Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月18日

シャツの襟の汚れにおすすめの洗剤・予防方法・原因・落とし方

長期間着ているシャツの襟は汚れが蓄積しやすくなっています。はじめは落ちやすい汚れでも、放置してしまと頑固な襟汚れに変化してしまいます。シャツを長期間綺麗に着るためにも、襟汚れをこまめに落とすことが大切です。そんな襟汚れのことを細かく紹介しています。

シャツの襟汚れの原因

シャツをしばらく着ていると、襟の部分に汚れ付いてしまい、汚くなってしまうことがあります。そんな襟が汚れてしまう原因は、何種類かあります。そんなシャツの襟が汚れる原因を、詳しく紹介します。

シャツの襟がピンク色になる原因

皆さんは、シャツの襟がピンク色になったことはありませんか。なぜピンク色になるのかの原因を詳しく紹介します。

カビが原因

シャツを着ていくと、襟元がピンク色になる場合があります。その原因は、通称「赤カビ」と呼ばれているカビの「酵母」が繁殖したものになります。

そんな赤カビが発生する原因は、汗が付いた湿ったままのシャツを放置したり、洗濯カゴに入れっぱなしにしたりと、カビが発生しやすい環境を作ってしまい、そこに空気中にいた赤カビが付着し繁殖していきます。

赤カビが、発生したのに気がつき何度も洗っても、ピンク色の汚れが濃くなることがあります。濃くなる理由は、汚れがきちんと落ちていないために、シャツが乾燥するまでに酵母が増殖してしまっているからです。

一度増殖してしまった赤カビの汚れは、普通に洗濯しても落ちません。シャツの襟元に付いたピンク色の汚れを落とすには、50℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし、1時間ほど浸け置きしたあとに、軽く揉み洗いをしましょう。その後は普段どおりに洗濯して使用してください。

漂白剤と日焼け止めが原因

シャツの襟がピンク色になった場合は、赤カビが原因だと紹介しましたが、もう一つ襟がピンク色になってしまう原因があります。

ピンク色になってしまう理由は、シャツを白くしようと塩素系漂白剤に浸けた場合におこります。その原因は、シャツなどに残っていた「日焼け止め成分」になります。この日焼け止め成分と塩素系漂白剤が混ざることで、化学反応をおこしてしピンク色に変色してしまいます。

全ての日焼け止めで、このような反応が起こるわけではありませんが、白くするために浸けたはずなのに、シャツがピンク色になっていたら驚きます。ですが、このピンク色はシャツなどの生地そのものが、ピンク色に染まっているわけではないので、日焼け止めの成分を綺麗に落とすことができれば、白いシャツに戻すことができます。

シャツの襟が黄ばむ原因

シャツの襟元についた黄ばみ汚れの1番の原因は、毛穴から出る「皮脂」になります。その他の黄ばみ汚れの要因として、汗や紫外線も含まれるので、1年の中でも夏場が襟元に黄ばみができやすい季節になります。

皮脂は、文字どおり油性の成分になり、水とはなじまない性質があります。そのうえ、襟回りは、地肌とシャツの生地が直接触れあって擦れるので、皮脂などの汚れが繊維の奥深くまで入り込み、洗濯しても汚れが落ちにくいです。

皮脂以外にも洗濯方法が、黄ばみの一因にもなります。その理由は、洗濯水の水温が油汚れに適した温度よりも低くいために落ちなかったり、洗剤が適量使われないと汚れが残ってしまいます。その他にも洗濯の1回量が多いと、洗いやすすぎが不十分になることで皮脂汚れが残ってしまう原因になります。

このように、皮脂汚れが落ちずにシャツの襟などに蓄積され酸化することで、頑固な黄ばみ汚れになります。

黒ずみ

黄ばみ汚れのことを詳しく紹介しましたが、その黄ばみ汚れの原因である皮脂が、空気中のゴミである埃やチリなどが蓄積して合わさることで、「黒ずみ」汚れへと変化します。そのため、黒ずみは「黄ばみ」の上に発生する形になります。

黄ばみが酷くなると、黒ずみの汚れへと変わっていきます。そのため、黄ばみ汚れに気づいたときに、綺麗にお洗濯して落とすことができていれば、襟元に黒ずみが発生することはないので、早めの対策が大切です。また、襟元に黒ずみと黄ばみの両方の汚れが付いている場合は、黒ずみの汚れを先に落とすように洗いましょう。

シャツの襟の汚れの落とし方

襟元の汚れの落とし方を紹介します。

1:まず襟の汚れが付いている部分を、ぬるま湯で軽く濡らせます。

2:汚れている部分全体に洗剤を直接塗ります。このとき、洗剤が多いと色柄が落ちる場合があるのできをつけましょう。

3:シャツを両手で持って、生地同士を軽くこすり合わして洗うか、古い歯ブラシを使って洗っていきます。ただし、新しい歯ブラシを使用したり、力強く洗うと生地が傷むだけではなく、浮いた汚れが襟の生地の奥に入り込みます。そうなると、汚れが取れなくなる可能性があるので、優しく擦り洗いをしましょう。

4:ぬるま湯で洗剤を洗い流したら、普段どおりに洗濯機で洗濯します。

汚れ落としは難しくありませんが、この方法で洗うことで襟元の汚れは綺麗に落せます。この洗濯をする前の一手間で、汚れの落ち具合が違います。

ブラシ

シャツの襟汚れを落とすときに、洗濯ブラシが活躍します。そんな洗濯ブラシの使い方は何パターンかありますが、今回は「摩擦洗い」と「たたき洗い」のやり方を詳しく紹介します。

摩擦洗いの仕方

洗濯ブラシの摩擦洗いは、綿シャツなどのしっかりした生地などの襟や袖などに、付いてしまった汚れを落とすときに使える洗濯たわしの使い方です。

摩擦洗いのポイントは、洗濯ブラシは汚れを掻き出すために作られているので、布に直角に当てて擦りましょう。また擦る力が強かったり、往復させるような擦り方をすると、生地を傷めるのでやめましょう。擦るスピードは、ゆっくりではなく素早く動かし、汚れが酷くなければ何度も擦る必要はありません。

たたき洗いの仕方

たたき洗いは、擦洗いをしてもで落ちない汚れを、たたき出して落とす効果があります。また、こすり洗いができない生地のシミ抜きに使える方法です。

たたき洗いのやり方は、襟元など汚れのある部分に石鹸液を付けて軽く濡らします。そして、ブラシを軽く持って、ブラシを上下させながらブラシでたたきます。力が入りすぎると、シャツなどの衣類やブラシを傷めるので注意しましょう。

歯ブラシ

シャツの襟の汚れにおすすめの洗剤・予防方法・原因・落とし方

シャツの襟元などの汚れを洗い落とすときに、洗濯ブラシでは大きく、洗いにくい場所などがあります。そんな時に活躍する道具が「歯ブラシ」になります。そんな歯ブラシは、新品を使うのではなく、使い古しを使いましょう。

その理由は、新しい歯ブラシを使うとブラシ部分が硬いため力が入りやすくなり、シャツなどの生地が傷みやすくなります。なので、何度も使用したあとの柔らかくなった歯ブラシが1番いい道具になります。

なので、歯ブラシを使って落とす場合は、あまり力を入れずに泡を立てるイメージで擦りましょう。イメージ的には、擦って落とすというよりも、汚れを掻き出す要領で擦ってみてください。擦りだすときのスピードは、洗濯ブラシのときと同じ要領でゆっくりではなく、素早く擦りましょう。

襟汚れを身近なもので落とす方法

身近な洗剤を使い、襟元の黄ばみ汚れなどを落とすことはできるのでしょうか。どの家にもある「食器用洗剤」と女性が化粧を落とすために使う「クレンジングオイル」を使って、襟元の黄ばみ汚れなどを落とすことができます。「食器用洗剤」と「クレンジングオイル」を使った、襟汚れの詳しい落とし方を紹介します。

食器用洗剤

食器用洗剤は、襟元などの原因になる皮脂汚れは「油汚れ」のひとつになります。なので、油汚れを落とす食器用洗剤は、襟汚れを落とす有効的な洗剤になります。洗うポイントは、洗濯する水温は油汚れが落ちやすい40~50℃くらいで洗うことをオススメします。そんな、食器用洗剤を使った洗濯の仕方を紹介します。

1:洗面器にぬるま湯を入れ、シャツの襟汚れがある部分を軽く濡らしておきます。

2: 皮脂汚れなど気になる部分に、直接食器用洗剤を塗ります。洗剤を塗る前に、色落ちなどしないかをシャツの目立たない場所などで試してから洗いましょう。

3:布同士を優しく擦り合せて汚れを落とします。シャツを強く擦り合わせると生地が傷むので優しく作業します。また、古くなった歯ブラシを使って擦ってもいいです。

4:優しくもみ洗いが終了したら、その後はいつもどおりに洗濯します。

クレンジングオイル

皮脂汚れである「油汚れ」は同じ油で落としましょう。クレンジングオイルは、化粧を落とせるオイルです。そのため、シャツの襟汚れなどの油を分解して落とすことができます。そんなクレンジングオイルを使った、襟汚れの詳しい落とし方を紹介します。

1:襟汚れが付いている部分に、クレンジングオイルを直接塗ってください。このとき、食器用洗剤のときとは違い、汚れた部分を濡らす必要はなく乾いている状態のところに、塗っても大丈夫です。

2:シャツなどの生地が傷まないように、優しく擦って洗います。

3:化粧を落とす要領で、クレンジングオイルを落としていきます。このとき、お湯を使うとクレンジングオイルが素早く綺麗に落ちてくれます。その後は、普段どおりの洗濯にまわしてください。

シャツのしつこい汚れを落とす方法

シャツの汚れにも、強弱があります。洗剤を使って落としてみても落ちない「しつこい汚れ」を落とす方法はないのでしょうか。もちろん、しつこい汚れを落とす方法もあります。そんなしつこい襟汚れを落とす方法をご紹介します。

セスキ炭酸ソーダで落とす

セスキ炭酸ソーダとは、あまり馴染みがある洗剤ではありませんが、水に溶けるアルカリ性の洗剤の1種類になります。そんなセスキ炭酸ソーダの特徴は、洗浄力はあるのに、他の洗剤違い手荒れなどをおこしにくいです。また汚れだけではなく、臭いもとれるといわれています。そんな、セスキ炭酸ソーダを使った洗い方をご紹介します。

1:まず、水500mlにセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯を混ぜて、「セスキ炭酸ソーダ水」を作り、襟などの汚れがあるところにスプレーします。

2:スプレーしたら20分ほど放置します。その後軽く手で揉み、あとは普段どおり洗濯します。

セスキ炭酸ソーダは、水に溶けやすいので、溶かすのに特別な手順などがなく、溶かす水温の温度も気にしなくて大丈夫です。

重曹とクエン酸で落とす方法

次に紹介するのが、アルカリ性の洗剤である重曹と、酸性であるクエン酸を合せることで、中和作用をおこし、そのときに発生する発泡効果で襟元などの、皮脂汚れを落とす落とし方になります。両方とも無害な洗剤なので、中和作用時の発泡時に出るガスも無害です。詳しい汚れの落とし方の手順を紹介します。

1:重曹(25㎖)を少しの水(小さじ1)で溶かしたペースト状のものを使い終わった歯ブラシなどで襟元などの汚れた部分に塗っていきます。

2:塗り終わったら、クエン酸(100㎖)を水(小さじ1/2)の濃度で伸ばしたものをスプレーで吹きかけると、重症とクエン酸が中和作用をおこし、汚れを分解しながら発泡します。その後少し時間をおいたら、そのまま普段どおりに洗濯します。

酸素系漂白剤と重曹とスチームアイロンを使う方法

今から紹介する、汚れを落とす方法が襟汚れを落とす1番強力な方法になります。色柄ものは色落ちする可能性があるので、白地限定でのみおこなえる方法になります。色落ちが気になる方は、シャツの目立たないところで試してください。襟汚れの詳しい落とし方を紹介します。

1:まず、酸素系漂白剤をぬるま湯で溶かします。分量はパッケージに書かれている規定量を参考にします。

2:溶かした酸素系漂白剤と重曹の割合が2:1になるように混ぜて、汚れている部分に直接塗ります。手荒れの原因にもなるので手袋などをしましょう。

3:最後にアイロンのスチーム機能を使い、シャツなどの生地に軽く当てて汚れをおとしていきます。汚れが落ちたら、水で洗い流したらいつもどおりに洗濯します。

アイロンのスチームを当てる理由は、汚れている部分に熱を与えるためになります。そのため、アイロンがなければドライヤーでも代替が可能になります。

シャツの襟汚れにオススメな洗剤

シャツの襟汚れを落とすのに使うのは、どんな洗剤が有効的なのでしょうか。シャツの汚れを綺麗に落とすことのできるオススメの洗剤である「漂白剤」「石鹸」の2種類を詳しく紹介します。

漂白剤

シャツの襟の汚れにおすすめの洗剤・予防方法・原因・落とし方

漂白剤の種類には、白ものにしか使えない「塩素系漂白剤」と色柄ものなどにも使うことのできる「酸素系漂白剤」の2種類があります。同じ漂白剤の中でも、塩素系漂白剤の方がパワーが強くなっています。そのため白ものしか洗えず、生地なども傷みやすいのがデメリットになります。そのため、漂白剤を使う場合は酸素系漂白剤から先に試してみましょう。

はじめに、オススメしました酸素系漂白剤ですが、この漂白剤の中には「液体タイプ」と「粉末タイプ」があります。同じ酸素系漂白剤でも、粉末タイプのほうが漂白パワーが強いので粉末タイプがオススメです。そんな酸素系漂白剤の使い方を紹介します。

まず、食器用洗剤などでもみ洗いし、すすぎます。その後、酸素系漂白剤をお湯(40~60℃)に溶かしたぬるま湯に、シャツ入れを20〜30分浸けて置くきます。浸け置き後は、再度すすぎ直してから普段どおり洗濯しましょう。

石鹸

洗濯するための固形石鹸にもいろいろな種類があります。今回はたくさんの種類の中から「ウタマロ」という固形の洗濯石鹸を紹介します。

ウタマロ

固形石鹸は、弱アルカリ性です。そんな固形石鹸を、汚れが気になる部分に直接塗って、優しく揉むことで皮脂を分解でき汚れが落ちていきます。洗濯用の固形石鹸ではなく、一般家庭にある手洗い用の固形石鹸でも落ちるといわれているので、試してみてください。

固形石鹸を使った洗濯方法は、まず固形石鹸を濡らしてから、襟元など汚れが気になる場所に直接塗ります。塗った後はもみ洗いか、洗濯ブラシで擦って落とします。その後、すすいだら普段どおり洗濯します。

万能な固形石鹸ですが、その中でも襟汚れなどの汚れに強い固形石鹸を紹介します。紹介する石鹸は、「ウタマロ石鹸」になります。ウタマロ石鹸は、洗浄力の高さが評判になっている固形石鹸です。

この石鹸は、頑固な汚れが驚くほどよく落ちます。ウタマロ石鹸の特徴は、水に溶けやすいことです。そのため、石鹸を汚れに直接塗ることができるので、汚れや生地に石鹸が馴染みやすいです。

ワイシャツの襟が黒くなるヤツについては洗濯機にいれるだけではとれないおじさんの汚れでしたが、この石けんつけてブラシでごしごしするとすっと消えるようになりました。もう捨てなくてもいいんです。
これのおかげで洗濯機だけでは汚れとれなくて捨てなくてもよくなりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%8... |

シャツの襟汚れ予防法

シャツなどの襟元につく汚れを「予防」する方法はないのでしょうか。もちろん、シャツの襟元の汚れを防ぐ方法はあります。その予防方法は、何種類かありますが、今回は「スティックのり」「洗濯のり」「ベビーパウダー」「汚れ防止テープ」の4種類を使った予防方法を詳しく紹介します。

スティックのり

スティックのりとは、図画工作などで使う文具の固形の「のり」になります。そのスティックのりでシャツの襟汚れを防ぐことができます。では、どのように使うことで襟汚れを防ぐことができるのでしょうか。詳しい使い方をご紹介します。

スティックのりを使った、襟汚れを予防する方法はとても簡単です。使い方は、洗濯後の襟元にスティックのりを直接塗ります。のりが綺麗に乾燥するのを待ってから、あとは普段どおりにシャツを着て使います。これだけで、簡単ですが襟汚れの予防になります。

スティックのりは、襟汚れの予防のみだけではなく、洗濯前に汚れている襟元に塗って乾燥させて洗濯することで、スティックのりが含んでいる成分が襟汚れを分解して落としてくれます。

自分の中でスティックのりはこれと決めています。
色もそうですがノリ自体がなめらかで伸びがいい気がします。
匂いも臭くないのがいい。
中学時代から10年以上、ずっとこれです。

出典: https://www.amazon.co.jp/Tombow-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%... |

洗濯のり

文具のスティックのりが、襟汚れの予防に使えるアイテムでしたが、洗濯時に使われる「洗濯のり(キーピング)」も襟汚れの予防アイテムになります。

そんな、洗濯のりを使った襟汚れ予防の仕方は、洗濯のりをパリッとしっかりつけることです。洗濯のりをしっかりつけることで、シャツ全体にコーティングをするイメージになります。そうすることで、汚れが付きにくく、もし汚れが付いたとしても繊維の奥まで浸透することがないので、洗濯したときに洗濯のりと汚れは一緒に落ちてくれます。

そんな洗濯のりの付け方は、難しくないので、洗濯のりをしっかりつけてシャツをコーティングしましょう。また、アイロンするときに使うスプレータイプののりを使っても大丈夫です。ご自身の、のり付けしやすいタイミングでのり付けしましょう。

これまでは違うメーカーの物を使用してましたが不満があり此方に乗り換え。
タライなどに出してノリを染み込ませる作業も不要。
全てが洗濯機で済むのでとても楽、使用量も少しなのにパリっ!コスパも良いですねー。
知らない夫がノリ効いてるねと言ってました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%94%E3%8... |

ベビーパウダー

みなさんは、「ベビーパウダー」をご存じでしょうか。ベビーパウダーの本来の使い方は、赤ちゃんが肌あれを防ぐために、お風呂あとなどに使われているパウダーです。そんなベビーパウダーは、肌に優しく作られているだけではなく、汗や油などをしっかり吸収してくれます。

そんなベビーパウダーを使った、襟汚れ予防方法はとても簡単です。ベビーパウダーの使い方は、綺麗に洗い上げたシャツの襟元に、ベビーパウダーをぽんぽんとはたいてから着用するだけになります。

そんなベビーパウダーは、水にも溶けやすい性質があるので、洗濯するとベビーパウダーは綺麗に落ちてくれ、そのときに襟汚れも一緒に落ちてくれます。

襟汚れ防止テープ

襟などに専用のテープを貼ることで、襟汚れを予防する専用の「テープ」も販売されています。

この専用のテープは、無色透明なので襟周りに貼っていても、傍から見てばれることはありません。シャツを脱いだときに、テープを剥がしてしまえば気づかれることもなく、シャツなどの襟には汚れが付きにくくなります。

専用テープの使い方はとても簡単で、シャツを着る前に専用テープを貼りたい場所の長さに合せてテープを切り、それを襟に貼って使います。

毎日着るシャツに、専用テープを貼ったり剥がしたりをするのは大変で、少しもったいない気もします。そのため普段使いではない、式典用のシャツなど大事に着たいシャツなどにテープを貼って汚れをつけないようにするのが、専用テープのオススメな使い方です。

会社の制服に使用しています。
襟裳のは、エチケットとしてきれいなほうがいいですよね!
汗をよくかかれる方、外回りで毎日歩きまわっているかたおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R35SJASDBBV9... |

シャツの襟の汚れはクリーニングで落ちる?

襟の汚れが残ってしまっている場合、クリーニングにだすことで綺麗に黒ずみが落ちるのでしょうか。襟汚れをクリーニングに出した場合どんな風になるのかを詳しく紹介します。

落ちない

クリーニング店へ何も言わずに、そのままシャツの洗濯を依頼した場合、襟汚れが綺麗になって返ってくる可能性は8割ぐらいになります。

シャツはその他の服とは違い、クリーニング店と自宅での洗濯で落ちる汚れの差がそれほどありません。そのため、自宅で試した襟汚れの落とし方は、クリーニング店でおこなっても結果は同じような感じになり、残ってしまう可能性が高くなります。

ですが、自宅とは違いクリーニング店では「染み抜き」ができます。染み抜きをおこなうことで、襟汚れを薄くしたり落とせる可能性が高くなります。その他には、バイオ洗いができれ、値段は高いですが綺麗に仕上げることができます。そのため、襟汚れを綺麗に落としたい場合は、クリーニング店で「染み抜き」を追加でお願いしましょう。

綺麗な襟のシャツを着よう

シャツの襟の汚れにおすすめの洗剤・予防方法・原因・落とし方

シャツを長いこと着ていると、襟元が黄ばんだりして汚れが目立ってしまいます。襟汚れの1番の原因は皮脂になります。そんな襟汚れは、放置すれば放置したぶんだけ頑固な汚れに変化し、綺麗に落とすことが難しくなります。

そのため、襟元の汚れに気がついたときに落としたり、汚れの有無にかかわらず着用時にケアをする必要があります。襟元の汚れを落とす方法や、予防する方法はたくさんありますが、どの方法も難しい工程などはなく、そのため誰にでもできる方法です。そのため、皆さんも実践して綺麗な襟元のシャツを保ちましょう。

←前の記事へ

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

おしめの漢字・交換方法・洗濯方法・干し方・おむつとの違い

Latests