Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月02日

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

この春から新社会人や新生活で一人暮らしをする方のために、季節別の洗濯にかかる時間や血液よごれの洗濯の仕方などについて、こちらに書いてみました。集合住宅でおすすめの洗濯する時間帯も調べてみました。ぜひこちらを参考に新生活も頑張ってください。

時間が経った血液の洗濯にかかる時間は?

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

時間が経ってしまった血液の汚れは、なかなか落ちないのではないでしょうか。お子さまをお持ちの方ですと、転んでしまって洋服に血液や鼻血を出してしまい、派手に洋服やお布団などにつくことが多くありませんか。

すぐに洗濯ができるといいのですが、忙しい朝や気が付かずにそのままなど、時間が経ってしまうと血液はなかなか手ごわい汚れです。見た目も少し目立ちますし、お気に入りの洋服などにつくと、洗濯して落としたいのではないでしょうか。

時間が経った血液は、普通に洗濯しても落ちません。ほんの少し手をかけてあげましょう。普通の洗濯時間にプラス10分ほどの時間と手をかけてあげると、血液よごれも目立たない程度に落ちます。

こちらでは、時間が経った血液の落とし方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

血液よごれの基本の落とし方

時間が経ってしまった血液の落とし方の基本ですが、まず「液体洗濯洗剤」と「粉末の酸素系漂白剤」「使わなくなった歯ブラシ」を準備しましょう。

準備ができたら血液が付いた衣類の間に、タオルや厚めのキッチンペーパーなどをはさみ、他の箇所によごれが移らないようにします。

次に、液体洗濯洗剤と粉末酸素系漂白剤を混ぜ合わせます。混ぜ合わせたものを歯ブラシで軽く塗りましょう。血液よごれの上に混ぜ合わせた洗剤を乗せて、10分ほど置いたら、軽くよごれている部分をこすりましょう。

これだけでもよごれが落ちてきているのではないでしょうか。仕上げに一度、洗濯機で洗濯をしたらOKです。

この方法でもなかなか落ちなかった場合は、また次の方法で試してみてください。

血液汚れにおすすめの洗剤

血液よごれの基本の洗濯方法でもなかなか落ちない場合には、血液よごれ専用の洗剤を使ってみるのもおすすめです。

血液はタンパク質からなるものなので、タンパク質を分解する酵素がはいっている専用の洗剤を使うともっと落としやすくなります。

基本の洗濯方法で全部きれいに落とせなかった場合に、再度専用洗剤で洗うときれいに落としきる可能性もあります。ガンコな血液よごれには、こちらも使用してみてください。

血液汚れがよく落ちるので、大変重宝しています。

出典: https://www.amazon.co.jp |

洗濯を取り込むまでの時間は?

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

みなさんは、どのくらいの時間洗濯物を干していますか。洗濯物を取り込むまでの時間は、どのくらい見積もると良いのでしょうか。

こちらでは、季節別に洗濯物を取り込むまでの時間について調べてみました。お日様の香りがする洋服やシーツはとても気持ちが良く、気分も晴れやかになりませんか。ベストなタイミングで取り込める時間を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

季節別:春は乾燥までどのくらいかかる?

外干しの洗濯物が乾くのには、その日の気温や風、湿度などが大きく関わっており、それにより洗濯物も乾く時間が違ってきます。

一般的に春は、まだまだ気温もそれほど高くなく、午後も長い間干していることもできません。干してからだいたい5時間ほどで乾くとされますが、午前10時や午前11時頃までに干しておかないと晴れていてもなかなか乾かないでしょう。

春は午前中に干して、午後3時までに取り込むのがおすすめです。日が落ち始めると湿気が洗濯物についてしまい、せっかく乾いたのにまた湿り気を帯びてしまいます。乾いたら早めに取り込んでください。

季節別:夏は乾燥までどのくらいかかる?

夏は、洗濯物の外干しに向いている季節です。大きなシーツ類も3時間ほどあればきれいに乾きます。しかし、夏場は気温も高く紫外線も強いので、衣服の繊維も傷むこともあります。乾いたらすぐに取り込むと良いでしょう。

あまり長い間干しておくと、柔軟剤を使用していてもごわつき感がでてきてしまうので、できるだけ早いうちに取り込むことをおすすめします。

季節別:秋は乾燥までどのくらいかかる?

秋もやはり春と同じく気温もそれほど高くないので、洗濯物を干してから乾いて取り込むまでに、5時間ほどかかるとされます。

秋も午前中早めに干し、午後は3時頃までには取り込むことをおすすめします。

季節別:冬は乾燥までどのくらいかかる?

冬は、春や秋以上に洗濯物が乾くのに時間がかかる季節で、洗濯物を干してから乾くまでだいたい6時間ほどかかるとされます。

6時間もかかるとなると、なるべく早い時間から洗濯物を干さないと乾きづらいですが、あまり早くから干しても冬は湿度が高く、それほど早く干す意味もないので、日が昇って少し温まったころ、だいたい午前9時までに干すと午後3時まで干すことができます。

冬も、午後3時ごろまでには取り込まないとまた湿気が戻ってしまうので、乾いたらすぐ取り込みましょう。

また、3時までに乾いてなくともこれ以降の時間帯は外干ししていても乾かないので、部屋に取り込んで部屋干しすることをおすすめします。

洗濯におすすめの時間帯とは?

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

一軒家などに住んでいる方は、洗濯機をまわす時間帯をあまり気にされていない方も多いのではないでしょうか。

洗濯機は意外に音が大きく、騒音レベルは約38~78デシベルです。70デシベルは、電話のベルの音や騒々しい街中と同じレベルの音に値します。

環境庁から定められている基本の数値では、住宅地は日中55デシベル以下、夜間45デシベル以下という騒音レベルの基準が定められており、一般的に40デシベル以下だと静かということです。

このような基準から考えると、集合住宅・アパート・マンションに住んでいる方は、洗濯機をまわす時間帯が気になるのではないでしょうか。

こちらでは、洗濯をするのにおすすめの時間について調べてみました。参考にしてください。

アパート

アパートやマンションなどの集合住宅にお住いの方や洗濯の時間帯で悩んでいる方は、一度契約書を見直してみると、契約書の管理規約などに注意事項としてのっていることもあります。

なかなか契約書の細かい部分まで見ることがなくて見落としてしまいがちですが、洗濯の時間帯について記入されていることもありますので、見直してみてください。

契約書を見直しても特に記載がなければ、一般的には午前7時から午後8時頃までが常識内と考えられます。

とはいえ、ライススタイルも人それぞれなので、夜間にしか洗濯ができないという方などは、休日に洗濯をしたり、コインランドリーなどを使用するのもおすすめです。

洗濯の乾燥機にかける時間は?

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

今は家庭用の洗濯機も優秀で、洗濯も乾燥もできる乾燥機能が付いた洗濯機が多く販売されています。天気が悪い日でも、洗濯物を乾かすことができて便利ですが、乾燥機を使用した場合、どのくらいで乾くのか調べたところ、約6キロの洗濯物を乾燥するのにかかる時間は、2時間から3時間ほどかかるとされます。

コインランドリーなどの乾燥機はガスを使うタイプなので、同じ量の洗濯物を乾かすのにかかる時間は、20分から30分ほどとあまり時間がかかりません。

お急ぎの場合や乾かす洗濯物の量が多い場合などは、コインランドリーなどを使用するのも時間短縮になりおすすめできます。

洗濯のつけおきの時間は?

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

かなりひどい汚れの時に、洗濯物をつけおきしておくと汚れ落ちもよく、おすすめの洗濯方法ですが、洗濯物はどのくらいつけおきしておけばよいのかご存知ですか。

一般的なつけおきは、洗面器やバケツなどに水、またはぬるま湯をいれて洗剤を溶かします。そこへ洗濯物を入れるのですが、つけおきする時間は5分から10分ほどでOKです。

しかし、汚れがひどい場合は30分から1時間を目安にし、1時間以上つけっぱなしにするのは洋服の繊維を痛める可能性もあるので、あまりおすすめできません。汚れの具合を見ながらつけおきしてください。

洗濯機の洗濯にかかる時間の目安とは?

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

一般的な洗濯方法で洗濯機で洗濯をする場合、洗濯機のメーカーにもよりますが、たいだい40分から50分ほどで「洗濯」「すすぎ」「脱水」まで終了します。

しかし、最近の洗濯機は優秀で時短できるスピードコース、おいそぎコースなどもあり、これらのコースを使用すると、標準のコースより半分くらいの時間まで短縮することもできます。

汚れの少ない洗濯物は、おいそぎコースなどの時短洗濯でも十分に汚れを落とすことができるので、コースの使い分けもおすすめです。

また、標準コースでもすすぎが1回で済む洗剤などを使うと、だいたい10分ほどの時間短縮にもつながり、すすぎ1回分の水も必要なく経済的なのでおすすめです。

お気に入りの洋服を長く楽しみましょう!

洗濯の時間・時間帯と取り込むまでの時間|時間が経った血液

洋服やシーツなどの汚れを、洗濯しきちんと干してあげると、お気に入りの洋服もシーツも長く楽しむことができます。

ひどく汚れてしまったからといって捨ててしまう前に、基本の染み抜きの方法やつけおき洗いなどを試してみてはいかがでしょうか。

外干しも、いくら日差しが照っているからといって夏場に長時間干していると、線維が傷んでしまいます。乾いたらすぐに取り込むようにすると、繊維を傷めることがないのでおすすめです。

お気に入りの洋服は大切に着たいのではないでしょうか。丁寧な洗濯をこころがけることで、洋服も長い間着用することができるので、ぜひこちらを参考に洗濯してみてください。

Latests