Search

検索したいワードを入力してください

課長代理の役割/年収とは|課長代理は管理職?社内外での呼び方

初回公開日:2017年07月31日

更新日:2017年09月11日

記載されている内容は2017年07月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

会社などには課長代理という役職があります。課長代理にはどのような役割があるか疑問に思ったことはありませんか?実は、職場でとても重要な役割を持っている役職なのです。今回は、課長代理の役割を年収などを含めながら説明していきます。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

たくさんある役職

会社などには部長や課長などたくさんの役職があります。それぞれ業務内容などに違いが出てきます。中には課長代理など「代理」が付く役職もあります。「代理」という言葉が付く役職にはどのような役割があるかなどの疑問を持っている方も多いと思います。今回は、課長代理の役割や年収などについて説明します。

課長代理の順番

課長代理といっても会社などではどの順番が分からない方も少なくないと思います。課長代理の順番について説明します。

課長代理は課長よりも下

課長代理は課長よりも下の役職となります。似たような役職に課長補佐がありますが、課長代理とはまた違った役職となります。課長補佐については後程説明します。

会社と公務員両方にある

課長代理ですが、会社と公務員両方にある役職です。様々な職場で課長代理は活躍しています。

職場によっては課長代理を置かないところも

課長代理という役職があると説明しましたが、職場によっては役職を置くところと置かないところがあります。これは職場の都合などにもよります。役職を置いている職場で課長代理が活躍しているのです。

他に「代理」が付く役職

「代理」が付く役職は課長だけではありません。例えば、「支店長代理」や「部長代理」などの役職もあります。もちろん、これはも職場によって置くところと置かないところがあります。しかし、仕事においてとても重要な役割がある役職なのです。

課長代理の役割

課長代理といってもどのような役割があるのか分からない方も少なくないと思います。課長代理はその名の通り、課長の代理です。課長と同等の仕事を課長代理が代わりに行なうこともできるのです。これは課長代理に与えられる権限があるからなのです。

課長不在の時に課長の仕事を行なうことも

日によっては、課長が仕事の都合などで不在の事があります。その時は課長代理が課長の仕事を行なう場合があります。ただ、これは職場によって違っていて、課長の仕事を任せないところもあります。課長代理の仕事内容は職場によって違っているのです。

課長代理も重要な役職の1つ

職場によって立場が違う課長代理ですが、代理だからといって重要でない役職というわけではありません。課長代理は上司と部下の橋渡しの役目もあるので、しっかりと仕事を行なわなければ職場に迷惑をかけてしまいます。また、上司からの信頼がなくなれば、仕事を任せてもらえないこともあります。職場によっては課長の仕事をする場合もあるので、重要な役職の1つなのです。

職場によって立場は違う

一言で課長代理といっても職場によって立場が違ってきます。課長代理でも課長の仕事をできるとは限らないのです。

課長補佐との違い

先程説明したように、課長補佐と課長代理はまったく違う役職です。この2つの役職の仕事内容には様々な違いがあります。似ているようで全く違う課長補佐と課長代理の仕事内容を説明します。

課長補佐

課長補佐の仕事はその名の通り、課長の補佐をすることです。「補佐」という言葉が付いていますが、課長補佐は中間管理職としている会社が多いです。課長よりも下の役職で、課長の元で仕事のサポートなどの仕事を行ないます。

課長代理

課長代理の仕事は先程説明したように、課長の代理などをすることです。また、課長代理には課長補佐にはない権限が与えられます。課長補佐には課長が行なえる仕事を行なう権限かないのです。

課長代理の権限

課長代理の権限は課長と同等のものとなっています。職場から課長と同等の仕事を任された時などに課長にしかできない仕事ができる権限を持つことができるのです。どのような権限が持てるかは職場によって違っています。

課長補佐よりも上

課長代理は課長補佐にはない課長と同等の権限を持つことができます。その為、課長代理は課長補佐よりも上の役職となります。

課長補佐と課長代理は違う

課長補佐と課長代理は仕事内容や権限の有無といった違いがあるということが分かります。しかし、どちらの役職も職場では重要なポジションです。全く違う役職でも重要な役割を果たしているのです。

課長代理になるには

課長代理は立派な役職の1つです。課長代理という役職を置いている職場では昇進という形で役職に就きます。どのようにして課長代理になれるか分からないという方も少なくないと思います。そこで、課長代理になる方法を説明します。

試験に合格する

課長代理になるには昇進試験に合格する必要があります。試験は面接などで、合格することで課長代理になることができます。また、課長補佐になる場合も同様に試験に合格することで課長補佐になることができます。

課長代理は管理職?

一般的に管理職と呼ばれる役職には部長や課長などがあります。部下に仕事の指示を出すなどさまざまな役目があります。管理職の役職がしっかりしないと仕事が進まないなどの弊害が起こりかねません。さて、課長代理は管理職になるのか疑問に思っている方も少なくないと思うので説明します。

そもそも管理職とは?

管理職といってもどのようなものなのか分からない方も多いと思います。定義としては、管理職は昇進に関する決定権を持っている労働者などのことを言います。

管理職になることもあればならないこともある

決定権を持っている役職を管理職といいますが、課長代理はどうなるのだろうという疑問が残ります。先程説明したように、昇進の決定権の有無などが判断基準となります。その為、このような決定権などがある場合は課長代理は管理職となり、ない場合は管理職にはならないということになります。

職場によって違う

決定権の有無などが管理職かどうかの判断基準となりますが、決定権などの有無は職場によって違っています。職場よっては決定権が与えられる場合もあれば与えられない場合もあります。

社内・社外に対しての呼び方

課長代理の社内と社外に対しての呼び方がよく分からないという方も多いと思います。「課長と呼んだらいいのか」「課長代理と呼んだらいいのか」さまざまな声があると思います。

社内ではどう呼ぶ?

課長代理は社内では「課長」と呼ぶのが良いとされています。ただ、近くに課長がいる場合、「課長」と呼ぶとややこしくなってしまいます。その場合は、「課長代理」と呼ぶのが良いとされています。

社外ではどう呼ぶ?

取引先の会社へ訪れた時などは「課長」と呼ぶのが良いとされています。課長と課長代理が同席している場で「課長」と言うと課長と課長代理、取引相手の方を混乱させてしまいます。

状況に応じた呼び方をする

基本的には「課長」で課長が近くにいる時は「課長代理」と呼ぶのが正しいということになりす。先程説明したように、場面によっては相手を混乱させてしまいます。状況に応じた呼び方をすることで混乱を招かずにコミュニケーションを円滑に行なうことができるのです。

課長代理の年収

課長代理になると給料はどのくらいなのかも気になります。「高いのかな」「課長補佐とどれくらいの差があるんだろう」などさまざまな疑問を持っている方も多いと思います。給料がどのくらいなのか大まかな額を紹介します。

まず、課長代理の年収は700万円前後のところが多く、大きく超すところや下回る職場もあります。職場によりますが、課長代理になると比較的多くの年収を得ることができるのです。

課長補佐の年収

課長補佐の年収は700万円前後とほぼ課長代理と同じになっています。課長代理と同様に額は上下しますが、職場よっては多くの年収を得ることができます。

職場によって差が出てくる

課長代理といってもさまざまな職種があります。職場の職種によっては多かったり少なかったりします。同じ課長代理でも職場によって差が出てくるのです。

課長代理が職場を支えている

課長代理の役割や年収などについて説明してきました。年収は職場によっては600万円以上と高収入を得ることができるところもあります。また、課長同等の権限を持っているので、職場では重要な役職なのです。職場によっては管理職となるところもあるので、部下をまとめて職場を支える役職でもあります。多くの課長代理が今日も職場を支えているのです。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界有数の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests