Search

検索したいワードを入力してください

「お騒がせしてすみません」の意味は?使い方やメールの例文について解説

更新日:2022年06月16日

「お騒がせしてすみません」という言葉について正確な意味を知っているでしょうか。本記事では、「お騒がせしてすみません」の意味や使い方、例文について紹介していきます。そのほか謝罪の言葉についても取り上げていくため、興味がある方はぜひ参考にしてください。

「お騒がせしてすみませんって言葉はどういう意味?」
「お騒がせしてすみませんをビジネスシーンで使う場合はどういうとき?」
「お騒がせしてすみませんをメールで伝える例文が知りたい!」
このように、「お騒がせしてすみません」という表現について、どういう意味や使い方があるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

本記事では、「お騒がせしてすみません」の意味や例文、メールにした場合など、詳しく紹介していきます。

この記事を読むことで、「お騒がせしてすみません」という言葉はどのようなときに用いられるのかが分かり、必要な場面でスムーズに使える言葉になるでしょう。

逆に「お騒がせしてすみません」と相手から言われたときにも、理解できます。例文なども紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

「お騒がせしてすみません」の意味

まずは、「お騒がせしてすみません」の意味について紹介します。「お騒がせしたこと」「すみません」という2つの内容が続いている文章ですが、どのような意味があるのか正しく知って、使う場面などを考えていきましょう。

起こったことに対して謝罪の意思を示すこと

「お騒がせしてすみません」は、お騒がせしたような事象に対して、反省の意を表明する言い回しです。

たとえば、自分でミスを起こしてしまった後、その処理が完了したときに「お騒がせしてすみません」と言うと、被害を与えた人やトラブルに巻き込んでしまった人に対して、反省している意思を伝えることが可能です。

ビジネスで使う「お騒がせしてすみません」の使い方

次は、ビジネスで使う「お騒がせしてすみません」の使い方について紹介します。「お騒がせしてすみません」という言葉は、ビジネスで活用することがあります。特にどのような場面で使うと有効な言い回しなのか、きちんと把握しておきましょう。

今後も上手に付き合っていくためにも使う

ビジネスで使う「お騒がせしてすみません」と言うときは、今後も上手に付き合っていきたいという、前向きな意思を表していることが多いです。

そのため「お騒がせしてすみません」の後には、「今後は再発防止に気を付けて参ります」「今後はこのような失態を繰り返さないように、十分に注意してまいります」など、その後も良い関係を続けていきたい文章を入れる傾向があるでしょう。

トラブル発生後関係者に謝罪する際に使う

あなたが原因で何らかの問題が発生してしまい、トラブル発生後、その件の関係者に謝罪する際に「お騒がせしてすみません」という言葉を使うことがあります。

トラブルが起きたことで「責任者は誰だ」「謝罪はないのか?」と怒っている人もいるため、原因を作った側であれば「お騒がせしてすみません」と、潔く謝罪しておきましょう。

「お騒がせしてすみません」を上手に使いこなすには

「お騒がせしてすみません」を上手に使いこなすには、いくつか押さえておくポイントがあります。仕事などでミスをしたとき、お詫びする場面でスムーズに対応できるように、「お騒がせしてすみません」の使い方を正しく把握しておきましょう。

心から謝る

「お騒がせしてすみません」と謝罪をするからには、心から謝ることが大切です。この言い回しでお詫びするときは、あなたが原因を作っている側になるため、表面的な謝罪だと相手に感じられると非常に失礼な印象を与えます。

その場合、魅力的な対応策を提示しても納得してもらえない可能性が高いでしょう。関係がさらに悪化してしまうこともあるため、しっかりと心を込めて謝罪してください。

次のページ:メールで伝える「お騒がせしてすみません」の例文

初回公開日:2022年06月16日

記載されている内容は2022年06月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests