Search

検索したいワードを入力してください

上司への適切な退職相談の時期はいつ?上司が納得する退職の相談の仕方

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職を考えている際に、上司への相談は必要不可欠になります。ただ、とても重要な相談内容のために、誤解がなくスムーズに事が運ぶように準備をしましょう。相談の前の準備から、実際に相談に乗ってもらうのには、押さえておくポイントがあります。ぜひ、参考にしてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

上司への適切な退職相談時期とは?

退職を希望している場合、上司に適切な相談時期を選んで報告する必要があります。自分で退職を決意しても、他のスタッフに引き継ぎなどをする必要があるので、ある程度会社の都合にも合わせることが大切です。

上司に退職を相談する人は、なるべく早い段階でなぜ退職を決意したのか理由を明確に述べるようにしましょう。

退職日の1ヶ月前〜3ヶ月前

上司に退職を相談する場合、1ヶ月~3ヶ月前に報告するのがベストです。一人の社員が退職する場合、1ヶ月~3ヶ月ほどの期間がないと補充要員を見つけたり、引き継ぎをさせることが難しくなるからです。

上司に退職を相談する人は、退職日の1ヶ月~3ヶ月前に退職の相談をし、職場の都合に合わせて退職時期を決めましょう。

上司が納得する退職相談の仕方5個

上司が納得する退職相談の仕方があります。上司は職場全体を考えて行動しているので、退職の意思を伝えても受け入れてもらえないことがあります。また、職場のリーダーや重要なポジションについている場合は退職自体が難しくなることがあります。

上司に退職を申し出る人は、可能な限り繁忙期を避けて退職の意向を切り出すようにし、上司を納得させられる退職理由を考えて相談しましょう。

上司が納得する退職相談の仕方1:退職理由を明確にする

上司が納得する退職相談の仕方の一つに、「退職理由を明確にすること」が挙げられます。

退職理由を明確にして相談しないと、理由が分からないため会社に引き止められてしまう可能性が高くなります。職場管理や指導が不十分だと会社側に問われてしまうことを懸念する上司もいるでしょう。

上司に退職を相談する人は、退職理由を明確にして相談するようにしましょう。

上司が納得する退職相談の仕方2:一方的に日にちを決めて退職を断言しない

上司が納得する退職相談の仕方に「一方的に日にちを決めて退職を断言しない」ことが挙げられます。会社側の都合を考えずに一方的に退職の日にちを決めても受け入れてもらえないので、会社や職場に都合に合わせて退職日を決める必要があります。

上司に退職を相談する人は、上司とともに職場の仕事の進捗状況を考えながら、退職する時期を決めるようにしましょう。

上司が納得する退職相談の仕方3:退職理由は個人都合

上司が納得する退職相談の仕方に「個人都合の退職理由を述べる」ことが挙げられます。親の介護が必要になった場合や出産を兼ねた結婚、それに伴った引越しなどの理由があれば、上司を納得させることができます。

自分の家族や健康状態を退職理由にする人は、現在の事情や病状を具体的に話し、退職の必要があることを伝えましょう。

上司が納得する退職相談の仕方4:繁忙期を避ける

上司が納得する退職相談の仕方に「繁忙期を避けて話す」ことが挙げられます。上司に退職の話をしても、繁忙期や年末は作業量が増えるため、会社側は時間や気持ちに余裕を持って対応することが難しくなります。

上司に退職の相談をする人は、繁忙期や年末の時期の相談は避け、職場が忙しくない時期を選び相談すると良いでしょう。

上司が納得する退職相談の仕方5:後継者の育成をして退職する

上司が納得する相談の仕方に「後継者の育成をして退職する」ことが挙げられます。社員が退職する場合、仕事に慣れた補充要員が見つかりにくいことがあるので、後継者を育てることで退職を進めやすくなります。

上司に退職を相談する人は、信頼できる人に仕事の引き継ぎをしておいたり、新入社員に仕事を教えておき、上司の不安な気持ちをなくすようにしましょう。

退職を引き止められた場合の対処法

退職を引き止められた場合の対処法があります。どのような職場でも退職の意思を伝えた場合、引き止められることが多いためキャリアアップをするために退職が必要だと伝えたり、場合によっては待遇や給与について不満があることを伝えることも大切です。

退職を引き止められた人は、上司に退職理由をはっきり伝え、考えていることを正直に話すことが大切です。

上司に相談する際の注意点5つ

上司に相談する際に注意しておくことがあります。辞めると決めていてもお世話になった会社なので、ある程度の節度や誠意を持って辞める必要があります。また、意見の食い違いなどの誤解を生まないためにも実際に顔を合わせて退職の意思を伝えましょう。

上司に退職を相談する人は、メールなどのツールはできるだけ使わずに実際に会って話をし、丁寧な言葉遣いを心掛けるようにしましょう。

上司へ相談する際の注意点1:メールでは行わない

上司にはメールなどで退職の相談をしない方が良いでしょう。メールでは相手に気持ちを伝えきれないことがあるので、現状の問題を解決するためにも実際面談をして退職の意思を伝える必要があります。

上司に退職の相談をする人は、メールやSNSなどのツールは使わず、上司に面談の時間を確保してもらい退職の意思を伝えましょう。

上司へ相談する際の注意点2:相談する際の話しかけ方に注意

上司へ相談する際の注意点に相談する際の話しかけ方に注意する必要があります。上司が忙しくない時間帯に相談するようにし、話す際も言葉遣いに気をつける必要があります。

また、退職を決めて相談するときも相手を責めるような言い回しにならないよう注意することが大切です。

上司に退職を相談する人は、丁寧な言葉遣いを心掛けながら、上司に退職の理由を明確に伝えるようにしましょう。

上司へ相談する際の注意点3:転職先を聞かれた際に注意

転職先を聞かれた際に注意しながら答えることも大切なことです。上司に転職先を聞かれた場合、転職する会社が全く見つかっていなかったり、次の仕事が見つかっていてもキャリアアップのための転職先でない場合は注意して話す必要があります。

上司に退職を相談する人は、もし転職先を聞かれても職場の状況を見ながら、慎重に答えるようにしましょう。

上司へ相談する際の注意点4:先に同僚へ退職の相談をしない

上司より先に、同僚へ退職の相談をしない方が良いでしょう。職場で問題が発生したり、重要なことはまず上司に相談するのが鉄則なので、退職などの大切なことはまず上司に相談する必要があります。

上司より先に同僚へ相談して、上司がそのことを又聞きした場合、誤解やトラブルを起こす要因になってしまうかもしれません。退職を相談する人は、他言を避けまず上司に相談し、具体的な退職日が決まったら同僚に報告しましょう。

上司へ相談する際の注意点5:相談し終わった後も慎重に

相談し終わった後も慎重に過ごすことも、上司へ相談する際に注意すべきことです。退職する日までは社員として働く必要があるので、具体的な退職日が決まっても丁寧な仕事を心掛けることが大切になります。

退職の相談が終わった人は、問題なく引き継ぎを終わらせることを心掛けながら、退職の日まで働くようにしましょう。

上司への退職の相談は適切に行い円満退職をしよう!

上司への退職の相談は適切に行い、円満退職を心掛けましょう。上司に退職の意思を伝える場合は、適切な時期を選び、可能な限り会社の都合を考慮する必要があります。

また、退職することになっても最後まで節度と誠意のある仕事を心掛けましょう。円満退職をしたい人は、自分だけの都合を優先させず、会社側の立場に立って退職のための引き継ぎや取引先への挨拶を済ませることが大切です。

Latests