Search

検索したいワードを入力してください

アインシュタインの性格とは?生い立ち・エピソード・功績も紹介

更新日:2022年09月08日

アインシュタインにまつわる数々のエピソードはご存知でしょうか。本記事では、アインシュタインの性格を理解するエピソードをはじめ、生い立ちや功績などについて紹介しています。アインシュタインに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

「今のまま仕事を続けて、自分の人生はこれでいいのだろうか?」
「転職しようと思うんだけど、不安を感じて踏み切れない」
「私の性格にぴったりの仕事って、どんな職種なの?」
このように自分の進路や性格について悩みや不安を抱いてる方は多いのではないでしょうか。

人にはそれぞれ性格があり個性がありますから、一概にこの仕事が向いているとは言えません。

そのような時に参考になるのが先人たちの生き方です。彼ら偉人たちの生い立ちや性格をみれば、それぞれに苦悩し、不安を克服し、成功を勝ち得たことがわかるでしょう。

本記事では世界的な偉人のアインシュタインを取り上げ、彼の経歴や生い立ち、性格などにアプローチしています。重要なのは、彼がいかに人生を切り開き、壁を乗り越えたのかという軌跡です。

この記事を読めばアインシュタインの知られざる性格がわかり、仕事への悩みや不安に立ち向かうヒントが得られますのでぜひ参考にしてください。

アインシュタインとは

アインシュタインはドイツで生まれたユダヤ人の物理学者で、スイスの特許庁に勤めながら仕事の合間に研究していた理論を次々と発表して、「相対性理論」によって世界的に有名になりました。

その他にも数々の理論を生み出し、世界の科学の発展に大きな貢献を果たしています。晩年に力を入れたのは核兵器の廃絶や科学技術の平和利用です。アインシュタインには様々なエピソードがあり、今でも多くの人々が彼の生い立ちや性格に興味を抱いています。

アインシュタインのプロフィール

アルバート・アインシュタインの出身地はドイツのウルム市で、1879年3月14日に生まれました。亡くなったのは1955年4月18日で、享年76歳でした。

1901年(22歳)にはスイス国籍を取得し、23歳でスイス特許庁に就職します。働きながら研究を続け、物理学の常識をくつがえした「光量子仮説」「特殊相対性理論」「ブラウン運動の理論」を発表したのは1905年(26歳)です。

1916年(37歳)には「一般相対性理論」を発表しています。

アインシュタインの経歴

アインシュタインは76年の生涯で数々の功績を残しました。天才といわれますが、一体どのような性格だったのかとても興味があるところです。

ここでは、幼少期、小学生から大学生の時期、特許庁で働いていた時期、大学教授になってノーベル賞を受賞した時期の4つのパートに分けて彼の経歴を紹介します。

経歴を追っていく中から、アインシュタインの性格が浮かび上がるでしょう。

羅針盤に夢中になる幼少期

アインシュタインの性格で興味深いのは幼少期で、この時期に自然界や科学に興味を持つようになり、後生の大発見につながっていきます。

アインシュタインは幼少期から天才だったわけではなく、まともに言葉を話せず、両親はとても心配していたそうです。ところが、5歳頃に父親から与えられた羅針盤(コンパス)に興味を持ち、それが彼の原点になりました。

アインシュタインの数々の理論はこの羅針盤への興味から始まったと言えるでしょう。

小学生~大学生まで

アインシュタインは父親からできそこないと思われていました。また学校の教師からも、大人になってもたいした人間にはならないだろうと言われていたのです。

しかし9歳の時にピタゴラスの定理の証明に夢中になって、その証明に成功してからは数学の才能を開花させ、12歳でユークリッド幾何学に取り組み、微分学や積分学を独学で学びました。

一方でスイスのチューリッヒ工科大学の受験は苦手分野で失敗するなど、天才性と非天才性の両極端の性格を抱え込んでいます。

大学卒業後は特許庁に就職

物理や数学では天才性を発揮するアインシュタインですが、授業に出なかったり、爆発事故を起こして教授と対立したりする問題のある性格で、大学の研究室には残りませんでした。

大学卒業後は知り合いの勧めでスイスの特許庁に就職し、結婚して子供を授かり、私生活は充実しています。

特許庁で働きながら研究を続け、1905年には一躍アインシュタインの名前を高めた「ブラウン運動の理論的解明」「光量子仮説」「特殊相対性理論」などの重要な論文を発表しました。

大学教授となりノーベル文学賞受賞

世界が注目した論文の発表後は30歳で特許庁を辞め、母校のチューリッヒ工科大学の助教授へ、さらにプラハ大学の教授を経て35歳でベルリン大学の教授に就任します。

そして37歳の時に「特殊相対性理論」を発展させた「一般相対性理論」を発表、1921年(42歳)にはノーベル物理学賞を受賞しました。

ユダヤ人だったアインシュタインはドイツにナチス政権が誕生するとアメリカへ逃れプリンストン高等研究所の教授に就任して研究を続けます。

アインシュタインの性格

次のページ:アインシュタインの性格を理解するためのエピソード

初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests