Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月28日

就活中の非通知の電話への対処法と3つの理由|折り返しのマナー

就活の際には非通知の電話がかかってくることがあります。しかし、就活の電話はどうして非通知でかかってくるのでしょうか。また、非通知電話を取れなかった際はどうすれば良いのでしょうか。今回は非通知電話の背景や対応策をご紹介します。

就活中の携帯電話の着信設定

就活を行うにあたって、携帯電話やメール、インターネットで使用できるチャットやメッセンジャーは欠かせないものとなっています。

就活中には、応募した企業からいつ知らせが来るのかと、期待しながら電話やチャットを待つ人が多いです。

しかし着信設定が間違っていれば、せっかくの良い知らせが届かないという事態に陥る可能性もあります。就活中の携帯電話の着信設定についてご紹介します。

通話

就活の連絡が来るツールとして最も利用されるのが、携帯電話の通話です。しかし、携帯電話の設定によっては、就活の電話が拒否されてしまう場合があります。

迷惑電話が来ないようにと非通知からの着信を拒否している場合は、就活の連絡も拒否してしまう可能性があるので、解除しておきましょう。

またiPhoneの場合は、「おやすみモード」で知らない番号からの着信を拒否してしまうことがあるので注意しましょう。

チャット・メッセンジャー

電話やメールだけでなく、チャットやメッセンジャーなどを活用する企業も増えてきています。その中でも使用されていることが多いのは「LINE」です。

LINEのグループチャット機能を使って相談会を行ったり、内定者とトーク機能でやり取りしたりすることもあります。

しかし、LINEの設定で自動追加機能をオフにしていると相手が追加できません。就活でLINEを使用する場合、自動追加をオンにしておくようにしましょう。

メール

通話ではなくメールで連絡を取る企業もありますが、設定によっては、企業からのメールが拒否されます。

メールのフィルタリング設定をしていると、携帯電話以外のメールが拒否されるので、企業からのメールを拒否されてしまう可能性があるので、注意しましょう。

また、間違ったメールアドレスを企業に教えてしまっている場合もメールが届きませんので、企業にメールアドレスを聞かれた場合は必ず確かめることが大切です。

非通知の番号に折り返し電話できるか

不在着信の履歴に非通知と出ている場合には、どのようにしても非通知の番号にかけ直すことはできません。

非通知ということは電話番号を知ることもできないので、相手と電話をするためには、電話に出るしか方法はありません。

非通知の番号からの着信を拒否したい場合は、非通知を拒否する設定もあります。

就活中の非通知の電話

就活の際の電話は、さまざまな理由から非通知にせざるを得ない場合があります。

携帯電話であれば相手の電話番号がわかって当たり前になりつつある現代において、就活中にかかってくる番号非通知の電話に驚く人も多いことでしょう。

非通知の着信がある理由や、就活に関する大事な電話に出られなかった場合には、どうすれば良いのかをご紹介します。

非通知の着信がある理由

今は全ての人が携帯電話を持っている時代ですので、知人であればアドレス帳に登録してあるため、誰から連絡が来たのかも一目でわかります。

そのような時代において、なぜ就活先の企業は身元の分からない非通知で電話をかけてくるのでしょうか。

就活先の企業が非通知にする理由としては、セキュリティ上の問題や特別な回線を使用しているから、電話をしてほしくない事情があるからということがあげられます。

セキュリティ上のルール

個人情報の取り扱いを気にするように、企業も情報の取り扱いには慎重です。自社の電話番号というのも大事な情報にあたり、保護しなくてはいけません。

そうしたセキュリティの観点から、電話番号を明かすわけにはいかないため、非通知で電話をかけることとなります。

非通知で電話をかけてくるような企業は、セキュリティがしっかりしている企業ともいえます。

折り返し電話して欲しくない

もしも電話番号を通知する設定で電話をかけた場合、電話を取れなかった人はその番号に折り返しの電話をするでしょう。

しかし企業側の回線の設定次第では、本来電話をかけてきた部署とは異なる部署に電話がかかってしまうことがあります。

企業といえども個人の電話をすべて把握できるものではありません。採用担当者が話をしたい就活生と直接確実にやりとりをするために、非通知で電話をしているという事情もあります。

就活用特別回線や外部委託を利用

応募者が多く、一人一人に電話ができない企業などは、就活用特別回線や外部委託を利用している企業もあります。

就活用特別回線や外部委託の場合は、電話番号がシステム的に非通知設定されていることがあり、番号を通知する形式での発信に切り替えることは容易ではありません。

システム面の問題から非通知で電話を行っていることもあります。

非通知の着信には応答すべきか

非通知の電話はかけ直すことができませんので、就活中は非通知の着信でも応答するようにしましょう。

普段であればともかく、就活中であれば大事な選考の結果や、就活で必要な情報提供である可能性もあります。

就活中はいつ企業から電話がかかってきても良いように、どのような着信に対しても応答することを心掛けることが大切です。

非通知の電話に応答できなかった場合

就活中の非通知の電話への対処法と3つの理由|折り返しのマナー

例え携帯電話を持っていても、必ずしも電話に出られる状態とは限りません。就活中であれば別の企業で試験や面接を受けていることもあるでしょう。

さまざまな理由から、もしも非通知の電話に出られなかった際にはどうすれば良いのでしょうか。

非通知の電話に応答できなかった場合の対応としては、留守番電話を確認してみることや相手がどの企業かを推測するなどがあります。

留守番電話を確認する

非通知の電話に応答できなかった場合、企業が留守番電話に用件を入れてくれている可能性があるので、まずは留守番電話を確認しましょう。

また、携帯電話のサービスによっては、留守電電話設定がされていない場合もあります。

留守番電話サービスを設定されていない場合には、呼び出し音だけがずっと繰り返される状態になります。大きなチャンスを逃す恐れもありますので、留守番電話サービスは忘れずに設定するようにしましょう。

相手に確信がある時

就活中に非通知の電話を取り損ねても、基本的には再度かかってくるのを待つべきです。しかし、どうしても不安になりかけ直したい場合もあります。

かけ直すにあたり、手当たり次第に電話をかけるのは当然NGです。まずは、現在就活で受けている企業の選考の進み具合を鑑みて、電話がかかってくる可能性が高い企業を絞ります。

候補となる企業を選定したら、次はその企業の電話番号を調べて、非通知電話を受けたことを伝えましょう。

1度不応答だと不採用か

もしも就活中に非通知の電話に出られなかったとしても取り乱す必要はありません。一度電話に出られなかったがために即不採用、となることはないため安心してください。

就活にまつわる用件があってかけてきたのですから、一度繋がらなくとも必ずまたかけ直してきます。

次にかかって来た際には、確実に対応できるように心構えや準備をして、再度かかってくるのを待ちましょう。

就活をしているあなたにおすすめのサービスはこちら

就活中の人や希望の企業の内定に落ちてしまった人におすすめのサービスをご紹介します。

ニクリーチは、おなかを空かせた学生のためのスカウト型就活サイトです。ニクリーチに登録すると、就活中の学生に会ってみたいと感じる企業からスカウトが来て、一緒にお肉を食べに行くことになります。

お肉を食べて企業の担当者と気軽に話をして情報を引き出しましょう。実際の面接よりもリラックスして自分をアピールすることも可能です。

折り返し電話する時のマナー

電話をかける先の企業が非通知でかけてきた企業であったとしても、そうでなかったとしても、礼儀を尽くすことを心がけましょう。就職先として候補に挙げている会社である以上、失礼な態度を取れば悪い印象を与えてしまいます。

折り返し電話する時のマナーとしては、丁寧な言葉遣いを心掛けることや簡潔に要点を伝えること、余裕がある時間帯にかけるなどがあげられます。

折り返し電話する時のマナーについてご紹介します。

時間帯に注意

こちらから電話をかける際には時間帯にも注意が必要です。多くの会社では始業後すぐや終業間際は忙しい時間帯になるため、避けた方が良いタイミングになります。

気付いた時にすぐかけ直したいと感じても、営業時間外に電話をかけるのは論外です。

営業時間が朝から夕方までの企業であれば、昼食後が比較的余裕がある時間帯になるため、このタイミングで電話をすると良いでしょう。

言葉遣いは適切に

非通知の電話で嫌がらせ電話を受けたことがある人もいます。そのため、非通知の電話に対して悪い言葉遣いをしてしまう人も少なくありません。

しかし、就活中は企業が非通知で電話をかけてくる可能性があります。非通知の電話を取り損ねても就活の審査には影響しませんが、言葉遣いが悪かった場合には、心証が悪くなるおそれがあります。

就活中は非通知の電話であったとしても、丁寧な言葉遣いを心掛けるようにしましょう。

要件は簡潔に

先方も業務時間を割いて対応しているため、まずは「お忙しいところを申し訳ありません」などの配慮する言葉から入ります。

また、用件は業務に差支えないようになるべく手短に伝えるようにしましょう。不安な場合には、電話をかける前に話す内容をメモにまとめて見ながら話すと安心して話すことができます。

用件が済んだら「本日はお忙しい中ご対応いただきありがとうございました」などと感謝の言葉を添えると良いでしょう。

非通知の着信拒否は解除しよう

就活中は、企業から非通知で電話がかかってくることが多いです。非通知の電話は迷惑電話も多いので、拒否設定にしている人が多いので注意しましょう。

企業からの非通知電話は、採用の電話など、重要な連絡であることが多いですので、非通知の着信拒否は解除しておきましょう。

また、電話をかけ直す際には、次の面接の日程調整をするケースもあるため、スケジュール帳をすぐ確認できるように備えておくと万全です。

非通知にこそ対応しよう

非通知の電話を取ることは面倒と感じることもありますが、裏を返せば、電話を非通知でかけてくる企業はセキュリティや情報保護の意識がしっかりしていると言えます。

また、非通知の電話であっても丁寧にはきはきと応対すれば、好印象を持ってもらえるチャンスがあります。

非通知の電話にこそ対応し、就活中にできる企業との接点には全て油断せずに取り掛かりましょう。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests