企業を立ち上げていて都会に経営圏を広げようと夢見る方も多くいます。

しかし、田舎と都会では生活スタイルも違えば、人の考え方も違ってきます。そのため、田舎から都会に上京しても成功する可能性は難しい場合が多いです。その結果都落ちしてしまう可能性も高まります。

事業が上手くいかず想像していたものと違った場合は、都落ちすることも一つの手段だと考えることが大切です。いつまでも成功する可能性がないのに辛抱しても好転する可能性も低いため、早めに都落ちを決心する勇気が必要です。

都落ち感を出さないようにする方法は?

都落ちを決めるタイミング・田舎へ来たときの心理状況|つらい

上記で説明したように、都落ちすることに対して世間は冷たい印象があります。しかし都落ちする先では、優しく扱ってくれることも珍しくありません。

優しい住民なら都落ちしたことを根ほり聞き出すことはしませんが、中には茶化したりする人もいます。そのような状況に笑って対応することができれば問題ありませんが、夢が破れた状況のためそのように明るく振る舞う事は難しいです。

また、都落ちは負け組の印象があるため、都落ちした当人はとても恥ずかしい気持ちで一杯です。多くの方が慰めの言葉は必要ないと感じていますが、優しい住民は慰めてくれようとします。

普通なら嬉しいことですが、都落ちした人からしたら余計なお世話と感じることが多いです。そのような言葉をかけられないようにするためには、自分から落ちこんでいない雰囲気を出す必要があります。

暗い感じを払拭する

都落ちを決めるタイミング・田舎へ来たときの心理状況|つらい

都落ちした先で優しい言葉をかけてくれる人の心理は、同情からくるものが多いです。しかし、都落ちした当人はそのようなことを望んでいない割合が高いです。

同情してくれる人は、その人が落ち込んでいる雰囲気を出しているため、元気を出して欲しいという気持ちで話しかけてくれます。そのようなことを望んでいないのなら、落ちこんでる雰囲気を出さないことが大切です。

都落ちした直前は気分的にも暗くなりがちですが、そのような気持ちのままでいると、余計に同情の言葉をかけてくるようになります。そのため自分の気持ちとは逆に明るく振る舞う事で、同情の言葉を回避することができます。

ここで決してしてはいけない行動があります。それは、優しい言葉を掛けてくれた相手に逆ギレしてしまう事です。優しい言葉を望んでいない場合が多くありますが、そこで喧嘩腰になってしまうと、都落ちした先でも思うように生活ができなくなります。

嘘を付く

都落ち感を出さないためには、都落ちしたことを隠すことです。都落ちして田舎に戻ってきてない雰囲気を出すことで、都落ち感を消すことができます。

しかし、このような手段を取る場合は嘘とばれない嘘を考える必要があります。田舎から上京することは、田舎の住民がほとんど知っている場合があります。そのため、都落ちして田舎に戻ってきたわけじゃないというストーリーを考える必要があります。

「子供には空気が綺麗な環境で育てたい」や「親父の家業を継ぐために」などの口実をすることで、都落ち感を払拭することができます。

上記の二つの例を使う事ができれば、田舎の住民にも怪しまれる危険性はありませんが、全ての人が付ける嘘ではありません。

前者の例では、家族ぐるみの考えの一致が必要で、後者の例では田舎で家業をしている親の存在が必要不可欠です。

都落ちして田舎へ来た時の心理状況は?

都落ちした人が行く先は地方や田舎が多いです。そのため都会にいた同僚や知人からは、「逃げるんだな」という目が向けられ、都落ち先の田舎では「やっぱり無理だった」という同情の目で見られてしまいます。

そのため都落ちした当人にとっては、どちらの環境でも後ろめたさな気持ちがあるため、厳しい心境になりがちです。そのような心境になることが嫌なため、上記で説明したような都落ち感をなくす方法を取る場合もあります。

人は誰でも他人から大きく見られたり、優れていることを自慢したがる生物です。そのような感情があるため、田舎の住民は都会で成功することに憧れ、成功した自分を故郷の住民に自慢したい気持ちが強く表れてしまいます。

しかし、そのような気持ちで上京したにも関わらず失敗して都落ちしたのでは、恰好が付きません。

つらい

都落ちして故郷の田舎に戻ってくることは、とても辛いことです。そのため都落ちに決心がつかず、ダラダラ都会暮らしをしてしまいがちです。しかし、上記でも説明したように成功する兆しがない場合は、早めに都落ちする決心を付けることが大切です。

都落ちに決心できない期間が長ければ長いほど、辛さも倍増してしまいます。田舎に帰っても住民から同情の声を掛けられてしまいつらい思いをしますが、そのつらさも一時のものが多いです。

恥ずかしい

都落ちして田舎に帰ってきた場合、恥ずかしい想いもする可能性が高いです。都会に上京する際に大口を叩いていた場合は、その恥ずかしい想いをするのも大きくなります。

そもそも都落ちをしてしまっただけで十分恥ずかしい気分を味わっているのに、上京する際に大口を叩いてしまったら、余計に恥ずかしくなります。また、茶化されてしまう可能性もあります。

しかし、そのような風評被害もしばらくすれば収まるので、あまり気にしないことが大切です。いつまでも都落ちして当人が落ち込んでいたら、住民も接し方が分からなくなる危険性もあります。そのような状況では、第二の人生も上手くいかない可能性が高くなります。

そのような結果にならないためにも、恥ずかしい気持ちや辛い心境に立たされることもありますが、気分を一新して田舎暮らしに慣れる必要があります。

都落ち後に後悔した時の対処法

都落ちを決めるタイミング・田舎へ来たときの心理状況|つらい

都落ちした人は後悔の気持ちが必ずあります。「あのときあのようにしたら」や「もっと上手くできたはず」などの感情が強く心に残ってしまいます。

そのため後悔をしている方が多くいて、その気持ちをなかなか消すことができません。しかし、その感情をいつまでも持ち続けていては今後の生活に悪影響を与えかねません。

後悔の気持ちを消すためには、もう一度上京する方法と田舎の暮らしに慣れる方法という二つの方法があります。

出なおす

都落ちしてしまったことに後悔していてまだ諦めきれない気持ちがある場合は、もう一度挑戦することもできます。もう一度上京することで、今度は成功することができる可能性もあるので、田舎の住民にひと泡吹かせることもできます。

しかしもう一度挑戦するにしても、何も作戦がないまま行動しては二の舞になる可能性が高くなります。それでは余計に恥ずかしい目に合ってしまうので、そのような状況は回避しないといけません。

そのため、前回の失敗を活かして作戦を立て直す必要があります。都落ちしてしまった原因がはっきりしているのなら、そこを改善することで成功確率を上げることができます。

もう一度上京して挑戦することは、成功する可能性があるので有効な手段とも言えますが、当然また失敗する可能性もあります。そのため、二度目の都落ちでは同じ田舎に戻りづらくなります。

田舎暮らしに慣れる

都落ちしてしまって後悔する気持ちがあるものの、もう一度挑戦する勇気がや資金がない場合は、潔く諦めることも大切です。もう一度挑戦して成功させたい気持ちは誰にでもありますが、成功する確率がなかったり、見栄を張るだけで挑戦してしまうと、余計に悪い状況に陥ってしまいます。

そのような危険な橋を渡らずに、都落ちした先の田舎で第二の人生を送ることも、一つの手段です。都会の同僚からすれば憐みの目や声をかけられてしまいますが、田舎に住み着いてしまえばそのような意見を耳にする機会もないので、気にする必要はありません。

都落ちしてしまった理由に事業が上手くいかなかった場合もありますが、人間付き合いが上手くいかなかった場合もあります。後者の理由で都落ちを決めた場合は、田舎のゆっくりした生活の方が性格に合っている場合があります。そのため、田舎に住み着くことも決して悪いことではありません。

仕事で都落ちする原因は?

都落ちを決めるタイミング・田舎へ来たときの心理状況|つらい

都落ちする原因は、仕事関係が要因になることがあります。

転勤の場合

転勤とは名ばかりの実質都落ちの場合があります。

主に、問題行動や会社に悪影響を与えてしまった場合に転勤を命じられることもあります。地方に飛ばされることが多く、地方先の仕事場でも悪いイメージが広まっている可能性もあります。

転職の場合

都落ちの原因に都会での仕事が上手くいかない中、違う職種に興味を持ってしまう事もあります。そのような場合も都落ちと思われてしまうこともあります。

農家暮らしに憧れた

都会のギスギスした環境に嫌気がさして田舎暮らしに憧れを抱く人も多くいます。そのような環境に長くいると、田舎でのんびり農家として暮らす人生に憧れることもあります。そのため自分から進んで農業を目指す人もいます。

都落ちは第二の人生のスタート地点

都落ちを決めるタイミング・田舎へ来たときの心理状況|つらい

都落ちのイメージは世間的に良いイメージではありません。そのため、都落ちを決心する勇気が持てない場合が多いです。

しかし、都落ちした先でも充実した生活をすることも可能ですし、田舎で成功させることも十分可能なため、新しい人生のスタートの気持ちを持つことが大切です。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests