Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月08日

アクリル素材の洗濯方法・ナイロンとウールとの違い|縮み

アクリル素材は風の衣類に欠かせないものです。アクリル素材はお洗濯をすると伸びやすいといった特徴がありますので、正しい洗濯方法を覚え、お気に入りの衣類を長く大切に使い続けましょう。また、どういった洗剤が向いているのかや、注意点についても併せて覚えておきましょう。

アクリル素材の洗濯方法

衣替えをするときは、ニットやセーターといった冬物をクリーニングに出したり、お洗濯をしてから着用するといった方も多いでしょう。ところが、アクリル素材のものを選択して伸び縮みしてしまったという事は無いでしょうか。

アクリル素材を使ったものは成功の丘にもニットやマフラー、手袋といろいろなものに使われています。セーターやニットはお洗濯をすると縮んでしまうというイメージがありますが、アクリル素材のものはお洗濯をすると伸びてしまうといった特徴があります。

ニットやセーターはクリーニングに出すのではなく、ご自宅でお洗濯をしたいとところですが、お洋服が伸びてしまうことを防ぎ、毛玉にならないお洗濯の方法にはどういったものがあるでしょうか。

伸び縮みを防ぐ洗濯方法は

衣替えをするときは、ニットやセーターといった冬物をクリーニングに出したり、お洗濯をしてから着用するといった方も多いでしょう。ところが、アクリル素材のものを選択して伸び縮みしてしまったという事は無いでしょうか。アクリル素材を使ったものは成功の丘にもニットやマフラー、手袋といろいろなものに使われています。

セーターやニットはお洗濯をすると縮んでしまうというイメージがありますが、アクリル素材のものはお洗濯をすると伸びてしまうといった特徴があります。ニットやセーターはクリーニングに出すのではなく、ご自宅でお洗濯をしたいとところですが、お洋服が伸びてしまうことを防ぎ、毛玉にならないお洗濯の方法にはどういったものがあるでしょうか。

アクリル素材が使われているもの

セーターやニットといった冬物の多くは、アクリル素材のものが多く、冬には欠かせないアイテムです。ですが、ニットやセーターといった形と出てきた衣類はデリケートなため、ご自宅でお洗濯をすると型崩れをしたり、伸び縮みしてしまうことが多くあります。

まずはじめに、アクリル素材はどんなものにも多く含まれている素材でしょうか、アクリル素材はニットやセーターといった衣類の他にも、毛布やカーペット、ぬいぐるみといった日用品や、おもちゃと幅広く用いられている素材です。

アクリルの特徴は、弾性回復力が高いということにあります。これは、元に戻る力のことをいい、ふわふわと柔らかな肌触りが特徴です。またアクリルは、カビや害虫にも強い特徴があるため、衣類や日用品に多く用いられています。特にアクリル素材の衣類は、柔らかく肌触りの良い状態をキープしたまま長く着用できるということもあり、衣類に多く用いられています。

アクリル素材のデメリット

どんなものにも言えることですが、アクリル素材のものにも当然デメリットが存在します。アクリルのデメリットは、吸水性が弱いと言うことです。また、他の素材に比べて吸湿性が劣るため、汗や皮脂に弱く、繊維がダマになりやすい、といったデメリットもあります。毛玉になりやすいといった特徴のほか、お洗濯をすると繊維が伸びやすいため、お洗濯するには注意が必要になります。

お洗濯をする前に

洗濯をする前に、その衣類にどういった素材が用いられているか、必ず前もってチェックをしておきましょう。素材をチェックするには、衣類の裏側の裾部分についている「洗濯表示ラベル」を見ると、すぐにわかります。

また、洗濯表示ラベルには使用できない洗濯洗剤や、洗濯方法について記載されていますので、どういった選択方法をすれば良いのかが一目でわかるようになっています。例えば、アクリル素材のものは「アクリル○%」といったように、比率が書かれてありますので、アクリルがどの程度の割合で含まれているかをしっかり確認しておきましょう。

洗濯表示をチェック

どうしてお洗濯前にアクリルの割合や洗濯方法について確認が必要なのかと言うと、アクリルは肌触りが良い代わりに傷みやすい、といった特徴を持つ素材でもあるからです。ご自宅でお洗濯する場合には、アクリル素材にふさわしくない洗剤を使って、間違ったお洗濯方法を行ってしまうと、繊維が伸びきってしまい、型崩れを起こしてしまう可能性があります。

アクリル素材が含まれる比率が少ないのであれば、通常のお洗濯方法でも構いませんが、比率の高いものには注意が必要です。特に「アクリル100%」というラベルの表示があるものは、注意しておきましょう。

アクリル素材の洗濯方法の基本

まず、アクリル素材の衣類について基本的なお洗濯方法からお話ししましょう。まずお洗濯が必要なアクリル素材の衣類を用意します。その他、洗濯ネットやおしゃれ着用洗濯洗剤を用意しましょう。はじめに、洗濯物を裏返しにします。

汗や皮脂の汚れは内側に付いているものなので、汚れ部分を表側に持ってくることで、汚れが落としやすくなります。次に、用意しておいた洗濯物を洗濯ネットに入れましょう。アクリル素材のものを洗濯ネットに入れるときには、生地が傷まないよう、軽くたたんでからネットに入れます。

また、洗濯ネットのファスナー部分に生地が絡んでしまうと穴が開いたり、生地を傷める恐れがありますので、洗濯ネットのファスナーはしっかりと閉めておきましょう。洗濯ネットに入れたら洗濯機に洗濯物を入れます。洗濯物は洗濯機に水を張る前に入れます。

アクリル素材は手洗いコースで

洗濯コースが選べる洗濯機であれば、「手洗いコース」を選びましょう。手洗いコースの場合は水の流れも弱く、繊維同士の摩擦を防ぐため、毛玉ができにくくなります。洗濯洗剤はおしゃれ着用のもの選びましょう。

また、アクリル素材のものは干し方にも注意が必要です。アクリル素材のセーターやニットは逆さまに干すようにしましょう。アクリル素材のものは、衣類の中心部分で折りたたみ、ハンガーにかけて干します。アクリル素材のものは生地が伸びやすいため、水分の重さで伸びきってしまい型崩れを起こしてしまいます。

アクリル素材のものを洗濯する水温は

アクリル素材のものは、可能であれば手洗いがおすすめです。アクリル素材の場合の手洗い方法は次のものになります。まず洗濯洗剤を用意したら、次に大きめの洗濯機、もしくはたらいを用意します。水の温度は30℃から40℃が適温です。それ以上の水温になると、繊維を傷めてしまいます。

洗面器、またはたらいに張ったお湯の中に、洗濯洗剤を大さじ一杯入れ、よく泡立てておきましょう。洗面器やたらいがない場合には、洗面台で洗っても構いません。洗濯機に入れる時と同じように、お洗濯する衣類はあらかじめ裏返しておきましょう。

洗面器の中に衣類を入れたらあまり力を込めず、優しく押し洗いをします。洗い終わった後は、洗面器から取り出し、タオルに包んで十分に水分を抜き取ってください。水分を吸い取る場合にも、力を込めて叩いてにせず、優しく手で押すようにタオルで水分を染み込ませましょう。

すすぎ方について

洗面台に30℃から40℃位のぬるま湯を張り、押し洗いをする要領で、水を取り替えながら2回から3回程度繰り返すすぎ洗いをします。

脱水するときの注意

脱水するには、衣類をタオルに包み、ある程度水気が取れてからそのまま洗濯ネットに入れます。脱水を行う時間は5分程度を目安に洗濯機で脱水をします。その場合も繊維が伸びてしまわないよう、時間を短めに設定してください。

洗濯物を干すときには衣類を折り返し、逆さ干しにします。洗濯機の乾燥機にかける場合には、温度設定にも注意しておきましょう。あまり温度が高く設定されてあると、アクリル素材の衣類は繊維が溶けてしまう場合があります。

ニットを洗濯する方法

アクリル素材のニットをご自宅でお洗濯する場合には、なるべく単品でお濯することをおすすめします。また、形を整えてからお洗濯するということと、漂白剤を使用しないということ、乾燥機にかけない、といったことに注意しておきましょう。特に「タンブル乾燥」にかけないよう心掛けてください。

「タンブル乾燥」とは、熱と一緒に回転させながら、洗濯物を乾燥させるというもので、コインランドリーのほか、ほとんどのドラム洗濯機がタンブル乾燥機になっています。タンブル乾燥機にアクリル素材のもの入れると型崩れがしやすく、繊維が伸びきってしまう場合があります。

洗濯洗剤は何を選ぶか

アクリル素材のものに蛍光増白剤や漂白剤を用いてはいけません。アクリル素材のニットをお洗濯する場合には、中性洗剤を使用しましょう。中性洗剤のほかに、クエン酸や重曹を使って手洗いをする方法もおすすめです。

重曹やクエン酸は汚れ具合にもよりますので、大匙いっぱいから2杯を目安によることによって調整してください。クエン酸は水300 CCにつき小さじ1杯程度目安にしておきましょう。

アクリル100%のものは

アクリル素材のものは基本的に手洗いすることをおすすめします。ご自宅でお洗濯をするときには、手洗いをするのでなければ、必ず洗濯ネットに入れ、きれいにたたんでから洗濯機に入れましょう。

また、洗濯コースは「手洗いコース」といった、洗い上がりのソフトなものを選んでください。そのほか、アクリルは熱に弱いため、乾燥機にかけてしまうと繊維が溶けてしまい、生地にテカリが出てしまいます。

それと同じ理由で、熱を加えるアイロンは、なるべくであればかけないほうが無難です。アイロンが必要な場合には、衣類を裏返してからアイロンがけをして、アイロンの設定温度は低温、または中温で、スチームだけをかけておきましょう。その場合、衣類に直接アイロンを当てるのではなく、アイロンを少し生地から浮かせてアイロンがけをしてください。

毛糸

毛糸は羊毛で作られているものがほとんどです。毛糸で編み込まれたニットやマフラーをご自宅でお洗濯する場合にも、アクリル素材のものをお洗濯する時と同じように手洗い、または洗濯機の手洗いコースを選び、お洗濯をしましょう。

毛糸の衣類を洗濯する場合には、水洗いをしてしまうと網目が縮んで硬くなってしまう場合もありますので、水温は必ず30℃から40℃程度のぬるま湯を使ってお洗濯をしてください。また、洗剤を入れるときには、先に洗剤をお湯に溶かしてから手洗いをしましょう。

なぜ縮むのか

ご自宅でニットをお洗濯して縮んでしまったという方も多いでしょう。寒い時期に活躍するニットですが、ニット洗濯するとなぜ縮むのでしょうか。ニットが縮んでしまう主な原因は、その素材にあります。特にウールの毛糸で編み込まれたニットは縮みやすいので注意が必要です。

ウール製のものは水を含むことにより、繊維同士が絡み合い、そのまま固まってしまいます。そのため、ウールといった縮みやすい素材のものをご自宅でお洗濯する場合には、必ず柔軟剤を使用するよう心がけましょう。

お洗濯する際には必ずぬるま湯を使い、おしゃれ着用の柔軟剤と洗剤を使って洗いあげます。また、繊維どうしが絡み合うのを防ぐため、頭髪用のコンディショナーを使う方法も効果的です。

ストール

アクリル素材のストールをお洗濯する場合も基本は同じです。お洗濯をする前には、必ず洗濯表示のラベルを確認してからお洗濯をしましょう。洗濯表示には、洗濯機にかけてはいけないものや手洗いNGの表示があるものもあります。洗濯表示のラベルを見てもよくわからない、という場合には、ドライクリーニングに出しましょう。アクリル素材のものは縮んでしまう心配がありませんので、洗濯機にかけても構いませんが、ご自宅でお洗濯するのであれば、やはり手洗いがおすすめです。

洗濯機にかける時は必ず洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れましょう。アクリル素材のものは伸びやすいため、洗い上がったストールを干す際には、なるべく平らに近い状態になるよう干してください。ハンガーを用いる場合は2本以上使い、M字になるよう乾かすと良いでしょう。

ナイロン

アイロンは軽く、耐久性に優れているというのが特徴です。また、摩擦に強く、少し引っ張った程度では破けることがありません。その反面熱に弱く、吸水性や吸湿性が低い、といったデメリットもあります。ナイロンは丈夫なため、基本的にどんな洗い方をしても生地が傷むことはありません。が、ナイロン以外の素材が含まれている場合には、洗濯表示を見て洗濯方法について確認する必要があります。

またナイロンは熱に弱いため、乾燥機で乾かすのは控えましょう。その他、温度が高めのお湯で洗濯するのもおすすめしません。ナイロン素材のものをお洗濯する際には水で洗うよう心がけ、お洗濯した後は日陰を選び、陰干しにしましょう。

ナイロン素材のものは発色の良さも特徴ですが、直射日光に当てると色あせしたり、黄ばみが出る恐れがありますので注意が必要です。

熱に注意

アクリル素材のものも直接アイロンがけをすると生地が溶け、テカリが出てきてしまいますが、ナイロン素材のものも同じく熱に弱いため、注意が必要です。あまりシワが気になるのであればアイロン掛けをしても構いませんが、その場合は、直接生地にアイロンをあてるのではなく、あて布をしてからアイロンがけを行いましょう。

ウール

アクリル素材のものと同じく、ウールは冬物に多く用いられている素材です。ニットやセーターといえばウールを思い浮かべますが、洗濯表示のラベルをよく見ると、ウールの他にもアクリルが含まれていることが多いのに気がつきます。ウールと同じように、ニットやセーターに多く用いられているアクリル素材ですが、その違いにはどういったものがあるのでしょうか。

アクリルはふっくらと柔らかい肌触りと、空気を多く含み保温性を保つため、人工的に作られた素材という点でウールとは異なっています。また、アクリル製のものはウールに比べて価格が安く、耐久性にも優れています。ウールとアクリルは、人工のものか天然のものかといった違いはあるものの、非常によく似た特徴持つものです。

とはいえ、伸びやすいか縮みやすいかといった違いがあるため、ニットやセーターを購入する際には、それらの特徴を踏まえて購入すると良いでしょう。

レーヨン

レーヨンは、紙と同じ木材パルプを原料として作られています。光沢があり、肌触りもなめらかで、見た目にはシルクによく似ているのが特徴です。衣類の他にはスカートやパンツの裏地、下着、カーテンといったものによく用いられています。

また、レーヨンは吸水性には優れているものの、縮みやすいといった特徴を持っています。以前はレーヨンと言えば、「水洗いをしない」というのが基本でしたが、最近では水洗い可能なレーヨンも増えてきました。ただし、洗濯をする際には注意が必要なため、確認せずに洗濯をしてしまうと生地が縮んでしまいますので注意しておきましょう。

綿

綿は、布製品の大半に使われている素材です。特に綿100%の衣類や寝具は、吸湿性の高さと肌触りの良さで人気があります。また、吸湿性と通気性の良さから下着にも多く用いられています。ただし、綿のものはシワができやすく、お洗濯をすると縮みやすいといった特徴があるため、長持ちをさせるためにも、洗濯方法には注意が必要です。

お洗濯するにあたっては、洗濯表示のラベルを確認することが基本ですが、洗濯方法についてはそれほど注意の必要はありません。綿のものをお洗濯する場合には、生地の縮みを防ぐためにも、柔軟剤を必ず使うよう心掛けましょう。

また、綿のものは生地も厚く、しっかりとしているため、洗濯物干す場合にもそれほど気を使う必要はありません。

生乾きに注意

生地が厚い分、生乾きには十分注意をしておきましょう。しっかりと乾燥させておかないと雑菌が繁殖し、臭いの原因にもなってしまいます。綿の衣類を干す場合には、しっかりと乾燥させるため、洗濯物と洗濯物の間隔を開け、風が通るよう工夫しましょう。

冬に欠かせないアクリル素材を上手に洗濯

アクリル素材の洗濯方法・ナイロンとウールとの違い|縮み

アクリル素材は、ニットやセーターといった、冬には欠かせない暖かい素材になります。お気に入りの衣類は、長く大切に使い続けたいものです。

アクリル素材のものに限った事ではありませんが、アクリル素材の場合も、お洗濯する際には注意が必要になり、その素材の特徴を覚えておく必要があります。正しい洗濯方法や乾かし方を覚えておき、どういった洗剤を用い、どういった方法が間違っているのかについてしっかりと覚えておきましょう。

Latests