Search

検索したいワードを入力してください

採用担当の宛名の敬称・御中と様の使い分け・宛名が複数の場合

更新日:2020年05月27日

御中は、組織や団体に対して、様は個人名に対して使われる敬称です。採用担当者名がわかっている場合は様を、採用担当者名がわかっていない場合は御中を使います。敬称を正しく使うことは、社会人として知っておくべき常識の一つなので、使い分けられることは大切なことです。

正しいのはどれ?採用担当の宛名の敬称 御中など

採用担当者に履歴書を送る際、宛名の書き方には注意を払わなければなりません。特に、迷いやすいのは、御中など敬称の使い分けです。この使い分けが正しくできていないと、社会常識がない、もしくは細かいところにまで気配りができないとみなされ、採用担当者によって不採用とされてしまうこともあります。

そうならないためにも、ここでは御中などの敬称をどのようなときに使うのか、正しい使い分け方を紹介していきます。

御中

「御中」とは、相手がはっきりしない場合に、その組織や団体全体に対して使われる敬称です。具体的な採用担当者名がわからないときに使われます。宛名が「御中」と書かれていると、組織全体に対して送られるものとなるため、その組織に属している人であれば、誰が開けるかわかりません。

そのため、「御中」と書かれた封筒に入れる書類は、誰が見ても問題のないものにしなければなりません。

個人に宛てた書類を封入する場合は、宛名のところに「御中」ではなく、採用担当者の氏名を書くようにしてください。「御中」では、採用担当者ではない人に、封筒を開けられてしまう可能性もあります。

殿

殿は、一般的には役職名の後につけられます。また、役職名でなく、個人名で会っても公用文の場合は、殿を使うことができます。役職名の使い方は「○○株式会社 人事部長殿」のように書きます。個人名の場合も同じように「○○株式会社 人事部 田中一郎殿」と書くことができます。

「行」は、基本的には目上の人が目下の人に対して用います。一般的には、返信用封筒を同封する際に、自分への宛名を「行」として記すことが多いです。

そのため、採用担当の方から送られてきた返信用封筒に、すでに宛名が「行」となっている場合は、「行」に二重線を引いて、宛名に合わせて「御中」「様」「殿」などに書き換えなければいけません。この作業を怠ると、社会常識がかけていると考えられてしまう可能性もあるので、必ず訂正することを忘れないようにしてください。

「宛」は、封筒に書くことはできません。「行」と同じように使われがちですが、「宛」は宛名に使うものではなく、同封する送付状などに使われます。採用担当者に送る封筒に「宛」を使うことのないよう注意が必要です。

様は、目上や目下にかかわらず、また男女関係なく用いることができる一般的な敬称です。個人名のみの場合は「田中一郎様」、会社名や役職などをつける場合は「○○株式会社 寺院時部長 田中一郎様」のように書きます。役職名に直接「様」をつけることはできないので、注意が必要です。

御中と様の使い分け

これまでにも書いたように「御中」は、組織や団体に対して使われる敬称です。それに対して「様」は、個人名にあてて使われる敬称です。採用担当者の氏名がはっきりしている場合は「○○株式会社人事部田中一郎様」と「様」を使います。一方、採用担当者の氏名がはっきりしていない場合は「○○株式会社人事部御中」と「御中」を使います。

また「御中」と「様」を同時に使うことはできません。「○○株式会社人事部御中田中一郎様」と書くことはできないので、採用担当者の氏名がはっきりしている場合は「御中」を使わないで「○○株式会社人事部田中一郎様」と「様」のみを使うようにしましょう。

宛名が複数の場合の書き方

宛名が複数ある場合は、会社名は最初に一回書けば十分ですが、採用担当者の個人名それぞれに対して敬称をつけるようにします。「○○株式会社人事部 田中一郎様 伊藤愛様」のように書きます。

また、役職がはっきりしている場合は役職の高い順で書くようにしてください。「○○株式会社人事部長田中一郎様 課長伊藤愛様」と名前の前に役職をつける場合は氏名の後に「様」を使います。一方、「○○株式会社人事部田中一郎部長 伊藤愛課長」と役職を名前の後につける場合は「様」を使わないで役職のみとします。

採用担当の宛名の正しい書き方と例文

これまでに書いてきた人事部に対しての宛名の書き方を、ここで一度例文とともに紹介していきます。

「御中」は、組織や団体に対して用いる敬称です。個人名には使うことができません。
・○○株式会社人事部御中
・○○株式会社人事部採用担当御中

「様」は、個人名に対して用いる敬称です。個人名がはっきりしていない場合は、使うことができません。
・○○株式会社人事部田中一郎様
・○○株式会社人事部長田中一郎様
・○○株式会社人事部採用担当田中一郎様

「殿」は「様」よりも丁寧な表現です。使い方は「様」と同じです。「行」は、目上の人が目下の人に対して使うことができるものであるため、採用担当者に送る場合は使うことができません。「宛」は、封筒に入れる送付状などに使うものであって、封筒に書く宛名に使うことはできません。

人事課

宛名が人事課の場合を紹介していきます。

採用担当者がはっきりしていない場合は「御中」を使います。
・○○株式会社総務部人事課御中
・○○株式会社総務部人事課採用担当御中

採用担当者がはっきりしている場合は「様」を使います。
・○○株式会社総務部人事課田中一郎様
・○○株式会社総務部人事課採用担当田中一郎様

総務課

初回公開日:2017年11月25日

記載されている内容は2017年11月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests