Search

検索したいワードを入力してください

一級建築士の主な転職先|良い点と悪い点や失敗しないためのコツも紹介

更新日:2022年04月15日

一級建築士とはどのような資格で、どのような業界・業種に転職できるのか、転職する際のメリットやデメリット、転職をおすすめする理由について記載しています。この記事を参考に、一級建築士の資格を活かせる転職先を見つけてください。

一級建築士って何?

一級建築士は、国土交通大臣の免許を受ける国家資格です。

一級建築士は競技場や美術館、国を代表するような大規模な建築物の設計も行うことができる資格です。建築士の資格には一級建築士と二級建築士、そして木造建築士があります。一級建築士の大きな特徴は、設計できる建物の大きさに制限がないことです。

一級建築士は建築物の規模や構造形式、材料全てにおいて何でも設計することができます。構造設計一級建築士、設備設計一級建築士など、専門的な業務を行う場合は一級建築士の資格を持っていることが必須条件となります。

出典:一級建築士について|国土交通省
参照:https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/architect.html

一級建築士の主な転職先7つ

一級建築士の転職先には、大きく下記7つの就職先があります。建設会社から外資系企業まで、その転職先は多岐にわたります。

ここでは、それぞれの就職先について詳しく説明していきます。

次のページ:一級建築士が転職するメリット

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests