Search

検索したいワードを入力してください

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

初回公開日:2017年07月14日

更新日:2020年06月15日

記載されている内容は2017年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

あなたは人当たりがいいと言われたことはあるでしょうか。人当たりがいい人というのは好かれやすくコミュニケーション能力も高いため様々な面で得をすることが多いと言えるでしょう。そんな人当たりがいい人の長所や短所、就活でのアピール方法など気になる内容をまとめました。

人当たりがいい人の長所と短所

人当たりがいい人と言われたらどんな人を想像するでしょうか。『人当たりがいい』とは周囲に対して愛想よく振る舞い感じが良い人だのことを指しています。言い換えれば『コミュニケーション能力がある』『社交的』という風にも表現できるでしょう。

性格を指すのではなくあくまでもその人の『態度』を指しているので、『人当たりのよさ』というものは意識的に作れるということなのです。そんな誰とでも上手く接することができる人当たりのいい人について今回は紹介していきたいと思います。

ちなみに『人が良い』と『人当たりがいい』は別の意味を指しているので混同しないように気を付けましょう。

人当たりがいい人の長所

人から好かれやすく優しい

人当たりがいい人というのは自然体で周りと接することが出来るため、周囲からも警戒心をもたれることなく上手く溶け込んでいくことができます。それは雰囲気だけでなく、話しかけられると笑顔で応対してくれるので初めて話しかけた相手をも安心させることが出来ます。

また、周囲に対し笑顔でいるだけでなくとにかく物腰柔らかく優しいところも長所として挙げられるでしょう。いつもニコニコしている人というのは慕われやすいため周囲にはいつも人が集まります。例え苦手な人が相手でも顔色を変えず同じように接することが出来るので更に周囲からは注目を集める存在となるのです。

コミュニケーション能力がある

人当たりがいい人というのは周囲を引っ張っていくような『周りを引き付ける魅力』を持っています。常に笑顔で明るいため話しやすく、一緒にいて楽しいと感じるでしょう。そのコミュニケーション能力の高さから、交友関係も幅広く持っており様々な情報にも長けているといえます。

人の話を穏やかに聞くことが出来るので、話している相手も同じように柔らかく話すことができ話していて不快感を感じることがありません。人を傷つけるような言葉も自然と避けた会話ができるので相談相手としても周囲からは信頼を得ているのです。

客観的な視点で物事を捉えることが出来る

人当たりがいい人というのは、物事に対し客観な視点で捉えることが出来るため、自分本位な考えで動くことをしません。自分の考えを優先させるのではなく、周囲の意見を聞いたり、周囲を観察したうえで一番最善策を考えようとします。

これは自分の意見がないのでは?とも見えますが、そうではなく人当たりがいい人は自分の意見を踏まえたうえで客観的視点で物事を見極めようとしているのです。そのため、押しつけがましいような態度を取ることがなく自然と周囲が受け入れやすい提案をしていくことができるのです。

そういった冷静な判断ができることから、周囲からは良い印象が持たれ、頼られる存在へと自然となっていくでしょう。誰とでも円滑にコミュニケーションをとることが出来るため、こういった人当たりがいいタイプが一人いるとグループのまとめ役として力を発揮するのです。

ネガティブなことは言わず前向き

人当たりがいい人というのは雰囲気から見て取れます。第一印象も良いため、初対面の人でも話しかけやすいでしょう。話しかけられたくないが『話しかけるなオーラ』を纏っているのと同様に、人当たりがいい人というのは『話しかけられやすいオーラ』を纏っていると言えるでしょう。

人は誰しも落ち込んだりするとネガティブな気持ちになり不平不満を口に出したくなるものです。しかし人当たりがいい人というのは人前で決してそのようなことを口にしないのです。ネガティブな話をすることで周囲がどう感じるか、愚痴をはくことでストレス発散になるわけではないと心得ているのです。

また、悪口を言うことで誰も得はしないことを理解しているので、自分の評価を下げるような行動は意識的に避けているのだと言えるでしょう。

人当たりがいい人の短所

物事を押し付けられやすい

いつも誰かに代わって仕事をこなしていたり、頼みごとをされている人、というのを誰もが目にしたことがあるのではないでしょうか。人は頼みごとをするとき必ず引き受けてくれそうな人を選びます。そんな時、ターゲットにされやすいのが人当たりがいい人なのです。

変に威圧感なども放っておらず話しかけやすいため頼み事も言いやすいのでしょう。ここではっきりと断れるタイプならいいのですが、人当たりがいい人というのは普段の振る舞いからも分かるように断るのが苦手なタイプが多い傾向にあります。

そのため、自然と任されてしまうことが多くなってしまい、自分でも気づかないところでストレスが溜まってしまうでしょう。

ストレスがたまりやすい

人当たりがいい人というのは周囲に愚痴を漏らしたり表情に出さない為、自分が嫌だと感じていても我慢する傾向があります。例えば、具合が悪くても周囲に気を遣わせないがために我慢してしまったり、自然と自分を追い込んでしまうのです。どんなに大変な時も表情に出さない為、周囲も気づかないことが多く、それが積み重なり負担がかかってしまうと言えるでしょう。

『いつも笑顔で前向き』『温厚で優しい』という人当たりがいい人の長所というのは、裏を返せば、嫌なことも我慢するため込みやすい性格なのです。時には周囲が気を使ってあげることも必要だと言えるでしょう。

好かれやすい反面、妬みやっかみを受けやすい

人は誰しも全員から好かれることは不可能です。それぞれ性格も育った環境も違うためそれは当然のことだと言えるでしょう。人当たりがいい人というのは周りから好かれやすいという反面、その存在を疎ましく思いやっかむ人も中にはいます。

人当たりがいい人は自然と輪の中心となることが多く、周囲から目立ってしまいます。そのため、物事の捉え方によっては『目障りだ、鬱陶しい』と感じる人もいるということなのでしょう。人を妬んだりやっかんだりすることは非常に醜く、本来であれば自分の評価を下げるだけなので隠すものです。

しかし、妬みやっかみをあからさまに剥き出し攻撃を仕掛けてくる人も一定数います。そういった人たちからは『いつも笑っているし歯向かわない=弱い』と判断され、舐められてしまうことが攻撃を受けてしまう一つの原因だと言えるでしょう。

就活で人当たりがいいことをアピールする方法

人当たりがいいというのはたまに例外がありますが、通常ならば自信を持っていい長所だと言えるでしょう。社会において人当たりがいいというのは、自分にとってプラスになることの方が多いため、意識的にでも身につけておきたいものです。

例えば、内心はとても優しかったり、頭の回転が速く様々なことに気づく人であったとしても、人当たりの良さ、コミュニケーションスキルがなければその内面や考えに周囲も気づくことが出来ません。

人当たりがいいという長所は自信を持って就活でアピールしていきましょう。

自己PRを簡潔にまとめよう

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests