Search

検索したいワードを入力してください

会社説明会に遅刻する場合のメール文例集|ビジネスメールの書き方【テンプレート】

就活もピークを迎えると説明会を1日で2、3社をはしごしなければならないこともざらです。なにかしらのアクシデントで会社説明会に遅刻してしまったときの対処方法としてメール作成の件名や本文に関しての例文も交えて説明します。ぜひ参考にしてください。

ビジネスメールの基本マナー3つ

就活中や、社会人になるとビジネスメールを送る機会が増えます。

間違った常識でメールを送ってしまうと、その後の謝罪や印象が悪くなり、せっかくの就活が台無しになってしまう可能性があります。今回は、基本的なビジネスメールのマナーを紹介していきます。

いざという時に、正しいマナーでメールをおくれるようにぜひ参考にしてください。

ビジネスメールの基本マナー1:件名の書き方

まず、ビジネスメールの基本的な「件名」の書き方について説明していきます。件名は、受け取った相手が一目で何の要件かわかりやすく、またどのような内容なのか具体的に明記する必要があります。

なるべく具体性のない件名は避け、用件が相手に伝わるように記します。企業側は、毎日大量のメールに目を通し、ひとつひとつ対応しています。自分のメールが送った相手の目にしっかりとまるためにも、わかりやすく簡潔に記しましょう。

ビジネスメールの基本マナー2:宛名の書き方

次は、ビジネスメールの基本的な「件名」の書き方について説明していきます。宛名は、文章の一行目に必ず記します。宛名の構成は、「社名、部署名、名前、様」の順番になります。

送る相手の名前しか分からない場合は、「名前、様」でも失礼はありませんが、フルネームがわかる場合は「名前、名、様」にすることでさらに丁寧な印象を与えます。

個人名がわからない場合は、「会社名、御中」になり「様」をつける必要はありませんので気を付けましょう。

ビジネスメールの基本マナー3:署名の書き方

ビジネスメールの基本的な「署名」の書き方について説明していきます。「署名」はメールの一番最後に記し、自分がどういったものなのかを一目でわかってもらうためのマナーのひとつです。

「署名」がない場合、企業側からするとマナーがなってないと判断される可能性があります。自分の名前が難しく一般的に読みにくい場合は、フリガナまで記しておくと好印象です。

メールで会社説明会の遅刻を伝えるときの基本マナー3つ

遅刻したくて遅刻する人はいないかと思います。前もって会社説明会の準備をし、迷わないように道順もしっかり調べていたのに思わぬハプニングが発生することもあります。

遅刻は好印象ではありませんが、正しい連絡の仕方や、誠意が伝われば企業側も致し方ないとマイナスな印象になることはほぼありません。

遅刻した事実よりも、遅刻したあとの対応の仕方で企業側の印象も変わるので、ぜひ参考にしてください。

メールで会社説明会の遅刻を伝えるときの基本マナー1:名前・大学名を最初に伝える

遅刻をしてしまった場合、焦って用件だけメールで伝えるのは非常に失礼です。

早く連絡しないといけないという気持ちから遅刻することだけ伝えてしまっては、会社説明会の参加人数が多い場合、どこの誰なのか分からないまま把握ができず、対応もすることができません。

まずは、「大学名」「名前」「何時からの会社説明会に参加予定」だったのかを記しましょう。

メールで会社説明会の遅刻を伝えるときの基本マナー2:遅刻理由を簡潔に明記する

遅刻する事実だけを記すよりも、なぜ遅刻してしまうのかを「簡潔」に明記するようにしましょう。「遅刻します」の一文だけでは、一気に印象が悪くなってしまいます。

事細かく遅刻の理由を説明する必要もありません。また、自分は遅刻しないためにこんだけ頑張ったなど記す必要もなく、企業側がどうして遅れるのか簡潔にわかるようにしまよう。

メールで会社説明会の遅刻を伝えるときの基本マナー3:到着時間を明記する

名前と遅刻することだけ記し、メールを送ってしまっては、企業側は結局何時に来れるのか分からないままになります。企業側から何時につくかアクションがある前に、こちらから到着時間もしっかりと記すようにしましょう。

また、最初に送った到着時間をオーバーしてしまう可能性もあるので、ある程度余裕をもった時間を伝えるしましょう。メールで伝えた時間よりも早く到着したとしてもマイナスな印象にはなりません。むしろ、急いできたのだとプラスにとらえることが出来ます。

会社説明会の採用担当者に遅刻を伝えるときのメールの作成ポイント

会社説明会の採用担当者に遅刻を伝えるときのメールの作成ポイントについて紹介していきます。会社説明会に遅刻することが分かった段階で、迅速に会社説明会の人事担当者か、採用担当者に連絡をする必要があります。

また、メールで遅刻を伝える際はポイントがあり、今回紹介するポイントをしっかり押さえてメールを作成しましょう。ぜひ参考にしてください。

  • 大学名・名前をしっかり明記する
  • 参加する参加説明会の担当者の名前を明記する
  • 会社説明会の参加予定時間を明記する
  • 遅刻理由を簡潔に明記する
  • 署名を文面の一番下に明記する

メールで会社説明会の遅刻を伝えるときの件名のコツと例文

メールで会社説明に遅刻することを伝えるときは、緊急であり急ぎであるからこそしっかりと件名を書き、会社説明会の担当者が一目でわかるように記載しましょう。

件名に遅刻の連絡であることを明記することで受け取った担当者も一目で遅刻に関するメールだとすぐに認識することができます。

今回は件名の例文を紹介をしていきますので、ぜひ参考にしてください。

Latests