Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月16日

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

スーツはクリーニング店にお願いすると結構な費用がかかってしまいます。また、スーツは毎日着用するものでもありますので、お仕事で着用するという方は特に清潔にしておく必要があります。そのため、ご自宅でも洗濯できる素材の正しい洗濯の方法を覚えておくとよいでしょう。

スーツを洗濯する頻度

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

スーツはクリーニングに出すという方がほとんどでしょう。ですがスーツにはご自分でお洗濯できるものもあります。クローゼットの中のスーツがご自宅でも洗えるスーツであるのかどうか、どういった方法によりお洗濯をすればよいのかについて覚えておけば、わざわざ料金を払ってクリーニング店にお願いする必要はなくなります。

また、スーツをお洗濯するのであれば、夏場であれば週に1回程度、冬場の場合は1月に2回から3回程度がおすすめです。

それでは今回は、ご自宅でスーツをお洗濯する方法や、ご自宅でもお洗濯できるスーツの見分け方についてお話ししましょう。

スーツを洗濯機で洗う方法

スーツをご自宅でお洗濯する場合には、洗濯表示を見て洗濯機のマークに洗濯ネットしようと記載がない場合でも、なるべく洗濯ネットの中に入れお洗濯をして下さい。

そのままスーツを洗濯機の中に入れてしまうと、生地が傷んでしまったり、型崩れをしてしまう恐れがあります。スーツは職場に着用していくものですので、ご自宅でお洗濯するのであれば、なるべくきれいに仕上がるよう心がけましょう。

ご自宅でスーツをお洗濯する場合の流れ

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

スーツはなるべく型崩れを防ぐため、やさしく丁寧に洗うことを心掛けてください。そのため、スーツをお洗濯するのであれば、なるべく手洗いがおすすめです。スーツをお洗濯する場合には、まず大きめの洗面器とタオル、おしゃれ着用に用いる中性洗剤を用意しましょう。大きめの洗面器がないという方の場合には、洗面台でお洗濯してもかまいません。

スーツは手洗いにする

まず始めにスーツをきれいに畳んでおき、大きめの洗面器、または洗面台に水をためた後で洗濯洗剤をあらかじめ溶かしておきます。その場合は、洗剤の溶け残りがないかどうかをチェックしましょう。洗濯洗剤がしっかり溶けたのを確認してからその中にスーツを入れ、やさしく押し洗いをして下さい。

押し洗いした後は

何度か押し洗いをした後は、スーツをそのまま浸け置きにしておきましょう。水の中でもう一度軽く形を整えてから、およそ15分から30分程度時間をおいてください。次にスーツをひっくり返しもう一度15分から30分程度浸け置きにします。

すすぎ方

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

つけおきが終わったら、次にスーツを進み洗いします。数回程度新しい水に取り換え、お洗濯するときと同じ要領で、数回程度押し洗いをするようにスーツの洗剤をすすぎます。すすぎ洗いが終わったら、これでスーツのお洗濯が終了です。

スーツの上の洗濯方法

スーツのジャケットを洗う場合には、型崩れを防ぐためにも、ボタンを全てとめた状態で、手洗いをします。これは、洗濯機で洗う場合も同じです。ボタンをすべてとめ終えたら、洗面器、または洗面台の大きさにスーツを折り畳みましょう。その場合は、しっかりと折り畳むのではなく、やさしくふんわり畳んでください。

また、ジャケットをたたむ場合には、あまり小さく折り畳み過ぎるとしわになり、そのしわが取れなくなってしまう場合があります。スーツのジャケットを手洗いにする場合には、二つ折りか三つ折り程度にとどめておきましょう。

スーツの下などを洗濯する場合

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

スーツのスラックスをお洗濯する場合にも、必ずファスナーやフグはとめておきましょう。洗濯機でスラックスをお洗濯するのであれば、三つ折り程度に折り畳み、その大きさに合った選択ネットに入れてからお洗濯をしましょう。ジャケットの場合と同じく、スラックスもちょうどいい大きさのものを選ぶことにより、ネットと生地がこすれてしまい傷むのを防いでくれます。

洗濯機でスーツを洗うときには

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

手洗いが手間がかかるため、手洗いをする時間がない、または手間を省きたいという型の場合は洗濯機でスーツをお洗濯してもかまいません。ですが、洗濯機でスーツをお洗濯する場合には、そのあとでアイロンをしっかりとかける必要があります。それでは次に洗濯機でスーツをお洗濯する場合の手順についてお話ししましょう。

洗濯機でスーツを洗う場合の手順

洗濯機でスーツをお洗濯する場合には、洗濯ネットが必要です。スーツがしわになりやすいため、スーツを洗濯機に入れてお洗濯する場合には、必ず洗濯ネットを用いましょう。洗濯ネットとおしゃれに用の中性洗剤を用意して下さい。

洗濯ネットにスーツを入れる

洗濯ネットにスーツを入れるときには、手洗いと同じ要領で、スーツのジャケットのボタンはすべてとめておきましょう。また、スーツのズボンをネットに入れる場合にも、は数万やホックを必ずとめておいてください。

ネットに入れる場合にも二つ折りか三つ折りがお勧めです。洗濯ネットの大きさに合わせてスーツをたたみ、あまり小さく折り畳み過ぎないよう注意して下さい。

スーツを洗うにふさわしい洗濯コースとは

スーツを洗濯機で洗う場合には、手洗いコースかドライコースを選びましょう。スーツはしわになりやすく、デリケートな生地を使っていますので、なるべく弱い水流で洗う必要があります。そのため、なるべくやさしく洗いあげることができる手洗いコースかもしくはドライコースを選びましょう。これだけ注意しておけば、あとは脱水がすむまで待っているだけで完成です。

洗濯物スーツの干し方

お洗濯が終わったら、次はスーツを乾燥させましょう。スーツを乾燥させた後は必ずアイロンがけも忘れずに行ってください。特に洗濯機を使ってスーツをお洗濯した後は、アイロンがけが必要になります。スーツを乾燥させる場合には、なるべく風通しの良いところを選び、陰干しにします。生地を傷めないためにも、なるべく直射日光は避けましょう。

ジャケットの干し方

ジャケットは、あまり細いハンガーを用いると、肩の部分がハンガーの形にしわがついてしまいます。そのため、スーツのジャケットを干す場合には、なるべく太めのハンガーを選びましょう。

また、スーツのジャケットには肩の部分にパットが付いている場合もあります。スーツのジャケットは特に方の部分が乾きにくいものですので、肩の部分の中に乾いたタオルを入れておくと早く乾燥させることができます。

スーツのズボンの干し方

スーツのズボンやスカートは、ハンガーではなく洗濯ばさみが付いたピンチハンガーを使います。ピンチハンガーにズボンやスカートを干す場合には、前見ごろと後見ごろを重ねて干すのではなく、胴体が入る部分を広げ、筒状になるように洗濯ばさみで挟み、乾燥させましょう。また、生地を裏返してからピンチハンガーに押すと、早く乾かすことができます。

スーツのアイロンのかけ方

次にスーツにアイロンをかけましょう。スーツはほかの洗濯ものに比べしわになりやすいです。しわだらけのスーツで出勤するわけにはいきませんので、しっかりと丁寧にアイロンがけを行いましょう。

スーツをアイロンがけにする場合も、必ず洗濯表示を確認し、アイロンの温度をどの程度に設定すればよいのかをチェックしておきます。また、生地が溶けてしまわないよう、アイロンをかける際には必ずあって布をして下さい。

ジャケットをアイロンがけする場合には、部分ごとに丁寧に行い、ズボンをアイロンがけにする場合には、きれいにセンターラインをつけましょう。

スーツを自宅で洗濯するのにおすすめのネット

洗濯ネットには、網目の粗いものから細かいものまで、いろいろなタイプのものがあります。スーツをお洗濯する場合であれば、洗濯ネットの網目はなるべく細かいものを選びましょう。

網目の細かい洗濯ネットは、デリケートな素材をお洗濯する場合に向いています。また、網目の細かい洗濯ネットは、生地の痛みや色移りを防に型崩れを防いでくれます。

網目の粗い洗濯ネットは、ごみやほこりがつきやすい洗濯物に使うものですので、スーツを洗濯機でお洗濯するのであれば、網目の細かい洗濯ネットを選んでください。

洗濯ネットの大きさ

洗濯ネットの大きさは、小さなものから大きなものまでいろいろなものがあります。スーツお洗濯ネットでお洗濯する場合には、二つ折りか三つ折りにした際の大きさに合ったものを選びましょう。

洗濯ネットの大きさと、折り畳まれたジャケットやズボンの大きさがあったものを選ぶことにより、洗濯ネットの中でスーツが泳いでしまうことがなく、生地の痛みやしわを防ぐことが可能です。

ファスナーカバーの付いているもの

スーツお洗濯ネットに入れてお洗濯する場合には、洗濯ネットに取り付けられたファスナーに、スーツの生地がひっかかってしまうのを防ぐため、ファスナーにカバーのついた洗濯ネットを選ぶことをおすすめします。

洗濯ネットのファスナー部分にカバーが取り付けられているため、洗濯ネットに入れてスーツをお洗濯しても、生地がひっかかるのを防いでくれるため、生地がほつれてしまうのを防いでくれます。

スーツのシャツの洗濯方法

スーツのワイシャツをお洗濯する場合も、基本的にはスーツのジャケットをお洗濯する場合と同じです。ワイシャツを手洗いにする場合も、洗濯機に入れてお洗濯する場合も、ワイシャツのボタンをとめてから洗濯ネットに入れましょう。

ワイシャツお洗濯する場合には、ボタンをすべてとめる必要はありませんが、第1歩と第3ボタン、一番下のボタンは止めておきましょう。また、袖口のボタンをしっかりとめておくことをおすすめします。

洗濯できるおすすめのスーツ

暖かくなってくると、汗をかきやすくなるため、スーツはなるべくこまめにお洗濯をしたいところです。

スーツにはご自宅でお洗濯できるものもありますので、新たにスーツを買い足す場合や、これから社会人となるため、スーツを購入されるというのであれば、ご自宅で洗えるタイプのスーツを購入することをおすすめします。お洗濯できるスーツは、各メーカーから販売されていますので、ご自分に合ったものを選びましょう。

ユニクロ

低価格でありながら高い品質を誇るユニクロですが、ユニクロからも ご自宅でお洗濯可能なスーツが販売されています。ユニクロでは洗えるスーツがジャケットで4000円前後、パンツが2000円前後と上下を合わせて購入しても 1万円台に抑えられるため、まだ就職したての方や、費用を抑えたいという方にとってはおすすめです。

スーツの通勤する際に着用するものですので、あまり高額のスーツを1着だけ購入しても意味がありません。ユニクロは品質も高いため、ユニクロといった低価格のスーツを何着も用意しておくのも良いでしょう。

オリヒカなど

20代から30代向けのスーツブランドです。オリヒロのスーツはジャケットのみでも着回しができるようつくられているため、休日用としても着用できるというのが魅力です。20代にもおすすめのスーツが多く取り扱われているということで、形も美しいものが多く、機能性にも優れています。

もちろん、オリヒロでもご自宅でお洗濯できるウォッシャブルタイプのスーツが販売されています。価格は 2万円前後と手ごろなものから、4万円前後と高価なものまでいろいろと取りそろえられています。ウォッシャブルスーツは、AOKIやIEONからも販売されており、こちらも人気の高いメーカーです。

家でのスーツの洗濯におすすめの洗剤・柔軟剤

通常家でお洗濯する場合には、アクリル性の洗濯洗剤を使うのが一般的です。ですがアルカリ性のものは洗浄力が強いため、スーツを自宅でお洗濯するにあたっては不向きです。そのため、スーツをご自宅でお洗濯するのであれば、中性洗剤、またはおしゃれに用の洗剤を用意しておきましょう。

特におしゃれに用の洗剤は、シリコン成分が含まれているため繊維が開くのを防に、スーツの生地がけば立ってしまうのを防ぎます。

柔軟剤を使った方がよいか

おしゃれに用の洗濯洗剤には、シリコンが含まれていますので、スーツをご自宅でお洗濯する場合には、柔軟剤を使っても使わなくても構いません。おしゃれに用の洗剤を使えば、柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上げられます。

スーツを洗濯機でお洗濯する場合には、洗濯機な視点された場所に柔軟剤を入れましょう。古いタイプの洗濯機を使っているという方は、柔軟剤を入れるための投入口が付いていない場合があります。その場合は、すすぎの最後に仲南債を入れることになります。柔軟剤は普段お使いのものでも構いません。

スーツをお洗濯する前に

そのスーツは ご自宅でお洗濯できるものかどうかを確認するにはまず、洗濯表示を見てみましょう。その場合には水洗いができるものなのかどうか、色落ちしない操作いて作られたスーツであるかどうかを確認してください。

もしも洗濯表示に「洗濯機洗い可」のマーク、もしくは「手洗い可」のマークが付いているスーツであった場合には、ご自宅でもお洗濯できるスーツ、ということになります。もしもこのマークが付いておらず、水洗い不可の洗濯表示が書かれているものであった場合には、クリーニング店でお洗濯をお願いしましょう。

スーツの洗濯の表示の見方

まずご自宅でもお洗濯可能なスーツであった場合には、洗濯表示に洗濯機のマークが描かれてあります。また、水を張った洗面器のマークが描かれている場合にはご自宅でもお洗濯が可能です。洗濯機のマークの下に「ネット使用」と書かれている場合には、デリケートな生地が使われている場合がありますので、必ず洗濯ネットを利用するよう心がけましょう。

円形にドライと書かれてあるドライマークが付いている場合には、洗濯機の手洗いコースを選びなるべく水流の弱いコースにより洗濯機でお洗濯をして下さい。

もしも、水を張った洗濯機のマークにバツマークが付いている場合には、ご自宅電話お洗濯することができません。

色落ちする可能かをチェック

スーツをご自宅でお洗濯する前には洗濯表示の確認のほかにも、そのスーツが色落ちするかどうかをチェックしておきましょう。色落ちするかどうかをチェックする場合には、次のものを用意して下さい。まず、普段お洗濯に使用されている洗剤と使わないハンカチまたは布、もしくはティッシュを用意しておきましょう。

色落ちするか確認する手順について

まず始めに、使わなくなったハンカチに普段お使いの洗剤を現役のまま含ませて下さい。次にスーツの目立たない部分にそれを当てます。そのまま5分程度置いておきましょう。そのあとでハンカチに色移りしているかどうかをチェックして下さい。

そのハンカチにスーツの色が映っていなければ色落ちしないスーツですので、洗濯機でスーツをお洗濯してもかまいません。ハンカチにスーツの色が色移りしている場合には、なるべくご自宅でお洗濯しないよう心がけてください。

洗濯した後のスーツのアイロンのかけ方

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

スーツをアイロンがけするにあたっては、少し重量のあるアイロンとアイロン台、霧吹きをようにしておきましょう。スーツをアイロンがけをするにあたって必要な道具を用意したら、次はスーツにアイロンをかけていきます。スーツは職場に着用していくことがほとんどのため、しっかりとアイロンがけをして形を整えておきましょう。

アイロン掛けの簡単な方法について

だれでも手軽に行える簡単なアイロン掛けの方法は、スーツをハンガーに掛けたままスチームをかけて行う方法です。スーツはしわが伸びやすいものですので、スチームをかけておこなうアイロン掛けの方法でも、十分に皺をとりきれいに形を整えることができます。

ハンガーにかけたままアイロンをかける方法

ハンガーに掛けたままアイロンがけをするには、下方向にスーツを軽く引っ張りながらスチームを当てる方法がおすすめです。スーツを引っ張りながらアイロンがけを行うには、ジャケットの袖に手を入れ、筒状に形を整えながら下方向に生地を引っ張ります。こうしておくことで、着用した場合にもきれいな形を再現できます。

しわがつきやすい部分のアイロンがけ

スーツはその数によってしわがつきにくい部分としわがつきやすい部分があります。スーツのしわは、背中やひじ、ひざにしわができやすく、この部分についたしわはなかなか取ることができません。

また、しわの強さによっては家庭用のアイロンではなかなか取れない場合がありますので、アイロンがけを行いなかなかしわが取れなかった場合には、しわが強く出ている部分に霧吹きをかけてみましょう。

霧吹きをかける際の注意

スーツのアイロンがけで、霧吹きをかけるときのポイントは、スーツの生地がポリエステルではなく、ウール素材でできたものの場合、あまり霧吹きをかけ過ぎないよう注意するということです。ウール素材のものは、水を含ませることにより繊維は収縮してしまうことがあります。そのため、そのままアイロンがけをしてしまうと形が崩れてしまう恐れがあります。

スーツのアイロン掛けの手順

スーツのジャケットにアイロンをかける順番は、袖から背中、枚見ごろ、襟の順番でアイロンをかけていきましょう。また、高熱でスーツにアイロンをかけてしまうと、生地の表面が溶けてしまいって借りが出てしまう場合があります。そのため、スーツにアイロンをかける場合には、ハンカチといったあけ布を必ず使いましょう。

スーツの袖

スーツの袖を美しく仕上げるためには、出場に巻いたバスタオルまたは手拭いを袖の中に入れます。バスタオルや手拭いを入れた後、やさしくアイロンを滑らせるようにアイロンがけを行いましょう。をしておくと着用した時にも自然な形に仕上げられます。

スーツの背中

スーツの背中部分にアイロンがけをする場合には、アイロン台に乗せて行います。スーツをアイロン台に着用させるようにしてからアイロンがけをすることにより、アイロンがかけやすくなります。

ただし、前見ごろは特にやさしくアイロンがけをするよう心がけ、あまり力を加えず行うよう注意しましょう。職場では椅子に腰かけることが多いため、背中部分は特に強い皺が出ていることがあります。その場合は、アイロンがけをする前に霧吹きをかけておきましょう。

襟のアイロンがけ

スーツの襟にアイロンをかける場合も、必ず会天皇してからアイロンをかけてください。襟の裏側からやさしくアイロンをかけておくとふんわりと美しく仕上がります。襟はしっかりと癖づけをするよりも、多少ふんわりと仕上げた方が上品に見せられます。

スラックスのアイロンがけ

スラックスにアイロンをかける場合には、腰回りから裾の順番でアイロンをかけていきます。腰回りにアイロンをかける場合には、スラックスをアイロン台に吐かせてからアイロンをかけていきましょう。

スラックスをアイロンがけする場合には、しっかりとアイロンがけをする必要があります。またスラックスにはセンターラインを作る必要があります。腰回りのアイロンがけが終わったら、全体にアイロンがけをしていきましょう。

センターラインの作り方

スラックスの場合も、スーツのアイロンがけには必ずあって布が必要です。スラックスにセンターラインを作るにあたっては、センターラインが二重になってしまわないよう注意が必要です。アイロンを前に進めたらアイロンを元の位置にもどす際にはスチームをとめてください。これを守るだけでもきれいにセンターラインを入れることが可能です。

毎日着用するスーツは清潔に

おすすめの洗濯できるスーツ・方法・頻度・ネット・洗剤や柔軟剤

スーツはお仕事をされている方にとって重要なアイテムです。これからスーツを購入するという方の場合は、ウォッシャブルスーツを購入すると良いでしょう。ですが、すでにスーツを着用されている方の場合には、正しい洗濯方法やアイロン掛けの方法を覚えておきましょう。

クリーニング店にお願いするよりも手間がかかりますが、スーツをクリーニング店にお願いすると高額になってしまう場合があります。費用を抑えるためにも、ご自宅でのスーツのお洗濯方法覚えておきましょう。

←前の記事へ

靴を洗濯機で洗濯しても良いのか・洗濯機での靴の洗い方

シャツの襟の汚れにおすすめの洗剤・予防方法・原因・落とし方

Latests