Search

検索したいワードを入力してください

就活用メールアドレスの決め方と注意点・アドレス変更の連絡方法

更新日:2020年08月20日

就活において、メールは必須といえる存在です。面接の詳細や採用の合否もメールで届くようになってきています。就活用に使うメールアドレスはどのようなものが適切で、企業に良い印象を持たれるでしょうか?今回は就活用のメールアドレスについて色々な点から解説や紹介をします。

就活用のメールアドレスはどんなものが良い?

就活をする上で、メールは必須となりつつあります。企業側も書面より手間や時間、コストがかからないメールを利用するところが増えてきました。携帯電話やスマートフォンなどでメールアドレスを持っている人は多いですが、就活用のメールアドレスとなると話が少し変わってきます。

今回はどのようなメールアドレスが就活をする上で適しているか、就活用にメールアドレスを作る必要はあるかどうかなど、就活とメールアドレスの関係について解説をしていきます。

就活用にメールアドレスを作る必要はある?

就活用に新たにメールアドレスを作る必要があるかどうかですが、環境によるところが大きいです。大学生の就活の場合は大学指定のメールが適していますので、新たにメールアドレスを取得する必要性は薄いと言えるでしょう。

逆に学生以外で就活をしている人は、新たに就活用のメールアドレスを作ることをします。就活用のメールアドレスを作るメリットには以下のようなことがあります。

就活に関する情報整理ができる

就活用にメールアドレスを作るメリットの一つは情報整理のしやすさです。就活用にメールアドレスを作っておき、さらにメールフォルダも専用に分けておくと、就活に関する情報が整理しやすくなります。

いつどこの企業に応募したか、どのような返信がきたか、面接に関する情報はどうか、といったことが一目で判別できるようになります。時系列順に整理もできるので、自分の就活の履歴として使うことも可能です。

企業からのメールが見分けやすい

一つのメールアドレスで就活をしていると、プライベートと就活に関するメールが混ざってしまいます。大切な企業からのメールが、プライベートなメールに埋もれてしまう可能性もあるでしょう。

就活用のメールアドレスがあるとプライベート用とメールを見分けることができるので、大事なメールも見逃すことがなくなります。前述のように、メールアドレスや応募企業別などでフォルダ分けなどをしておくと、よりメールが見やすくなるでしょう。

就活で使うベストなメールアドレスは?

次に就活で使うベストなメールアドレスとはどのようなものか見ていきましょう。就活で使うメールアドレスはどのようなものがベストなのか、注意点する点は何があるかなど、メールの種類ごとに紹介していきます。

大学指定のメール

大学生の就活において、ベストなメールアドレスは大学指定のメールアドレスです。大学生の身分がメールアドレスによって保証されていることが大きな理由です。メールアドレスを見ただけで大学生からのメールだと判別できるので、信頼度が高いものとなっています。

欠点としてはスマホなど普段持ち歩いているものと同期できない場合があることが挙げられます。企業とスムーズにメールのやり取りがしたい場合は別にアドレスを用意するのも良いでしょう。また大学を卒業してしまうと大学指定のメールが使えなくなってしまうため、大学卒業後も就活が続きそうな場合は違うメールアドレスを使用することをします。

フリーメール

フリーメールは一時期企業側から敬遠される傾向がありましたが、現在は主流といっても良いぐらい就活用のメールアドレスとして使用されています。はスマホ・パソコンと同期できるGmailもしくはYahooメールです。スマホやパソコンとの親和性から、よりなのはGmailとなっています。

ただし、どちらも迷惑メールとして扱われてしまうケースが多く、企業からメールが受け取れても、こちらからのメールが企業側の迷惑メールフィルタによって弾かれてしまう場合があります。

企業にメールを送っても返信がなかなか来ない時は迷惑メール扱いになってしまっていることがありますので、その際は電話などでメールが届いているか確認しましょう。

キャリア携帯・スマホのメール

多くの人が持っているキャリア携帯・スマホのメールアドレスですが、就活用としてはあまりできません。理由としては、キャリアメールでは企業から送られた添付ファイルがサイズ的な問題で受け取れない場合があるからです。

普段のメインメールアドレスがキャリアのアドレスの人は、就活用にアドレスを取得することをします。

パソコンのメール

パソコンのメールアドレス、例えばプロバイダ提供などのアドレスですが、これには良し悪しがあります。パソコンのみでしか受け取れない場合は就活用のメールアドレスとしてはあまりできません。

フリーメールのように、スマホでも受信・閲覧が可能なメールアドレスであれば就活用として利用しても問題ありません。その際もポイントとしては添付ファイルの扱いがあります。書類などの添付ファイルが受け取れる、開けるといったメールアドレスであればさらに良いです。

またパソコンのメールアドレスも稀に迷惑メールとして扱われる場合があります。企業からの返信がない時はフリーメールと同じように対処しましょう。

iCloudメールは就活には不向き?

iPhoneユーザーなどが利用しているiCloudメールですが、Gmailなどと同じくフリーメール扱いで、就活に使えないということはありません。ただiCloudメールには容量的なデメリットがあります。

iCloudメールのメールボックスはiCloudストレージ上にありますが、バックアップや他のアプリも同じストレージ容量をを使用します。そのため場合によっては無償で使える5ギガバイト以内にメールが収まらない可能性が出てきます。

Gmailであればメールボックス専用で15ギガバイトの容量がありますので、かなり余裕があります。万が一を考えるとiCloudメールは就活にはあまり向いてないと言えるでしょう。

新たに就活向けのメールアドレスを作る時のポイント

初回公開日:2017年10月27日

記載されている内容は2017年10月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests