Search

検索したいワードを入力してください

就活の電話マナーと対応例・電話をかけるOK/NGタイミング

更新日:2020年08月20日

就活中は企業と電話でやりとりをする機会も多く、電話のマナーができているかどうかも評価の対象になってします。就活では細部まで評価されていますので、電話でも振る舞いなど常に注意しなければなりません。就活中の電話を攻略して、就活を成功させましょう。

好印象を与える就活の電話マナーと対応例は?

就活ではさまざまなことが評価の基準となっており、電話もその中の一つです。就活中は企業と電話でやりとりをする機会も多いですし、どのように対応するかによって印象は大きく変わります。

電話にはさまざまなマナーがありますので、正しいマナーを知っていなければ相手に失礼になってしまう可能性も高く、それがマイナスの印象に繋がってしまう場合も少なくありません。就活中で培った電話のマナーやスキルは就職後に企業の仕事でも必ず役に立ちますので、就活中にしっかりと身に付けておく必要があります。

電話で好印象を与えるためにはさまざまなコツがありますので、就活を攻略するためにはそれらを知っておかなければなりません。好印象を与える就活の電話マナーと対応例を知っていきましょう。

かけ方

就活の電話で好印象を与えるためには、電話のかけ方から意識しなければなりません。電話のかけ方としては大切なのは、まずは電話番号を間違えないことです。電話番号を間違えてしまうと企業と連絡を取ることはできませんし、就活で必要な情報のやり取りができなくなってしまいます。

また企業には代表番号の他に直通番号があり、直通番号を知っている場合は、そちらに連絡することが大切です。間違って代表番号にかけてしまうと、人事部などに繋いでもらわなければなりませんし、手間がかかってしまいますので、印象が悪くなってしまう場合もあります。かける電話番号を間違えないようにして、直通番号を知っている場合はそこに連絡してスムーズに連絡をしていきましょう。

受け方

就活では電話のかけ方だけではなく、受け方も大切であり、企業からの電話を受ける場合は通話の環境を整えなければなりません。周囲ががやがやと騒がしいと電話の内容を聞き逃してしまう場合がありますし、後ろの喧騒が相手に聞こえてしまう場合も多いです。

騒がしい場所で電話をしていると印象が悪くなってしまいますので、素早く静かな場所に移動して電話を受けることが大切です。店の中にいるのであれば店を出たり、道路などで騒がしい場合などは一本路地に入るなどの工夫が必要です。

就活ではいつ企業から電話があるか分かりませんので、電話がかかってくれば今電話に出ても大丈夫か瞬時に判断し、少しでも静かな場所に移動するようにしましょう。

名乗り方

就活中は企業もさまざまな就活生と連絡を取って電話をしていますし、名乗り方も大切です。しっかりと名乗っておかなければ、誰なのかを判断することができませんし、確認に手間がかかればマイナスの印象を与えてしまう可能性も高いので注意しましょう。

就活の電話で名乗る場合は、自身の名前だけではなく、学校名、学部名なども伝えることが大切です。企業では名前だけではなく、学校名で就活生を記憶している場合も多いですし、学校名まで伝えるのがマナーです。

学部名までは必要ない場合も多いですが、学校名は必須ですので必ず伝えるようにしましょう。電話に限らず、名前と学校名、学部名などを伝えるのは就活中の基本的もありますので、就活中に名乗る場合は、それらをセットにして伝えるようにしましょう。

不在時

就活中は企業から電話を受けるだけではなく、こちらから電話をかける場合もあります。しかし電話をかけたからといって、必ずしも担当者に繋がるわけではなく、場合によっては担当者が不在であることもあります。

担当者が不在だからといって、そのとき電話に出た人に伝言を頼むのはよくありません。一度用件を伝えた上で、再度かけ直しをすることを伝えておきましょう。伝言を頼んでしまうと、担当者に確実に伝わっているかどうかがわかりませんし、印象が悪くなってしまう場合も多いです。

担当者がいない場合は仕方ありませんので、必ずかけ直すようにしなければなりません。就活中は担当者に直接連絡をすることが基本ですので、繋がらなければ機会を改めて電話をしましょう。

留守番電話の残し方

企業に電話をかければ担当者以外でも誰かが出るはずですが、場合によっては多忙により電話に出られない場合もあります。その場合は留守番電話にメッセージを残すことになりますが、ここで用件すべてを伝えてしまうのはNGです。

あくまで着信があったことをメッセージに吹き込むだけであり、改めて電話をして直接用件を伝えなければなりません。留守番電話にメッセージを残す場合は自身の名前や学校名を伝え、何の用件で電話したのかを伝え、最後に再度かけ直す旨を伝えておきましょう。

就活生から折り返しを求めるのは印象がよくありませんので注意が必要です。留守番電話に繋がった場合でも、再度連絡は就活生からしなければなりませんので、再度かけ直す旨を伝えておきましょう。

かけ直し

企業にかけ直しの電話をする場合ももう一度学校名や氏名などを伝え、用件を伝えた上でかけ直していることも伝えておきましょう。留守番電話のメッセージを確認して、就活生からの連絡を待っている企業もありますし、必ずかけ直しの旨を伝えておく必要があります。

かけ直しであることを伝えておけば、企業で連絡がスムーズに進みますし、電話でのやりとりもすぐに済ませることができます。かけ直しであることを伝えておかなければ、情報がこんがらがってしまい、企業を混乱させてしまう場合もあります。

就活中はとにかく丁寧に情報を伝え、やりとりをすることが大切ですので、お互いに連絡ミスや間違いなどがないように、必ずかけ直しの電話であることを伝えておきましょう。

折り返し

就活中は企業から電話がかかってくる機会も多いですが、就活ではやることがたくさんあるため、すぐには出られないことも多いです。企業から不在着信が入っていれば、就活生から折り返しの電話をかけなければなりませんが、折り返しの場合は折り返しの電話であることを伝え、一度で出られなかったことを謝罪しておきましょう。

就活中は忙しいので、企業からの電話に一度で出られなくても仕方ありませんし、企業でもそれだけマイナスの印象を持つことはありません。しかしここでしっかりと謝罪をしておけば丁寧な印象を与えることができますし、高評価にもつながります。折り返しの旨と謝罪の気持ちを伝え、できるだけ早くに企業に電話をするようにしましょう。

切り方

就活中の電話は最後の最後まで油断は禁物であり、電話の切り方にも充分に注意しなければなりません。電話の切り方で好印象を与えるポイントとしては、就活生からは電話を切らないということです。

企業とやりとりが終わり、挨拶が済めば電話はそのままにしておき、企業が電話を切るのを待ちます。スマホなどで電話をしている場合は、就活生から切ったとしても大きな音が響くわけではありませんし、それほど印象も悪くはなりませんが、好印象を与えることはできません。

好印象を与えるためには、相手が電話を切るまでしっかりと待つことが大切です。就活生から電話を切るのではなく、企業から電話を切るのを待って、最後の最後まで丁寧な印象を与えていきましょう。

就活の電話をかけるOK・NGタイミングは?

就活中は企業からいつ電話がかかってくるかわかりませんので、着信には常に注意をしておかなければなりません。一発で出られないからといってマイナスの印象を与えることはありませんが、それでもすぐに出るに越したことはありませんし、何度も繋がらなければマイナスの印象を与えてしまう可能性も高いです。

好印象を獲得するためには、企業からの電話に常に備えておくことが大切であり、電話はこまめにチェックしておく必要があります。しかし就活中の電話では企業からかかってくるだけではなく、就活生から電話をしなければならないことも多いです。

就活生から電話はいつでもOKなわけではありませんので、OKなタイミングとNGなタイミングをそれぞれ知っておき、上手に電話をかけていきましょう。

土日

就活をしていると平日は忙しくなかなか連絡が取れない場合も多いですが、土日であれば自由な時間が持てることも多いです。そのため土日に企業に電話をかけようと考えている人は多いですが、これはNGとなる可能性が高いです。企業でも土日が休みであることは多く、基本的には電話をかけても誰も出てはくれません。

かける意味がありませんし、仮に休日出勤などで電話に出たとしても手間をかけてしまいますので、マイナスの印象を与えてしまいます。企業によっては平日が休みの場合もありますので、その場合は土日にかけても問題はありませんが、基本的には土日は電話に出ないものと考え、平日に連絡するようにしましょう。

休日

土日以外の休日でも、基本的には誰でも出ませんので、電話をかけても意味はありません。企業の人が出なければ電話をしても用件を伝えることはできませんし、仮に留守番電話に繋がったとしても、休日にメッセージを残すのはよくありません。

就活生は自由なスケジュールで動くことができますが、企業の場合はそうもいきませんので、基本的には企業の動きに合わせて連絡をする必要があります。企業の都合を考えずに連絡をしてしまうことで、自分勝手な印象を与えてしまう可能性が高く、マイナス評価になってしまう可能性も高いです。

休日は電話をかけても無駄になることが多いので、就活中の貴重な時間を無駄にしないためにも、休日には電話をかけないようにしましょう。

初回公開日:2018年01月31日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests