Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月24日

会社説明会で押さえるマナー・最低限の持ち物・良い質問のコツ

会社説明会についてのマナーとはどのようなものでしょうか。また、参加する際にどのような準備が必要なのでしょうか。会社説明会を有意義に過ごすかどうかはポイントを押さえているかいないかで変わってきます。就職活動をスムーズに進めるコツをご紹介します。

会社説明会を参加するにあたってのマナーとは

就職活動が解禁されると、必ず会や説明会に参加する機会があります。選考は面接や書類だけだと思われがちですがそうではありません。会社説明会の時点で選考は始まっています。

しっかりとマナーをわきまえて会社説明会に参加するようにしましょう。その際のポイントを紹介していきます。

受付から選考は始まっている!

最近の会社説明会は、就活支援サイトや人材会社が運営しているサイトから予約するパターンがほとんどです。

会社の方は、仕事があるにも関わらず就活生のために会社説明会を開いています。そこで、忘れてはいけないのは感謝の気持ちです。

ネットで予約をしたといえども、必ず受付の方はいらっしゃいます。その時に名前と大学名、どのサイトから予約したかなどを聞かれますので、簡単にあいさつをしましょう。これがあるのとないとではかなり印象が変わり、その後の会社説明会に臨む姿勢も変わってきます。その際に感謝の気持ちを伝えるのもマナーの一つです。

《例》○○大学からきました××と申します。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

質問という絶好のチャンスを逃すな!

ある程度会社の説明が終わった後、必ず就活生に向けて質問を受ける時間というものがあります。本格的な選考が始まって、会社について質問をする機会はほとんどありません。会社説明会に参加する理由は質問の時間だと言っても過言ではありません。

そのため、しっかりと質問をしましょう。もし質問をするのが得意ではない人はあらかじめ何を質問するか考えておきましょう。せっかくの質問の場で何もないとなると、マナー的にもあまり良くありません。

マナーのあるあいさつでインパクトを与えよう!

会社によっては二、三人ほどの就活生と会社の人とで簡単なグループワークをする時間を取ることがあります。その際にもあいさつをするのがマナーです。大学名と名前を簡潔に述べましょう。

あいさつをするのはもちろん礼儀としての面もありますが、会社説明会の場合は自分の名前を覚えてもらう意味でも重要です。先ほど会社説明会から選考は始まっていると述べましたが、それがここにつながってきます。

しっかりとあいさつをして名前を覚えてもらえば、実際の面接で他の人よりもリードすることができます。印象に残るように覚えてもらうことが大事ですが、あまりハメを外してふざけすぎないようにしましょう。マナーと節度を守り話すのが大切です。

身だしなみのマナーは大丈夫?

会社説明会に参加する際の服装は、黒スーツが一般的です。カバンも黒に統一した方が見栄えがよくなります。これは基本的なマナーです。

もし寒い場合はスーツの上からジャケットや上着を羽織りましょう。無理してスーツを着て行って風邪をひき、体調を崩してしまうと元も子もありません。しかし、会社に入るときは上着は脱ぎ手に持つようにしましょう。上着を着たまま入ってしまうのはマナー違反です。それ以外は体調に合わせて着用しましょう。

また企業によっては、私服で会社説明会に参加する場合があります。その際も友達と遊びに行く服装ではなく、マナーのある恰好を心がけましょう。

服装ももちろんですが、立ち振る舞いにも注意が必要です。会社の方も説明会会場付近を歩き回っている可能性があります。ケータイを見ながら歩いていたりするのを見られるとそこで減点となってしまうケースもありますので、気を引き締めましょう。

ルート確認を怠らないように!

就職活動を始めてから、行ったことのない場所へ行くということが増えてきます。そのため会社説明会の会場がどこにあるか分からず遅刻する場合があり得ます。会社説明会に遅刻するのはマナー違反です。そのようなことにならないように事前にしっかりルートを確認しておきましょう。もし不安なようであれば会社説明会本番前に一度訪ねておくも手です。

また、一日に二社以上受ける日は会場周りのお店も把握しておく必要があります。例えばお昼をどこで食べれば効率が良いか、時間が余った時にどこで過ごすかなどをチェックしておくとスムーズに進めることができるでしょう。

どこから行けばいいの?合同説明会を回りきるコツ

会社説明会は単独のものと複数の企業が一気に集まる合同説明会があります。合同説明会では10社以上の企業が参加している場合がほとんどです。そのため、ぶっつけ本番でどの会社の説明を聞こうか決めることはかなり難しいです。

たくさんいるから適当にすればいいというわけではありません。合同説明会も会社説明会だと肝に銘じ、マナーを守って行動しましょう。

合同説明会のサイトで当日参加する企業の名前が記載してありますので、必ず確認をしておいて下さい。そして説明を聞く企業を二、三社ほどあらかじめピックアップしておきましょう。こうすることで効率よく回ることができます。

企業が多数参加するため、もちろん就活の数も単独の会社説明会よりも多いです。また一斉に動き始めるのでかなり体力を削られます。疲れてしまい行きたかった企業の説明会に行けなかった、ブースには行ったがしっかりと話を聞けなかったと後悔しないように前日はしっかり休みましょう。

就活生の数は多いですが、それぞれのブースは小規模です。就活生が四、五人ほどで10分の説明という形が主ですので企業の方と話をしやすいです。もし合同説明会で興味を持った企業があれば、マナーを守り単独説明会にも参加してみましょう。

会社説明会で最低限持っていくものは?

事前に会社説明会に向けて持ってくるものを指定している企業もありますが、ほとんどの場合は書かれていません。その際に「何か持ってくるものはありますか」と質問するのは少し非常識でマナーがなっていません。

ここからは最低限必要になるものを紹介していきます。

これがないと始まらない 筆記用具一式

筆記用具は必ず持って行きましょう。これを忘れては話になりません。

就活の際に使うバッグと普段使うカバンを分けておき、就活に使うバッグに入れておくペンケースを別に作っておくと忘れる心配がありません。派手なペンケースではなくシンプルでペンなどを取り出しやすいものにしましょう。

筆記用具を持ってきていないということはその会社に興味がないといっているのと同じです。マナーとして必ず準備しましょう。

《最低限あると助かるペンケースの中身》
・シャープペンシル二、三本
・消しゴム(予備を含め2個ほど)
・赤ペン
・黒マジック
・定規
・修正ペン

シャープペンシルや消しゴムは必須ですが、赤ペンなどの色付きペンも必ず持って行きましょう。企業の方の話で大事だと思う箇所は色を変えて書き留めておくと後で見直す時に分かりやすくなります。

その時、赤ペン黒ペン青ペンと色が増えるとかさばってしまうので、三色ペンをオススメします。

書くものがあれば記すものを メモ帳

メモ帳も必須な物です。マナーであるといってもいいでしょう。就活生が興味をもってくれていると、企業の方にアピールする意味でも必要となります。

他にあれば良いものとしてはスケジュール帳が挙げられます。次の選考についての予定などすぐに確認することができます。もし普段からスケジュール帳を持っていない人はこの機会に買いましょう。

社会人としてスケジュール帳を持ち歩くのはマナーでもあります。

最低限の身だしなみ ハンカチ類

もしお手洗いに行った時、手を拭かずにいるのは非常にマナーが悪いです。男女問わず一枚はカバンの中にいれておきましょう。手を拭く他にも咳き込む場合には口を抑えたりなどさまざまな場面で役に立ちます。

また、ハンカチは派手なものではなく、シンプルなものにしましょう。そうすれば清楚なイメージが際立ちます。

あれば役立つものリスト

その他にあれば役立つものを紹介します。

・飲み物
基本的にはお茶が好ましいです。乾燥して喉を傷めないようにしましょう。また会社説明会の最中はカバンの中にいれておくのがマナーです。

・ケータイのバッテリー
もしなにかトラブルがあった際にケータイの電源が切れて連絡ができなかったというケースがあります。外出する前に充電を確認しておくのはもちろんですが、それでも不安な場合はモバイルバッテリーを持ち歩きましょう。

・折りたたみ傘
たとえ予報が晴れでもいつ雨が降るかはわかりません。会社説明会にはスーツを着ていくことが多々ありますので、もしもの時のためにおりたたみ傘を常備しておきましょう。濡れた状態で会社説明会に参加するのは非常にマナーが悪いです。

会社説明会においての質問のコツ

会社説明会で押さえるマナー・最低限の持ち物・良い質問のコツ

会社説明会において必ず行われるのが質疑応答の場面です。この時のために入社1年目の方が来ている場合があります。質問の時間にもマナーが存在しています。そのマナーをしっかり押さえておきましょう。

ここからは会社説明会における質問について述べていきます。

なぜ質問をするの?

それではなぜ会社説明会で質問をするのか、その理由は二つあります。

その一つは、自分の知識のためです。企業のホームページやサイトだけでは、雰囲気などを感じることはできません。ある程度の知識を得ることできますが、やはりそれだけでは心許ないです。

疑問があるのであれば良い機会ですので気が済むまで質問をしましょう。そうすることで企業の方に自分の思いを伝えることもできます。しかし、他の人がいるのに何度も質問するのはマナー違反ですので気をつけましょう。

二つ目の理由は実際に会い、話をすることでその企業の色を感じるためです。会社の説明は例年ほぼ同じことをしています。しかし質問というものはその場その場で変わってきます。そのため企業の方の素の反応を見ることが可能です。企業選びのポイントとしても見ておきましょう。

質問をする目的

質問をする目的は、他の企業との違いを見つけるためです。同じ業界では、ネットの情報だけで異なる点を見つけるのは困難です。面接や履歴書にて述べる志望動機では、その企業の特色をしっかり掴んでおく必要があります。

質問をする際に、同じ業界であれば全く同じ質問をしてみましょう。必ず同じ解答が返ってくることはほとんどありません。そこから違いを見つけ、自分がしたいことと合っているか照らし合わせていきましょう。

有意義な会社説明会にしよう!

会社説明会は自分が受けたいと思う企業のことを知ることができる貴重な機会です。今だけしか開催していない企業もたくさんあります。少しでも気になった企業があれば積極的に参加しましょう。

就職活動の第一歩が会社説明会に出向くことです。その際にはしっかりとマナーをわきまえて行動しましょう。

Latests