Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月12日

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

会社説明会で質問をしたことはありますか?就活には欠かせない会社説明会ではしっかりと質問をしていくことが大切です。説明会での質問次第で就活を有利に進めることもできますし、最適な質問を考えていきましょう。今回は説明会での質問についてご紹介します。

会社説明会とは?

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

就活ではさまざまな対策を行わなければなりませんが、その中の一つとして企業研究が非常に重要です。企業研究は企業のことを知ること、企業の事業内容や仕事内容、求められる人材像などさまざまなことへの理解を深めることです。

企業についてしっかりと知っておかなければ、企業への入社意欲の高さや志望度の高さをアピールすることはできません。就活を攻略するためには、企業研究は欠かせないものであり、企業研究の一環として会社説明会が挙げられます。

会社説明会とは、企業が自社について説明をしたものであり、ほとんどの企業が開催している就活のイベントです。企業を知るためには会社説明会に参加することが大切ですが、会社説明会にはさまざまな種類があります。それぞれの特徴などを知り、会社説明会への理解を深めていきましょう。

企業独自説明会と合同説明会

会社説明会の種類としては、企業独自のの説明会と合同説明会の大きく二種類に分けられます。企業独自の説明会とは、企業が主催している説明会であり、企業や貸し会議室などで行われることが多いです。

また大学内で行われる場合もあり、一つの企業が自社についての説明を行います。対して合同説明会は複数の企業が集まって同時に説明会を開催しています。広い会場に何十社もの企業が集まり、それぞれのブースごとに説明会がおこなわれます。

人気の企業であれば参加ができない場合もありますので、注意しなければなりません。合同説明会の場合は、一つの企業について集中して聞くというよりは、複数の企業を見ていくことになります。就活の選択肢を広げたいのであれば、合同説明会への参加がおすすめです。

会社説明会で好印象を残す質問の仕方とマナーは?

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

会社説明会は参加することで企業研究を進めることができますし、就活に役立てることができます。しかし会社説明会に参加するメリットはそれだけではなく、質問次第で好印象を獲得し、選考を有利に進めることができます。

説明会は企業の担当者が企業の概要などを説明して進んでいきますが、説明会の最後には質問の時間が設けられていることが多いです。質問をしておくことで、自身の疑問を解決することができ、就活に役立てることもできます。

適切な質問をすることで、さらに企業の理解を深めることができますが、質問の仕方によって好印象を与えることができれば、さらに就活を有利に進めることができます。説明会における好印象を残す質問の仕方とマナーを知っておきましょう。

質問時の言葉遣い

説明会で好印象を残す質問のマナーとしては、まずは言葉遣いに気をつけましょう。就活では社会人としての言葉遣いができているかも評価の対象であり、それは面接に限ったことではありません。

説明会の質問時の言葉遣いも評価の対象となっていますので、正しい言葉遣いで質問できるようにしておかなければなりません。質問をすることで、他の学生よりも目立つことができますし、質問次第では好印象を残すこともできますが、言葉遣いが悪ければすべてが台なしになってしまいます。

どれだけ質問が良い印象を与えることができるものだとしても、言葉遣いが悪ければそれだけマイナスの印象を与えてしまいますので、注意しなければなりません。言葉遣いは就職後にも必要になりますし、説明会の質問でも好印象を与えられるように、正しく身に付けておきましょう。

質問時の名乗り方

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

説明会の質問で好印象を残すためには、名乗り方も大切です。説明会で質問をする場合は、まずは挙手をして、企業の担当者から指名されれば質問をすることができます。このときにいきなり質問を切り出すのではなく、まずは名乗ってから質問へと移ることが大切です。

いきなり質問をしてしまうと、常識が身に付いていないと評価される可能性がありますし、それがマイナスの印象につながってしまう場合もあります。質問時での名乗り方としては、大学名、学部名、氏名などを伝えていきます。

またさらに好印象を与えるのであれば、名乗るときに「貴重なお話しありがどうございました」など、一言付け加えるとより丁寧な印象を与えることができます。質問時には丁寧に名乗って、好印象を与えていきましょう。

質問に対する回答の聞き方

説明会の質問時に好印象を与えるためには、質問の内容をしっかりと練り上げ、適切な質問をすることが大切です。しかし好印象を与えるためには質問の仕方だけではなく、質問に対する企業の担当者からの回答の聞き方にも注意しなければなりません。

質問をしたからと油断してしまうとマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。説明会で質問をするときは、その場で立ち上がって質問をしますが、企業の人が回答している間は立って待つようにしましょう。

担当者から「どうぞお座りください」などの声がかかれば「失礼します」と言って座ります。特に何も言われなければ立ったまま聞くようにしましょう。回答を聞いているときも、時折うなずくなど、積極的に聞いている姿勢をアピールしていくことが大切です。

業種別会社説明会で好印象を与える質問集とタブー例は?

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

説明会で好印象を与えるためには、質問の仕方や質問時のマナーなどに注意しなければなりませんが、さらに好印象を与えるのであれば、質問についてもしっかりと考えておく必要があります。説明会での質問はただすればいいというものではなく、適切な質問、鋭い質問をすることが大切です。

質問内容が良ければ業界や企業への理解が高いと評価されたり、企業への興味が強いと感じてもらうことができます。反対に質問内容が悪いと、適当な印象を与えてしまい、質問したにも関わらずマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

説明会で好印象を与えるためには、質問内容をしっかりと練り上げなければなりません。業種別の会社説明会で好印象を与える質問集とタブー例を知って、説明会で上手に質問していきましょう。

生命保険

生命保険会社の説明会で好印象を与える質問としては、企業の将来的な保険商品の展開についてなどが挙げられます。生命保険の会社は生命保険をはじめとして、さまざまな保険を商品として、事業を展開しています。

企業によって保険の違いや特徴はさまざまですし、それらの今後の展開について質問することで、企業への意欲の高さを伝えることができ、好印象です。タブーな質問としては、企業の保険商品について説明を求めることが挙げられます。

生命保険などはややこしいものも多く、保険に対しての知識がなければ正しく知ることは難しいです。しかしそれを説明会で聞いてしまうと、自身で勉強する気がないと思われ、勉強意欲のないだらしない印象を与えてしまう可能性がありますので、注意しなければなりません。

ホテル

ホテルの説明会で好印象を与える質問としては、インバウンドの対応も含めた、今後のサービスの展開などが挙げられます。ホテル業界は訪日外国人観光客の増加によって、好調に推移している業界であり、売上高を伸ばしている企業は多いです。

しかし一方で増加し続けるインバウンド客の対応が課題となることも多いですし、従来より獲得していた国内の利用客との住み分けも課題となっています。対応に追われえている企業は多く、それらの展開について質問することが好印象を与えることができます。

タブーな質問としては、ホテルのサービスそのものについてが挙げられます。ホテルのサービスについては、ホームページを確認すればわかることですし、わざわざ説明会で質問することはではありません。説明会に参加する前に調べておかなければならないことでもありますので、タブーな質問です。

公務員

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

公務員の説明会で好印象を与える質問としては、働く対象となる地域の雰囲気や土地柄としての特徴についてが挙げられます。公務員は地域に密着して働くことになりますし、地域住民といかに良好な関係を築くことができるかが大切です。

地域の住民からの信用を失ってしまうと、業務を進めていくことが難しくなってしまいますし、説明会の時点で地域についての特徴を知っておくことで、仕事に対しての真剣度ややる気の高さをアピールすることができます。

タブーな質問としては給料などの待遇面についてです。公務員は安定しているイメージも強いですし、安定を求めて就職を決める人も多いです。本心では安定を求めていたとしても、説明会で待遇などの質問をしてしまうのは、印象が悪くなりますのでやめましょう。

IT

IT企業の説明会で好印象を与える質問としては、今後の経営戦略や事業展開についてなどが挙げられます。IT業界は常に成長を続けている業界であり、先を見据えて時代を先取りして革新を進めていかなければなりません。

常に前を向き、何事にも興味を持ってチャレンジ精神旺盛であることが求められますので、企業の今後について具体的な質問をすることで好印象を獲得することができます。タブーな質問としては、過去の実績などについて尋ねることが挙げられます。

IT業界では常に前を向いていることが大切ですし、過去の実績については企業のホームページを見れば確認することができます。説明会に参加する前に調べておく必要がある情報ですし、わざわざ説明会で聞くべき内容でもありませんので、質問するのはやめましょう。

アパレル

アパレルの説明会で好印象を与える質問としては、自社ブランドの今後の展開や獲得すべき顧客層についてが挙げられます。アパレル業界において最も大切なのは自社ブランドであり、それがいかに他のブランドと差別化が図れているか、獲得すべき顧客層を得ることができているかが重要です。

企業にとっても重要となる課題でもありますので、それらについて質問することで、企業への関心の高さをアピールすることができます。タブーな質問としては、企業の自社ブランドそのものについてが挙げられます。

自社ブランドを大切にはしていますが、説明会でブランドについて説明してもらうのはよくありません。ブランドの特徴などについては説明会以前に知っておく必要がありますので、調べた上でわからないことを質問するようにしましょう。

看護

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

看護の説明会で好印象を与える質問としては、志望する病院の看護の方針についてが挙げられます。看護師として働く場合、どの病院で働く場合もやるべきことは同じです。看護が必要な患者に対して、適切な処置を行っていくのが看護師の役目です。

しかしやることは共通しているものの、看護の方針は病院ごとに違います。方針が違えば業務の取り組み方なども変わってきますし、説明会の時点で聞いておくことで、仕事への熱意をアピールすることができます。

タブーな質問としては、仕事の内容や待遇などについてが挙げられます。看護師は激務であることが多いですが、説明会でそれらについて質問してしまうと、仕事への意欲が低いと評価される可能性がありますので注意しましょう。

CA

CAの説明会で好印象を与える質問としては、顧客に対してのサービスの考え方が挙げられます。CAは飛行機内でのサービスを提供することが主な仕事ですが、求められるサービスの質は非常に高いです。

サービスの捉え方は人によって違いますので、担当者の回答を聞き、価値観を広げておくことで好印象を与え、かつ自身の就活にも役立てることができます。タブーな質問としては、仕事内容についてが挙げられます。CAは飛行機内でのサービスをする仕事というイメージは強いものの、漠然としたイメージだけで明確な仕事内容を知らない人は多いです。

仕事内容については企業研究などを徹底していればわかることですし、説明会で聞いてしまうと準備不足な印象を与えてしまいますので、注意しましょう。

建築

建築の説明会で好印象を与える質問としては、東京オリンピック以降の企業の展望、業界の展望などが挙げられます。建築業界は2020年の東京オリンピック開催に向けた再開発などで需要が拡大し、業界としても順調に推移しています。

しかし東京オリンピック後の見通しは立っていませんので、それについて企業の考えを聞いておくことで、業界や企業への関心が強いことをアピールできます。タブーな質問としては、仕事内容についてが挙げられます。

建築業界も詳細な仕事内容がイメージしづらい業界ではありますが、それは説明会前に事前に調べておかなければならないことです。説明会で聞いてしまうとマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いので、充分に注意しましょう。

会社説明会で好印象を与えつつ聞きたいことを質問するコツは?

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

会社説明会では、適切な質問、鋭い質問をすることで好印象を与えることができますが、好印象を与えることばかりを考えていると、本当に聞きたいことが聞けない場合もあります。説明会の質問タイムは貴重ですし、好印象を与えることばかりを意識して、疑問が残ったままでは意味がありません。

せっかく好印象を与えても疑問が残ったままでは選考を有利に進めることはできませんし、場合によってはその疑問が失敗の原因になってしまう可能性もあります。説明会ではしっかりと聞きたいことを聞き、かつ好印象を与えることが大切です。

聞きたいことを質問したとしても、好印象を与えることはできますので、質問時のコツをしっかりと学び、疑問を解決しながら好印象を与えていきましょう。

産休

産休について質問し、かつ好印象を与えるためには産休の取得者や職場復帰率などを聞くようにしましょう。産休は子育てをする人にとっては大切な制度ですし、直接聞いたとしてもマイナスの印象を与えることはありません。

しかし好印象を与えるためには、産休取得後の職場復帰の意欲があることをアピールすることが大切ですので、職場復帰率についても聞いておく必要があります。産休取得者が多くいれば産休を取得しやすいですし、職場復帰率が高ければ、それだけ働きやすい企業であると言えます。

もちろんすべての人が復帰しているわけではなく、そのまま退職する人もいます。産休の取得者数と職場復帰率から考えて、出産を経ても本当に働くことができるか、働きやすい企業であるかを考えていきましょう。

育児休暇

育児休暇についての質問も産休と同じで直接聞いたからといってマイナスの印象を与えることはありません。単純に制度について気になるだけであればストレートに質問することが大切です。質問をして好印象を与えたいのであれば、これも職場復帰率について聞いておくことが大切です。

また育児休暇と並行して、子育て支援の制度はあるか、小さな子供がいても安心して働ける環境が整っているかも確認しておきましょう。育児休暇に関係する具体的な制度について聞いておくことでも、職場復帰の意志が強いことをアピールできますし、仕事への熱意のアピールにもなりますので、それらも含めて質問していきましょう。

福利厚生

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

福利厚生は企業の募集要項などからも確認できますので、説明会で直接聞いてしまうと下調べができていないとして、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。福利厚生について聞く場合は、まずはしっかりと募集要項などを確認した上で、本当にわからないことだけを聞くことが大切です。

企業によっては独自の福利厚生を準備している場合もありますし、他社にないものであれば、聞いても問題ないケースもあります。福利厚生について質問して好印象を与えるのであれば、その企業にしかない制度について質問し、企業への関心が高いことをアピールしていきましょう。

勤務地

説明会で勤務地について直接質問してしまうと、入社後の希望があったり、勤務地によっては仕事に対しての不満を覚えてると思われる可能性もありますので、注意が必要です。勤務地については直接聞いてしまうとマイナスの印象につながる可能性が高いので、入社後のキャリアプランなどを聞き、その際の異動や転勤についてを尋ねるといいでしょう。

キャリア形成の一例を聞くことで、入社後の働き方を明確にイメージすることができますし、就活を進める上でも役に立つ場合が多いです。説明会の時点で入社後を見据えた質問をしておけば、企業への仕事への意欲が高い、成長意欲が高いと評価されますので、好印象を獲得することができます。

休日

説明会で休日について尋ねる場合は、直接聞いてしまうと仕事への意欲が低いと評価されてしまう可能性がありますので注意しましょう。休日について聞きたい場合は、先輩社員の一週間のスケジュールなどを聞いてみるのがおすすめです。

一週間のスケジュールを聞くことで、いつが休日なのか、どれくらい休みが取れるのかが分かりますし、入社後の働き方もイメージしやすくなります。仕事に対しての理解を深めようとしていると評価される可能性も高く、就活を進める上でも企業研究の役に立ちますので、おすすめの質問です。

研修

研修については仕事で活躍し、成長するためには欠かせないものですので、直接質問したとしてもマイナスの印象を与えることはありません。好印象を獲得するためには、研修についての質問にプラスして、資格を取得することを後押しする制度はないかなどを聞いてみるといいでしょう。

企業によっては通常の研修だけではなく、希望者を対象とした資格取得支援の研修も行っている場合があります。対象となる資格は企業の仕事に役に立つものですし、それらの取得に対して前向きな姿勢を示しておくことで、仕事への意欲の高さをアピールすることができます。

企業で成長し、活躍したいという気持ちのアピールにもなりますので、高評価につながる場合も多いです。

会社説明会では質問が重要

会社説明会の質問の仕方とマナー・好印象を与える質問集

会社説明会での質問のマナーや好印象を獲得できる質問について紹介しましたが、会社説明会を就活に役立てるためには、どんな質問をするかが重要です。説明会に参加するだけでも企業研究の役に立ちますし、就活をスムーズに進めることはできますが、説明会で質問をすれば、企業の担当者の印象に残ることができます。

説明会で好印象を残しておけば、プラスの評価につながり、選考を有利に進めることができます。反対に質問しても内容が悪ければマイナスの印象を与え、選考でも不利になってしまいます。

会社説明会を就活で役立てられるかどうかは、質問によって決まりますので、企業ごとに好印象を与えられる質問を考えておき、説明会を上手に活用していきましょう。

Latests